【楽天戦】4月最後は無念の惜敗。でも、貯金8で出だしは上々!

2012 ペナントレース
04 /30 2012
●日本ハム 1-2 楽天○
(Kスタ宮城)

今日は無念じゃ。でも光夫はよく頑張った。


【野球の神、ある男を許す】
さて、野球の神、「北海道支社」「パ・リーグ課」「内野手担当」がある場所にさしかかった時の事である。
1人の男を囲んで、群衆が騒がしく言い立てているので、何があったのかと尋ねた。
すると、ある男が、真ん中に立っている男を指し、言った。
「聞いてください、北海道支社、パ・リーグ課、内野手担当の神。この男は試合でエラーをしたのです」
「それが相手への勝ち越し点になってしまったのです!」
真ん中の男は可哀相に、しょんぼりとうなだれたままであった。
略して北・パ・内野手の神は、その男を憐れみの目で見つめてから、群集に向かって言った。
「この中で、エラーをしたことのないものだけが、この男を責めなさい」
これを聞いたものは、年長者から始まって、一人また一人と立ち去ってしまい、北・パ・内野手の神と、真ん中にいた男だけが残った。
「男よ、誰もあなたを責めなかったのか」
男が「内野手の神、だれも」と言うと、内野手の神は言われた。
「私もあなたを責めない。行きなさい。もうなるべくエラーをしてはならない」
(人間だもの)


・・・って訳で、まあ・・・ドンマイだ!
(いや、蒸し返してるつもりじゃあないんですけどね・・・蒸し返してるか・・・)
助けてもらった時もあるさ!助けてもらう時があるさ!ねっ!


前日の勝さんが神ピッチング過ぎたのですが、光夫だって頑張ってましたよ。負けてなかった。
ただ、やはり7回のガルシアさんからの被弾ね・・・。あれは、初球の失投をドカンとやられたので、動揺するよね、そりゃ。あれで明らかにペースが狂ったなあ。

でも、ソロ本塁だったからね。
あの時点で2、3点取ってあげてればもうちょっと落ち着いてられたと思いますよ、みったんも。
終盤に一発同点、あれはキツイ。栗さんは「あそこでふんばらなきゃ」と言ったようですが、ううううむ、それはそうですけど・・・ちょっとカワイソウだなあ。それまではほんとナイスピッチだったもん。

いやいや、ある意味、ナイスピッチ過ぎたゆえの不幸か。
6回終わって光夫の球数は92球。7回の時点では内容は替える理由もなし。
これが、あと20球多かったら、もしかしたら7回から継投だったかも・・・。


このカードは1勝1敗1分と、お互い痛み分け。
表ローテでこの結果というのが、ちと痛いけど・・・・
今日の負けはいささか後味が悪いため、引きずらないようにしたいところ・・・・
明日のホークスの先発がこれまた苦手の山田投手と言うのが・・・・


はっ!
ネガティブはいかんいかん!流れを変えねば!


5/1から札幌ドーム6連戦だよー!
札幌ドームはスプリングフェスタだよー!
おいしいご飯が待ってるよー!うわ~海鮮あんかけ焼きそば食べたいなー!
みんなー!風船の準備はいいかなー!
それから稲葉さんにみんなでおめでとうしなきゃー!凱旋だよー!
トータルで見ると、4月は17勝9敗1分。リーグ首位。悪くない。
ところか、全然いい!素晴らしい!


よし!
チームの皆さんもイヤーなムードとしょんぼり気分は津軽海峡に捨てて下さい。
大丈夫です。環境汚染にはなりません。
津軽越えたらそこはホーム!


Welcome Home!Fighters!



スポーツ紙を買っていったら、会社の子に「それいくらですか?」と聞かれたので「120円だよ」と答えた。すると、「えー!そんなにたくさん中身が書いてあってたった120円!?しかも毎日作るんでしょ!?私だったら毎日そんなにたくさん書いて、120円で売られたらやる気なくする!」と言った。斬新で柔軟な発想に目ウロコ。若いって素晴らしい。(?)
120円に疑問をもたなかった硬い頭を柔らかくするワンクリックをどうぞお願いします☆
(でも1200円だったら誰も買わないよね)
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【楽天戦】武田勝先生の完封料理レシピ!コツは球数少なめに。

2012 ペナントレース
04 /29 2012
○日本ハム 4-0 楽天●
(Kスタ宮城)

「勝さん 完投完封 4勝目」


【作り方】
1.バッター箱の中にバッターを1人ずつ入れます。
2.バッターに直接当たらないよう注意しながら、ボールを投入します。
3.すぐにボールが飛び出しますので、落とさないようにキャッチします。
4.三回繰り返すと、1イニングの完成です。熱々のうちに攻撃に移ります。
(※してやったりと思っても、どや顔をしないように注意しましょう)


序盤こそ四死球があったりして、あれれ、と思いましたが、ふと気がつくと勝の森へようこそ。
本人も言ってましたが、牧田選手を牽制アウトにしてから勝さんの中で辻褄が合ったようです。
許した安打はわずかに2安打。
小説なら明らかに主人公ネームの聖澤諒選手だけが、勝さんからヒットを奪うことが出来ました。
ですが、得点と勝さんのハートは奪えず。ええ、奨太がいますから・・・。


さて、私の中では西武の岸投手に続いて、「美脚ピッチャー」認定された楽天・戸村投手。2回、陽とスレッジを連続三振に打ち取るなど、結構厳しそうだったのですが、全く打てないわけでもなく、ヒットは出てたので、2巡目か3巡目が来れば、何とかなるかな?と思い始めてた矢先。


スレッジ、「ホフパワーにDHの座を奪われるかもしれない危機感スパイス」が効いたエンタイトル2ベースで、1点先制~!
今日の勝さんは1点あればしのげそうな、安定感バツグンのピッチング、鷲さんを寄せ付けない好投ぶり。
そしてスレッジは、6回に特大2ランをライトスタンドへどっかーんと打ち込んで、「勝!お前をサポートするのは奨太だけじゃないんだぜ!」と猛アピール。
ほとんど試合はこのスレッジの「2安打3打点」で決定。スレッジさんは、「最近当たってないなあ~」とこちらが思い始めると、打ちますね。指向性ノースカロライナパワー。


最後の9回の1点は、エラーでもらった1点です。昨日とはうってかわって、2時間半弱の省エネ試合。
お互い昨日の事を「あれは疲れた」と反省したのかもしれません。


2000本安打の稲葉さん。
今日は道スポを見て、もっとも感慨深かったのは、コメントを寄せていた「稲葉さんの弟さんが稲葉さんにそっくりである」という事でした。さすが兄弟。(弟さんちょっと岱鋼入ってる)
さて、2000本は通過点、と語ったとおり、今日は2001本目と2002本目も着々と放っています。
6回のライトへの当たりなど「250本本塁打か!?」と思うほどの当たりでした。


今日の地味MVP:金子誠。4打席のうち、四球が3つの猛四球賞。
今日の翔くん:ヒットはなし。・・・だけど、ホームランかあ!という当たりがあった!あれは風のせいで戻ってきたけど、風と友達になればあれはホームランだ!翔!もうちょっとだ!
勝の妻:奨太さん:もうちょっと打ってくれれば、あたし勝さんから身を引くわ・・・(なんのこっちゃ)もう、気でボールをフェアにしよう。


遠征試合も30日を残すのみ。いい感じで戻ってこれるといいなー。


ポカリスエットを自販機で買った。・・・・あったか~いポカリが出てきた。
これは何かの間違いだろう、ともう一度買った。・・・・あったか~いポカリが出てきた。
これはもしかして洞察力のテストだったのだろうか・・・・。
おサルな学習能力にイオンサプライ(冷たいの)のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【楽天戦】稲葉さん祝2000本!・・・も、試合は泥まみれのドロー。

2012 ペナントレース
04 /28 2012
日本ハム 3-3 楽天(10回規定により引き分け)
(Kスタ宮城)


まずは、


稲葉篤紀選手・祝2000本安打!!!


やりました!きっとくる、きっとくる、やっと出た!
という訳で稲葉兄貴の2000本。

昨日、ヒメネス投手は「明日(注:28日)ではないよ。俺は打たせない」とカッコよく決めてくれましたが、その28日の第1打席、1回2アウト1,2塁の、3ボールノーストライクから、カキーンとあっさりヒットライナー。
記念すべき2000本は、先制の1点となるタイムリー!
打ったときの球場のどよめきがすごかったですねえ。


1塁上でナインが駆け寄ってきて、皆に祝福される稲葉さん。
爽やかな笑顔の稲葉さん。
彼はとてもいい男なんだと、解説者に絶賛される稲葉さん。
おめでとう稲葉さん!ありがとう稲葉さん!

これからも、稲葉さんの挑戦は続く!


(完)


あー・・・・。
試合?
試合ね。


映画なら、太陽の下、大記録と栄光に輝く稲葉さんの姿でエンドロールですが、なにぶん、1回の表だったので、都合8回攻撃があるわけで、それからも試合は続きました・・・延長10回、4時間を越える泥んこレスリングめいた死闘が。


もちろん私が脚本家なら、ストーリーはこうですよ。
先制点をもらった斎藤は7回1点を失うものの好投!
両チームとも投手戦となり、守備で好プレーもあって1点を争う展開。
そして3-3で迎えた延長10回表、稲葉さんの2003本目のヒットは空に吸い込まれる本塁打!
メモリアルデーを飾ったのだった!

・・・それは、甘い白昼夢。

現実は4回まで1点リード。
5回の攻撃で、今日は調子が悪いヒメネスから先頭バッターフォアボール。
それから小谷野、糸井と連続フォアボール。3つでも四球とはこれいかにー!の連続フォア。
これは「つまらないものですが、今日の記念に」と相手からいただいたせっかくのチャンスの詰め合わせ!
「まあ1アウト満塁まんじゅうなんてこんな素晴らしいものいただいてしまって」・・・・とお上品に恥らっているうちに、「あ、いらないなら」とパタンと蓋を閉められてしまったのでした。あーーーー!2,3個くらい食べればよかったのにー!


1点も追加点が取れないと、その裏(おそらく援護を期待したであろう)佑樹は、つっかえ棒が外れて3失点。
が、6回表!
2アウト1,3塁から賢介タイムリー!1点返して、調子の悪かったヒメネスよりさらに調子の悪いリリーフから、フォアボール押し出しで同点まんじゅういただきー!今度は遠慮しない!
なおも「2アウト満塁勝ち越しチャンス詰め合わせ」が目の前に!
バッター・・・中田翔!
一打勝ち越しのチャンス!ファイターズの運命は!


(続く)



延長10回、両者譲らず、息づまる接戦。
・・・・とまあ、確かにそうとも言えるけど、両者譲らず、というよりは、両者譲り合いすぎて決着がつかない、内容としては泥仕合に近い展開。
ファイターズは拙攻でグダグダ、イーグルスはリリーフがグダグダ。どっちもどっちの泥んこドロー。


佑樹は「先制してもらって悔しい」と言ったそうだけど、今日は斎藤の責任ばかりでもない。
スミ1で粘り続けろというのも酷なもんです。5回崩れたの、あの前の回の「無得点終了」で「これは今日は1点もやれない」と思って、力はいったんじゃないかと睨んでいる・・・。
5回と6回の北九州の再現でも出来そうな展開で、1点も取れなかったものね・・・。


ともかく今日の試合、「とにかく負けはしなかった!」と解釈するか「勝ちきれなかったー!」と思うかで性格診断が出来そうだけど、まあまあもうおめでたい日ですから。
なんてったって稲葉さんの2000本。そしてなんだかんだ言ったって、強運の斎藤佑樹、負けはつかないんですから。泥だらけだけど無傷。痛くない痛くない・・・。


しかし、流れ的に昨日今日と、翔くんがほんとに心配です。
もう、打てないとかそんなレベルじゃなく、精神的にまいってるんじゃないかと。
あの子繊細だと思うんですよー。堪えてると思うんですよー。
今の打順って本当に、彼の成長のためになるの??
なんか不安になってきます。まあ栗山監督はしゃべる人なので、翔くんともコミュニケーション取ってるとは思うんですけどねー。もうすでに、母の気持ち。


で、よりによって今日の発表。今成捕手がトレードへ阪神へ!
・・・阪神が捕手不足で緊急補強するかも、というニュースを聞いた時、チラッと思ったんですよね・・・。
今成くんのパパの今成スカウトって、昔阪神のスカウトだったんだっけ?・・・と。
まあ、今回のトレードには関係ないと思うけど、なんかふっと思ったことがほんとになったのでびっくりよ。
一軍で見てみたかったけど、阪神で頑張ってな。


今日の試合で皆さんお疲れでしょうね。9連戦のしょっぱなからこの長時間試合とはね。
でも今日は、稲葉さんのお祝いパーティしたのかな?
牛タン食べて、グロンサンでも飲んで、スタミナ回復して、明日へGO!



ハンドクリームを塗ります。手がベタベタします。なので、洗います。それを見て皆が「間違ってる」と言います。
ベタベタがいやならさらさら系のハンドクリームを買え、と言われますが、さらさら系だと、さらっとしすぎて効果ないような気がするんですー。
ベタベタとさらさらの中間のしっとり感あふれるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


野球のない金曜日と野球のある土曜日の狭間。

未分類
04 /27 2012
◎ダルさん。
いまさらですが、試合をおっかけるのに忙しくて、ダルさんのことを書けませんでした。
先日の試合であと2アウトで完封勝利、10奪三振と「いつものダルさん」になったダルさん。

ふふふ。
見たか、ヤンキーども。
これは「いつものダルさん」だからな!

これ「いつものダルさん」なんだからな!
見たかあああああ!!!


・・・と、テレビ画面を前に見てるこっちが仁王立ち。
いや、もう、すっかりメジャーの人ですわ、ダル。去年までファイターズにいたなんて夢のようだ。私たちは、ずいぶんと贅沢な夢を見させてもらっていたのね・・・。
たった4試合できっちり結果出してくるダルさんはやっぱりすごいよ!


見たかあああああ!と言ってやりたいのは、週刊ベースボールの某コラムにもね。ふふふ。
それ以上は言うまい。なぜなら立ち読みだったから。文句言うなら金払ってから言えと自分で突っ込んでおくけど、あんなにペラペラなのに高いんだもん週ベ。特集に興味ないときは買わないの。


◎稲葉さん。
稲葉さんが、土曜の試合にでも2000本達成しそうです。
1999本のお立ち台でも、2000本打つために野球やってるわけじゃない、秋に監督を胴上げするためにやっている、と、カッコよく決めた稲葉さん・・・。
嘉男が手首に死球を受けたとき、代りに外野を守ると志願したという稲葉さん・・・。

この人は「いい人」であるという共通認識に私が深く同意したのは、たしかほっともっと神戸だったかの試合で、花火が上がった時。
この時、稲葉さんがほんとーにキラキラした目とすがすがしい笑顔で花火を見上げているのが画面に映って、あの爽やかぶりを見たとき、「やっぱりこの人はいい人なんだろう」と頷いたのでした。

2000本、どんな感じででますかねえ。さらっと?劇的に?エキサイティングに?華麗に?穏便に?軽快に?深い香りの中にコクがありそれでいて春の草原を思わせるような口当たりで?
楽しみだけども、


◎佑樹さん。
・・・楽しみだけども、「チームの勝利のために」稲葉さんがヒットを放つのだから、ここは是非勝利ゲームで決めて欲しいところ。
先発:斎藤佑樹。大舞台に強い男。メモリアルを決めなきゃ、というプレッシャーがさらに斎藤ワールドにいい意味で彩を添えるはず・・・だと、思いたい。
相手の先発はヒメネス。この人に関しては、先日の試合、予想以上にいい投手である事に目うろこでしたので、打撃陣の善戦に期待するところ切であります!

では、また。


いよいよGWです。が、私には何の関係もないのです(涙)
デーゲームが多くてつらいなあ、仕事に集中できません。試合はパ・リーグチャンネルで「再放送」を見ることになりますが・・・結果を知ってるゲームを見るのはトキメキが・・・。
不足するトキメキ分を補う、飲むヒアルロン酸的なワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【ロッテ戦】劇弾2発で勝利!そして稲葉さんの「お楽しみはこれからだ!」

2012 ペナントレース
04 /26 2012
○日本ハム 2-1 ロッテ●
(東京ドーム)

稲葉さんの2000本は・・・・この後すぐ!
もうまもなく!
いよいよ登場!
感動の瞬間を見逃すな!
次回をお楽しみに!

・・・・ということで、稲葉篤紀、2000本まであと1本というところまで来ました。


今日出るかな、出るだろう、出るに違いない、と期待三段活用で待ち構えてましたが、東京ドームでの達成はならず。
だけど、あの1999本のイナリンで腹いっぱいですよー!(※昔、1986年のマリリンって歌があったのですよ・・・)

1999本目のヒットは、勝ち越しホームラン。
打った瞬間に、入ったぁぁぁぁぁー!!!な完璧な当たり。会心の一撃。
これで1-1から勝ち越し、そしてそれが決勝点。
ドラマな男、稲葉篤紀。

これで(たぶん)2000本は次の停車駅:仙台だろうと思います。
でも、ホームで劇的な達成もいいけど、ビジターゲームでさらっといくのも稲葉さんらしいかもしれません。
2000本は通過点ですから。
もうまとめてしまいました。達成した時は何を書くのか。


そしてホームラン、もう一本。

ホフさんです。
お久しぶりのスタメン起用。稲葉さんのホームランがドラマだったので、ちょっと隠れちゃいましたが、ホフさんのホームランがなければ、勝ち越しもなかったので、ありがとうマイカ。
で、出てきた時、それほど期待してなかった私を許して下さらマイカ。

それで、ファイターズの得点はこの2発の2点のみ。
2回、3回に2本ずつヒットが出たけど、得点につなげられず、4回以降はこのホームラン2本以外に安打は一本も出ていなく・・・

先発ウルフも立ち上がりがいまみっつくらいで、しょっぱなからヒット4本を打たれて、1失点。
その後も、毎回毎回ランナーを出し続けては、ギリギリで打ちとるという、マッチポンプ的展開。
6回投げて被安打9、失点1。それでなぜ1点しか取られなかったのか・・・逆ミラクル劇場。
ウルフの名誉のために付け加えると、援護があってからの回は落ち着いてました。このー甘えんぼさん。

7回:谷元、8回:増井、9回:久と、増井がやや劇場未遂があるものの、磐石のリリーフで抑えて、今日は1点差で逃げ切り。

ホームラン2本で勝った試合です。よく勝ったなあ。
今日の栗さんの英断は、DHにホフさんを起用した事ですね。
しかし、マックはなんとしてでも走らせなきゃダメですかね~。今日も盗塁失敗。
正直、盗塁失敗のリスクより、ケガが怖いよう。


栗山監督は今日が51歳のバースデー。おめでとうでした。
チームも勝ったし今日は酒がうまいねー!


金曜定休日をはさんで、土曜日から楽天三連戦。
田中のまー君は腰痛で留守だ。鬼のいぬ間に・・・なんて言ったらダメですね。しまっていこー。
まー君、腰痛持ちとして同情するよ。ひどくなると顔も洗うの一苦労だし、仰向けで寝らんないし、辛いんだよね・・・。



スポーツ新聞を読むとおっさんくさいと笑われます。スポーツ紙はレディの読み物じゃないそうです。世の中の野球好きのレディは、どういう風にスポーツ紙を読んでいるのでしょうか。(読まないの?)
スタイリッシュでエレガントかつスマートなスポーツ新聞の読み方を模索中。
クールでハイセンスかつシックなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【ロッテ戦】八木躍動!稲葉降臨!野手奮闘!全員勝利!首位奪還!

2012 ペナントレース
04 /25 2012
○日本ハム 5-1 ロッテ●
(東京ドーム)

でたー!

好きな選手は斎藤佑樹です。(やめてー)


【八木躍動】(やぎ・やくどう)
調子のいいときの八木投手が、投球を終えた後、ぴょんぴょんと跳ねるさま。
ホームランを打たれても大して気に留めず、その後ランナーを出すも大して気に留めず、強気で攻めるピッチングで打者を打ち取っていく様子。またはそのもの。

貞子の呪いがマウンドに漂っていたかどうかはともかく、先発の八木さん。
1回表、いきなり井口さんにホームランを打たれる・・・・も、その後、ランナーを出す・・・も、
その1点のみでしっかり抑える。
今日の八木さんは、しろやぎさんでした。鶴ちゃんの配球も良かったのかと思いますが、やっぱり味方がすぐ逆転したのも大きいでしょう。本人もそう言ってるし。

でもあのホームラン、「これで流れがマリンへ~・・・」と消沈しましたが、すぐに盛り返しましたね。
というか、流れを引き戻したのは1回の表、先頭打者:賢介への「ボール・ボール・ボール・ストライク・ボール」の流れの四球だったと思います。これで今日はつけ入るスキがあるぞ、とニヤリ。


【稲葉降臨】(いなば・こうりん)
まるで稲葉さんに打撃の神が乗り移ったかのようなさま。
打席に立てばどんな球、どんな方向にでも打ち返し、気がつくと2000本まで後2本になっている様子。
試合始まったとき「あと6本」だったのに、一試合で4本も打つかー!恐るべし稲葉!すんげー!と、見ているものは、シンバル持ったチンパンジーのおもちゃのように両手を、バシバシ叩くしかない様子。
すんげー!

ということで、今日の稲葉さん。
「イナバ・ハッピーセット」です。稲葉さんの打席ではもれなくヒットがついてきます。
残りは2個となっております。ご予約はお早めに。
なお、限定数に達した場合は、札幌での販売はございません。
(2000本安打クイズ、5/1にしたんだよなあ。ハズレだなぁ・・・)


【野手奮闘】(やしゅ・ふんとう)
打撃では打ちまくり、守備では好プレーを連発するさま。昨日のあれはなんだったのだろう、と首を傾げるくらい打線が当たり、15安打もする。
スレッジ1塁、バッター鶴岡でエンドラン、という失礼ながら意表をついた攻撃が決まること。
守備ではショート金子誠が、解説者をもってして「さすが名手」と言わしめる状態。そしてすばらしいプレーで意外に、どや顔をしない金子誠のツンデレな様子。
調子がいいのは幸せだから、とヒロインで語る陽岱鋼の成分もコンタミしている。
添付の「幸せのスパイス」はお好みによって振りかけてください。かけ過ぎると甘くなりすぎ、胸焼けを起こす場合がありますのでご注意ください。


今日は攻撃のリズムが良かったです。先制されて、すぐに逆転して波に乗りました。
相変わらず盗塁は失敗も多いけど、効果はあるのかも。(何回かにいっぺんは成功するし)
しかし、15安打で5点というのは、費用対効果が悪いのかどうか。でも、ここでまた大量点を取ると次に響くしなあ。
ただ、翔くんが、やや元気がないのが気になります。ヒットが出ないのもさることながら、打席での様子、ベンチでの表情が、2週間くらい水やっていない観葉植物のようにしおれてます。
うーん・・・今日のように皆が打ちまくる試合で、蚊帳の外は精神的にもきついよね・・・。誰かがフォローしてくれると思うけど。なんとか浮上して欲しいー。


【全員勝利】(ぜんいん・しょうり)
みなで戦って勝利を勝ち取ったさま。攻撃が上手く繋がり、守りもチームワークで固めた状態。
ベンチで栗山監督と福良ヘッドコーチが何か言っていて、ガハハ笑いをしている様子も含まれる。

あれ、なに言って笑ってたんだろう。確か、例のスレッジ&鶴ちゃんのエンドランの直前くらい。
「エンドラン行っちゃう?」「ないわ」「だからじゃーん」「マジでー?」みたいなやり取りでもしてたんでしょうか。


【首位奪還】(しゅい・だっかん)
マイナス0.5ゲーム差という収まりの悪い2位から、勝って首位におさまること。首位浮上より、やや積極的な意味あいがある。

この時期だってどの時期だって、気分は悪くないこと。


東京ドームは1勝1敗のイーブンで三戦目を迎えます・・・。
さあ、出るか稲葉さんの2000本!



今日はあったかい。よーし、散歩しちゃおう!うーん日差しが暑いくらい。気持ちいいね、散歩日和!
・・・とたくさん歩いて汗かいて、温度差にやられて風邪を引き、熱を出す・・・。
額にぴたっと冷えピタシートなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【ロッテ戦】惜敗!雨の日もあれば、風の日もあるさ!

2012 ペナントレース
04 /24 2012
●日本ハム 1-2 ロッテ○
(東京ドーム)

どうした皆のもの!元気がないぞ!破れたとは言え良い戦いぶりではないか!
景気付けに宴じゃ!誰かおらぬか!酒を持て!第3のビールを持てい!

・・・・負けちゃいましたね。
栗山監督は潔く、「俺のせい」と言ってましたが、みんながみんな何となく、「俺のせい」と思っているであろう試合。


1回、いきなり翔くんのタイムリーで先制したときは、いけそうな雰囲気だったのですがね。
さすがにAクラスの投手ともなると、あれくらいでは崩れてはくれない。
それでも賢介がなんと、4打数4安打と1人気炎を吐きまくる。グライシンガー投手と相性バッチリなんでしょうね。「俺のボールを全部打ち返したのは、お前くらいだぜ・・・」と友情が芽生えたりしませんか。しないか。


うちの多田野さんも好投でしたよ!
あの、「アシモが野球ができるようになりました」みたいな独特のガクガクピッチングフォームで、ナイスピー。
7回、被安打5、奪三振4、失点1。多田野さんはその1失点を悔やんでるようですが、なんのなんの、十分じゃないですか。
宮西さんはねえ・・・。あの死球で調子が狂ったのかな?しきりに牽制してて、すごく走者を気にしてて、打たれてしまって。
もうほら、これからは「走るんなら走れば」とダルくらいの開き直りでどうでしょうね。


とは言え、失点した宮西さんが悪いってワケじゃないですよ。その後のチャンスがあったんですけど、生かせず。
7回の稲葉さんの3塁打、ノーアウト3塁から凡退。
8回、1アウト満塁から、中田キャッチャーフライ、稲葉さんゴロで凡退。
この二つが惜しかった。ここで得点できなければ、負けかな・・・という場面でした。


特に7回、稲葉さんの3塁打はもう少しでHRか、と思うような当たりだったので、あそこで畳み掛けられなかった事が痛かった。


8回はね・・・。
私はこれを見たとき、まざまざと思い出したのです。
それは先日、ヤクルト-巨人戦を何気なく観戦してた時のこと。
1点ビハインドの巨人が1アウト満塁から1点も取れずにイニングを終えたのを見て、私はつい、「・・・・これで1点も入らないか(笑)」と思ってしまったのです!
人の不幸を見て、「(笑)」なんてことをする人は、めぐりめぐって自分に返ってくるのです!それがきっと今日だったのです!ごめん、ファイターズ!
学びました。これからはよそんちのことをとやかく言うのはやめにします。


ま、普通に考えれば、途中登板のロッテの益田投手、ルーキーだというのに肝の据わったピッチングで見事に抑えられました、というところです。
翔、稲葉さんで取れなかったのなら、もう今日は全体的にツキがなかったんでしょう。


元気出して。144試合もやってたら、そういう日もあるよ。

稲葉さんは2000本まであと6本。
翔はタイムリーを打ったし、それにあのレフトからの本塁への好返球!あれをアウトにしたのは大きかった!


明日は元気でねー!



というワケで、東京ドーム初戦は惜敗。
始球式のピチピチ水着っ娘に「まあ、若い娘がそんなカッコで!カーディガンかなんか羽織りなさい!」と言いたくなった自分。惜敗(笑)の乾いたお肌に水分捕球のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


野球のない月曜日と野球のある火曜日のスキマ。

未分類
04 /23 2012
月曜夜に書こうと思ってたけど、寝落ち。でも大した内容じゃないようの箸休め。


◎褒めない子育て。
Bs戦で勝ち投手になった3人。試合の後の栗山監督のコメント。

佑樹=「完封良かったね。・・・バルディリスは、追い込んで四球を出すなんて。開幕投手をやっているんだから、ちゃんとやれって」
光夫=「オレがイメージしているのはもっと上。まだまだ」
勝さん=「打者に向かっていきながら抜いていく、素晴らしい投球だった」

この差。


佑樹と光夫のい二人のヤングメンに対しては、若手芸人相手みたいに「それでお客さん笑ってくれるほどプロは甘くないよ?」といわんばかりのダメだし連発。
それだけ期待度が高いということでしょうけど、厳しいなあ栗さんは。
たとえノーヒット・ノーランやっても、「あの四球が余計だったよね」とか言われかねない・・・。

まあ、こういうのはマスコミ向けのポーズで、当人たちには陰でこっそり、「よくできたで賞」とか言ってるのかもしれないけれども。(そうであって欲しい)


◎守護神はつらいよ。
3戦目の1点リードの9裏、久が登板し結局は3者凡退で抑えました。
本文には書きませんでしたが、「1点差・雨・クリーンナップ相手」と要素が高すぎて、正直、「大丈夫か?」と3アウト取るまでドキドキしっぱなしでした。
・・・他のブロガーさんの記事を読んでも、同じように感じてらっしゃった方は多かったみたいで、「嗚呼、私だけじゃなかった!良かった、こんな私がファンでもいいのね」とか変な方向に安堵。やっぱ、ドキドキしたよね?
リアルタイムは仕事中で、イヤホンでラジオを聴いていたんですけど、もういても立ってもいられなくなり、やたら意味なくその辺をうろつきまわる挙動不審な人になってました。

クローザーって100か0しかないから、辛いお仕事だと思うんです・・・。常に100で当たり前を期待されるし、きっちり仕事をしても、紅白歌合戦においての大トリの歌手のように真ん中でそれでは良いお年をー!と手を振ることもなく、最後に写り込むのは勝利投手の先発なり、先制のアーチを挙げた誰かなりで。
久は頑張ってくれてるよね・・・抑えて当たり前なんて思わずに、ほっともっと感謝しなきゃ・・・
・・・と言いつつ、「何か今日球高いよ」とか栗さん並みのダメだしをしてしまう、身勝手なファンを許して。


24日からの3連戦は東京ドーム。雨の心配がないからドームはいい・・・。




月曜日に居酒屋。今日は野球見なくていいの?と聞いてきた友人に、「月曜日は試合がないんだ」と答えた。
「ああ・・・だから今日にしようって言ってたんだ・・・」とトーンダウンの友人。そ、そんな!友達との飲み会より野球が優先なんてことは・・・少しはある・・・か・・・。
なくても、あるともー!のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【Bs戦】投手戦!光夫の勝負は辛抱で辛勝!

2012 ペナントレース
04 /22 2012
○日本ハム 1-0 オリックス●
(ほっともっと神戸)

出でよ!吉川!

・・・と言うわけで、もおおおおお、息づまる白熱の投手戦!に行き詰ったか!?と思った頃に、貴重な貴重な貴重な先制点兼決勝点。
投手戦で1点はかけがえのない資源です。


光夫はなかなか援護がない中、頑張って投げ続けました。
あまりの好投ぶりに、「今年はまさか無援護の呪いが光夫に・・・?そんな・・・!とにかく光夫に勝ち星あげたい!じゃなきゃ、かわいそう!」という気持ちでいっぱいになりました。

今日は打線は3安打ですが、「打てん!」というのは野暮。・・・・雨天ですもん。(言ってみたかった)
・・・相手方の木佐貫投手も神ピッチング。
4回に賢介ヒット、糸井の四球・・・で、2アウト2,3塁、バッター稲葉。というチャンスがありました。
ここで稲葉さんが三振に倒れた時、ああ~今日は厳しいーーー!と思いました。


そして、それからずっと我慢して、終盤8回、最後のワンチャンスで、やっとの援護。
もう、ギリギリで取った1点。あの場面で、よく鶴ちゃんが犠牲フライを打ちました。やるときゃやるんです!
岱鋼さんがよく走りました。
そして陰の殊勲賞はスレッジ。1ゴロですが、結果的に岱鋼を3塁へ進める進塁打。こういう技ありバッティングも出来るのが強い!
(・・・って単なる打ち損じってことはないよね?狙ったんだと思いたい)


そう、粘って粘って我慢してれば、必ず報われる・・・!


・・・と、言いたいところですが、相手の木佐貫投手も状況は同じ。
結局明暗を分けたのは・・・チャンスの神の前髪が1本多かった、くらいの僅差だったと思います。


本当にみったんはすごか!
いったい光夫をここまで覚醒させたのは、何なのか。
栗山監督の例の檄(俺がユニホームを脱がす)が効いているのか。
それともダルの穴を俺も埋めなきゃ!という責任感か。
もしくは、佑樹だけじゃなく俺も見てくれよ!という自尊心か。
風水的に方角がいいのか。星回りが大幸運期か。

普通に考えたら「こつこつと積み重ねてきた努力がついに実を結んだ」という結論だけど、当たり前すぎて何か他の理由をさがしたくなる。
だって、それほどの覚醒ぶりですもん・・・。
もう理由は何でもいけど、チームの地殻変動にあわせて、光夫は目覚めた。


それで、結局このカードは3タテ。3試合で相手に許した得点は、1点だけと、投手陣大活躍のカードでした。



枝豆が食べたくなって、冷凍のを買って会社へ。お昼までに自然解凍・・・と思って窓辺に置いた。そこは上司の席の後ろの窓。今日は日曜なのでこないし。
なのに、その来ないはずの上司がやってきて、枝豆を背にどっかりとデスクに腰を下ろした・・・。
何でもいいから席を立て!の念を送り疲れた午後のひと時、イソフラボン配合のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【Bs戦】快勝!勝さんは今日も勝さん!

2012 ペナントレース
04 /21 2012
○日本ハム 8-1 オリックス●
(ほっともっと神戸)


栗山英樹曰く、「勝が投げる日の朝は、心穏やかに起きられるんだよね」

「癒し系」などと言われた勝さん。
初回の先頭打者にヒットを許し、ゲッツーで2アウトを取った後に連続安打を許したので、「勝さん!もっとマイナスイオン先行で行かなきゃ!」と訳のわからないことを思いましたが、今日は最愛の妻・大野とのバッテリー。
バッチリ次の回から抑えのマイナスイオンびゅーびゅー噴出。終われば、8回5安打奪三振4、四死球なし。

武田勝の癒しの森へようこそ。
風の行方とボールの行方は、すべて勝さんの手の内です。

しかし。
イ・デホに「来日第一号本塁打」を進呈してしまった勝さん。
いや~、まあ。
森にもたまは、びゅうっと強い風が吹き抜けていくものです。
だからこそ、風が収まった静かな森のありがたさがさらに増すのです(無理矢理)


このイ・デホの本塁打は、味方が4点先制した後だったので、落ち着いていられたのでしょう。
「わ、台風みたいだったね!」「驚きだね!」と奨太くんと顔を見合わせておしまいに出来ました。
そしてあとは何事もなかったかのように、森のイニングの小道を、奨太くんと二人手をつないで、次から次へと現れる牛の男たちを、淡々となぎ倒していくのでした。


さて打つ戦士たちです。
誰かが何かのスイッチを作動させたか、森の木々がざわめく3回。
先頭賢介がゴロに倒れたものの、栄ちゃん、嘉男と連続安打。翔くん倒れて、2アウト。
ここから稲葉さん、岱鋼、スレッジと三者連続安打。
「勝さん!道を広くしておいたからね!歩きやすいだろう?」と言わんばかりの4点先取。
ありがとう、今年は見通しもよくて歩きやすいよ、と勝さんが言ったかどうかは定かではありませんが、おかげで安心して投げられました。


7回までくると、バスケットの中には四球が3つ。もひとつおまけに安打がひとつ。2点追加。
そして最後の9回、「これ以上取ったら明日が怖いので、いいです」と遠慮しなかったために、四球を1つもらって、せっかくだから・・・とヒット3本打って、さらに2点追加。8-1。


7点差。安心の点差です。
森の出口では、その名も森内くんが、勝さんの代りにえいさっと柵を閉めて「本日の営業は終了しました」と看板を立てかけました。
モリウッチーは余裕の表情でした。スキップするようにさくさくと投げ、さくさくとアウトを取っていきました。
もっと投げたかったなあ、とでも思っていたかもしれません。


スレッジなどはなんと5打数4安打打点3のウルトラ猛打賞です。今日は星の配置がいい日だったのかもしれません。
そして嘉男も3安打の猛打賞。ここんとこ元気がなかったので心配してましたが、昨日全力疾走したら、何かが変わったのでしょうか。
そして稲葉さん、今日は2本ヒットを打って、2000本まであと7本。
いよいよです。もうすぐです。


この試合終わって、順位としては単独トップ。
もちろん、今時期の話ですからまだまだです。
それに、ついつい「去年も今頃は絶好調だったんだよなあ」と光あふれる森の中、一筋の黒い影がよぎってしまいます。これは森に潜むマモノでしょうか。いいえ、誰でも。


いやいや、喜んだっていいじゃないですか、人間だもの。
次はみつおの登板です。がんばれ、みっちゃん。


会社にある台車の車輪がおかしいのか、押してるだけですごい勢いで横に曲がっていこうとする、「スライダー台車」。荷物を載せるとさらに曲がりに磨きがかかる。
必死に軌道修正しようとすると、その場でぐるぐる回りだす自分。傍から見るとバカみたい・・・。
台車はど真ん中ストレート!なワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【Bs戦】完封!斎藤佑樹は突き進む!

2012 ペナントレース
04 /20 2012
○日本ハム 5-0 オリックス●
(ほっともっと神戸)

みんなの視線を釘付け。それでこそ佑樹。

堂々としてたんですよ、今日の斎藤。
静かに堂々、昨日オリックス打線猛打爆発だったことに臆することなく・・・。
・・・思うのですが、斎藤の辞書に「臆する」という言葉はあるのでしょうか。もしかすると野球で唯一意識しているのは田中将大だけなのかもしれません。
じゃないと、先日あんなによれよれだったのに、アウェーでのあの沈着冷静っぷりが説明がつかない・・・。


完封でしたが相手打線を封じ込めるとかそういう訳でもなく、許したヒットは8安打。四球は2個ですから少ないほう。
8個もヒットがあって、なぜ1得点も出来ないのか?なぜあと決定打の1本が出ないのか?
相手は不思議だと思います。誰にもわからない。
なぜだ!?と思い始めたら、そこが「斎藤の結界」の術中です。


打線は6回にラッキーな翔の安打で嘉男が爆走、1点先制。7回に岱鋼の1号ソロHR、そして賢介と栄ちゃんのタイムリーで計4点奪取。5-0。


ここで大体試合は決まった感がありましたので、あとは「斎藤、完投完封か?」のほうへ興味がシフト。
やや危ない場面もありましたが、結界発動で乗り切り、9回、いよいよ完封が近づいてくる・・・・。


この9回が!
これを「男気」と言わずして何を男気と言うか。
どうしてか、佑樹が真ん中にいると、「姫を守る8人の騎士」という雰囲気になってくるのですが、とにかく最終回、「男気ディフェンス」炸裂。

センターとライトの微妙なところに上がったフライを、「奥さんここはわたしが!」「ダメよわたしが!」「いいからダメよ!わたしが!」「ダメだってばわたしが!」とレジ前伝票奪取の攻防戦のように、岱鋼と嘉男がものすごい勢いで同時に追いかける。明らかに衝突コースなのに、二人ともあきらめない。
結局、岱鋼が転がって嘉男が佑樹のハートをキャッチ。(違う)


中継を見ているものに「ひゃーーー!」と言わしめた、バルディリスのレフトフライはもうちょっとでスタンドインかー!の当たりだったが左に切れる。その切れたボールを翔くんが追いかけて、フェンスギリギリでキャッチ。
取らなくてもファウルだったんですが、ここでアウトを取りたい、取って見せる!の心意気!


そして、三塁線、抜けたかと思う当たりを栄ちゃんがナイスキャッチ、素晴らしいフィールディング。
とくれば、マックが三遊間のきわどい当たりを飛びついて取って、態勢を立て直すまもなくそのまま送球。
あんなに必死な顔のマックを久しぶりに見たような。
どっちもアウトは取れなかったんですが、止めなかったら抜けてた当たりだったし、「斎藤を守る!」と全方向に全力でアピール。


そして、2アウト1,2塁。点数的にはまず大丈夫と思いながらも「完封させたい!」という気持ちではらはらドキドキのオーディエンスをよそに、佑樹は冷静沈着に最後の打者を打ち取ったのだった。あんたスゴイよ。


今日は粘り勝ちの好ゲームでした。盗塁失敗が多かったのだけが何ですが、守備のほうはほころびもなく、むしろ素晴らしい。
稲葉さんは1安打で、残り9本。うーん、もう今月中に決まりそうですね。5月の札幌ドームまでは引っ張らなさそうです。

そういう訳で、斎藤、静かに堂々淡々と嬉しい恥ずかしプロ初完封勝利、3勝目です。
シーズン序盤といえど、「ハーラー単独トップ」などという枕詞が斎藤につくとは・・・!(感無量)


そうそう、ダルビッシュも今日は調子が良かったですね。よかったなあ。
活躍してくれると嬉しいと言うよりか、ホッとするほうが大きい親心・・・・。


夏タイヤを買いに行った。買うのは5分で済んだけど取り替えるのに1時間半以上待たされる羽目に。
2キロくらい先の本屋まで歩いて行き、思った以上にヘロヘロになって、そして同じ距離また歩いて戻らなければならないと言う時の絶望感と言ったら・・・!
燃料計算能力強化のためのワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【西武戦】勝ったと言うか、負けなかったと言うか・・・。

2012 ペナントレース
04 /19 2012
○日本ハム 3-2 西武●
(皇子山球場)

ファイターズ劇場型野球・THE MOVIE。


まあ、勝ちは勝ちました。
振りかえっても、よく勝てたな~と感動するところなのか、なぜ勝てたんだろうと首をひねるところか、迷いに迷う緊張感あふれつつもグダグダな試合。

ファイターズはヒット5本、3得点。
だけどもエラーが
ライオンズ打線には3本しか安打を許してないのに、四球がウルフが4つ、久が3つでやったらピンチが多かった気がする・・・。

ウルフ先発、正直、やな予感はしてましたよ。彼、見かけによらず(失礼)神経質で、特にマウンドのちょうしがどーちゃらとかうるさいタイプ。で、今日は野外の地方球場。
案の定、マウンドが低いとか何とかお気に召さない様子。
足に違和感があって降板は致しかたないにしても、その降り方が、デート中にけんかした女子高生みたいに、「あたし、帰る!」状態。ちょっと、大人なんだから!プロなんだから!


結果的には降板で良かったと思います。
植村くんはあんな状態から登板したにもかかわらず、危なげないナイスピッチングで、ぴしゃりと抑えました。
あのままウルフ続投だったら、1失点じゃすまなかった気もするし。
植村くんはプロ初勝利です!おめでとう。


さて打線。
ライオンズ岸投手はこの試合まで、防御率0.00を誇るだけあって、なかなかチャンスメイクできず・・・。
ところで、岸投手って足長くないですか?背番号も11だしダルみたいと、途中から、足の長さに見とれてました。

その、岸投手からチャンスメイクできたのが6回。先頭大野が四球、賢介送りバント、小谷野はゴロアウトで、2アウトだったのですが、糸井、中田が連続四球、2アウト満塁。そして稲葉さん。

これは稲葉さんが仕事をする場面ですよ。
流れ的にも、ここで点を取らなきゃどこで取るのか、という場面。ここで無得点だったらこの試合、負けてたと思いますが、そこは稲葉さん。前の2打席は無安打だったけどもきっちりタイムリー!2-1と勝ち越し。


7回宮西、8回増井と来て、自慢の中継ぎ陣は今日もキレキレ。
9回表、中田の四球、代打の神様二岡の四球と二つの四球、2アウトからマック。
魅せるベテランの底力タイムリーで、1点追加で3-1。


これで勝ったと・・・


勝ったと思った・・・・。




いや~もうどうなることかと!!!

久には悪いけど、生きた心地がしませんでしたよ。下位打線で3アウトを取れる場面で取れず、四球で続々と塁を埋めてゆく久。満塁で上位打線へ回り、しかもフォアボールで押し出し1点献上。2アウトとは言え、満塁。


植村投手談話:久さんは絶対に抑えてくれると信じていました。


なんて健気な子なんでしょう・・・・。


ともかく、久は抑えました。ここで大炎上しないことに信頼を寄せるべきか、精神衛生のためにも3人ですっぱり店じまいして下さいとお願いするべきかわかりません。
9回に1点追加点取ってて良かったですよ!あの1点が命綱だったのです・・・・。


勝ちは勝ちです、結果オーライ。
・・・でも、なんか不安。先発があんなで4回で降板してたら・・・今はいいけど、リリーフの疲労がたまってくる夏以降、どーすんの?
そして、賢介。なんだろう、どうしたんだろう。賢介に限らず、最近エラー多い気がする。
そして、久。本当にお願い~~~~。

いや~~でも。

よく勝ったなあ。コンマ数秒の椅子取りゲームみたいでしたよ、ほんと。


プロ野球チップスを気の赴くままにたまに買ってみます。
まだ一枚もファイターズの選手に当たらない。なのにドラゴンズ率がやけに高い。
ポテチもちゃんと食べてます。そのせいか、顔がちょっと丸くなってきました。
太る前にいでよ、ファイターズのカード!なワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


野球のなかった水曜日と野球のある木曜日の間に。

未分類
04 /18 2012
水曜日にアップしようと思ってたら、日付が変わってしまいました・・・。
次の試合が始まるまでの、箸休め的に。


さて、開幕から2週間くらいたってようやく、一巡り。
数えるとまだ17試合しかやってないんだ・・・もう30試合くらい見た気分です。充実してるなあ。


チームによって試合数にかなりバラつきがあるため今の時点で、順位がどうちゃら言うのもなんですが、4/18現在、


10勝7敗 3位 首位との差0.5ゲーム差


ですね。まあ、どうちゃら言うのもなんだけどと言いつつも、一応Aクラスキープだと思うと気分は悪くないです。初めはどんな野球になるか見当もつかなかったので、思ったよりずっといい、という肌触りのスタート。
1戦目・佑樹が完投勝利、2戦目はサヨナラゲーム。あれで乗ったのかな。やっぱりつかみは大事です。


◎佑樹と将大
星野監督が提案 マー君VS斎藤「来年は甲子園で」(スポニチ4/13)
聖地でやってこそ、正真正銘の「再戦」だ。
楽天・星野監督は試合後、早くも夢プランをぶち上げた。
 「来年は甲子園でやるのが一番いい。お互いローテーションを合わせればいい」


一週間も前の記事を蒸し返すのはなんですけど、書くきっかけがなくてここで。
鬼も笑い死にの来年の話に(しかもただの夢話に)反応するのもアホですが、ほんともう、こういうのやめようよ、という気分になったこの話。

若い当人たちは、昔の事より今より先が大事と日々前進だろうに、年寄りのノスタルジーで足止めさせてどうすんの。「甲子園で投げあう事」で二人がどんな顔を見せるか興味津々?
旭山動物園の行動展示じゃあないんだからさあ。(言いすぎ?)
当人たちにしてみりゃいたたまれないんじゃないか?お互い挨拶に困るだろ、っていう。



◎稲葉さん、2000本ダッシュ。
現時点で3冠王。すごいハイペースで2000本安打に近づいてきます。4/18時点であと11本。
4/19皇子山での西武戦から4月は10試合、1試合1本ペースで打ってくれると5/1からの札幌ドーム戦に間に合う(?)のですが、微妙なところ。
よく大記録前に「足踏み」なんてことも言いますが、、今の稲葉さんを見てると無縁のような気もします。
むしろ、達成しちゃった後のほうが心配になったりして・・・。
達成後は「年齢イコール打率」くらいの壮大な目標にするとか?ゴルフで言うところのエイジシューターみたいなの。


◎劇弾:中田翔
ホームラン2本。
1本目:開幕以降24打席無安打からの初安打が本塁打。
2本目:16打席無安打での第4打席でチームを救ったサヨナラ本塁打。
佑樹に負けず劣らず、物語としては「持っている男」、中田翔。
タメが長い分、見せ場になったときのカタルシスがものすごい。あのサヨナラホームランも直前に2ランで同点にされるという突如のスコールに見舞われたと思った途端、雲が割れ、ハレルヤコーラスと共に鳩が飛び出したような至福感。
ああいう場面で、ああいう形でストーリーを作れる、というのもやっぱり才能なんだろうなあ、と改めて思ったり。


さて4/19は皇子山で西武戦の最後の1試合、翌日からはオリックス三連戦。
どんなストーリーが待ち受けているでしょうか。ドキドキするなあ、上手く行くといいなあ。



「返信よろしくお願いします」と書いてFAX。流して十数秒で、隣のFAXから返信が。
仕事早!どうやったらこんなに早く!?と感心しきり・・・してから、「こちらに返信お願いします」と書いた隣のFAX番号に自分でFAXしてた事に気がついた・・・・そりゃ、早いって。
まったくみごとな自作自演に生温かい拍手の代わりのワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




【西武戦】9回表、両チーム意地の激突!

2012 ペナントレース
04 /17 2012
●日本ハム 2-3 西武○
(西武ドーム)


勝ってたら「野球は9回2アウトから!」で決まりでしたが、惜しい。


接戦を落としたこんな日は♪
いいことさがそう、いいことさがそう♪
負けちゃったけど♪

翔くん、猛打賞~~~~!

(よしいいぞっ!)


あと一歩及ばなかったこんな日は♪
いいことさがそう、いいことさがそう♪
もう少しだったけど♪

森内・乾ナイスピーーッチ!

(先発いける!)


頑張ったけど残念だったこんな日は♪
いいことさがそう、いいことさがそう♪
きわどかったけど♪

9回表、粘ったぞー!

(明日があるさ!)


勝つ日もあれば負ける日もあるさ♪
いいことさがそう、いいことさがそう♪
ほら、上を向いて♪

西武ファンあんなに喜んでるー!

(・・・そうだよなあ・・・)


1回表に先制したときは、よし来たっ!と思ったんですが、調子を上げてきた牧田投手の前に、0行進。
でも9安打ですから、まーったく打てなかったわけじゃないですね。でも打線が繋がったのは土壇場の9回だけ。
でも、最終回はねえ。牧田投手・・・・足つってたんだよねー。でも最後まで投げきった。あの勝利への執念にやられたかな。


とはいえ、その牧田さんから代打で出てきた二岡さんは、まったくなんでもないことのようにタイムリーを放つ!
これで1点差まで追い上げ、2アウト1,3塁から代打栄ちゃん登場!
両チームのファンが、それぞれの立場で八百万の神に祈った場面。
たとえ「ハムは鬼」と言われても、同点にしたいところだったけど、三振で試合終了。
いいことさがせば、二岡さんはますます代打の神へ近づきつつあることです。
いや~あんなにみんな打ちあぐむ牧田投手から、あのタイムリー・・・。
二岡さん・・・あんたが味方でよかったよ。


今日は拙攻が目立ちましたしね、特に走塁ミス。
中島くん、いけてる初ヒットだったけど、直後の走塁死は・・・「今のはアグレッシブに行った結果だからOKだ!」と景気よく言いたいところですが、言わない(笑)・・・・また頑張れな。

そしてよしおの盗塁死。最後の一歩手前のチャンスだったから惜しい!
ソフトクリーム買った瞬間にべちゃっと落としたみたいに惜しい。
最近よしお調子悪いよー。どうしたのーなんか元気なーい。ほんとにしんぱーい。


そして、八木さん。
完投完封のこのあいだがしろ八木さんだとすれば、今日はちょっと黒い斑点がまざった黒ぶち八木さん。
良い時のぴょんぴょんがなくって、ちょっと元気のない八木さん。
うん、でもあれだ、●○●と来たから、次の登板は○だろう。元気出して。


大量得点の翌日は・・・というあのジンクス。
そう、今日逆転された時、心のどこかで思ったのです、「や、やっぱり・・・・」と。
そして思いました。やっぱりと思ったその心がすでにビハインドであると!
これではいけない!やはり、「今日も勝つに決まってる」と思って見なければ!



・・・・けど、やっぱりなあ(苦笑)



運動不足だからちょっと走ったほうがいいかな~と思った昨日。(昔ジョギングしてた)
うーん、たまには走ろう。そのほうがいいよね・・・と、心に決めた前の日。そして今日。
あ~雨降ってる!しょうがないよねー!雨だもん!雨だもんねー!ビバ雨!
甘ったれの私に「体育館にランニングマシンがあるぞ」との叱咤激励のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【西武戦】再び大勝!でも得点のご利用は計画的にー!

2012 ペナントレース
04 /16 2012
○日本ハム 13-0 西武●
(西武ドーム)


野球なんてのはな~ダーッと投げて、ビャーッと抑えて、バーッと打って、ガーッと走れば勝つんだよ、おう。


・・・と、耳の上にタバコ挟んだおっちゃんが手際よくまとめたような、そんな試合。


いえいえ。
カフェ・ファイターズでは僅差の試合が続いた今日この頃、お客様にホッとリラックスできるようなメニューをご提供。
本日のスペシャル「ファイターズ・パフェ」
マロン風味の土台にに多田野数人の安定した投球をしみこませ、さらに金子誠の口火を切るスパイシーなヒットをチョイス。
対比する中田翔のフレッシュなタイムリーが重厚な中にも爽快感を味わわせてくれます。
さらにスレッジのアメリカンテイストのポップなヒットで、フィーリングも抜群。キャプテン賢介の和の渋みヒットと合わせてご賞味ください。
そして乾投手の瑞々しい投球と、森内投手のルーキーながらも落ち着いた投球、ふたつのテイストが調和した「継投クリーム」。
その上を飾るのは、それぞれ1ヒットながらも感覚を目覚めさせる、陽岱鋼飯山裕志の謹製安打。
これだけでももう十分ですが、スペシャルとして「稲葉篤紀特製:とどめの2ラン」をさらにトッピング。


よくかき混ぜてお召し上がり下さい。


それじゃあ、味がわかりません。


そうです、なんだか途中から味がわからなくなってしまったこの試合。
先日の北九州に続き、打線爆発、13安打13得点。
こういうビッグゲームは大抵、こちらよりもあちらのほうに理由があったりするもので、7回のビッグイニングはライオンズの継投陣はマモノに取り憑かれたかのような打たれっぷりでした。


途中で、7-0くらいになったとき、「もういい!これ以上打ったら明日が!明日の運まで使っちゃダメー!」という気分になりましたが、結局それからも着々と運を使いました。
ああ・・・明日が怖い・・・!しかも明日のライオンズの先発は、サブマリンの牧田さんではないですか。
この人、苦手にしてたような記憶が・・・・。


さて、多田野さん。今日はほぼ完璧な投球で、2009年以来の勝利。
去年はほとんど敗戦処理でしか登板せず、それでもたまに「これは!」と思うピッチングもあったので、一度先発で見て見たいなあ・・・と思ってましたが、勝利投手にまで。

思うに、栗山監督は人の心のツボをつくのがうまいのかもしれない。
一度戦力外→再契約→ロングリリーフと来て、やはり先発で投げたい・・・と思ってただろうし、そこに「お前
、頼むぞ」といわれりゃ、そりゃあやる気になるよね。人間ってそういうものよ。
内容が良かったし、球数も少なかったので完投かと思いきや、7回からは乾にスイッチ。9回は森内登場で、二人とも無失点。
「ねえねえ、ナベさん~うちの中継ぎ見てみて~」という自慢をうっすら感じなくも・・・ない。


今日の翔くんはどうかな、と思ってたら、先制タイムリーを放ち、最後13点目のタイムリーも放つ。ホッと一安心。そして四球が3つ。ちゃんとボールが見えてるってことよね~。
そしてスレッジがやはり札幌ドームのホームラン以来、復調の兆し。この試合でも3安打。
この二人が並んで打ち出したら・・・!


さ、明日はジンクスを破れるか・・・。



明日はお休み。昼ご飯はスパゲティにするかスープカレーにするか、はたまたラーメンにするか迷っています。60:30:10くらいでスパゲティ優勢。とすると、和風スパかそれともベーシックなトマト味か・・・・。
他に熱心に考える事はないのかと我ながら切ない。ピリリとぺペロンチーノなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【楽天戦】たった一つの冴えたサヨナラ。

2012 ペナントレース
04 /15 2012
○日本ハム 4x-3 楽天●
(札幌ドーム)


これより採決をとります。賛成の方はご起立お願いします。


久くんは光夫くんと翔くんに回ってない寿司を奢ること。


(賛成多数につき本法案は可決されました)


順当にいけば今日の主役だったはずのみつお。8回被安打5、1失点、自責は0。
こんな素晴らしい投球をして、勝ちがつかないなんてなんてなんてなんて、みつおがかわいそうでなりません。サービス残業した気分でしょう。今日は久お兄ちゃんの払いでたらふく食べなさい。何頼んでも許す。


今日は見事に「野球っぽい野球」を見た気分です。しかも展開が少年ジャンプの連載漫画状態です。
もう来週分の感情の総量の半分くらいを一気に消費しました。


吉川は本当に好投。
記者席に宿年の仇でも見つけたのか、賢介の1塁大暴投で1点を失うも、そのあとも粘り強く好投を続けます。
もしかすると「あれは俺のせいじゃない」と思えるほうが気が楽なのかもしれません。(ただの想像)
賢介さんはこの間からどうしちゃったんでしょうね。たまに魔が差してるみたいです。
しかし、キャプテンとしてはこのまま引き下がれず、すぐさま犠牲フライを放ち、追いつきます。


イーグルスのピッチャーは下柳さんです。
そのシモさん(と馴れ馴れしく呼ぶ)から結構打ったんです。
シモさんも、2連続死球があるなどちょっと不安定。
結果的に彼から2点を奪うのですが、2点「しか」奪えなかったと感じるんです。
(記録上は3失点・自責3ですが、3点目が入ったのは彼の途中降板後の得点のため、イメージとしては2点)
4回裏などなぜ無失点で終わってしまったのか、首をひねります。佑樹、のらりくらりの下柳先生だよ。


さて、2-1で5回。昨日からハッスル(死語)してる陽岱鋼が、今日もまた決めてくれます。
1アウト1、3塁から、陽さんスクイズバントで1点追加。ここでスクイズに来る栗さんの作戦勝ち。
その後守りの見所は、8回、マック金子の神がかりフライ捕球。スーパープレイです。後ろと頭のてっぺんにも目がついているとしか思えません。


9回。
吉川完投か、と思ったのですが、ここは2点差、守護神登場です。


先頭打者に安打を許したとき、ちょっと嫌な感じがしたんです。
でも、守護神と言えども人の子。神と人と野球の聖霊で三位一体かどうかはともかく、とにかくまあ、神でもヒットを打たれることくらいあるだろう、と気を取り直しました。


実況の人がね、「ここは間違っちゃダメですよね」と言ったんですよ。何か予感してたんですか、実況の人。
ともかくそう言った直後にですよ、


ガルシアから、同点2ラン被弾。


これ何かの夢ではないですか・・・・どこかにリセットボタンはありませんか・・・・。
一番そう思ってたのは、みつおだろう・・・・。


意気消沈。誰もが意気消沈。


それでも3アウト取り、9回の裏。
先頭打者、中田翔。


ホームラン、ホームラン、な・か・た!


それまでの4打席はヒットなし。
翔くん頑張って。負けないで。くじけないで。


ホームラン、ホームラン、な・か・た!


・・・・と言いながら、心の片隅で「先頭打者ならゲッツーはない」とかひどい事を思った私を許したってや。


ホームラン、ホームラン、な・か・た!


フルカウントから、


ホームラン、ホームラン、な・か・た!



翔!!!



レフトスタンドへーーー!
サヨナラーーーーー!




打ててなくても、9回で打席に立った時、すごい声援だった。みんなやっぱり翔にはこれがある!あのときみたいなこれがある!と期待したんだ!



そっか・・・・!
久お兄ちゃんはきっと、翔くんに自信をつけて欲しくて・・・・!
きっと翔くんなら、ここで決めてくれると思って・・・・!
それで胸を張って遠征に出かけられるように・・・!
9回の表、あえて同点に・・・・!?


んなわけない。


劇的勝利です。みつおがかわいそうだけど。
勝ったし、翔くんに安打、サヨナラホームランを手土産に長い遠征に出発できますから、結果オーライなんですが・・・


が・・・喜びに水を差すようなことを言うのはなんだけど、久が心配。
本塁打被弾、シーズンに入ってから2回目。秋口の疲れてきた頃ならまだしも、まだ序盤。
どうしたの?まさかあの都市伝説本当なの?(都市伝説=隔年不調説)
たった数試合で余計な心配なのかもしれないけど。
うん・・・きっとあれだ、メークドラマってやつだ、今日のだけ。うん。


このカード勝ち越しで、ハム戦士はこれから4月いっぱいロードゲーム。(東京ドームはホームゲームだけど)
大きくなって戻っておいで~



久が心配・・・とか何とか思いながら仕事してたら、「4/15」と書くべきところを、「4/21」と書いていた。
なんで21日よ、と思ってから、ちょっと考えて笑った。愛だね、愛。
4/38とか、4/41とか書き出したらどう言い訳すればいいのか、知恵あふれるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【楽天戦】勝のギリギリ勝利deナイター!

2012 ペナントレース
04 /14 2012
○日本ハム 2-1 楽天●
(札幌ドーム)

凍った川の氷の上を進んでいかなければなりません。
多く渡ったほうが勝ちです。
それを邪魔するために、「つぶて」を投げたり、受けたり、打ち返したりします。
つぶてが当たるたびに、氷のあちらこちらから、「ミシッ」・・・・「ピシッ」・・・「パキ」とか聞こえてくるけど、一度始まったらもう、引き返せません。渡りきるにも向こう岸までまだまだあります。


今日の競争相手、ゴールデンな鷲さんがばっさばっさと頭の上を飛び越えていき、さっそく、氷めがけて、「初球打で安打」とか「ここで2塁打」とか「得点機に三盗」とかのつぶてを、びしびし投げてきます。


勝は必死に攻めたり、防御しながら自分が沈んでしまわないよう、陣地を守っています。


しがみついてます、なんとかしがみついてます。しかし、かなりミシミシミシミシいってるところに「1アウト1、3塁からセンター前」という重たいつぶてを鷲さんの翼からばちーんとぶつけらて、ついに氷に大きなひびが・・・!


勝、頑張って。
頑張ってしがみついて。きっと助けは来るから。なんか向こうで、「ゴロ!」「ゴロ!!」「ゴロ!!!」ともがいているけど、きっと誰かが助けに・・・。


めりめりと勝へ迫り来る、大きなひび。もうすぐ飲み込まれそうです。
「今の低めストライク取ってよーーーー!」という外野の声援を受けながら、しがみついて援軍を待っていると。


そこへやってくる、デカイ影。
直径3メートルくらいありそうな巨大つぶてを水陸両用車で運んできたその男は、危ないところで勝をすくいあげたのでした。


「待たせたね、ハニー」


味方も敵もざわめきました。
「あの男は・・・!」
「ここんとこ川岸でただひたすらツルハシで穴を掘っていた」
「ターメル・スレッジ!」


スレッジがいかにしてあの水陸両用車を手に入れたのかは知りません。
だけど、この男は、突如として、すごいでっかいつぶてをどかーんと打ち上げるので、あなどれないのです。
スレッジはその迫力満点の姿のまま、向こう岸に上陸しました。


大技で来たら次は小技です。
続いて川を渡ってきたのが、陽岱鋼という男でした。
この男の使った技は、威力のないつぶてでも、氷のある1点のポイントをつくと、奇妙な形にひび割れが出来、その周辺にいる人を惑わせ、その間にセーフになるという渋い技です。


そして匠の技は金子誠です。
この男もつぶて打ちに失敗したと見せかけ、手に持っているものを相手に向かって投げ威嚇する技を使い、なおかつ、つぶてを投げる敵の手元を狂わせるという魔技を使って、岱鋼を川岸に近づけます。
そして、整ったところで思う存分つぶてを遠くに打ち返すと、岱鋼はその間に川岸に渡りきりました。


川岸に渡った人数は1人だけ鷲さんより多くなりました。
あとは最後まで、鷲さんにハムを食べられないように防御するだけです。
防御の達人はハムにはたくさんいます。早いつぶてを体の近くに投げて威嚇したり、打っても中途までしか届かないつぶてを投げたり、早いのや遅いのや、曲がるのや落ちるのや、色んな技があります。


あの手この手で達人達は、鷲さんがハムを食べるのをふせぎました。よく見ると、ハムの表面にはいくつも鷲さんがつっついたあとが残っています。
でも、満身創痍ですが、今日はなんとか川岸に多く生き残ったハムです。


鷲さんもあきらめていません。明日もまた飛来してくるでしょう。
明日はみつおが現れる予定です。そしてその相手は昔ハムの仲間だった下柳さんという人です。


さあ、これからまた川が凍ります。
海の向こうでは、昔仲間だった男が、新天地でつぶてを投げる予定です。それも気になります。


(4/15朝追記)


・・・というか、自分で書いておいて読み返すとわかりにくい(笑)


相手のヒメネス。ごめん、なめてた。あんなにいいピッチャーだったっけ?とちょっと驚いたのです。
4回まで抑えられてたし、3塁どころか1塁も踏めなかった。

で、何でそれが見ててあせったかと言うと、勝さん結構打たれてました。
初回のしょっぱな、初球をぱきーん!と打たれたのはちょっとびっくり。
特に今回、楽天の作戦なのか初球打ちが多くて、これまたことごとく抜けるので、背景にいつもランナー背負った勝さん、という壁紙だったのです。
ただ、1点先制されたけども、これが佑樹と一緒で、最小失点の土俵際で踏みとどまる。

朝の会でみんなで確認したのかどうかは知りませんが、今日は守備のほうは安定していて、ひとまず、ほっ。
(いや、それが普通なんだけど)
特に初回、牧田の放った強烈な打球を、陽がスーパーキャッチするという好プレー炸裂。
たまたま、外野席のちょうどポール付近に座っていたので、間近で見ましたが、あれはすごかった。
先日の試合、心の中で「また君の三振で試合終了か!」と思ったことを、この場を借りてお詫びします。ごめんね、岱鋼。


勝さんの登場曲にもあるように「一人きりではできないことも、タフな笑顔の仲間となら乗り切れる」という訳で、失点直後の5回の裏。


ここのところスレッジ全然あたってなかったので、今日あたりにいきなり出たりするかも!という期待と、いやいやあのヒメネス、今日はなかなか打ち崩せそうにないぞ、というしょんぼり気分が半々。
・・・・と、吹き飛ばす3号ソロホームラン。わたくし、途中で打球を見失いました(笑)


流れを変えるホームラン!とはよく言ったものでした。
今日は陽さんが守備に打撃に大活躍で、俊足が生きる技あり内野安打を見せてくれました。普通ならただの内野ゴロだったのですがあれがセーフになったのもよかった。
2点目のとり方ねえ。バット飛んだよね、誠さん。まああれワザとじゃないと思うけど、もしやワザと?おっとバランス崩した~という感じでホームベース前に倒れこみ、嶋捕手の送球をそれさせ、岱鋼を3塁まで送ると言う・・・いや、たぶん偶然だと思うけど。思うけどさ(笑)
「も~滑るんだからこれ~」と言うようにしつこく滑り止めをしゅーしゅーさせてたのが、わざとら・・・いや、偶然だよ。
その後、マックは犠牲フライを決めて、陽さんが本塁滑り込み。これが勝ち越しの1点。


勝さんは今日はやっぱり本調子でもなく、6回途中で降板。谷元-宮西-増井-武田久と磐石でつないで、1点差を守りきる。
みんな良かったけど、マッスー!あの見逃三振を取ったあの球、しびれたぜ。
あ、久の時に、栄ちゃんのワンバンの送球が稲葉さんの胸辺りを直撃。かなり痛そうだったけど、大丈夫?


とまあ、結局ヒメネスの前に6安打2得点わずか1点差と、地球に優しいエコ勝利。途中までどうなるかと思いました。
相手には10安打で1得点しか許さず、野手陣良く守った。


やっぱり試合の行方を決めたのはあのスレッジのホームランで、「いやあ、ホームランって本当に素晴らしいものですねえ」と水野晴郎風にしめてみたい。




本日札幌ドーム参戦。
晩御飯はチーズカレー♪・・・・をレプユニにつけちゃった・・・(涙)
カレーの香りが鼻腔をくすぐる9イニング。バシッと漂白のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【楽天戦】みんなが少しずつ悔しい敗戦・・・。

2012 ペナントレース
04 /13 2012
●日本ハム 1-2 楽天○
(札幌ドーム)


あれ、佑樹のケーキはちょっとぼこぼこだね。でもクリームは綺麗に塗れたかな。
苺の場所はばっちりだね。あ、デコペンちょっと失敗しちゃったか。
うん、でも、全体的にはそんなに悪くないよ。ちゃんとケーキの形になってる。
いいんだよ。形の悪いケーキでも佑樹が作ったんだから、おいしいよ。頑張ったね。手洗っといで。


・・・・・・・・。


お兄ちゃん、ちゃんと手伝いなさいって言ったでしょー!!!


・・・・いやいやママン、ちゃんと手伝うつもりだったから。


そのつもりだったんですがね・・・。


もうゴロなんてアバウト1万回くらいさばいて、アバウト9999回はアウトにしてるだろうに、間違いの1回が、あの場面。
あれで3アウトを取ってたら、勝ち越しの1点はなかったのでまた展開は変わったと思う・・・
・・・と、勝負にたらればなし、と思っても思ってしまうのが、未練でしょうか。未練でしょうね。


が、今日の佑樹の内容で言えば、エラーがらみでも2失点で抑えたところをむしろほめたい。
いや、別の意味で本当に大したものです。皮肉じゃなく。
だって並みのピッチャーだったら7失点位してもおかしくなかったもんなあ。
やっぱり、センスはあるよ、うちの子。


とはいえ、佑樹vs将大と見た場合、やっぱり役者として上なのは、まだ田中だな、と。
ファイターズ陣も、全く打てないわけではなく、そこそこヒットもあったんですよね。
だけど、ランナーを置いての場面、まー君には後続は打ち取るという自信の度合いが違うような気がします。実際に投げる球も全然違いましたし。
素人が偉そうな事を言うのもなんですが、まーの場合はファーストストライクの迫力が違う、と思いました。それで、もうあとはいいように打ち取る、と。


後半はなんとか1点欲しい、その、もの欲しそうな部分を、まー君にいいようにあしらわれたような気すらします。
1-2です。悔しいねえ。でも同じ負けるのでも0-7とかじゃなくて良かったとも思ったり。


栗山監督、7回途中、というか、先頭打者を出した時に継投に出る決断をしました。もうちょっとウェットな采配で行くかな、と思ったのでいい意味で驚きました。
打順は今日はごくなじんだオーダー、1番賢介、2番小谷野、3番糸井、ときました。やっぱりこれが一番落ち着くかなあ。
4番中田・・・は、うーーーん。今時期にあせるな、と思いつつも、ちょっと辛くなってきました。開幕からまだ2週間とは言え、打率1割台の4番打者と言うのは、見ているほうが辛いものがある。たぶん本人が一番辛いは思うけど。
とはいえ、栗さんは「144試合4番で使う」と断言してしまった以上、容易に変えられないでしょうけど・・・ね。
(と、言えば明日辺りからガンガン打つんじゃないかな~と淡い期待をしてみたり)



試合のある日はなんだかドキドキして食欲がなくなり夕食が減ります。(見てるだけなのに)
もしかして痩せるかも!野球観戦ダイエット!
と思ったけどよく考えたら、夕食の前に会社でエクレアもりもり食べてました。
それを思い出せるうちは、頭まだ大丈夫!と別の方向にシフトするずるいワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【SB戦】嫌な予感ほど良く当たる!今日はやっぱり・・・

2012 ペナントレース
04 /12 2012
●日本ハム 0-4 ソフトバンク○
(福岡ヤフードーム)


昨日はいい夢見させてもらったぜ!


夢、あばよ!!!



・・・・てな具合で「やっぱりねー」な今日の出来。


何がやっぱりって。


打てない!


守れない!!


覇気がない!!!



昨日飲みすぎか!?

二日酔いなのか!?



ウコン飲め、ウコン!



・・・とまあ、そんなこたないだろう、とは思いますが、今日のへべれけ守備では、ウルフさんがかわいそう。
一体なんの修行なのか、鉄壁のはずの守備がエメンタールチーズのように穴だらけ。
そりゃ、ゲッツー取った!と思ってあれでは、「・・・・俺、もしかしてなんか気に触ることしたかな・・・もしかして冷蔵庫の中のプリン、名前書いてなかったから食べちゃったけど、ほんとはあいつのだったのかな・・・」とか何とか余計なことを考えて、集中できなくなってしまうじゃないですか。(ウソウソ)


ウルフさんは頑張りましたよ。投球自体は悪くなかったと思います。
ぜーんぜん味方が打てる気配のない中、頑張って投げましたよ。


今日はやっぱり苦手の大隣投手の攻略の糸口をつかみきれなかったあたりで、流れに乗れませんでしたね。
流れに乗れないっていうよりは、流れがない。
攻撃もわずか散発3安打では、なんかしようったってムリ・・・。アメリカ海兵隊に竹やりで立ち向かうようなもんですわ。言い過ぎか。
よしおさんは最後によくヒットを打ってくれたけど、今日の守備を見てると、なにか心配事でもあるんじゃないのかと案じてしまいます。ダイジョブ?


あ、そうそう。
9回表、最後の攻撃で二岡さんが代打だったけど。
正直、ああいう使いかたして欲しくないですわー。
神様はここぞという場面で、後光をしょいながら登場するから効果的なのに。
「神ごめん、ちょっとこの瓶のふた開けて」ってそんなことに神通力を使わせたらダメですよ。


さあ。
さあ、いよいよ「斎藤佑樹VS田中将大」の13日の金曜日。


お兄ちゃんたち、明日はしっかり佑樹を守ってね。頼んだぞ。今日の分も打ってね。頼むよ。
今日は飲む前にウコンだぞ。
佑樹、相手にも話題にも不足はないぞ!いつもみたいに淡々とけっぱれ!
札幌ドームは君のもの。





朝の駐車場。わ、今日は両隣の人がずいぶん寄せてとめてるなあ。狭いなあ。
でもほーら、この私の駐車テクニックを見よ!・・・ふふふ、ぴったり入りました!どんなもんだい!
でもドアを開ける隙間もありませんでした。足りない脳みそのメモリ増設のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【SB戦】八木、復活のマウンドに稲葉のグラスラが炸裂!

2012 ペナントレース
04 /11 2012
○日本ハム 14-0 ソフトバンク●
(北九州)

日本は八百万の神がいるといいます。ならば恐らく、「野球の神」もいるに違いない。
なんでその中の1人、「野球振興部」「北海道支社」「パ・リーグ課」「投手担当」の神さまに、お願いしてみる。

今日、八木さんに勝ち星をつけてあげてください・・・。

あ~それから翔君にヒットが出ますように~。
(あ、すみません、係が違うんですか・・・)


でも、神さまは願いをかなえてくれました・・・。


ものすごいド派手に。



【野球と野球の神と、部屋とレプユニと私。】


まず2点先制点を取ったところで、よーし今日は幸先いーぞ、と思い、さらに2点追加したところで、よし!と思いました。


でも、ついまた心の中で、野球の神(北海道担当)にお願いしていたのです。


相手はホークスなので、4点じゃ怖いんです。あの人たち、5点くらいがーっと取ってきそうなんです。
もう少し、追加点がほしいんです。



そうしたら、さらにマックがタイムリーを打ちました。そして栄ちゃんもタイムリーを打ちました。
3回の表で7-0です。


7点あれば大丈夫だろうと大船に乗った気持ちになったのは、見てるこっちだけではなく投げてる八木さんもそう思ったようで、ぴょんぴょんぴょーんと躍動感あふれるピッチングで、ズバズバ抑えます。本当に今日はいい感じで投げてました。


でも、野球は何が起こるかわからないんです。昨年、ファイターズは8点差を追いついたことがあります。
我々に出来た事が、彼らに出来ない事があろうか?否!


そう思い出すと不安になり、「あの・・・絶対今日は勝てますよね?」と野球の神(北海道担当)に聞いてしまいました。
すると、めんどくせえやつだべ、おめーさは。と返事が帰ってきたのです。


さすがにお願いも度を過ぎていたか・・・と思ったその時でした。


稲葉さんが神になったのです。

稲葉さん、グランドスラム。



おお、なんということ・・・!稲葉の神の威力にただひれ伏し、11-0というスコアに喜ぶを通り越して恐れを抱きはじめました。


それに、相手の巽投手が気の毒になってきました。だってなんか目が座っちゃってます。なのにピッチャー交代なしです。これがうちの若いのだったら・・・と思うと胸が痛みます。


ありがとう、稲葉の神。11点も取ったらさすがにもう大丈夫だよ。あとは、八木さんがリズミカルに最終回まで投げきれればOKだよ。


しかし、稲葉の神は次の打席、今度は3ランを放ったのです。


稲葉の神、容赦なし。


終わってみるとそこには18安打14得点、そして完投完封勝利を飾った八木さんがあるだけです。
もう打ちすぎて、誰が何本安打を放ったんだか、覚えていません。確か翔君も2本くらいヒットを打ったと思いました。良かったです。鶴ちゃんもお誕生日にタイムリーを放ちましたし、とにかく今日はめった打ちでした。


嗚呼、明日が怖い。
どうも野球界には、大量得点の翌日は点が取れない、という変なルールがあるようだからです。
そこで聞いてみました。「明日もまた今日ほどじゃなくても、うまくいきますか?」と。


すると、野球の神(北海道地区)はわははと笑いました。
「知らんべやー。俺はみんなの願いをただ聞いてるだけだべさ。ほれ頑張れと見守ってるだけで、別になんもしてねえ。今日の勝ちはみんなが頑張ってつかんだんだべ。明日は明日の風が吹くべさ。ま、明日はドームだから風はふかねえけどなー」


おやじギャグは聞かなかった事にしました。明日は明日の風が吹く、どっちに吹くかが問題だけど、まあ、今日は今日の勝利を喜ぶ事にします。
そしてちょっとだけ思いました。
野球の神(北海道地区)って、見てるだけなら単なるファイターズファンだよね・・・と。
でもバチが当たったら困るので、一緒に応援してくれてありがとう、と急いで心の中で付け足しました。


【野球と野球の神と、部屋とレプユニと私。・終】




野球の試合を見ている3時間とかはあっという間なのに、仕事をしている時の、朝9時からお昼までは何であんなに長いんだろう。
うーん、明日は仕事をイニングで刻んでみようかな?4回表、入力終了スリーアウトチェンジです!
さあ、人気のない倉庫でYMCAで気分転換!のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【SB戦】惜敗(ということにしたい)も、投手陣奮闘す!

2012 ペナントレース
04 /10 2012
●日本ハム 1-3 ソフトバンク○
(福岡ヤフードーム)

ん~?どうした~みんな~?元気ないぞ~~~?

はい、みんな席についてー。これから帰りの会をします。
今日の試合はソフトバンク組に負けてしまいました。はい、騒がない、騒がない。スポーツですから、そういうこともあります。
こういうときは「勝敗は兵家の常、百戦百勝とはいくまい」とつぶやくと、それっぽいですよ。

ところで、今日は稲葉くんとスレッジくんがお休みしました。ケッペルくんの早退も予想外でしたね。
でも、ホークスはやっぱりとても強いチームだと先生は思いました。

だけど、今日のファイターズ組は悪い負け方ではなかったよね。
まあ、フツーの負けだったんじゃないかな。エー?とか言わない。
クラスのみんなは山田投手が苦手だったようだけど、全体では7つもヒットを打ちました。
いろいろかみ合わなくて1得点でしたけど、ホークスも7安打だったんですよ。内容としてはまあまあだったと思うなあ。
・・・・なんでみんな静かになっちゃったのかな?はい、終わった事はくよくよしない。

うん、先生もケッペルくんが、突如1イニングで早退したのはびっくりしたよ。
初回に3連打をくらってたので、栗山先生、ま、まさかもう見切ったわけじゃないよね!?とビビリましたが、右肩の張りなんだって。
心配だったけど、後にベンチでスレッジくんとおしゃべりしてたので、大丈夫だと思います。でも、念のためにしばらくお休みします。
こらこら、みんな「えーっ!」とか言わない言わない、はい静かにー。
大丈夫ですよ、まだ頼もしい仲間がいますからね。今度は多田野くんが転入してきます。
みんなで応援しましょうね。

突然、マウンドを托されたのは乾くんでしたね。
2回、3回とビシィッと三凡で斬ってとって、「乾くん、すごいじゃないか!」と先生は感動したなあ。
でも4回、1アウトから小久保くんを四球で出し、次の松田くんにホームランを打たれてしまいました。

でも、あれは乾くんの失敗ではないと思います。むしろ先生、打った松田くんがすごいと褒めるしかないかな、と思いました。
その後、森内くん、植村くんが2イニングずつ頑張ってくれました。ちょっとばかりのピンチもありましたが、無失点に抑えました。とても立派な事ですよ!はいみんな、拍手ー!

今日、唯一の打点を挙げたのは金子くんです。はい拍手ー!
1点ビハインドから追いついたので、みんなよーし!って思ったよね。先生も思いました。でも、この後はちょっと山田くんを攻め切れませんでした。山田くんはやはりいい投手ですね。
糸井くんが走りすぎてでアウトになったのが惜しかったですね。でも、次の塁を狙うという積極的なところはいいよね。・・・・たぶん、いい、と思います。本人もちょっと気まずいだろうから、はい、次に糸井くんに会った時に、あんまり言わないように。

うん、あとは7回の小谷野くんの当たり素晴らしかったね!
でも、本多選手が素晴らしいダイビングキャッチで取ってしまいました。あれが抜けてたら、もしかしたかもしれませんね。

あれ?誰かなあ?あの球を取った後の本多くんのどや顔が嫌だったって言ってるのはー?
そうかー。でも、先生はスポーツマンシップに乗っ取って、例え敵であっても、好プレーは素直に賞賛して欲しいなあ。
ん?スポーツマンシップって何かって?
うん、それは、やせ我慢ってことだよ。


陽くんも頑張ってヒットを2本も打って、走ったのも素晴らしかったよね。
ほらそこ、最後の打席にあれが出れば良かったのにとか言わない!お口にチャック!ファルケンボーグくんもあの場面は打たれたくないから、厳しく来ますから、そうそう簡単には行きません。

その前に、田中くんと小谷野くんが頑張ってチャンスを作ってくれました。
最終的には得点に結びつかなかったけど、明日もあるしとか、まだシーズン序盤だしとか言わずに、最後まであきらめないあの姿勢は本当に素晴らしいと思います。先生感動した。負けちゃったけど、また明日も応援しようと思わせてくれました。
先生、今日は「投打共に明日につながる敗戦」だったと思うな。
こらこら、「かっこつけてるー」とか「おっと、きれいにまとめたよー」とか言・わ・な・い・の!

今日はアメリカへ転校したダルビッシュくんも頑張ってくれたようです。うん、今日はちょっと調子がわるかったかもね。でもダルビッシュくんは最初の試合だし、そんなに心配する事もないと思います。日本から応援しましょうね。

はい、これで帰りの会を終わりまーす。明日も元気に会いましょうねー。
さよーならー!




久しぶりの場所にお出かけ。「この辺で前、素敵なレストランがあったんだけど・・・」と友人。
「この前来たの?」「・・・・うん、最初に就職した会社の先輩に連れてきてもらってねえ」
・・・・・あの、それから20年経ってやしませんか・・・・。
思い出はいつもエイジレス。時をかけるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


佑樹という名のミステリー。

未分類
04 /10 2012
10日からホークス3連戦が始まります。
その前にお口直し。


サブロー「何がええか分からない」斎藤打てず悔しがる(スポニチ)

サブロー、この正直者め(笑)

とはいえ、個人的にはこの「何がいいかわからんが打てん」は最大の賛辞だと思います。これを言われたら、斎藤はしてやったりと後ろ向いてからニヤニヤしていい。

ダルの球が打てないのは素人が見ててもわかります。
しかし、斎藤佑樹をなぜ打てないのかプロが見てもわからない。
よく考えるとすごいことです。野球で飯を食ってる人間がわからないのだから、まさに迷宮入り。

わかる怖さは目指すことが出来ますが、わからない怖さは、目指してなるのとはまた違う。努力でモテ子になれても魔性の女は生まれつきです。
そんな訳で、斎藤佑樹は対戦相手にこう言わしめたことをむしろ誇りに思うこと。

正直、ロッテ戦を全部勝てるとは思ってなかったです。向こうは4連勝で迎えた本拠地開幕戦、こっちはオリックス戦で1勝2敗で乗り込むビジターゲーム。地の利は絶対に向こうが有利。
しかし初戦は、空気を読まずに大舞台には異常に強い斎藤。

やっぱり、佑樹で初戦を取ったのが「流れ」というやつかな、と思います。
「何がええのかわからんのに打てない」→ちょっと苛立ち→次はさらに上を行く左のエース武田勝。

斎藤の球が打てなくて、勝の球が打てるか?

・・・・という気分にちょっとはなったのではないでしょうか。それが勝利への遠因・・・まあ何の根拠もないけど、50分の1くらいは・・・あるのかもしれない、とか。


さて、次の登板は、順当にいくと札幌ドームで楽天戦、そして恐らく、投げあう相手は田中将大。
佑樹にしてみれば、これ以上ない大舞台ではないですか。
試合の可否は打線がマー君を打てるかどうかという問題もあるので、どうこう言えないですが、どっちにしろお膳立ては整っています。
舞台が出かければでかいほど、結果を残す佑樹。
オープン戦でへべれけだったのは、もしや観客が少なかったからでは、と勘ぐっています。


明日早起きしなければなりません。もう午前2時半です。まずい。眠い。でもおなかもすいた。でも寝なきゃ・・・でもおなか空いた・・・もう何がなんだか。
おやすみなさいとおはようのその合間に、どうぞワンクリックをお願いします☆zzzzz
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【ロッテ戦】吉川光夫勝利!・・・の110球(ちと多め)。

2012 ペナントレース
04 /08 2012
○日本ハム 3-1 ロッテ●
(QVCマリン)

みつお。

4年ぶりの勝利だね。
この間はすごくいいピッチングで勝ちがつかなかったから、今日こそ勝って欲しかった。
チームメイトもファンも、みんな同じ気持ちだったから、今日は本当に良かったなあ、って思うんだ、うん。
本当におめでとう。


・・・・・でも、後で職員室に来なさい。


データ上は「5回被安打3、失点1」。数字だけで見るとなかなかの好投なんですけど、なんかもう初回からハラハラドキドキのしっぱなし。
特に1回から3回までで5つも四球を出し、しかもその次が4番打者とかなので、いつローリングみつおになってしまうかと気が気じゃなかった。
バッター1人につきボール球がもれなく3個当たる!状態だったので、5回で110球も使っちゃいました。
が、毎回厳しくランナーを背負いながらも、結局失点は里崎に打たれた本塁打の一点のみ
佑樹とは別の方向性で持ってるな。

でもまあ、良く踏ん張りました。久々の勝利だし、野暮は言うまい。
職員室に呼んだけど、先生の机の引き出しからは「おめでとう」のチョコプレートがのったケーキが出てきますよ。


さて、6・7回谷元、8回増井、9回武田久。
この3人はひとつもヒットを許さず、ハムスターがひまわりの種をかじるみたいに、「サクサクサクサクサクサク」ともーれつな勢いで3アウトを取ってゆく。安心と安定のお兄ちゃんたちは今年も健在です。
このイメージも大事なのですよ。「ハムが継投に出たらまずムリ」みたいなイメージを植えつけるのも大事な戦略です。


そして打撃。


稲葉さんが、稲葉さんが、神に近づきつつある・・・・!


と、言いたくなるような稲葉さん。今日は4打数3安打の猛打賞。
2000本安打までのカウントダウンのプレッシャーなどモノともしない。もう右も左も関係ないじゃないですか、稲葉さん。順調です。予定日はもうすぐです。


今日の得点は栄ちゃんの2ラン、スレッジのソロの2本ホームランで決めました。
栄ちゃんのホームランは、糸井が三振に倒れた後だっただけに、ひゃっほー度数が高い。
スレッジはここんとこいい当たりがなかったし、展開的にもあと一押し欲しい場面での特大本塁打。ばっちぐー。
中田は今日はヒットなし。まあこういう日もあるさ。藤岡投手攻略は次回へ持ち越し。


そのロッテ:藤岡投手ですが。
ルーキーとは思えない落ち着きっぷり。今日は甘い球で本塁打を許しましたが、それを糧に修正するだろうし、先の伸びしろを考えると、怖い投手です。先が楽しみです。怖いけど。


チームはこれで4連勝・・・月曜定休を挟んで、ホークス3連戦。
ホークス、現在7勝2敗。何だかんだいってやっぱり強いじゃん!
試合が楽しみであり、怖くもある・・・。



家族が言う。「ほら~あのー昔、日ハムにいたじゃないー、ピッチャーでー、今いないけどー」「えー?菊池とか林?」「違うー、ほらー外国の名前でさーダルじゃなくてー」「ああ・・・マイ」「ほら、わかった、アダム!」
・・・・・・。マイケルかわいそう・・・・。(一文字もあってないし・・・)
連想ゲーム「君の名は」。正解しても何も出ない私に、どうぞワンクリックをお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【ロッテ戦】援護はある時突然に。勝さん粘り勝ち!

2012 ペナントレース
04 /07 2012
○日本ハム 4-0 ロッテ●
(OVCマリン)

試合を見ずに点差だけを見ると、おお、勝さん順調に援護してもらったのだな、と思っちまいますが、とんでもない。
ジェンガみたいに、ちょっとでもバランスを失ったらガラガラとひっくり返ってしまうような、神経戦だったのでした。


ファイターズ先発:武田勝。
マリーンズ先発:唐川侑己。


ファイターズ打線は唐川投手の前に、ほとんど手も足もでず、8回までに打ったヒットが、栄ちゃんと翔のたったの2安打だけど、ほとんど完封寸前。敵ながらアッパレ、素晴らしい投球でした。


そして我らが勝さんも負けてはいない。
正直、勝さん前の登板は、あれって感じだったので、勝さんどうでしょう、とドキドキしてましたが、ふたを開けたら出てきたのは、いつもの勝さん。


ある意味「いつも以上の勝さん」で、これはやっぱり昨日の佑樹に触発されてか、「若いもんにはまだまだ負けん」ベテランの味わいを見せてくれました。
散発4安打、四球はひとつもなし、とマリン打線を圧倒。


【野球おみくじ】 試合:相手も良し。しばし待て。


得てしてこういう試合は、先に1点取ったほうがすこぶる有利。
が、両チーム、そのほのかに輝く1点が北極星並みに遠い。8回まで両チーム0行進。
そして両ピッチャーとも完投ペースで崩れる気配全くなし。
このまま延長、しまいにスコアレスドローかと思わせられましたが・・・。


とにかく勝さんのときはスコアに「000 000 00」と並ぶと、嗚呼また!またあの、「勝の悲劇」が繰り返されるのか!とトラウマ発動モードになりかけます。
・・・なりかけるのは、ファンだけではなく選手も一緒のようで、後に稲葉さん曰く、
「また勝の投げる試合で打てないといわれてしまう」と案じてたらしく(産経新聞)、9回を迎えます。


運命の9回。


9回。
糸井ヒット1塁。ここで栄ちゃん送りバントに失敗、1アウト1塁。この時点で、やや向こうに流れが行きかけたんですが、賢介がヒットで出塁。1アウト1,2塁。
そして、続く翔が四球。
後から考えるとこの四球が、試合の分かれ目だったと思います。
翔は初球からフルスイングしてきました。その後、真ん中高めにもフルスイング、次の落とした球も振ってきました(これはファウル)。
打つ気満々で、結局四球を選んだ翔は落ち着いていたなあ・・・。ここは「4番の責任」で狙ってきてもおかしくなかったと思います。というか、3日前の翔なら最後の落ちる球、振ったと思うんです。
やっぱり、安打が出はじめたことで冷静になってるのかなあ。
1アウト満塁、次の打者は稲葉さん。


【野球おみくじ】 9回:好機逃すな。慌てぬ事。


唐川にしてみれば、8回で勝負を避けた稲葉と、勝負せざるを得ない状況に追い込まれてしまったわけです。
それが、心理状態に何らかの変化があり、さらにそれが投球に及ぼしたかどうか。


稲葉さんここでタイムリー!1点先取!(9回で!)
続いて陽タイムリー、1点追加!


唐川の心理は唐川のみぞ知る、といったところですが、稲葉にタイムリーを打たれて、ここでやはり何か歯車がかみ合わなくなったのでは、と想像します。あれだけ抑えまくってた陽にさらっと打たれましたから・・・。
(ただ、解説の人も言ってましたが、前進守備でヒットになってしまった側面もあります)
唐川はここで降板。次がゴールデンルーキー中後投手。
栗さんはスレッジを下げ、現在ハムの「代打の神様」候補、二岡を出します。
昨日みたいなこともありますから、2点守りきればいいなんてことは考えず、栗さんはアグレッシブ。
そして二岡はきっちりタイムリー!

【野球おみくじ】 代打:当たるであろう。

その後、1アウト満塁で大野が押し出し死球。さらに1点追加で4-0。
なんとか安全圏に逃げ切った感じでしょうか。


勝さんは9裏、落ち着き払った投球で3人で試合をしめて、完投完封勝利。
勝さんは粘ったなあ。


【野球おみくじ】 援護:なかなかつかぬ。我慢強く待て。


勝ったとは言うものの、唐川投手を打てたのは最後の最後だけでした。ほんと手ごわい投手です。
今日はまさに「両雄並び立つ」。見てるほうも胃が痛み出し、奥歯がうずきだすような、素晴らしいピッチングでした。


これで、ロッテ戦2連勝・・・・次のみつおにも勝ち星をつけてあげたい・・・・。
対する相手は藤岡投手です。翔との対決の行方はいかに。



<注意:ここの数字は0へ。>と書いたつもりだったのに、「へ」の後の「。」を、なぜか上のほうに書いてしまい、結果的に<注意:ここの数字は0>とぬけぬけと間抜けな感じに。
そんな感じですので、肩肘はらず、のん気な感じでどうぞワンクリックをお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【ロッテ戦】佑樹2勝目!競り合いに負けなかった好ゲーム。

2012 ペナントレース
04 /06 2012
○日本ハム 6-3 ロッテ●
(QVCマリン)

開幕から負けなしで波に乗ってるマリーンズ。重量級打線の前に立ちはだかるのは我らが斎藤佑樹。

で、佑樹の事は取りあえず置いておく。
今日何が驚いたって、打線ですよ。スタメン表見た瞬間、「あっ」とか「いっ」とか「うっ」「えっ」「おっ」とか、声が出ませんでした?私は「ぬっ」でした。
意図としては「左右ジグザグ打線」ということですが、それにしても1番:糸井かあ。
このインパクト。とっぱじめからいきなり糸井が打席に立ってると考えると、フツーに怖い。


さて今日は、「あはは、ここまでおーいで」「うふふ、待ってえ~」「逃げちゃうぞ~」「ほーら捕まえた」「あはは」「うふふ」で2-2の団子状態になり5回を終える。


先に頭ひとつ抜け出したのは、ファイターズ。6回に稲葉さんの犠牲フライで1点勝ち越し、8回、マリーンズは注目のルーキー、中後投手登場。


先頭の糸井が内野安打で出塁、ノーアウト1塁で栄ちゃんが送りバント。
・・・・この時3打席2安打と当たっていた栄ちゃんにバントかあ・・・と一瞬思った。
1塁ランナーは糸井だし、盗塁という手もあっただろうけど、でも、1点差と言う事を考えたらここはやっぱりきっちりきっちりかあ。
この後、賢介レフトフライ、翔は敬遠気味の四球。それで稲葉さん。
ゴールデンルーキー対アラフォーベテラン対決!
結果は稲葉さんのタイムリーで、稲葉さんの勝ちでした。
でも、中後投手、球速表示以上に球が速く感じられるような・・・これから手ごわい相手になっていくかも。


そして9回。4-2で迎えて、なんとかなるかな?という感じ。でも2アウトから鶴ちゃんがヒットで出塁、その後糸井が、初球で唐突に2ランを放ち、6-2。
よし決まった!と手を叩きました。


そして、すぐに思い知ったのです。野球は最後の1アウトを取るまで、安心など出来ないと言う事に・・・。


9回。4点差がついてましたが、久、登板。


先頭の今江をピッチャーゴロで打ち取り、ここまではどうってことなかったんですよ。カメラに映ったベンチも余裕な表情だし、佑ちゃんもチラと笑顔を見せたのも見えて。


そして久、次の大松に、初球でホームランを食らう。


うっ・・・まあ、こういうこともある・・・
・・・・ってか、久オープン戦でも一発食らってたよね・・・大丈夫・・・大丈夫・・・?と思ってたら、


里崎、ヒット!
福浦、ヒット!
・・に、連続安打!


ぎゃーーーーーー!


その後、ワイルドピッチで2アウト2,3塁。
まあ、2アウトだし大丈夫かな、と70%くらい思いました。でも、何が起こるかわかんないじゃないですか~ほんとにゾッとしました。
何とか打ちとって6-3で試合終了。


こうなると、9回の表にダメ押しの糸井の2ランで助かりました。3点差はまだ保険適用範囲という感じですが、もしも4-2から4-3に追い上げられたら、あの場面、長打が出たらサヨナラです。平常心ではいられないでしょう。久よりも、佑樹とファンが。


さてその佑樹。
一番最初の失点が、里崎のホームランというインパクト大の失点。4回5回は連続安打を許すなど、ちょっとヒヤヒヤさせられる場面も。
ただ、5回で終わらず、7回まで投げて、6回でランナー出したのは内野のエラーだし、7回は三者凡退。
7回投げて6安打2失点。四球はわずかに1個。


上々じゃないですか!素晴らしい!


去年だったら、5回で下げられたと思うんですよ、あのあたりに安打が集中したので。
でもそこで踏ん張らせたのは、愛のムチ(?)、そこで踏ん張った斎藤にも成長の証がキラリと。
あと、強気で押して行くピッチング。やっぱり責任感と、2年目の余裕があるのかな。
開幕のあれはまぐれだったなんて、もう言わせん!


あ、あと翔君は、今日は4打数1安打。1本出て落ち着いたかな、と思います。何となく、ボールの待ちかたに余裕があったような。


今日はアウェーでの戦い、しかも相手は開幕以来負けなし、歴史的開幕5連勝目前のマリーンズということで、ちょっと手ごわいだろうなあ、と想像していた通り、手ごわい試合になりました。
内容では、どっちが勝ってもおかしくなかったと思います。3点差ありましたが、気分的には辛勝でした・・・。
佑樹・・・やはり、ある。


ファイターズとは関係ないけど、広島の前田健太投手がノーヒットノーラン達成。
昨年は達成目前で一転、敗戦投手の悲劇を味わったから、2度目の正直、良かったね!おめでとう。



カリカリ梅にはまっています。でもカリカリ梅って稀に、カリカリじゃなくてボケボケのが混ざってます。
当たるたびになぜだか、速球の合間に不意に来る、多田野さんのがちょーんボールを思い出します。
今日も1がちょーん。カリッと爽やかな酸味広がるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

【Bs戦】連敗脱出、無安打脱出ホームラン!翔!

2012 ペナントレース
04 /05 2012
○日本ハム 3-1 オリックス●
(札幌ドーム)

打った打った!翔君が打った!!



・・・と、もう打った瞬間、クララが立ったのを見たハイジもかくや、というほど喜びました。テレビの前で絶叫。

いや~~~もう・・・・(涙)

今日もまた追加点のチャンスで運命のように打席が回ってきて、凡退に終わっていた中田。
試合自体は8裏の時点で2-1と勝ち越していたものの、バファローズの最終回が上位打線に回ることを考えると、ちょっと一点じゃ心細いなあ、久は初登板だし・・・とか考えてました。

そして稲葉、糸井は二人とも三振で打ち取られ、流れとしては厳しかった2アウトからの打席。
今日は守備で好プレーを見せてくれた翔、最後の打席。もう、どっんなにボッテボテのだっさい当たりでもいいから、遠征前にとにかく安打、1安打出て欲しい・・・と祈る気持ちでしたが、まあまあまあまあ!

25打席目の初ヒットがホームラン!

斎藤佑樹とは別のテイストで「持ってる」!

「末っ子」の初安打にベンチのお兄ちゃんたちもにっこにっこ。栗山パパは涙ぐんでたよねー。

8裏で2点差をつけましたので、気分的にもすっごく楽になったと思います。苦しんだ末の初安打という意味ももちろん、試合展開としても引き寄せました。

9回、武田久初登板。

翔の打席並みに見てるほうは若干の緊張を感じました。
ですが、やっぱりああいうホームランが出ると、勢いが増すんですね~。
陽岱鋼が北川のセンターフライをダイビングキャッチの好プレー!
今日は糸井も難しそうな当たりを自慢の足で追いついてキャッチの好プレーもあり、外野の三人衆は揃ってハム自慢の鉄壁の守りを見せてくれましたー!

試合は初回に2点を先制し、以後はこれをずーっと守り続けるという、ピッチャーにとってもなかなか厳しい展開でしが、ウルフは良くけっぱったと思います。6回に1点返されたものの、続くピンチを切り抜けましたし、今日の継投は万全。7回登板の宮西などは、のりにのっており、すっごい球がビシバシ決まるので、見てて心地よかったです。増井もランナーを許したものの、ほぼ危なげはナシ。

3タテをなんとかまぬがれ、おまけにど派手な翔の初安打も出て、取りあえずは憂いなく明日のロッテ戦に望めそうなのが何よりです。

いや~よかったなあ。札幌ドーム、そしてテレビ・ラジオ、場合によってはパソコンの前のファンは、熱狂の絶叫で興奮し、そして安堵しました。スポーツ紙の見出しも翔で決まりでしょう。(シャレじゃない)明日は売れるぞー。



気がつくと大して広くもない部屋の中がカレンダーだらけです。毎年買うのと、もらいもののかわいいのと、雑誌の付録のかわいいのと、化粧品のおまけのと・・・・目の前にあるもの以外は、月初めにめくる時しか見ない、意味がない・・・・
けど、そこにあることだけに意味がある(たぶん)。存在を確立させるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

【Bs戦】野球おみくじ「今、負けておくが吉」。

2012 ペナントレース
04 /04 2012
●日本ハム 2-4 オリックス○
(札幌ドーム)

今日の・・・・
試合かあ・・・・・・。


スコアは2-4ですが、なんだかスコア以上の疲れを感じる試合。


よし、敗因を考えてみる。


○相手の球はいいところに落ち、こっちの球は必ず相手の守備範囲内に飛ぶ。
○相手の守備は数分で終わるが、こっちの守備は時間がかかるのでベンチで休めないから疲れる。
○相手はやたら打ってきて何回かに一回はチャンスをものにするが、こっちはなかなかヒットが出ない。
○ので、チャンスがない。
○ゆえに、得点できない。
○1アウト1,2塁!2アウト1、3塁!1アウト1塁!めったにないチャンス到来!
○で、ゲッツー、フライアウト、ゲッツー。
○三振のその球は見逃せばボール球。
○初球打ちに8割方失敗する。
○今日は天気が悪かった。
○風も強かった。
○運気の乱れ。バイオリズムの低下。


・・・色々と思いつくんですが、ま、妥当なところで「野球の神より与えられし試練」かと。


開幕2連勝、佑樹が完投!劇的サヨナラ勝ち!と来て3連敗。
これはきっと、野球の神が、こらこらお前たち、勝つと言う事はそうそう劇的なことばかりでもなく、生半可な事ではないのだぞ、と改めて教えてくれてるんだと。
だからシーズン始まったばかりの今負けておけ、ここであぶりだされる何かが、勝利たらしめない何かなのだと、今きっちり把握しておけと。


きっとそういうことですよ!そういうことにしておこうよ!(無理矢理)


ファイターズのみなさんは、もう、今日はいっそ開き直ってバカ騒ぎして、ケ・セラ・セラなるようになるさ~と明日を迎えるのも方法かもしれません。まだ、この時期に暗い顔してちゃやーよ。


ところで翔君。

天がでっかい事を人にやらせようとするときは、その人の心を苦しめたり、肉体を過酷な状況に置いたり、やることなすこと失敗させたりして、一度苦境に追い込むんだってさ。
その人を、強く逞しく我慢強く、その仕事にふさわしい大きな人間に育てるための愛のムチってことらしい。
私が適当に言ってるんじゃないよ、孟子っていう昔の中国の偉い思想家が言ってるんだから、きっと本当だ。

きっと、もう少しの辛抱だよ。




爆弾低気圧来道。でも美容室予約したから出かけなきゃ。カットしてセットしてもらって、店を出て、1秒でスーパーサイヤ人。
儚すぎる美容室帰りに、暴風雨HELLO警報のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【Bs戦】惜敗なるも、愛は希望の光を見出してみせるとも!

2012 ペナントレース
04 /03 2012
●日本ハム 4-5 オリックス○
(札幌ドーム)


あの、ちょっと伺いたいんですけど・・・


何でバファローズって3連敗したの?


今日の勢いを見る限り、3連勝くらいしてそうな感じのバファローズ。うーむ、そんなにホークスは強かったか、と思いきや、そのホークスはイーグルスに完封負け。いや~勝負ってわからない。


さて余所様の事はいいです。うちはうち。
先発はケッペルさん。


ケッペルさん、「いいケッペル」「いくないケッペル」が、オセロの駒のように表裏一体となっていて、イニングごとに裏と表が交互に出てくるのであった。

初回から8人に5安打食らって、「今日、もしや炎上の日!?頑張って!火の用心!一日一善!」と祈るような気持ちでしたが、2失点。
かと思えば3回は3者凡退で打ち取り、帰ってきたケッペルかと思いきや、4回のっけからT-岡田に長打をくらって、2アウトから四球でピンチ。それを乗り切り、5回は3凡。
それでも何とか無失点でしのいできたけど、結局、6回に再びつかまり1つもアウトを取れずに降板。
続いた谷元が打たれましたが、登板した時の状況が状況だったので・・・ちょっと責めるのは酷かなあ。ただ、四球もあって、1アウトとって降板。
その後、乾くん。落ち着き払ってゲッツーに打ち取り、このイニングを終了。

で、この6回での3失点が結局決勝点だったのですね。

打撃のほうは、初回に2点取られて、やなムードだったのですが、2回裏、栄ちゃんが三振に倒れた後、
陽岱鋼、マックが連続安打、鶴ちゃん三振の2アウトから、
賢介、稲葉さん、糸井!の3連続安打で3点取って逆転!

よしいける!と思ったのだけど、効果的に得点できたのはこの回だけでした・・・・

得点できたのはさらに9回。
マック、代打二岡がヒット。これが、相手側のエラーはつかないけども若干のやらかしがらみでの出塁だったので、流れがこっちに来たんですよねえ。そして賢介送りバントで、1アウト2,3塁。

こ、これはサヨナラアプリ起動ーーー!

と、ファンは思ったのです。
これが最後にして最大のチャンスで、ここで長打が出れば同点だったのですが、稲葉さんの打球は一塁線へのゴロ。これが、これが抜けてたらー!とついつい「たられば」言ってしまうのですが、この間に3塁ランナーが返ってきて1点差。続くバッターは糸井。2アウト3塁。それが返ってくれば同点、3時間半を過ぎてたので、最低でも引き分けに持ち込めたのですが、糸井は三振に倒れてゲームセット。引き分けもサヨナラもならず・・・。


ま、たられば言うなら、
◎4回、マックの安打と賢介の四球から2アウト1,2塁になった時。
◎5回、糸井の四球と栄ちゃんの死球で2アウト1,2塁になった時。
後から振り返ると、リードしていたここで、中押し点が取れなかったのがもったいなかった。
特に5回は四死球で棚ぼたチャンスでしたから、これでバーッと2点くらい取れたら、流れ変わったかなあ・・・。


2連勝の後の2連敗となってしまいました。しかも1点差での敗戦。くやしいねえ。


しかし、物事の明るい側面を見るならばですよ。
この試合、バファローズに打つだけ打ち込まれて、なんとバファローズには15安打食らいました。
しかし!
それだけ打たれて5失点ですよ。ダブルスコアでもおかしくない試合です。
ある意味、これはリリーフ陣の抑え能力の高さを物語っているのでは!
打たれてたけど何とか抑えてましたよ。プチ劇場気味でしたけど・・・。
今日は森内も初登板。ヒット1本打たれたけれど、踏ん張ってくれました。


まだ4試合だし・・・この日は「開幕で連敗したチームが勝つ順番の日」だったらしく、他球場でもそんな結果だし・・・大差で負けたわけでもないし・・・カツゲン飲むの忘れてたし・・・

ま、次です、次。
(ああ、でも次は勝ちたい・・・)


座ったところの斜め前にすごい美人が二人座ってました。ほんまものの美人は後ろからでも美人とわかる。
オーラが違う。色白ー!手がキレー!首細ーい!そして頭もちいさーい!
婦人用帽子の標準サイズが小さすぎる自分は、すでに骨格の時点で美人とはかけ離れてることを思い知る(笑)それでも気休めに小顔ローラー!コロコロ転がるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


栗山野球の正を以って合し、奇を以ってサヨナラ勝利、など。

未分類
04 /02 2012
3つ終わって一区切り。

◎栗さんの「正を以って合し、奇を以って勝つ」!
栗山監督は見かけ以上にアグレッシブな野球をする人で、ちょっと意外といえば意外でした。
「攻撃的布陣」オーダーの「正攻法」の野球をし、最後に代打:二岡・岩舘などの「奇兵」で勝つ、2戦目はまさに、「正を以って合し、奇を以って勝つ」。あの采配がずばりと当たれば、監督冥利に尽きるでしょう。
3戦目も「稲葉に代りまして鵜久森」と来たわけで、これも「奇」。ここでは勝ち越せませんでしたが、鵜久森は四球を選んで一定の役目を果たしたので「ハズレ」ではないと思います。
この先、この手で勝ち続けることが出来たら、栗さんを「野球界のヤン・ウェンリー」と呼ぶにやぶさかでないですが、さてどうなるか。楽しみです。


◎ところでふーせん問題

今年から解禁のふーせん。
ふーせんとふーせんふくらまし器が配られました。で、使ってみた感想。
ふーせんふくらまし器は思ったより使いやすかったかな、と。ただし、思っていたより大きい。

しかし・・・

①膨らますタイミング:まだベストタイミングがつかめません・・・。ふーせんは意外に早く膨らませられました。

②膨らませ加減:これが難しい!7回表の攻撃中には、あっちこっちでバンバン、旧正月の爆竹みたいに割れる音が響き渡る!あれ、近くで聞いたら本当に心臓に悪い音なんだなあ。

③膨らませてからのホールドの仕方:膨らませたふーせんを上に向けてホールドしてると、後ろの人はフィールドが見えません!佑ちゃんの最後のアウトを取った投球は、揺れるふーせんの間で見え隠れ・・・。

④飛ばすタイミング:やはりフライング多し。そしていい加減終わってから飛ばす人もまれに。


・・・と言う訳で、痛し痒しのふーせん飛ばしでした。ふーせん飛ばしの前くらいはどーも試合に集中しにくい。
特に、ふーせんのホールドの仕方はいずれ観戦マナーとして、周知されることを願います。

私は初日しか行ってないのですが、初日はフィールドにふーせんの残骸がおちてしまって、係員が慌てて回収。見かねて(?)選手までが拾ってくれる始末。これもちょっとね。他の球場はどうしてるんでしょうか。

楽しかったのもまた事実ですが・・・買うかどうかなあ、う~ん・・・。


斎藤へダルからのつぶやきノルマ「7~10完投」(スポニチ)
ダルビッシュが自身のツイッターで「日本ハム開幕から2連勝ですね!斎藤の完投!個人的には斎藤に7~10完投。170~190イニングは投げてほしいです」とつぶやき、伝え聞いた斎藤は「凄くうれしいですね」と笑顔。

この二人の間に、どのくらいのコミュニケーションがあったのかは知る由もありませんが、なんにせよ、ダルさんが、古巣のことを気にしてくれていた、というだけでもほんのり気分があったかくなるのです。
でも淋しいなあ。
ダルの穴が・・・!といいつつ、すでに「ダルのいないファイターズ」に慣れつつあります。人間って適応の生き物なのね・・・。


【オリックス】西 ハム戦へ「前を向く」(日刊スポーツ)
チームは03年以来9年ぶりの開幕3連敗を喫しており、連敗ストップの期待がかかる。西は「調整もやりきったので、後ろを向かずに前を向くだけ。思い切ってやるだけです」と話した。
こちらの先発はケッペルさんがけっぱる予定。
勝ちたいです。初戦は取りたいです。相手も絶対にそう思ってるはずです。たぶん向こうのほうが切実です。
その切実さに勝つには、こちらもそれを上回る切実さが欲しいところですが、さし当たって思いつきません。ゲーム差だってあってないようなものだし。
まだちょっと、連敗はしたくないな~という気分が濃厚なくらいですか。いや、絶対に向こうのほうがそう思ってるよね・・・・
えーと、3日のイベント・プレイヤーズ・スペシャルは“栄ちゃんの日”ですね。じゃあ(じゃあ?)栄ちゃんに期待!あと重荷にならない程度に翔君にも期待!

初戦はドーム参戦予定。
カツゲーン!




友達からエイプリルフールにメールがきた。ネタが去年とまったく同じだった。指摘すると「・・・そうだった・・・忘れてた・・・」とのこと。
しかしいっそ毎年同じネタで送ってくれれば、それはそれとしてひとつの芸になる気もする。
いつか伝説へ。ウソ混じりけのない真実のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【西武戦】逆転ならずも、光夫の時代が来たようだ!

2012 ペナントレース
04 /01 2012
【西武戦】●日本ハム 0-1 西武○
(札幌ドーム)


先発:吉川光夫。満を持して札幌ドームに登場!


・・・・。(1回から3回)


・・・・・・・・・・・・。(4回から6回)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・。(7回から9回)





光夫がかわいそうだぁぁぁぁぁぁーーーーー!




お兄ちゃんたちヒドイ!



佑ちゃんには9点も援護してあげたのに!



光夫にはたーーーだーーーのーーーー1点も援護がないなんて!



光夫頑張ったのに!



相手に許したヒットはたったの3本!!!(1本HRだけど)



8回3安打1失点だったのに!6個も三振取って、四球はひとつもなし!



ダルビッシュ並の内容だったのに!



なのに


1 点 も



援護がないなんて!



お兄ちゃんたちのイジワルーーーーー!!(号泣)



・・・・・・。
・・・・・・わかってますよ、お兄ちゃんたちも一生懸命やってたんです。
光夫の好投に報いたいのは、何よりもお兄ちゃんたちだったということは、よーくわかってます。
でもたった1点、あれだけの好投で敗戦投手は、あまりにもかわいそうで、ついつい泣き言が出ます。


光夫と同じくらい、岸さんも良くて、攻めあぐねたお兄ちゃんたち。
とは言え安打数で言えば、相手より打ってるんだし、10点取れとは言わないけど、どこかで1点くらい取れそうだったのだけどね・・・。8回満塁のチャンスに最低でも同点にしたかった!


開幕3連戦、2勝1敗。
チーム全体として眺めると、滑り出しは上々の上です。2つとも勝ち方が良かったし、今日の1敗も長い目で見ると意味のない負け方ではなかったと思います。
なぜならば、


「ファイターズに吉川光夫あり!」


・・・ということをあまねく知らしめる事が出来ました。
「くっ・・・!こんないい投手がハムにはまだいるのか!」と相手方のまなじりをキッとさせるだけでも、大いなる効果です。


ああ、光夫に励ましのお便りでも送りたい。
本人ここ、絶対見てないだろうけど、ひとこと。

光夫!
今日の投球はすごかった!しびれた!
ホームラン打たれたけど、その後も崩れることなく、がっちり抑えてたの、すごいよ!
負けがついたの悔しいけど、ファンもそして相手も「光夫スゲエ!パネェ!」ってのはしっかと焼きついたからね!


(後のフォローは勝さんにおまかせします)


そして翔君が心配です。打てないことが心配なのではなく、「打てないことを本人が気に病んでいるのでは」ということが心配です。
気に病むな、気楽に行こうぜと言うのは簡単ですが、そう言って気楽になる人はいないんですよねえ・・・。

うん、あせるなよ翔。
ファンはあせってないからな。


さて、月曜の定休日を挟んで、引き続き札幌ドームでバファローズ三連戦です。
正直、バファローズが怖い。
彼らは開幕でホークスに3タテを食らって、札幌に来ることになってしまいました。


彼らはこれ以上負けるわけには行きません。4連敗は絶対に避けたいでしょうから、初戦は死に物狂いで来るような気がします。


飢えた猛牛の前に、ハム。
「ハムだぁぁぁ!ハムがぁぁぁ!」と凄まじい勢いで突進してくるのは間違いなし・・・!
(そらそうよ)


でも我らも負けるわけにはいかんのです!
ここは心を鬼にして(?)週明けから、頑張るぞ、ファイターズ!


(でもオリックス応援団のナイスな応援ボードを見るのが楽しみです)



お昼ごはんはインスタントラーメン。お湯を入れて5分。・・・・・・・。
・・・・・4,3,2,1,いただきま・・・・
「電話だよー」
何の恨みがあるのか取引先の人!
ちょっぴりのび気味の麺の柔らかさを思わせるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。