ウルフ、完投も報われず・・・

2011 頑張れファイターズ
08 /28 2011
日本ハム● 0-1 西武○
(西武ドーム)


ウルフは来日、初完投だそうですよ!

9回まで頑張った・・・ものの無援護で負け投手に・・・・(悲)


しかし、ファイターズは序盤のチャンスで点を取れず(いつものことだ)、どんどん調子を上げていった、ピッチャー西口の前に、三振の山で、完封負け。


打線が振るわなかったですが、今回は西口が良かった。4回の表、中田、稲葉、小谷野、と連続三振だもんなあ。手も足も出ない、という印象。4回以降は1塁も踏めずに、三者凡退。うううううーーーむ。


17年目39歳ののベテラン西口投手は、6年ぶりの完封勝利だそうです。
そうか39歳なのか・・・・そう思うと負け試合も感慨深い(ような気がしないでもない)


明日は休みで(絶対負けない日)、火曜日から、苦手のロッテ戦・・・だねえ・・・・
こ、この、今日の悔しさをバネに、ロッテと戦うんだーーーー(涙)








スポンサーサイト

持ってる男で連敗脱出

2011 頑張れファイターズ
08 /27 2011
日本ハム○ 4-3 西武●
(西武ドーム)


昨日は衝撃のあまり、やけくそで書きました。

今日の先発は斉藤佑樹。持ってる男で連敗止めたいファイターズ。

今日は湿り気打線がやってくれました。1回の表、4点先取。


なんと、


小谷野、3ランホームラン!!!


おめでとう小谷野。やっと復調でしょうか。


・・・・だが、しかし結局ここで4点取ったきり、あとは9回まで無得点に抑えられていたですけどね。


だが!


斉藤、ナイスピッチング!
1回から7回までは、毎度ランナーを背負いながらも、無得点に押さえ、8回までマウンドに立ちました。

まあ、8回で、連続ヒットを許し、最後におかわりくんに3ランを浴びて、降板でしたが、でも、ある意味これが8回でよかったな、と。失点が序盤だったらちょっと苦しかったかもしらん。

継投は「8回の男・増井」、そして9回は「守護神・武田久」が抑えて昨日のリベンジを果たす。



斉藤は5勝目。何だかんだ言って、やっぱりゴールデンルーキー。

斉藤が投げる時は、守備のファインプレーが多いような気がするのは、気のせいか。


ところで、なんとなんと(と言っては失礼だが)、楽天がホークスに2連勝で、7連勝中。
イーグルス、覚醒したのか!?
杉内から5点も取るとは・・・・
田中マー投手は、なんと18奪三振の猛投で完封!


いやはや、優秀な敵というものはいくらでもいるものだ(@ヤン・ウェンリー)


おかげで(?)首位との差は4ゲーム差になりました。










いいえ、ファイターズです。

2011 頑張れファイターズ
08 /26 2011
日本ハム● 3-4 西武○ (延長10回サヨナラ)
(西武ドーム)


1点を先制して、

その後3点取られて、

2点取り返し、

それで、やっぱりヒットが12本も出てるのに、満塁とかで一点も取れなくて、

それでも何とか同点で延長戦に持ち込んで、よし、引き分けから上昇気流に乗ろう!と思えた10回の裏、

ツーアウトから、タイムリー打たれて、サヨナラ負け。


こだまでしょうか。いいえ、ファイターズです。



これで4連敗。負け癖というか、負の良くない風が背中の辺りにびゅーびゅー吹いていると言うか、インターネットラジオの向こう側から、「やるぞ!勝つぞ!」オーラが全然感じられません。



HBCラジオ、今日の解説はガンちゃんこと、岩本勉でしたが、ガンちゃんの「ここでこうなったらいけませんよ!」「ここでこれだけはまずいですからね!」という指摘が、悪い意味でズバズバ当たって、頭抱えたくなりましたよ。ほんと。



明日の先発は斉藤佑樹。「持ってる男」が連敗を止めるのか。(これで勝ったら、ホントに持ってるよなあ)







銀色屋根の下の悪夢

2011 頑張れファイターズ
08 /25 2011
日本ハム● 1-2 楽天○
(札幌ドーム)


悪夢。

今日の感想はこれにつきる。



今日文句のつけようがなかったのは、ダルビッシュだけ。2失点したものの、9回完投で15三振。


で、さーーーー。
なんで1点しか取れないの!?
ヒットだって楽天より出てるのに。もうわけがわからん。


小谷野、大丈夫か!?
なんかものすごく調子が悪いし、それでなんか焦ってる?という悪循環に見える。


小谷野!
考えるな!
感じるんだ!


(こういう外野の余計な声が余計なやませちゃうのかな・・・ごめん)


今日はね、期待してましたよ、ダル&翔のアベックお立ち台。
この3連戦、翔くん、快音なし。今日は惜しい当たりもあったけど・・・


ああああああ。この3連戦。つらい・・・・。


ソフトバンクは連勝で、5ゲーム差に・・・・。


この流れで、明日からの西武戦、ずるずるといくのがイチバン怖いよなあ。








元の木阿弥。

2011 頑張れファイターズ
08 /24 2011
日本ハム● 2-5 楽天○
(札幌ドーム)


糸数先発、さあ完封劇の再来を!




・・・・・・・。





1回表4失点・・・・・・・。


2回表1失点・・・・・・・・・。


2回ですでに、0-5・・・・・・・・・・・。


3回に、陽、糸井の二人のタイムリーで2点を返したものの、4回以降!


ただの一度として!!



ヒットが一本も出ない!!!



1回、2回と5点取られたものの、3回以降はピンチはあれど、何だかんだと、石井→多田野→宮西の継投トリオは無失点で押さえてるのよね。


楽天のピッチャーがいいのかもしれないけど、けどけどけどけどけど、4回から9回までヒットなしって・・・・・


まあ・・・・初回から5点を追いかける展開ってのは、野手のほうも「うわちゃぁ~~~」って感じなのかもしれないけどさ。


(せめて、失点が2点くらいならね・・・5点はね・・・・・・・)


8点差をひっくりかえしたのは、やっぱり奇跡だったのね。奇跡はダイヤモンドの輝き。


ソフトバンクはまたまたロッテに大勝。これで再び4ゲーム差。


元の木阿弥。



ホームで負け越しはキツイ・・・・・・。





※糸数、登録抹消だって(涙)







勝さん・・・・(涙) ふぁいとですっ!

2011 頑張れファイターズ
08 /23 2011
日本ハム● 2-6 楽天○
(札幌ドーム)

今日の先発は勝さん。


まあね、病み上がりだし・・・


1回表1点先制を取られたのは仕方ないかな・・・


2回表・・・・1点追加されても、仕方ないかな・・・


3回表・・・・さらに2点追加・・・か・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・ちょっと、つらいな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



が、4回の裏に1点返した!


よし、これから反撃だ!



・・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




相変わらず、相変わらず、相変わらず、


ノーアウト1、3塁とかすっごいチャンスから「ここ一本」が出ない、ファイターズ・・・・。
送りバント失敗でチャンスが無残に台無しとかさ・・・。


おまけに!


3点差からならまだ希望があるかも!と思ってるのに、8回の表、最悪のエラー※1で2点を献上する始末。



(涙)



勝さんが最初に4点取られたのが痛かったとは言え、4回以降は勝さん&華麗なる継投陣で(必死に)無得点に抑えてるのに・・・・


ヒットだって12本も打ってるんだよ!この間のSB杉内さん相手のときみたいに、完全に押さえ込まれてるわけでもないのに・・・・(そういやあの時も、先発は勝さんだった・・・)
楽天も13安打で6点取ってるのに・・・・


なぜ~なぜ~スコアボードは0行進!?


勝負と書いて「勝ち負け」。だから負ける日もある。
「100戦100勝というわけにも行くまい」(@カイザー・ラインハルト)ですが、しかし今日は、負けのうちでもかなり悪いほうの負け方じゃないですか。8回の表の草野球レベルのエラーなんて、黒歴史殿堂入りものだ。いくらなんでも言い過ぎか、私。


いや、これも愛ゆえですよ!


8回の裏に1点返しましたがね、焼け石に水。
ソフトバンクが勝ったので、3ゲーム差。あなたの背中が遠くなる。
(しかしソフトバンク、強い)


今日は、いつもファイターズがやる試合を相手にやられてしまった感じ。
まさに「ブサイクなゲーム」(@HBC解説:金石昭人)これ本当にファイターズの試合?


勝さん、次こそリベンジだ!



明日の予告先発:糸数

(ジーマミー、ジーマミー!)


※1
松井稼ライト前タイムリー→2塁ランナー生還→本塁返球カット、松井を1,2塁間に挟む→ホフがなぜか「誰もいない」2塁に返球→当然誰も取れない→誰もいないレフト方向に転がっていくボール・・・→松井はもちろんダッシュ→やっとボールに追いついた頃→松井、本塁生還。(これ、ランニングHR?)

梨田監督も「あれはナシだ」・・・とは言わなかったものの、何十年も野球やってるけど、あんなの見たことない、って苦言(皮肉?)を・・・。







明日の先発。

2011 頑張れファイターズ
08 /22 2011
今日は移動日。と言っても、ファイターズは引き続きホームで楽天戦。

明日の先発は、

日本ハム・武田勝
楽天・岩隅久志


勝さん、ここで登場!具合はもういいの?お腹に力入る?


投手戦の予感。
日本ハムは4連勝中、楽天もソフトバンクに2連勝で波に乗ってるはず!
打線、頑張って打ってくれー!そして勝さんに1点でも多く援護点を、どうかどうか・・・(-人-)
(てか、勝さんあと1勝で二桁よ!)


楽観材料としては、○ホームゲーム ○対楽天戦は11勝3敗 ○なおかつ楽天には6連勝中、といったところでしょうか。




振り返ればハムがいる。

2011 頑張れファイターズ
08 /21 2011
日本ハム○ 3-2 オリックス●
(札幌ドーム)



日本ハム、先発はウルフ。
1回の裏中田のタイムリーで1点、2回裏に大野の2塁打でさらに1点追加。
3回の表にオリックス日高の同点タイムリーで2-2。
しかし、3回の裏、フィガロ暴投の間に中田が2塁から激走、本塁生還で3-2と勝ち越し!
ウルフは5回で降板、6回「サイレントK」石井→谷元、7回・榊原→8回・増井→9回「守護神」武田久、の日ハム自慢の豪華継投で、1点を守り抜いてゲームセット。


ウルフは中4日の登板になってしまいましたね。


結局試合は3回から両チームとも無得点のままで終わりました。
両者、ともに得点のチャンスはいっくらでもあったのに、もう一本、もう一発が出ない!
非常に見ていてストレスのたまりそうな試合だな・・・と。
特に日本ハムは8回の裏のスクイズ失敗がもったいなかった!四球と相手失策、盗塁で1アウト2,3塁の絶好のチャンスだったのだけど。


みんな「日本ハムは強い!」とは言うけど、どうもこういう展開を見ると、そーかね~?と思ってしまう。
なのに突然、8点差を追いついたりと、間欠泉みたいな大爆発をするのが面白いんだけど。


今日の試合はどっちに転んでもおかしくなかったと思う・・・
が、結果的に、オリックスに3タテ。引き分け挟んで4連勝。(オリックスは前のソフトバンク戦から6連敗・・・)

そして!
昨日に引き続き、なんとソフトバンクが楽天に敗れたため、ゲーム差は一気に2ゲーム差へ!


猛追!振り返ればハムがいる!







もってる男の札幌ドーム

2011 頑張れファイターズ
08 /20 2011
日本ハム○ 4-0 オリックス●
(札幌ドーム)


本日は満を持して、ドーム参戦!


昨日、今日はダルだったので、明日は勝さんでしょ♪とウキウキしてたら、予告先発は斉藤。
ええ!?勝さんじゃないのーーー?
いや、斉藤がダメだってわけじゃないけど、勝さん、観たかったので。

そんで、今日の登板がナシになったのは「体調不良のため」ということで「ど、どうしたの??」と心配してましたが、試合前のイベントでは、しっかりユニフォーム着て登場してました。大した事ないみたい?


先発、斉藤。


案の定、ドキドキハラハラの幕開けで、ドキドキハラハラしっぱなしで、ドキドキハラハラさせるのに、5回7安打無失点。ある意味スゴイ。野手の皆さん頑張ってる~!ともいえるし、やはり「持ってる」とも言える。
打線は1回の裏に1点先制。

それで、斉藤は5回で降板。・・・・うーん、やっぱり早いよね。デッドボールもあったし、リードが1点だったからかな・・・?

斉藤降板後に、波乱が。
6回表、オリックスの攻撃時、(ちなみにピッチャー谷元)ワンアウト3塁から、犠牲フライでタッチアップで同点か!のシーン。
うぎゃー同点ーーー!とドームがため息に包まれて少々、突如スリーアウトチェンジ!に。
ええ!?何が起こったの!?と戸惑いのムード。

結局、3塁のバルディリスが、捕球前に飛び出した、とのことでアウトを宣告され・・・抗議に出てくるはオリックス・岡田監督。
結構長い時間、審判団に抗議をしていました。その間試合は中断。

実際、その場で見ていてもちょっとよくわからないし、ワンセグでリプレイを見ても、捕球のシーンとタッチアップのシーンが別のカメラなのでよくわからず・・・
この手の判定はまず覆らないけど、抗議したくなる気持ちもわかる。あの場面、同点に追いつくのと無得点で終わるのでは、全然ムードが違うもんなあ。

しばし後に、試合続行。
正直、このまま1点差で勝ったら、微妙だな・・・と思ったけど、その6回の裏に1点追加、8回の裏にダメ押しの2点追加。(鶴ちゃん、ナイス安打!)

谷元→榊原→増井→宮西の継投、9回の表は先頭打者を振り逃げで1塁に出すも、ライトフライ、三振、三振でゲームセット。

ヒロインは斉藤と鶴岡のバッテリーコンビでしたが・・・斉藤は表情が硬いね~緊張してるのか、やっぱり5回無失点でも降板が不本意なのか・・・。ちなみにこの日は5年前のあの甲子園伝説の決勝戦と同じ日だそうです。くしくも田中将大も今日は勝利投手(対ソフトバンク)。あれから5年ですか~早いですねえー。
ま、そんなこんなで(?)佑ちゃんの表情はイマイチ冴えがなかったのですが、変わりに鶴ちゃんがノリ良く、愛想良くヒロインを締めてました。ナイス女房役。


今日は糸井が3打席3安打1打点♪猛打賞の活躍。盗塁も2つ決めたしね。







押し出しところてん式サヨナラ勝利

2011 頑張れファイターズ
08 /19 2011
日本ハム○ 3×-2 オリックス● (延長10回サヨナラ)
(札幌ドーム)


日本ハムは2回の裏に2点先制。しかしダルビッシュは5回の表、8回の表に1失点ずつで、同点で延長戦へ。
ダルビッシュは9回で降板。10回の表は武田久が0点で抑える。
10回の裏、ツーアウト満塁からスケールズがフォアボール。押し出しで勝ち越し、サヨナラ勝利。
(この最後の一球はストライクじゃないか?と少しもめたらしいが・・・)


勝ち投手は武田久。ダルは残念ながら16勝目ならず。


それにしてもダルビッシュ、9奪三振、9回2失点。
普通に考えたら、上々の出来なのに、ダルだと、2点失っただけで、「もしや、今日は調子悪かった?」と思ってしまう。改めてダルビッシュってスゴイ。






THIS IS BASEBALL

2011 頑張れファイターズ
08 /18 2011
日本ハム 9-9 ロッテ (9回規定により引き分け)
(QVCマリン)


満塁ホームラン、四球押し出し、その他、で

先発ケッペル、2回8失点


おそらく、この時点で「ダメだこりゃ」と思った人、過半数。
(だよね)


吉井ピッチングコーチ、曰く

「見ての通りなんですが(注:2回8失点)昨日どこかでこれくらいの得点差を逆転した試合があったように(注:ヤクルト対横浜)野球は何が起こるかわからない・・・(後略)・・・」


野球は何が起こるかわからない。


野球は何が起こるかわからない。


野球は何が起こるかわからない。



野球は何が起こるか





4回今浪の二塁打で1点返したのは、まず想定内としても、

◎5回
スケールズ、陽、糸井→ヒットで出塁ノーアウト満塁→中田ショートゴロ・・・が!打球を取りこぼす相手のエラー→2塁送球が暴投、スケールズ、陽が生還。ここで8-3

稲葉ライト前タイムリー→糸井が生還 8-4

小谷野左中間2点タイムリー2ベースヒット→中田、稲葉が生還→8-6

(ホフさん三振、1アウト)

今浪セカンドゴロ→2塁小谷野は3塁へ・・・2アウト3塁

鶴岡ライト前タイムリー→小谷野生還 8-7

なんとこの回打者一巡、一挙6点の猛攻


◎6回
1アウト満塁から小谷野の犠牲フライで1点追加、8-8の同点!

同点のまま8回の裏、ロッテ里崎の犠牲フライで1点勝ち越しされ・・・


ここで終わりかな・・・と思いきや、


◎9回

鶴岡 左中間1号ソロホームラーーーーーーーーン!!!!!!




鶴ちゃーーーーーん!!!




・・・とこの日、北海道で絶叫した人は数知れず・・・・!


9回裏は守護神・武田久が抑えて、残念ながらここで時間切れ、9-9の引き分けでゲームセット。


ですが!

これは勝ちに等しい引き分け!


2回の裏が終わった時点でのあの強烈な「がっかり感」、無念の奥歯ギリギリ感に比べたら、8点差を追い上げ、鶴ちゃんのなんと今季初ホームランで9回の表、ふたたび同点に追いついた、というのはまさに地獄から天国!


球児たちの夏・・・って感じな試合!




まあね、欲を言えば、8回の表、再び満塁のチャンスで中田が三振に倒れたのが、無念と言えば無念、それ以外の回でも追加点のチャンスはあったけど、生かせなかったよね・・・とかね、欲を言えばあるんだけどね、でも、最大8点差ですよ、負けて当然のところを引き分けまできたのだから、今日は気分的に勝ち!勝ち!勝ち!お疲れ様、ファイターズ!そしてありがとう!



そして吉井コーチ、何気に予言者。ナイス予言。



(でも8点取られたほうも取ったほうも、頭のどこかに“昨日みたいな試合もあるし・・・”ってきっと思ったよね。そういうのが呼び水になった、というのもあるのかな~?)















ピーナッツ☆

2011 頑張れファイターズ
08 /17 2011
日本ハム○ 9-0 ロッテ●
(QVCマリン)


糸数さん・・・・・

こんな風に言っては失礼極まりないですが・・・・・


あらゆる意味で予想外だった今日の試合。



○糸数好投→完封勝利
○ファイターズ、15安打、9得点


いや~6回の攻撃は見ててスカーーーーっとしましたね!
(この半分でも昨日打ってれば) 昨日の試合が嘘のよう。
何なんでしょうね、相性?
当たる時は当たるもので、誰が出てきても、ぼかすか当たる。
陽の走者一掃スリーベースヒットは気持ちよかった~~~~!


あまった点数はポイントみたく貯めておけたらいいのに・・・・。


何にせよ糸数投手、おめでとうさん。
次の試合も好投、お願いします。


そしてソフトバンクも勝ったため、ゲーム差は3.5のまま変わらず。



ところで、セ・リーグですが、横浜VSヤクルト。
1回表に8点取った横浜、最大差9点まで広げたにもかかわらず、なんとヤクルトが追いつき、最後は10対10の引き分けまで持ち込んだ。
ヤクルト、だてにタフマンマークつけてるわけじゃない!



(うん、9点差を守った糸数、やっぱり偉い)













何がって言うんじゃないんだけど、何かあの人はね、合わないの、っていうのは、ある

2011 頑張れファイターズ
08 /16 2011
日本ハム● 1-4 ロッテ○ 
(QVCマリン)



「先頭ランナー出塁!ノーアウト1塁!」



・・・・でも、後続が必ず残念な事になっておしまい・・・・



負けるたび、「うむ。勝負の世界だ、こういうときもある」とは思うけど。



(でも1回の裏で3点は取られすぎだよな・・・・)

(あのエラーは痛いよな・・・)

(あの場面で内野ゴロか・・・)

(ここで三振か・・・)


あの、もしもロッテが3位なんかになって、もしもCSで戦う事になったら、これじゃあ・・・・



明日は糸数先発。

前回の悔しさをバネに覚醒した糸数。

・・・を期待してるんですが、どうでしょう・・・・?











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。