もってる男の札幌ドーム

2011 頑張れファイターズ
08 /20 2011
日本ハム○ 4-0 オリックス●
(札幌ドーム)


本日は満を持して、ドーム参戦!


昨日、今日はダルだったので、明日は勝さんでしょ♪とウキウキしてたら、予告先発は斉藤。
ええ!?勝さんじゃないのーーー?
いや、斉藤がダメだってわけじゃないけど、勝さん、観たかったので。

そんで、今日の登板がナシになったのは「体調不良のため」ということで「ど、どうしたの??」と心配してましたが、試合前のイベントでは、しっかりユニフォーム着て登場してました。大した事ないみたい?


先発、斉藤。


案の定、ドキドキハラハラの幕開けで、ドキドキハラハラしっぱなしで、ドキドキハラハラさせるのに、5回7安打無失点。ある意味スゴイ。野手の皆さん頑張ってる~!ともいえるし、やはり「持ってる」とも言える。
打線は1回の裏に1点先制。

それで、斉藤は5回で降板。・・・・うーん、やっぱり早いよね。デッドボールもあったし、リードが1点だったからかな・・・?

斉藤降板後に、波乱が。
6回表、オリックスの攻撃時、(ちなみにピッチャー谷元)ワンアウト3塁から、犠牲フライでタッチアップで同点か!のシーン。
うぎゃー同点ーーー!とドームがため息に包まれて少々、突如スリーアウトチェンジ!に。
ええ!?何が起こったの!?と戸惑いのムード。

結局、3塁のバルディリスが、捕球前に飛び出した、とのことでアウトを宣告され・・・抗議に出てくるはオリックス・岡田監督。
結構長い時間、審判団に抗議をしていました。その間試合は中断。

実際、その場で見ていてもちょっとよくわからないし、ワンセグでリプレイを見ても、捕球のシーンとタッチアップのシーンが別のカメラなのでよくわからず・・・
この手の判定はまず覆らないけど、抗議したくなる気持ちもわかる。あの場面、同点に追いつくのと無得点で終わるのでは、全然ムードが違うもんなあ。

しばし後に、試合続行。
正直、このまま1点差で勝ったら、微妙だな・・・と思ったけど、その6回の裏に1点追加、8回の裏にダメ押しの2点追加。(鶴ちゃん、ナイス安打!)

谷元→榊原→増井→宮西の継投、9回の表は先頭打者を振り逃げで1塁に出すも、ライトフライ、三振、三振でゲームセット。

ヒロインは斉藤と鶴岡のバッテリーコンビでしたが・・・斉藤は表情が硬いね~緊張してるのか、やっぱり5回無失点でも降板が不本意なのか・・・。ちなみにこの日は5年前のあの甲子園伝説の決勝戦と同じ日だそうです。くしくも田中将大も今日は勝利投手(対ソフトバンク)。あれから5年ですか~早いですねえー。
ま、そんなこんなで(?)佑ちゃんの表情はイマイチ冴えがなかったのですが、変わりに鶴ちゃんがノリ良く、愛想良くヒロインを締めてました。ナイス女房役。


今日は糸井が3打席3安打1打点♪猛打賞の活躍。盗塁も2つ決めたしね。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。