【ロッテ戦】夏男、いよいよ始動!好発進で首位浮上。

2012 ペナントレース
07 /31 2012
○日本ハム 5-3 ロッテ●
(QVCマリン)

☆勝さん、3連勝で8勝目!

☆稲葉さん、同点犠飛&勝ち越し3ラン!

☆栄ちゃん、ナイスタイムリー&好守備!


・・・・と、見せ場は多々あったのですが、今日最もすごいプレーはやっぱりあれですね。
9回裏の翔くんです。


代打:フクーラさんのレフト前の打球→翔くん突っ込み取りそこね、はじく→あわててボールを拾い2塁送球→その返球が微妙で賢介が取れず→ボールが点々と1塁方向へ転がって・・・・


なんと稲葉さんのグラブにジャストで納まったのですよ!
(フクーラさんアウト)


勝てる時って・・・・得てしてああいうものなのですよね・・・。

その瞬間は、翔くんの1塁への好返球か!と思ったのですが、あとで見直すとほんとに結果オーライだった・・・。


勝さんは珍しく四球を出したりして、それが失点に絡むなど、ベストピッチからやや夏のOFF。
ただ、2失点の7回裏は、上手く行けば翔くんが取ってレフトフライで終わったかな?という感じではありました。(でもその前に翔くんは抜けてたらヤバかった当たりをナイスキャッチで救ってる)
今日は先制を許してしまうものの、稲葉さんの犠飛で追いつき・・・


6回表。2アウトから、
嘉男!お誕生日嘉男!猛打賞ヒット!
翔!今日はマルチヒット!
で、やっぱり稲葉だ!


ええあの球がライナーでライトスタンドに飛び込んじゃうんだ!?
9号スリーラン!


・・・で勝ち越し。


7回表にも、栄ちゃんのタイムリーで1点追加、1-5。
その後、勝さんはちょいと2点ほど取られちゃいますが、3-5で、8回増井、9回久、と今日は磐石&謎のナイス守備で2点差を守りきり、


首位。


字が小さいのは、もちろん、「喜んでもいい!だがこれで浮き足立ってはいかん!」という戒めです。
まだまだ!まだまだですよ!でもちょっとよろこんじゃえ。


やったね☆


今日のお立ち台は稲葉選手です!レール&ホテルパック!・・・・ですが、個人的には栄ちゃんに、
ありがとうメダルを授与したいと思います。5回表、サードライナーのナイスキャッチ!そして7回表のタイムリーです。
5回のあれはぬけてたら2塁打になってそうだし、そうなったらまた流れが変わってたかも・・・
そして7回のタイムリーは、あの1点があったからこそ2点取られても5-3だったのです。
4-3とでは気分的に大違いです。


カード初戦を取ったのは大きい!勝ち方もすっきりだったし・・・。
それに・・・
最後にもう一回小さい声で言ってもいいですかー。


首位浮上。




オリンピック見てますか?柔道の「ジュリー」って、そういう名前の人がいるんだと思ってた人は、手を挙げてください。はい。
Yahooの検索ボックスに「柔道」と入れたら「柔道 ジュリー」が一番上だったよ!
カサブランカダンディなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

あの夏、この夏、緊張の夏!

未分類
07 /31 2012

まあ、そろそろ「今甲子園では~あの夏を思い出すんじゃありませんか?」というネタを振るのは、止めにしてあげたら?なんて思うんですけどね。
でもほーんと7年とか8年なんてあっという間ですわ。
自分が20代そこそこの頃、ほんの数年前の高校時代の頃を「昔は~」なんて言って大人気分でしたねえ・・・
年齢を重ねると、逆についこの間まで20代だったような気がする、なんでしょうこの図々しさ。
一族の年寄りたちが「ほれ~昔さー。あの進駐軍が来た時にさ~」とか言ってるのを見ると、大人もあれくらいならないと「昔昔」と威張れないな、と思います、はい。


「定員3名」のAクラス行きエレベーターの箱に、6名様が殺到、ドアが閉まりませんブザーが鳴っても譲りません!状態のパ・リーグ。誰がはじき出されるかまったくわかりません。
今日からQVCマリンで首位攻防戦。・・・に参加できることをありがたく思いつつ、18時15分を待ちたいと思います。
でさ~なんで「15分」なのー?



オリンピック見てますか?なんか最近の選手って男も女もやけに顔立ちが整ってませんか。言っちゃなんですが、昔(出た)は「まあスポーツ選手だしね」という感じの方が多かった気がするんですが・・・
いやもちろん自分だって「まあそこいらの一般人だしね」という感じの方なんですけどね。
頑張っている人はみな美しい!と取ってつけたようなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【Bs戦】負けて悔しいハムいちもんめ!

2012 ペナントレース
07 /29 2012
●日本ハム 6-7x オリックス○
(京セラドーム)


Down! エラーがらみで先制点を取られる 0-1


Up! 鵜久森3ラン!あっとうい間に逆転ー! 3-1

Down! 2ラン打たれて同点! 3-3


Down! 斎藤、グダグダでさらに失点! 3-6

Up! 代打ホフさん3ラン!一気に同点! 6-6

Down! 淡白に9回表が終わり勝ちはなくなる!せめて引き分けを・・・!6-6

Down! みごとにサヨナラ負け




勝ってたら、「鵜久森、3打席連続本塁打ー!」とか「ハムのホフさん絶好調ー!」とかわーいわーいって出来たんですけどねー。でもウグ&ホフが打ったという事実は変わらないので、そこはわーいわーいしましょう。
ホームランだ、わーいわーい!


そんで斎藤姫だー。
ここんとこいいとこなしの斎藤佑樹姫。
ランナー背負っても、ノーアウト満塁でもなぜか絶対に失点しなかった斎藤の結界と、強力極まりない援護運、この2つがいつの間にやら消えてしまい、12時過ぎのシンデレラ状態。今にも石立鉄男が出てきそうです。(年ばれる)

エラーがらみで運の悪い失点直後に味方がホームラン打って一気に逆転、勝ち運をぐっと引き寄せたのに、2ラン被弾+次のイニングで先頭から3連打であっという間に勝ち運放流。
野球にキャッチ&リリースはいりません。飢えたヒグマみたいに、鮭をくわえたらがっちりホールドです。

佑ちゃん、4回で1アウトも取らずに途中降板。2軍落ちがほぼ決定。
仕方ないです。佑ちゃん、応援してますが、悪いものを良いとは言えないのです。
他人事だと思ってさらっと言うけど、いいんですよ、これで。この挫折が糧になる日がきっと来る。
あの悔しさがあったから今がある、と五輪の選手だってよく言ってるじゃあーりませんか。
むしろ、ここから何をどう見せてくれるかで、斎藤佑樹と言う男の実が試されますよ。おきばりやす。


あー、それで久・・・・。
久・・・昨日はいい久だったので、まさか今日は・・・・とドキドキしてたらやっぱり・・・。
先頭四球で「あー今日はヤバいわ」と思いました。そう思ったからダメだったのか。
引き分けで終われれば、十分勝ちだ!と思える試合でしたが・・・が・・・・ま、今日の星占いではオリックスのサヨナラ勝ちの日だったんじゃないでしょうか。


月曜定休日を挟んで、次のカードは首位攻防戦となるロッテ戦です。
今までの分は良いカードですが、今のパ・リーグでは明日はまったくわかりません。
とりあえず正念場ということで、念じましょう。



オリンピック!見てますかー?柔道を見てると「こんな金髪美人が、なぜJUDOをやろうと思い立ったのだろう」ということが気になります。あと、いちいち副審が立ち上がって椅子を持ってよけてますが、オフィス椅子みたいな車輪つきチェアではダメなのですか。
いつも余計なことだけが気になるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【Bs戦】粘った粘って粘れば粘り勝ち!

2012 ペナントレース
07 /28 2012
○日本ハム 3-1 オリックス●
(京セラドーム)

みったんに勝ちをつけてあげたかったよ!ナイスピッチだったよ!



~お 詫 び~

2012年7月28日(土)、京セラドーム大阪にて行われました、

「オリックス対日本ハム」戦の9回表、

1-1の同点、2アウト1,3塁、バッター大野奨太選手の場面におきまして、

「あー、これは無理か・・・」

「近藤くんがいるし、ここは代打では?」
などなどの

軽率な発言により、大野選手の名誉を著しく損ないましたことを、

深くお詫びすると共に、2点タイムリーをぶっ放してくれたことに対し、

心よりの感謝を表明いたします。

今後、いついかなる時も希望と信頼を失うことなく、応援する姿勢を取ることができるよう、

誠心誠意、取り組んでまいります。




いや~でもあそこで奨太が打つとは!!!(まだ言うか)


光夫さんは信頼と安定のピッチングで、7回投げて被安打4、1失点のナイスピッチング。
先制点を取られてしまった・・・といっても、取られたの6回。三振を二つ取った後の、四球。
この日初めての四球が失点に繋がってしまい、痛恨・・・!


いや・・・これで正直ダメかと思いましたよ。それまで散発4安打。
7回表、翔くんがファーストフライに倒れ、しかし稲葉さんがヒット。
が、続く陽さんが見逃三振。ホフさんはカウント1-1から空振りして、1-2。
ああ~三振かも~~~とドキドキしながら見てたらライト前!これで2アウト1,2塁。

そこで登場するのは!

もちろん!

神・二岡!

神はバットを真っ二つに折られながらも!

ショートの頭を越えてセンター前にぽとーんと落ちるタイムリーを、

放つからこそ、神・二岡!


で、同点。先制された直後に追いついたというのは良かったですよ。みったんも勝ちを信じて続投、7回投げきりました。
8回からは宮西にスイッチだったので、勝ち投手の権利はなくなってしまいましたが、みゃーにしさんは2アウトから2連打という、カニならずとも泡を吹くような展開を見せつつも、最後はしっかり三振(ガッツポーズつき)で締めてくれます。


さあ9回。


先頭・翔くんがヒットで出塁したのは良かったですが、稲葉さんのとき翔くんが3塁狙って走塁死。
でも、1アウト2塁。そして、陽さんがヒット!
ここで、
「あああああ~~~~!翔くんが3塁にいたら~!」と思いましたが、とにかく1アウト1,3塁。
次のバッターはホフさん!
ホフさん!
頼んだぞ!最低限犠牲フライで!
ここで決めなきゃ、次は奨太だもん!(この発言は謹んでお詫びします)
・・・・が、ホフさんはここで三振。まあ、ゲッツーよりはマシだったか・・・と慰めてみる。


そして、バッター大野奨太!
(ここで記事冒頭へ)


・・・・ということです。
その奨太は、レフトフェンス方面へどっかーんと勝ち越し2塁打を・・・・!
いやほんとうにまさか奨太、ありがとう。そして・・・・・本当にごめん・・・・・・・・なさい・・・・。


9回裏は守護神・久が、いつもの4凡でゲームセット。
勝った・・・最後の最後で・・・納豆のように粘り勝ち・・・。


あ、そうそう、納豆といえば、最後の打者の中島くんね。
最後は三振に終わったけど、ファウルファウルファウルファウル・・・と、15球も粘るという根性を見せました。
あれも明日につながる(たぶん)粘りだったよ。


みったんに勝ちがつかなかったのは残念だけど、みったんの力投が勝利を呼んだ!と信じる。
9回に勝ち越したとき、ベンチでうれしそうにしてたので、良かった。



暑いですね。暑いけどホットコーヒーです。でも、体が拒否してるのか、ポーションミルクを入れようとして、ぷちっとあけて、はっと気がつくとミルクを流しに捨てるところでしたー!暑いですねー!
そして今日の晩御飯は熱々カレーでした。ホットでスパイシーなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【Bs戦】昨日と今日の深い溝の謎。

2012 ペナントレース
07 /27 2012
●日本ハム 1-5 オリックス○
(京セラドーム)

すごーくいい勝ち方をして、「よーし連勝!」と勢いに乗っ・・・・・

・・・・・・・・


・・・・・・・・たらいけない決まりでもあるんでしょうか・・・・・・・・・・。



昨日とは全然別のチームみたいになってます、ファイターズ。
なんだか試合展開なら、こっちが最下位みたいな内容よ。(どんでん風)
とても「今日勝ったら、ロッテの結果次第では単独首位!」なんていうチームの雰囲気じゃないのは、ナゼ?
昨日と今日の間に何があったの!?


ウルフはなんだか初回からいつ失点してもおかしくないような空気満タンで、
やばいなーやばいなーなんかやばいー・・・と思ってたけど・・・・

2アウト1,2塁から死球でわざわざ満塁にしてからタイムリー打たれるとか・・・・

2アウト2塁から敬遠でわざわざ1,2塁にしてからタイムリー打たれるとか・・・・これは・・・・



滅びの美学!?


・・・・というにはちょっとダサいわー・・・
・・・・とか実は、今日はつっこみもしにくいウルフたん。
あの敬遠はベンチの指示だけど、明らかにあの時、不満そうな顔したよね・・・。
ウルフとベンチの間に見えないひびがあるのが見える・・・いや、それでは見えるひびだけども・・・。


しかも野手陣も6回までたったの4安打・・・といいたいところですが。


この4安打目を放ったのが!
途中交代で登場!
健康優良豆タンク!(褒めてる)

近藤健介、プロ初ヒット!!!


まあ、よかったわねー!ほんとによかったわねー!
それだけじゃないんですのよ奥さん!健介くんは何とこのあと最後の打席でもヒットを放つんですのよ!
しかも相手の守護神から!
まあ、なんて健気なんでしょう~~~!


そうそう、それとね!
近藤くん、代打だけかな?と思ったら何とその後!マスクかぶったのよー!
いよー!スーパールーキー!


それで西川くんも途中出場でヒット!
ほらああーーー!ヤングメンたちが頑張ってんだからーーー!
お兄ちゃんたちもちったあ意地見せろー!


ということで、よっぴがこの日たった一つのタイムリー!8回表。
そのボールには「意地」と書いてあります。


最後無理やり盛り上げて見ましたけど、なんだか今日はかみ合ってなかったですね、色々と。
6回大野だけ替えて、ウルフ続投。先頭出したところで交代、とか。
たぶんあの時点ではリリーフ使いたくなかったから、近藤くんと組ませてムードを変えてみようか、と思ったけど、あんなにあっさり先頭出すウルフたんについに堪忍袋の緒がブチッとキレたんでしょうか。
それでその後の矢貫がホームラン打たれてる悪循環。


今日のウルフは何が気に入らなかったのかは知らないけど、(最後1点を失うものの)流れをつくったオリの寺原投手とは対照的。
やっぱり先発投手が試合の流れを作っていくって言うのが大事ですね。きれいにまとめてみました。


ということで、明日は光夫に期待。



発見しました!お部屋の窓にブラインドはダメですね!なぜなら今時期窓を開けると、風でがしゃんがしゃんぶつかったり、羽がブブブブブー!と鳴ったりうるさいのです!カーテンは音がしない!
・・・と、3年前くらいから思ってるけどそのまんま。毎年恒例:夏の思い出にワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【SB戦】鵜久森サマージャンボ!大当たりの連続ダンダダン!!

2012 ペナントレース
07 /26 2012
○日本ハム 5-3 ソフトバンク●
(福岡ヤフードーム)


ソフトバンク戦・先発は山田・・・・。

(ハムにとっては)難易度の高かったこのゲーム。

だがしかし!

ついにハムは!

ソフトバンク戦:山田ステージをクリアするのに有効なアイテムを手に入れたのであった!


Fの隠し球:鵜久森淳志!


(いやまあ、手に入れたというか最初からいたし、別に隠してるわけじゃあなかったんだけども)



わが先発の八木っちは、まずまずの感じで立ち上がり、2回裏、2アウト1,2塁、最後の打者をピッチャーゴロに打ち取り、よーし3アウッ!が「あうーーーーーっ!」と悲鳴に変ったのでありました。
八木さんがそのなんでもなーい余裕綽々のピッチャーゴロを、なぜか1塁へ悪送球。2塁ランナーがかえって1点先制されます。
エラーからの失点、先制点を許すという、ビミョーな試合展開になりつつあったのを、救ったのは!


本日の指名打者:鵜久森淳志!
(前々回までは)誰もが打ちあぐねた山田くんから、同点ホームラーーーーン!
来たのか鵜久森!?鵜久森サマージャンボ!?


すると次イニング!
ウグさんには負けてらんねっす、と翔くんが値千金の勝ち越し2ベーーーース!
乗ったか翔!?パシフィックのビッグウェーブに乗ったか!?


そして、1アウト3塁!外野フライでも一点!の場面で再び、鵜久森淳志!
よし外野行ったー!と小躍りしたら、これがスタンドイーーーン!
2打席連続ホームラーーーーーン!
今度は2ラーーーーン!



ジャンボーーーー!


と、わけもわからないことを叫びつつファンは、小躍りから、どじょうすくいとヒップホップの夢のコラボ的な躍動を見せつつ喜びを舞いますとも!


そしてさらに次のイニング。
2アウト2塁から、嘉男がセンター前タイムリー!

さっき喜びすぎて疲れたので、ここは「よーーーし!嘉男!いいぞ!」と手を叩くのみ。
5-1。


しかしですよ、この嘉男の「いいぞ!」な1点が実は実に貴重だったのです。この1点があるかないかでは、心の余裕が大違い。
まさに「得点に無駄球なし」と知ることになります。


というのも、その後、7回8回と1点ずつ失ったのですね。5-3まで追い上げられることに。
あの1点がなかったら4-3だったもん・・・・追いかけられて1点差というのは、また流れが違うので、やっぱりここで5-3だったことに意味があったことになったと思うのです。


昨日久は若干劇場だったので、案外今日はあっさり抑える順番の日じゃないかな、と思ったとおり、今日の久は3人で締め。ま、最初の打球は下手したら抜けてたけど、勝てるときというのはああいう鋭い当たりも抜けないものですね。


山田くんを攻略。もうこれでだいぶん苦手意識は蒸発しつつあると思います。
そしてソフトバンク戦、2連勝。ああ、あんなに怖かったソフトバンクに勝ち越し。


今日、何かをクリアした!そう思いたい。
そして、鵜久森には山田くんキラーの最上級、「山田キラリスト」の称号を授けたいと思います。
おめでとう!


ロッテが負けたので、ゲーム差なしで首位に並んだよ!~~~・・・といいたいところだけど、これまた勝率だとゲーム差ナシの2位なんだな。
まあ細かい事は気にせず、並んだよ!と思ったほうが気分良いのでそうしーよーうー。



顔洗ってタオルでゴシゴシしてタオル見たら、血で真っ赤っか!げえっ!なにこれ!と思ったら、鼻血ブーな自分がそこに・・・。暑い日、熱い試合にのぼせたのか!?それで鼻血って小学生か!
かっこわるーーー!・・・けどネタが一個できました。つっぺのワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




【SB戦】暑い夏、熱い試合、冷たいビールそして冷汗!

2012 ペナントレース
07 /26 2012
○日本ハム 1-0 ソフトバンク●
(福岡ヤフードーム)

いよいよ後半戦!

激戦地帯パ・リーグに寧日なし!

そして今日も!

どっちもどっちの熱く激しい戦いが幕を開ける!

最後に笑うのは・・・・

・・・・っていうか、胸をなでおろすのはどちらか!?


ファイターズ武田勝、ホークス攝津正。
両投手とも素晴らしい立ち上がり。
これは確実に先制を奪ったほうが有利!


・・・と思う間もなく2回表!


4番:中田翔が先制ホームラン!

1点先制!
試合を盛り上げます!

そして!
稲葉・陽・ホフパワーと3安打でノーアウト満塁!
追加点の大チャンス!
三振・三振・ピッチャーゴロで無得点!

試合を盛り上げます!


そして5回裏ホークスの攻撃!
2アウト1,2塁とピンチ!
レフトへのヒットで、2塁ランナーが返ってくる!
そこを、中田翔がレーザービーーーームで本塁殺!無失点で切り抜ける!
試合を盛り上げます!


何とか追加点が欲しい、9回表!
2アウトから陽岱鋼とホフパワーの連続安打、代走:杉谷の盗塁で2アウト2.3塁!
1点、1点でいい、追加点が欲しい!
が、鶴岡はセンターフライに打ち取られ、1-0のまま9回裏へ・・・
試合を盛り上げます!


そして9回裏。
マウンドは守護神:武田久!
先頭打者:松田にいきなり初球ヒットを打たれ!
続くペーニャに1,2塁間を抜かれ!
ノーアウト1,3塁、大大大ピンチ!
試合を盛り上げ・・・・なくていいからーーー(白目)


ああ、ベルサイユの貴婦人のように!
ここで気絶できたらどんなに楽か・・・!
しかしドライフラワーになりつつある大和撫子は・・・・
「ひさし、ふんばっでけれーーー!おさえてくれねばーーー!」
・・・と、あまりの恐怖に先祖がえりのなまり丸出しで、頭かきむしるだよ。


・・・・そしたらば久は、ピッチャーライナーで内川ば打ちとって、ボーンヘッドの1塁走者も、刺したんだよ!
一気に2アウトだよ、2アウト3塁だよ、怖いけんどもほのかに光が見えてきたべ。
2000本の小久保ば、怖かったけんども、これもピッチャーゴロに打ち取ったべさ!
勝ったべさ!
涙にじむべさ!感動したんでねえ、怖くてさ!
なんか強いんだか弱いんだかわかんねえけども、勝ったからいいべさ!素直に喜べる時に喜んでおくべさ!
ばんざーいばんざーいばんざーい・・・・(激しく疲労)


いやあ、得点差以上に盛り上がった試合でしたね!(白目)
9回のノーアウト1,3塁の大ピンチ。この時の気分を表す言葉として、「オーマイガーッ!」以外に適切な言葉があるでしょうか。私がアメリカ人だったら確実に「オーマイガーッ!」と叫んでいます。
しかし、このオーマイガーなピンチ、火をつけた久自ら消火に当たり、無事に鎮火。
消火器の中身は半分くらい「運」だったと思うけど、いやもう、ボヤで済んでよかったね、と言いましょう。


しかしながら今日は、翔くんが見事に4番の仕事をしてくれました。
苦しい時に、4番の一振りで試合を決めるという・・・・。
オールスターのホームラン競争じゃなくて、ここで打ってくれてよかっただよ。
ヒロインでの表情も明るかったし、よかっただ・・・・。


最近やっぱり体重のことが気になっているのか、「腹筋運動」「ランニング」「機械トレーニング」をしている、「夢」を見ます。腹筋100回!目が覚めたら腹が凹んでるのじゃないかと期待しましたが、無理でした。
寝てるだけでいいドリームダイエット。夢のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



後半戦開始のゴングよ、高らかに!

未分類
07 /25 2012
そういや、イチローがヤンキースへ移籍しましたね。もちろんこのニュースを聞いて、8割の人は
「ムネリンかわいそう・・・」
と思ったのではないでしょうか。私も思いました。大好きな人と同じクラスになってウキウキしてたら、相手が転校しちゃったようなもんだね。恐らく今のムネリンは風景のすべてがモノクロだろうなぁ。
一緒に連れてってあげれば良いのに・・・ってそういう訳には行かないか・・・。
ムネリン・・・イチローだけが男じゃないさ・・・星の数ほど・・・・


それはさておき、いよいよ後半戦が始まります。
始まりはいつもホークス。
ファイターズの先発は勝さん、ホークスは攝津さんです。


後半戦のキーマンは、打撃ではもちろん1に中田、2に中田、3,4がなくて、5に中田、
6はもちろん中田
、と中田づくしでしょう。
気になるのは本人もそれを重々承知、そしてそれが漬物石のように彼の精神的重石になり、その微妙な心のぶれが、電気信号となって打棒に影響するのでは、ということです。
なんだかオールスターのHR競争でも、やる前から弱気だったとかなんとか。ダメですよ、そんなことでは。
どんなにあれこれ言われても、打たれても、「え?俺はスターだけど?」と爽やかに堂々としているという、類稀なる佑ちゃんのスター性を参考にしてください。


そして、そろそろおっさんたちがバテて来る頃(失礼な)なので、杉谷・西川、中島といった若手も、出てきたところで期待したいと思います。
「リーグ優勝、そして日本一」という公的なモチベーションとは別に、グラゼニ的に「来年の更改で晴れやかに笑うために」という私的なモチベーションも維持しつつ、チャンスにはガツガツ食いついていって欲しい。


斎藤君は、前半戦最後の方、本人の言い分では何かをつかみかけてるようなので、早いとこつかんじゃって、握り締めて離さず、2ケタ勝利に向かって頑張ってね。
みったん、勝さんは前半の調子をキープすれば(そして援護があれば)間違いなし、と思いたい。
リリーフは・・・とにかく・・・栄養のあるものをたくさん食べて・・・頑張って・・・とエールを送りたい・・・。
新加入のミスター・モルケンが「当たり」であることをも切に祈ります。
ところで石井さんの様子はどうなのでしょう。気になってるんです・・・・。


「もう半分が終わった!」か「まだ半分残ってる!」か。
計画停電は実施されるのか、された場合の野球試合とその視聴はどうなるのか。
ところでもうオリンピックが始まるのですか。もっと先の話だと思ってました。のん気ですね。
でも、いつもファイターズが一番です・・・・たぶん。



置き換えダイエット食品を購入、頑張るぞ→これで1食置き換えたから・・・大丈夫よね!と間食をする→結果、総カロリーは減っていない。ま、置き換えようが置き換えまいが、結局必要なのは根性ってことね!
根性とはどこかで生き別れになっています。行方を占うワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



祭りだ!オールスターだ!陽岱鋼だ!

未分類
07 /23 2012
マツダオールスターゲーム第3戦
○全パ 6-1 全セ●
(盛岡・岩手県営野球場)


つまんないとか言いながら、結局みてるし・・・。


今日、6時半頃仕事終わって、駐車場に向かい、よっこらせーと車に乗って、「ああ~オールスターどうしたかな~」とラジオつけた瞬間に、


陽岱鋼、先制3ランホームラン!


・・・私去年、仕事の合間にこっそりテレビ見に行って、テレビつけた途端、陽さんがホームランを打った場面に出くわしたことがあります。
今日もまた!ラジオつけた途端のホームラン!
なんか運命!運命!?
も~~~~~惚れるじゃないの~~~~!こうなったら私、陽さんのストラップが出るまで、ファイターズ弁当食べ続けるわ!太ってもかまわ・・・・かまうけど、頑張る!


いや~しかし、ほうぼうでささやかれているでしょうが、陽さんはますます新庄化してきましたね。
単に派手とかチャラいとか言うのとは違う、DNAに潜むお祭り遺伝子がいよいよ顕在化したというか。
第1戦でも先制のホームラン(しかも先頭打者、オールスター初打席というオマケつき)を放ち、
第3戦でも先制の3ランを放つ!
狙ってなくても、お祭りが向こうからやってくるのは、そういう星の下に生まれたからでしょう。
「サンキュ~で~す」もいよいよ全国区ね・・・・。お見事にMVPを獲得。
来年当たり、「背番号1」が来るか!?


この間のゲームがつまらなかったのは、パ・リーグが負けてただろうか・・・・。
うんにゃ、今日はヒットもたくさん出てたし・・・ゲームとしても面白かったと思う・・・。中継の「選手解説」はちょっと微妙だったけど・・・。(なんかみんな奥歯に物の挟まったような言い方で)


後はねなんとなくですけど、全体的に佑ちゃんが「堂々」としていましたよね。おともだちもいるようだし。
おかあさんは一安心です。



寝るまでのひと時、ケータイ(スマホにあらず)でゲームをする。眠くなってきて顔にケータイが落ちてくる。
ハッとしてまたゲームを続ける。気がつくと顔にケータイが落ちて着て目が覚める→ループ・・・
寝るか起きるかそれが問題だ。苦悩から解放されるべくワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


前半戦を適当に振り返る・2 ~魅惑の中田翔~

未分類
07 /22 2012
もうはるか彼方に過ぎ去りしオープン戦のある日、「糸井・中田のアベック弾!」とか書いていたのです。
オープン戦にめちゃくちゃ調子が良かったために、翔くんは新婚の嫁にいいところ見せたいから、今年は打つでー!とか書いてたのです。

3/30の開幕戦、先発メンバーがほぼ全員安打・・・ただ1人、翔くんだけが出遅れたのです。
「でも、明日は当たるぞ」という、何の脈絡もなくそう信じています。それほど心配はしてません。・・・なんて書いたのです。
まさかその後、あんな試練が待ち受けていると、誰がこの時思ったであろう、いや、誰も。

4/5、まさに25打席目にして初安打であり、初本塁打を打ったとき、誰もが思ったはず。
よし、これで中田翔、お目覚め、スイッチオンだぞ!と。
まさかその後、あんな試練が待ち受けていると、(後略)

・・・てな具合で、よし今度こそ!と思いながらも波にイマイチ乗り切れない翔くんに、いつしか、
「悩める4番」とか「悩める主砲」だとか枕詞がつくようになってしまったのです。


だけども翔くんというのは、なにかしら「持ってる」男で、野球の運命の歯車は彼に関しては、キリキリといい具合に回るのです。

・シーズン初安打が本塁打、8回裏の最後の打席(4/5)
・守護神打たれて9回表に同点、その直後のサヨナラ本塁打(4/15)
・思い出の甲子園でタイムリー含むマルチ安打(5/16)
・4点ビハインドの9回表に同点タイムリー(5/20)
・1点ビハインドから逆転の決勝2ラン(5/28)
・2打席連続本塁打(6/18)
・3者連続本塁打の1人目(7/12)

・・・・とまあ、適当に拾い上げてみただけでも、見よ、この魅惑の中田翔を!
もちろん、ここぞで決められなかったことも多いのだけど、ほら、人間っていいことだけを記憶してるものですから。
(まだ1戦残ってるけど)オールスターではドームの天井から落ちてこない2塁打、という、ある意味本塁打を打つより難しい技を見せて、記憶に残る男。
そして、あの打球が天井まで届くあのパワーを見た時、こう思わずにはいられないのです。

中田翔、あのパワー、やはりただものではあるまい!・・・と。

それに守備も素晴らしい。レフト方面からどんぴしゃでバックホームに飛んでくるビームな返球で何度助かったことか。彼のお陰で負けなかった試合があります。今日は無安打だったけど、あの守備一つで4安打分の価値があった、という場面もしばしば。


打撃の不調は前半戦最後のほうで、底を脱したようには見える(ような気がする)ので、後半戦は今までのような大不振はないと思う・・・思いたい。
翔くんがどれだけ打てるかが、後半戦の鍵。とか言うと、また肩の力が入ってしまうような気がするので、そうですね、後半戦の味を決める程よい塩加減、とでも言いますか。塩はなくてはなりませんが、頼りすぎてもダメです。鍋の中の調和が大事、その上で塩・・・しお・・・しょお・・・翔。(・・・・)


あーあと、翔くんは愛嬌がありますね。これ大事。
この持ち合わせがあると、ピンチでも自然と周りの人が助けてくれるような気がする。
周りの人がなんか放っておけないな~と感じる相手は、どっかかんか愛嬌があるものです。



雨にも負けず、風にも負けず、
丈夫な体を持ち、愛嬌がある、
そういう4番に私はなりたい・・・・



「松山ボッチャンスタジアムってボッチャンって何?」「夏目漱石の小説じゃない?」
「あ~はいはい!我輩は坊っちゃんである!」違うよ。
我輩は猫・・・なんでちゅよねー!と飼い猫に赤ちゃん言葉で話しかけるのは何故だろう、のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



今日は途中で飽きて、脱落。

未分類
07 /21 2012
マツダオールスターゲーム第2回戦
●全パ 0-4 全セ○
(松山坊ちゃんスタジアム)


えーと・・・正直に告白しますと、途中までしか観てません。たぶん6回表くらいまで。
だって・・・・



退屈なんだもーーーーーーーーん・・・・



いやいや別にみったんが2ラン被弾しちまったぜ!とかそういうことではないのですよ。
別のホームランはいいんですよ、おまつりですから。
3イニング投げて、後は良かったしね。(なんでうちの子だけ3イニング?)
それと、解説の工藤公康さんが、みったんのことを褒めちぎってたよ!



別に何が何でも勝てー!とかは言わないのです。おまつりですから。
でもーそれならーおまつりって言うならー
パの打撃陣、もうちょっと打とうよ・・・・・・・・。
盛り上げてくれよー・・・・・。
ヒットが出ないんで、塁上の賑やかしがなく・・・・
やってる本人たちは楽しそうだけど・・・・・
現地だと色んな選手の応援したりして楽しいかもしれないけど、テレビで見てると非常に単調で、つまらない。
今日は飽きてしまって途中で脱落。


やっぱり3戦は多いね。2戦で十分。
今は交流戦があるから夢の対決じゃないし。
3戦もやるなら、1戦は「このイニング、モノマネ」とか「このイニング、キックベース」とか「捕球したら決めポーズ」とかヘンなことやったらどうだろう・・・・。


って訳で、超手抜きの記事でした。ワンクリックをせがむのもおこがましい・・・(けどリンク貼る)、
きっとブログ村の他のファイターズブロガーさんが面白い記事を書いている!さあ、こちらから!(ずるい)
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


祭りだ祭りだ!オールスターゲーム!ソイヤさ!

未分類
07 /20 2012
~マツダオールスターゲーム第1回戦~
●全パ 1-3 全セ○
(京セラドーム)


陽岱鋼、先頭打者ホームラン!



中田翔、消える魔球を披露!



・・・・とまあ、パ・リーグの見どころとしてはこのくらいだったのですよ。だって、ヒットがたったの4本。
陽さん×2、翔くん×1、ソフトバンクの松田さん×1の計4本。
ま、お祭りなのでそんな真剣に1点を取りに行く感じでもなく、みんな一発狙い、運が良きゃヒットで点が入るだろ、てな具合。
なんで、こっちもソファにねっころがって、団子でも食べながら「イ・デホってもち肌だよねー」「あのいつもしてる金のペンダント、気になるんだ~」とか「長野の歯、白いよねー」「ホワイトニングかなあ~前に歯医者で聞いてみたんだけどー」とかどうでもいいことをしゃべりながら、まったりと楽しむのが良い、と思うのです。

ええ、決して「ああー!佑ちゃん打たれたしー!」とか真剣にならない。
「そーれそれそれお祭りだー!」と軽ーくスルー、軽ーく。3失点したって、なーに。
3回投げさせたベンチが悪んですのよ、杉内くんだって2回だったのに!どういうことですか!とモンスターペアレンツ的な文句をテレビの前で、茶でもすすりながら言うのが醍醐味、それがオースルター。
(ということにしておきたい)


佑ちゃん、1回は完璧だったんですけどね。おお、佑ちゃん今日はやるじゃん!と思ったんだけどねー。
ま、打ったのがノリさんだったってことで、いいんじゃないですか・・・ほら、盛り上がったしー。
年に一度の祭りですから!


中日の和田さんが打ちこそなって、「ごめん!」と森福投手に謝ってた。ごめん、もう一球、ってところかな。
他の選手も初球打ちが多いし、あっさり三振でいいや~だし、9回やっても2時間ちょっと。
飲み放題、ラストオーダーでーす!ってとこで、〆。


「まつり」と言えばサブちゃん。
♪倅 その手が宝~物~!




某公園でベンチシート式自転車を借りた私と友人(もちろん同性)。
周りがカップルでうふふ、あははと漕いでいるのを尻目に、「真面目に漕ぎなって」「これ遅」「だからアイスクリーム売場は右じゃないってば!」とシリアスに盛り上がる我々。よく考えると、なぜ二人用を借りたのか・・・
「それではお二人の共同作業ですってかー」とキコキコ進む空しい自転車に、愛のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



前半戦を適当に振り返る・1

未分類
07 /19 2012
オールスターブレーク!(ブレイク、なのか?)

の合間に、前半戦を振り返ろう、と思って、自分の書いた記事をザーッと読み返してたら、なんとまあ。

こんな頭がフルスロットルなテンションで毎日毎日よく記事かいてるなあ・・・と別の意味で感心しました。

そしてまとめて読むと、ものすごい疲れます。よく会社の宴会で酔っ払って独演会やってる人の話を、「まだしゃべるのかな・・・・」と思いながら、真横で聞いてるみたいだ。(うつろな目で)
それにしても何と言うかもうちょっと、知性あふれる文章を書きたい、と願うものではありますが、あいにくとあふれるほどの知性の持ち合わせがないので、無理なのでした。ない袖は振れません。


去年の今頃は、貯金が20以上あって、それで首位折り返しで、3位とは10ゲーム以上差がついてて、「パは2強4弱」などとささやかれていました。
道新のスポーツ欄に書いてありましたけど、去年のAS前でダルは13勝してたんですね。
そうそう、「このペースでは25勝くらいするんじゃないか」とささやかれていたものです。
それを考えると、チームの勝ち頭が吉川で現在7勝ということを考えると・・・頑張ってる!大いに頑張ってる!
・・・というか、チームの勝ち頭が「吉川」である、というこの事実に胸が熱くなるではないですか。
今年、光夫がブレイクしたのは本当に大きい。光夫の覚醒がなかったら、たぶんチームはこの位置にはいないでしょう。
10勝+を期待できたケッペルさんが離脱した事を考えたら、それでも本当にと頑張ってるよ・・・。
勝さんは6勝だけど、ほんとはあと1,2勝できてる試合もあったよなあ。
そして佑樹。前半戦で去年と同じ勝ち数6勝を願ったけど、ならず。スタートダッシュは本当に良くて期待も後半は伸び悩み。あと一枚皮をぶち破ればいけそうな気がするんだけどなあ。
光夫が苦しんだ末に今年開眼したように、佑樹も見違えるような活躍を期待したい・・・。


後半、リリーフが苦しくなってくる(後半どころか前半終了間際でもやばそうだった)ことを考えると、
やっぱいイニングを投げれる投手がほしいよお・・・・
・・・・ということで、補強。

◎ダスティン・モルケン選手と契約合意
新しい投手がやってきますね。ダスティン・モルケン。モルケン。マエケン、みたいで名前はなかなかよろしい。
メジャー経験はなく、マイナーリーグ通算防御率が4.96。そして人柄が大変に良い、とスカウトが絶賛しております。お見合いにおける「本当に、良いお人柄なのよ~~~(だから他の事は多少目をつぶれ)」だったら困るなあですが、まあ、お人柄は悪いよりいいほうが絶対にいいです。
先発じゃなく、中継候補なのね・・・。ま、備えあれば憂いなし、と昔から言いますし。


オールスター第一戦・・・今のトコあんまり見たいって気はしないのですが、結局は見るんだろうな~。
それで、記事とか書いちゃうのかなー。どうしようかなー。
・・・ええい、ハッキリしろ!とハリセン代わりのワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




【西武戦】勝利で・2位で・華麗にタンタカターン!

2012 ペナントレース
07 /17 2012
○日本ハム 3-1 西武●
(札幌ドーム)


何度か映像見たけど、どの辺がボークかよくわかんなかった・・・(静止してなかった?)


勝さん・・・・お誕生日に久しぶりに勝利にした勝さん・・・・

ここは2連勝で気持ちよくオールスターブレークへ・・・!

でも・・・・勝さんといえば無援護、無援護といえば勝さん・・・・・

今日の西武の先発は岸投手・・・・。

今のハムリンズに打てるかしら・・・・・


という、オーディエンスの心配をよそに、先頭賢介2ベース!鶴ちゃん送りバント!糸井犠牲フライ!


1点先制!


やればできるじゃーーーーん!


ま、贅沢言えばここでまた畳み掛けて欲しかったですが、1点どまり。


そして4回裏、2アウト1、3塁の追加点のチャンスを逃してしまい、5回表に1点追いつかれてしまう・・・。


ああああああ・・・・・
なんだかどこかで見たような展開・・・・・・
嫌な予感がするうううう・・・・・


が、5回裏こそ何事もなかったものの、6回裏。
フォアボールで賢介出塁。またまた鶴ちゃんがバントだったのだけど、これがピッチャーの目の前で小フライにー!Nooooooooー!


・・・だったけど、これを岸投手がワンバンで捕球・・・・するかなーーーー!?と読んでいたのか、野生の勘か賢介は迷わず2塁へ・・・送りバント結果オーライ。
そして嘉男が、これまたずいぶん難しそうな球をすくい上げてライト前タイムリー!勝ち越しぃぃぃぃー!


続く7回裏にも、2アウト1,2塁。賢介が叩いた球はあっさりセカンドゴロ・・・かと思われたら、救世主現る!
その名はホフパワー!
ホフさん、「ヘイ、球審!ボークなう!」とアピール・・・が認められて、2アウト2,3塁へ。
いや・・・ホフさんよく見てたわー。そして、よくアピールしてくれた。
何がボークだったのだか、よくわかんなかったけど、誰もそれに対して抗議しなかったところを見ると、ボークだったのだろう。
そして、賢介はきっちり打ち直して、ライト前タイムリー。これで3点目!2点リード!


勝さんは8回投げて・・・8回裏、ベンチ前でキャッチボールしてたので、もしや、完投?と私やテレビの実況を期待させたものの、久にスイッチ。
いや・・・・ここがもう完投と読んだ実況が「さあいよいよ武田勝が、前半戦最終戦の勝利をかけて~」という感じでめちゃくちゃ盛り上げたのに、そこでベンチに下がる勝さん。
「マウンドに・・・あ、あ、交代、交代ですね?」とトーンダウンの実況。あれ、恥ずかしかたろうなあ・・・・。


そして、久。


実況「2番から始まります。秋山、ヘルマン、中島・・・・そして中村も控えてますから、絶対にランナーは貯められない状況ですからね~」


ショートゴロ1アウト!
ショートゴロ2アウト!
よしあと1人!よしいける!


バッター中島・・・・が、センター前ヒット!



あ゙あ゙ーーーーーー!

実況の人が余計なこというからーーーーーー!


ま、まだ・・・・2アウト1塁だし・・・


実況「ややこしくならないようにするにはここですよね」


バッターカーター・・・・・三遊間ーーーー!


あ゙あ゙あ゙あ゙ーーーーーー!
ややこしくなってきたーーー!



そしてバッター中村・・・(白目)


ここで1本出たら逆転される、この9回・・・・。魔の9回」・・・・。
そして中村、2球目をパオーーーーーンとレフトへ・・・・!


ぎゃああああああああ・・・・・・!!!



・・・・・ファウル!ファウル!ファウルーーーーー!


ああああああ!ハムファンを悶絶させるおかわり君。


お願い久頑張って・・・・!
お願い久、ここで1発食らうのだけは勘弁して・・・・!
勝さんのこのピッチングで逆転負けとか、そういうストーリーはいらんから!


もう、なんで余裕で2アウトとってからこんな目に・・・・とファンを涙目にさせておいて、抑えたー!という喜びポイント2倍にしよう作戦!?そんなスタンプカードいらんから!


と・・・心臓ばくばくさせながら見てると、またパコーーーーーン!とおかわり君が今度はライトへ打ち上げて、これはファウルゾーンぎりぎり。嘉男が追いかける。
取って嘉男!例えスタンドの中に入りそうでも3メートルくらい手を伸ばして、いいや、フェンスを垂直に駆け上がっても、取って!嘉男ならできる!


これ以上、見ていられないのよーーーー!



という、こちらの気持ちが伝わったか、嘉男はフェンス際ぎりっぎりでボールを捕球。


勝ったよ・・・・・・・・


結果的には抑えればいいので、久の投球についてどうこう言うつもりはないですが、いやーでも言っちゃう~。
久ー。


暑かったけど、涼しくなったよ!ありがとう!!


・・・てなわけで、最終戦勝ちました。勝さんにも勝ちがついて6勝目。
嘉男さんはオールスターで暴れてくるそうです。怪我しないでな。




パソコンにくっつけてる外付けの小型スピーカーの右側から音が出なくなって、はや1年。
もうすっかりあきらめてたのに、ジジジジッ!といった後に、音が出始めた。
なんだろう、もう買い換えようかなーという気持ちが伝わったのか・・・?
接触不良を優良にするワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




【西武戦】試練の炎は9回裏を焼き尽くす!・・・の巻。

2012 ペナントレース
07 /16 2012
日本ハム 2-2 西武(9回規定により引き分け)
(札幌ドーム)

引き分けですが、実質「負け」。よくも悪くも今のファイターズらしさ全開の試合。

ファイターズらしさとは・・・・

肝心のところで打てない!
肝心のところで抑えられない!
肝心のところで追いつかれて、
肝心のところで勝機をのがす!


北海道日本ハムファイターズ座:演目「肝心帳」。

いよ~~~~~~~~!(ポン)


こちらの得点は初回、ゲッツー崩れの間の1点。
(その後1,3塁のチャンスで追加点ならず)

5回、相手失策(暴投)からの1点。


野球の関所で関守が言ったのです。

「その方ら、タイムリー打たずに勝とうなんて甘い」


立ち尽くすハム一行に関守は言いました。


「この関所、ただでは通さぬ」


お膳立ては整いました。
9回裏、稲葉さんがヒット!
陽さんが敬遠!
飯山バンド、相手失策で、ノーアウト満塁!


「さあ、タイムリーを打ってこの関所を通ってみろ!
この際犠飛でも許す!
貴様たちが真の戦士なら、
ここでサヨナラにできるはずだ!」



さあ!(からぶりさんしーん)


さあ!!(せかんどごろ本塁ふぉーすあうとー)


さあ!!!(さーどごろ げーむせっーーと)




引っ立ていいいいいい!!!!!



・・・まあ・・・・これが今のハム、嘘偽りのないハム、そんなところでしょう。
初回の好機で1点どまり、サヨナラのチャンスをモノにできず・・・チーム力がやっぱり落ちてるなあ・・・。


とはいえ、ここまで3勝2敗2分・・・・・・

「8連戦が始まる前に「今のチーム状態なら、4勝3敗1分か3勝3敗2分なら上々」と書いたのは誰ですか!手を挙げなさい!」


はい、私です。


「じゃあ、明日勝っても負けても大体予想通りじゃないですか。文句を言う筋合いではありません」


・・・・凄!


(当たっても何にも出ませんけど)


あ!今日先発のチビタニくん!ナイピーでしたよ!ごめんね付け足しみたいで。でも3回までノーヒットだったし、5回はちょっとばてちゃったかな?だったけど、初先発であれだけゲームを作れたら文句なしです。
勝ちを逃しちゃったけど・・・。
宮西、久もナイスピッチ。増井はねえ、見てるこっちが「増井ヤバいんじゃないの?」と思うと神になり、「増井は最近調子いいから大丈夫!」と思うと1人芝居の幕が上がるという(苦笑)
まあ、もうすぐオールスター休暇だし、今日の事は忘れてリフレッシュしてくれい。キレキレになって戻って来るんだぞ。(いや、明日また登板あるかも知らんが)



それで今日は札幌ドームだったのです。翔くんデーだったのです。
祝日は道が混んでいるということを失念!祝日はたくさんお客さんが来るかもということを失念!
巾着、終わりました、でした。OMG-!
背番号6でナインプラスなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




【楽天戦】轟沈。

2012 ペナントレース
07 /15 2012
●日本ハム 0-5 楽天○
(Kスタ宮城)

<総員、持ち場を離れるべからず!>

「で、この潜水艦だが」

「え、ここは潜水艦という設定だったのでありますか!」

「そうだ、潜水艦F-212号「艦名:ハム」だ。話さなかったか」

「知りませんでした。というか、こんな最終回になって設定を公表されても当惑するだけであります」

「そうか、とにもかくにも大事な話だ。この潜水艦は、浮上できない」

「・・・・・・・」

「浮上できんのだ!最初の一発は持ちこたえたが、もたもたしてるうちに、横っ腹に4発食らって、浮上できなくなってしまった!救いはまだ完全に沈んではいないということだが・・・」

「・・・・・・・」

「とりあえず進路をサッポロに向けろ。浮上はしないが、進む事は可能だからな」

「酸素の残量が気になるのですが」

「とりあえず、16日の試合終了までは大丈夫だ。札幌ドームで行われる西武戦に、我々の運命はかかっている!我々と運命を共にするファイターズファンが息をするためには、まずバッテリーの充電が必要だ。そしてそれには白星がいる・・・今日の戦況を聞いたかね、副長」

「途中までは。初回にいきなり先制されるものの、ウルフが大嫌いな雨の中立ち直り、一生懸命に投げ続けます。打線は、何回も何回もチャンスをつくりながら、ただの一度も得点できず!特に昨日の殊勲者、杉谷がヒットと盗塁でノーアウト2塁。ここから!3・4・5番が凡退!ノーアウト2塁ですよ!?バントで進塁、犠牲フライでも1点入るじゃありませんか!」

「おい、興奮するな、酸素が減る。さすがにクリーンナップにバントは消極的だと思ったのかもしれん」

「お言葉ですが、クリーンナップとは“塁を一掃する”という意味からクリーンナップと呼ぶのです。ウィキペディアにそう書いてありました。一掃どころかランナーは付け合せのパセリみたいにそこにずっと残ったままじゃないですか!かわいそうに・・・・パセリなら洗ってまた次の皿に使えますが、ランナーは使えません」

「君はいつもどういう店で食事をしているのだ・・・・それはともかく、それでその後はどうなった」

「よくわかりません。当直が“もうこんなの見ていられない!俺は忙しい”と言い捨ててどこかへ行ってしまいました。まあ、艦内のどこかにはいるでしょう」

「・・・・いいのかそれで。で、結果は?」

「記録を見る限りではその直後に4失点、0-5で敗戦となりましが、それがどうしたという話です。継投がどうとか色々あるでしょうが、見てないのでなんとも言えません。どっちにしろ、1点も取れなかったということが敗因です。仮に6回を0点に抑えてたとしても、0-1で負けてたと思います。今日の打線は3日くらい放置したせんべいみたいにしけてました。三者連続本塁打が遠い夢花火のように感じます・・・あれは・・・あれは真夏の夜の夢だったのか・・・」

「そうか・・・・いい夢の次は悪夢なんだな。帳尻が合うようにできているものだ。しかし明日、我々は浮上できるのだろうか」

「稲葉が帰ってきてスタメンはどうなるかわかりませんが、今日も見せ場を作ろうと努力した、杉谷は外さないで欲しいものです。活躍して次の日スタメン落ちでは士気に関わります。」

「まあ、そうだが・・・あ、停電」

「あ、電気が。まずいバッテリーが上がりましたか。ライトつけっぱなしにしてたかなー」

「乗用車じゃないんだぞ・・・おーい予備電源に切り替えろー・・・・薄暗いな、わびしいぞ。このまま札幌ドームへ向かうのか・・・白星でバッテリーが充電できればいいのだが・・・・」

・・・・F-212「ハム号」の運命はいかに。



電池が必要になって、よく行くコンビニで買った。普段は利用されてないと思しきその棚。
ほこりだらけのトランプ、ほこりだらけのカメラのフィルム、ほこりだらけの電卓、そしてほこりだらけの電池。
わー・・・。ほこりだらけでひっそりと息づくデッドストックに、誇り高いワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【楽天戦】眼下の敵を撃ち、何とか上昇せよ!

2012 ペナントレース
07 /15 2012
○日本ハム 2-1 楽天●
(Kスタ宮城)

<総員配置ニツケ!>

「という訳で・・・いやあ見事でした」

「まったくだ。3時間半引き分けかと思ったが、延長10回・・・よくやったものだ」

「いいところで打ちましたね」

「ああ。2アウトからの逆転打でサヨナラだ。今成も頑張っているな、良かったじゃないか」

「・・・・・。今成はもう、うちのチームにはおりませんが・・・」

「なんだ!阪神の話じゃないのか!」

「なぜここで阪神の話ですか!今日のファイターズの話がしたいのであります!」

「なんだそうか。さっきまでNHK-BSで阪神戦を観ていたのだ。今成がタイムリーを打っていた・・・あれほど打撃のいい捕手を、よくわがチームはトレードに出したものだ・・・」

「まあ、二軍でくすぶってるよりは、トレードでも一軍で使ってもらえたほうが本人はうれしいでしょう。縦縞がずいぶんさまになって来ていました。それはさておき、今日の戦況です」

「うむ。みつお號は昨日ぴかぴかに磨いた甲斐があったな。1失点はいたものの、後はよく抑えた。8回はやばそうだったが、よく粘った。8回131球・・・サビ残気味だが、よく投げてくれた」

「しかし勝ちがついておりません。あれだけのピッチングをして、白星という現物支給がないのは気の毒であります」

「要するにみつおは次のステージに来たと言うわけだ」

「といいますと?」

好投しても勝ちがつかないステージだ!ここでは忍耐力と精神力を養うことになる。しかしこのステージをクリアすれば、エースの称号を手に入れられる。武田勝のようにな・・・」

「みつおは一段階上に来た・・・そう考えてもよろしいので?」

「そういうことだ。さて打撃のほうはどうであったか」

「はい。ヒットが出なかったわけではなく、2回、7回を除けば、各イニングごとに1本はヒットが出ておりました。しかし、後続が」

「みなまで言うな。毎度毎度ファイターズ、この回ヒットは出ましたが後続が打ち取られました。いぜん1-0、イ-グルスがリードを続けています・・・というあれだろう。」

「さようであります、どうでもいいことですが、イニングの合間合間にずっと言われてると、「見てたからわかってるわ!」と逆切れしたくなりますが、それも8回まで。この回、鶴岡と代打の二岡が2アウトを稼いでしまいますが、白眉はここからです。まず、賢介が四球で出塁、その後にさっと盗塁です。この一連の攻撃が効きました。ここで2番、今日はスタメンの杉谷拳士です」

「稲葉の代わりだな」

「そうです。あ、稲葉は打撲とのことで大事には至りませんでした。今日もスタメンこそ外れましたが、ベンチに座って確か福良ヘッドとなにかしゃべっているのをみましたが、すでに監督みたいな雰囲気でありました。ま、それはともかく!杉谷が同点タイムリーを放ったのであります!」

「いいぞ、若ハム!あいつの元気が必ず役に立つ日が来ると、私は信じていた!・・・が、映像を見ると、本塁に帰ってきた田中は、タイミング的には余裕のよっちゃんでアウトだな」

「相手の捕手がボールを逸らしたのが、こちらにとっては幸いでした。とにもかくにもこれで同点!8回のほぼ土壇場で同点です。こちらは9回表は増井を投入、危なげなく3アウトを取ります」

「増井は本来の調子に戻ったか。最後の見逃三振がクールだな」

「そして延長戦へ突入です。こちらはここで負けたら2位防衛ラインを割り込みますから、もう必死。鶴岡が絶妙なゴロゴロヒット、続く中島の送りバントで1アウト2塁。ここで田中が空振三振2アウト。そして、
次が杉谷です!」

「同点タイムリーを放ち、期待が持てるところだが、もしかして今日のぶんはもう残ってないかも、と一抹の不安がたなびくな」

「しかし!ですが!なんと!この杉谷が2球目を見事にライト前に弾き返したのであります!これで鶴岡が返って勝ち越し!10回表に勝ち越し、さあ後は抑えるだけ!」

「最終兵器:守護神武田久投入だな」

「はい。しかし、この試合、すべての得点が2アウトまでは取ってから、という変なセオリーがあるらしく、ここで2アウト1,2塁です」

「セオリー通りならサヨナラフラグだな」

「そうであります。しかし、最後の打者の打球は大きくレフトとセンター間へ上がりました!この微妙なところ、そしてまたしても杉谷です!この打球を杉谷がぴょんとジャンプして好捕、これで3アウトです」

「すばらしいな。もう7月14日は杉谷の日ということにして、いいんじゃないのか」

「それはともかく、杉谷の姿からは目標を持ち、常に意識を維持していくのが大事か、ということを学ぶことができます。とにかく今日の勝利で、2位防衛ラインは維持、敵を退けました」

「今日のところはな。このカードは互いに1勝1敗か・・・次が勝負だな。今日の試合から他になにかあるか」

「はい。今日は両チームとも2アウトから失点をしていました。
家に着くまでが遠足、3アウトを取るまでが野球です」

「当たり前すぎてつまらない」

「いいえ、基本に忠実、これが大事というものです。明日はウルフです。苦手なお外ですが、デカイ体で細かいことを気にするな、と伝えておきます」



みなで阪神戦を(なぜか)観ていたら、78歳の伯母が一言。「ほれ観てごらん!いや~あんな真剣な顔してるよ!」・・・・いやいやそれが普通だから・・・・。
ちなみに、札Dで勝さんが勝てたのは私が見に行ったからだ、と豪語していました。
自称:勝利の女神(78)に心温まるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




【楽天戦】眼下の敵に撃沈。

2012 ペナントレース
07 /13 2012
●日本ハム 1-5 楽天○
(Kスタ宮城)

<指令:仙台港ヘ進路ヲ取レ。シカルノチ上陸作戦ヲ敢行ス>

「という訳ですが、見事に返り討ちにあいました」

「敵は雨だな。昨日、仙台の試合が雨で中止にならなければ、今日の楽天の先発は田中ではなかったのだ」

「そうであります。戦況を報告いたしますか?」

「聞きたくないが、とりあえず聞こう。まず、うちの斎藤は6回5失点か。これでは敗戦もやむなしだ」

「しかし全体では7安打なのです。多いといえば多いですが、こんなもんです。ただし、四死球が7。これが戦火を拡大させた要因の一つであります」

「一つというよりそれで全部だと言う気がする。守りの時間が長い、そして攻撃はあっという間に田中に抑えられる。リズムが悪いな」

「田中は調子がイマイチで11奪三振とかであります。ランナーが出ても、後は抑えればそれでいい、という自信たっぷりでありました。そしてまたこちらがあの落ちるボールをぶんぶん振ってくるものですから、彼にしてみればランナーの一人や二人いたところで、だからなんだ、といったところです」

「さすがだな。うちの斎藤がランナー出すと、2アウト1塁でもとんでもないピンチを招いた気になるのとは対照的だ」

「加えて、例えば田中はボール球を投げても、それは組み立て上必要があってのボール球という感じです。その後は必ず決め球で三振を取る。斎藤のボール球は単にストライクが入らないだけ、という感じに見えるのです。それで見送られて四球です。この差は大きいかと」

「今日は見どころなしか」

「そう言ってしまうと身も蓋もありません。近藤捕手はプロ初スタメン、小谷野とホフパワーが何気に猛打賞、などまあ、それなりにありました」

「しかし、よく今日の試合で近藤をスタメンで起用したものだ。今日負けたら0.5ゲーム差、どういう試合かは栗山司令がよくわかっているだろうに」

「勝てば官軍、栗山マジック!といったところです。今日は不発でしたが、まあおっしゃるように、今日の相手が田中じゃなかったらねーというところです。まあ1点取りましたし」

「しかし田中からではないだろう。そうだ!稲葉はどうしたのだ!流れ弾に当たったらしいが」

「まだ連絡はきておりません。大したことがないといいのですが。こんな試合で怪我でもしたら踏んだり蹴ったりです。しかも5点ビハインドの9回ですよ、冗談ではありません」

「まあ向こうにしてもわざとやった訳ではなかろう。しかしたった2球で降板とは何しに出てきたんだか」

「しかしそのランナーが返って、1点取ったのですから痛し痒しです」

「絶妙に微妙な追い上げだな。明日に繋がるといいたいところだが、これでは橋の替わりに割り箸を1本かけたようなものだ」

「割り箸もないよりはマシでしょう。割り箸が見つからず、赤いきつねをフォークで食べたのは苦い思い出です。食べにくいといったらありゃしません」

「それはともかく、敗北から何も学ばないのでは進歩もない。どうだ?」

「とりあえず、田中将大には歯が立たないという事はわかりました」

「身も蓋もなさ過ぎだ。モラールに関わる」

「DEナイトからの情報によると、佑ちゃんは夜空を見上げて、しばし無言だったそうです」

「それを聞くと責める気は失せるな。いわゆる無茶振りをしてるんじゃないかと気になってしまう」

「まあ今日は相手が悪かったって事で」

「しまりのない結論だな・・・とりあえず、損害を速やかに修復し、明日の攻撃に備える。吉川號をよく磨いておけ。今日がこれだった以上、明日にかかっている。稲葉がなんともなければいいのだがな・・・」



最近になって気がついたこと・・・「あ、もうガソリン入れなきゃ」という日は必ず多田野さんの登板の日に当たっている。急に親しみを感じるよ、多田野っち!
多田野ボール満タンなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【ロッテ戦】冷たい雨に打て、約束の3発を!

2012 ペナントレース
07 /13 2012
○日本ハム 7-2 ロッテ●
(札幌ドーム)

昨日は一体なんだったんだろう・・・・・。

そう、見ていた誰もが「昨日のは一体なんだったのか」と首を傾げたくなる展開。
札幌ドーム、そしてテレビ・ラジオの前の全国のファイターズファンの皆さんのうち、99%までの人(当社予測)がつぶやいたに違いない、この言葉。

「そのうちの1本、昨日打ってくれれば・・・・」


昨日の、うっぷん晴らしか、そうなのか?まあ、何でもいい!とにかく!


詰まった鼻の通りがいっぺんに良くなったような
この爽快感!

(なんつー例え)

それは例えて言えば、フリスクの一番強烈なのをまとめて放り込んだ時とか、
アンメルツヨコ●コを凝り固まった肩に塗りたくった時とか、
お手手きれいジェルのようなものをこすりこんだ後に手に傷があったことに気がついた時などの、


効いたぜ、Babyーーーーー!


・・・な、そんな展開。
うう、鼻にツーンと来るのは涙ではなくわさびです。


試合としてはまず1本目、いきなり稲葉さんが3ランで先制、これで見てるほうは気持ちが楽になりました。
もちろん、この時は「この世に絶対とセーフティリードはない」というPTSDに支配されていたので、全く油断していませんでした。
そして3回には満塁のチャンスから得点できず、4回は3凡に終わる。むむう、渡辺投手調子を上げてきたか?
今日の八木さんは、初回から苦しいやぎさん。ほとんどのイニングをランナーを背負っている状態。
3点先制直後に1点返され、3-1のまま試合は中盤・・・・。


で、ここでなぜか突如スイッチが入ったハム三兄弟。
まずは末の弟が、「さっきのヒットじゃ食べたりないよー」と
10号2ラン、いただきまーーーーす!


そして一番上のお兄さんが、「さっき食べたけど、おかわりあるから」と
8号ソロ、おかわりでーーーーーーす!



そして二番目の兄弟の中では一番チャラい二番目のお兄さんが、「締めはスイーツだよねー」と、
5号ソロ、デザートでーーーーーーす!


もう別腹まで一杯、頬袋も満タンです。ありがとう、本塁打三兄弟!サンキューでーす、三兄弟。


(ここで外国から来たお兄さんも俺にも食後のコーヒー一発!と、狙いましが、センターフライでした・笑)



左と右、おまけに真ん中と3方向に打ち分けて、今日はアッパレ。
殿様だったら「見事な槍働きであった!」褒美をつかわすところですが、あいにく殿様ではないので、
「すごーーーーい!素敵ーーーー!惚れるわーーーー!」と賛辞を送るにとどまります。本人たちがうれしいかどうかはともかく。(枯れ木も山の賑わいというではありませんか)


と、チームとしては12年ぶりになる「三者連続本塁打」で、あとのことはちと、かすみ気味。
八木さんは8回2失点ですが、ほとんどのイニングをランナーを背負っていて、ピッチングとしてはちょっと苦しんでいました。よく8回まで頑張ったと思います。


そして陰の殊勲賞は栗山監督でしょう。たぶんもう6回くらいで替えたかったと思うんですよ、2点差とかだったら替えたかなあ~と思います。でも栗山監督も踏ん張って八木さんを8回までひっぱりました。
9回は矢貫さんが出てきて、ヒット1本許したものの後はクールに抑えて、ゲームセット。


いい試合だった・・・・・!本当に・・・!


心からそう言える・・・・!
それにしても・・・・なぜロッテ相手だとこういう試合ができるのか・・・相性だけでは言い尽くせぬ、何かがあるのでは・・・・前世で何か因縁があったとか、そういう話ですか(違うよ)


やっとカード勝ち越し、2勝1分。よいよい、予は満足じゃ。
そして次のカード、楽天戦の初戦は、まさに因縁の二人、「斎藤vs田中」@仙台。
今度は2位3位対決で、こっちもシビアな試合になりますが、佑樹・・・・・・。


勇気だぜ、佑樹!このカード、You Keymanだぜー!
(でかい字で言うほどの駄洒落ではないが・・・)


あーそうそう、タイトルは「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」というかっちょいい香港映画のパクリです。



「けんもほろほろ」と言われたのです。
「本当にね、けんもほろほろの対応だったのよ!ああいうのをけんもほろほろって言うのよ!」
違・・そういうのを「けんもほろろ」って言うのよ・・・だけど言えずに唇かみ締めて頷くしかありません。
ほろほろっと柔らかく煮込んだワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




【ロッテ戦】000000000000。ゼロの商店。

2012 ペナントレース
07 /11 2012
日本ハム 0-0 ロッテ延長12回(!)規定により引き分け)
(札幌ドーム)


「まあ・・・話が弾んで長くなったわね」
「あら・・・ホント。コーヒー一杯で粘っちゃった。もうカップが空っぽよ~おほほほほ」
「ほほほ、じゃあ、もうそろそろお開きにしましょ?・・・じゃ、ここは私が」
「あらダメよ!かもめの奥さん!今日は私が」
「あ~ら、いけないわハムの奥さん!」
「だめよ私が」
「だめよ私が」
「・・・・・・」「・・・・・・」
「私が払うって言ってるじゃない!かもめの奥さん!」
「くっ!そこをどいて!・・・くらえ、10回表四球を二つももらって無得点アターック!
「ふん!脇が甘い!三者凡退レシーブ!
「まだまだぁ!11回表本塁憤死アタック!
「それくらい何よ!11回裏1アウト満塁浅いフライ&あの打球が抜けてたらサヨナラだったのにレシーブ!
「くそーーーー!ここは私が払うって言ってるのに、奥さんしつこいわね!」
「それはこっちの台詞よ、あんたこそしつこい!さっさとあきらめな!」
「あの・・・スイマセン、もうそろそろ9時半、閉店の時間なんですけど」
「うるさい!さあ、行くわよ・・・!最後の攻撃!12回表あっという間に3凡アターーーック!
「つまらん!ホームランだと思ったのにファアルだ畜生、あっけない幕切れレシーブ!
「・・・・・・はあはあ」「・・・・・・はあはあ」
「やるわね、ハムの奥さん・・・・」
「あなたもね、かもめの奥さん・・・・」
「とりあえず今日は割勘にしない?
「痛み分けね、悔しいけど仕方ないわ・・・。あのーすいませーん。お会計1人ずつお願いしまーす」


・・・とまあ、両チームとも途中から死闘モード。壮絶な譲り合いの末、なんと12回もやってスコアレスドロー。
0-0引き分けって、サッカーかい。
しかし、誰が今日の試合、こんな鬼のような投手戦になると予想しただろうか、いや、誰も。


多田野っちは良かったんですよ!鶴ちゃんのリードも良かったか、何と8回3安打無失点のウルトラ好投。
ここまでやって勝ちがつかないとは気の毒すぎ。
ロッテの小野投手も、序盤は多少つけいるスキがあるかな?という感じだったのですが、こちらがもたもたと攻めあぐねているうちに調子を上げてきて、彼もまた8回4安打無失点のウルトラ好投だったのです。


三遊間の抜けそうなあたりを西川がナイスキャッチ!や、翔くんレフトからレーザービーム返球で本塁死守!など守備では素晴らしい見せ場がありました。
翔くんの返球は本当にすごかったです。ドンピシャで鶴ちゃんのグラブに収まりました。ちょっとでもそれたら決勝点を許してたかもしれません。
その次の回に翔くんの打順が回ってきたので、「ここで~~~サヨナラ~~~本塁打~~~」と念には念を入れて念を送ってみたのですが、ロッテファンも同じくらい「ここは~~~何としても~~~抑えろ~~~」と念を送っていたらしく、念同士が相殺されたようですね。より強く精神集中できるよう、精進します。


とまあ、正直、
どっちも同じくらい強いのかどっちも同じくらい弱いのか判断に苦しむ試合。12イニングもやって、お互い1点も取れないなんて・・・・本塁への道は1イニングにならず、といったところですか。
どっちも「あそこがこうだったら勝てたのになあ・・・・」と思うような試合でしたね。
10回から12回にかけて出てきたピッチャーは、もう勝ち負けというより、

「ここで戦犯にはなりたくない」

の一心だったでしょうか。


勝ちに等しいか負けに等しいかとか言い出すときりがないので、引き分けは引き分けということで。
でもさー、延長になってからはもうギリギリだったけど、踏ん張ったよねー。あそこで0で踏ん張れるのは、チーム状態前より良くなってない?確かに宮西と久はギリギリだったけど、でも踏みとどまったし。
(あと・・・今日のストライクゾーンって謎ゾーンな気が・・・・)
1週間前だったら、最後に崩れてた可能性あったので、ここは12回踏ん張ったことに敬意を表したい。


あーでも、稲葉さんのフライがもうちょっと深かったら・・・・
陽さんのライナーがも少しずれて抜けてたら・・・・・・・・・・
ホフさんの特大ファアルがもちょっと左に飛んでたら・・・・
・・・・・いえいえ。

「タラレバー」の提供は禁止となっております。
まことに申し訳ありませんが、気を取り直してご来店のほど、よろしくお願いします。




今日の裏見どころは多田野ボールに思わず苦笑いのサトさんじゃないですか?(しかも打ってた)
なんだかあの時、里崎さんがキュートに見えました。困るわ~~~(何が)
・・・で、今日は何のオチもないのですが、キュートなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【ロッテ戦】誕生日勝利だ!全員集合!

2012 ペナントレース
07 /11 2012
○日本ハム 5-1 ロッテ●
(札幌ドーム)

誰か!

私の頬をぶって!さあ思いっきり!(バチコーン!)


痛ーーーー!!!


・・・・ゆ、夢じゃなああああああーーーーーい!


ハッピーバースデーですよ。
そして盆と正月と、よさこいソーランと雪祭り、夏のバーゲンと冬のバーゲンが同時に来たような熱狂が!
札幌ドームを包んだのでありました。あのエネルギーをを何とかして発電に利用できないものか。


<指令:幕張方面ヨリ襲来スル鴎軍ヲ迎撃セヨ>

「では報告せよ」

「はっ。鴎軍の先頭は成瀬、こちらは武田勝で迎え撃ちました。まずは水際で敵の上陸を防ぐために万全の態勢で挑みましたが、4回の表に1点を先取されてしまいました。さすがはサブローーーーーーではあります」

「が、よく1点で踏みとどまったものだ」

「まさにそこが次の攻撃への布石だったかと思われます。1点だけなら追いつける、彼らが我々より1点取ったように、我々もまた1点取る機会はあるであろう、と希望はありました。そして事実そのとおり、その直後の回でなんと!驚いたことに!杉谷が安打を放ったのであります!」

「杉谷はこのところ良い感じであるな」

「は、やはり1軍定着を目指す若手の気合には並々ならぬものがあります。そして!2アウトから!陽岱鋼、鶴岡の2連続タイムリーで2点奪取、あっという間に逆転であります!」

「糸井と中田は何をやっていたのだ、と聞かぬほうが良いのだろうな」

「まあ、そういうこともあります。しかし中田はこの後、イグチーーーのあわや3塁打というあたりをジャンプ一番ナイスキャッチで大いに味方を沸かせました。あの好捕は4安打くらいの価値がありました」

「ふむ。しかし、鶴岡の打撃は大したものだな、裏4番と言っても良いほどだ」

「今日は1年に1回と言われるバッテリーを組んでも好リードです。殊勲賞の検討を。そして今日は1年に1回と言われる珍しいことがありました」

「何かね」

武田勝が三振取って吠えたのです」

「並々ならぬものがあるな。内心期するものがあったのだろう・・・」

「4月29日以来勝ち星がつかず、今日はお誕生日登板。期するものがなかったらウソというものでしょう。とにもかくにも、今日の武田勝のピッチングはすさまじい気迫でした。見た目はいつもと同じ無表情ですが、見てると毛穴から気迫がにじみ出ているかのようです。先ほどの中田の好プレー、さりげない金子誠のナイスプレーもあり、鴎軍には4回以降、一点も与えずいよいよ8回。こちらは代打:二岡で盛り上がりつつも結局は1点差のまま、勝ち投手の権利をキープして武田勝が登板。これは完投か、と思いきや」

「継投だったのだな」

「そうであります。1アウトから安打を許し1アウト1塁になったところで、降板でした。ベンチから栗山監督が出てきた時のあのなんともいえぬムードは、なんともいえません。武田はヒットを打たれたとは言え、どちらかというと足の速いオカダーーーの勝ちというような安打でした。この回くらいは武田で行くべきだろう・・・・というオーラが立ち込めておりました

「で、誰が出てきたのだ」

「増井です」

「・・・・オーディエンスの反応は?」

「正直申し上げまして芳しくはありませんでした。点差はたったの1点。ここ最近の増井を考えると若干不安をぬぐいきれないというのが本音でしょう。この采配に首を傾げるものが多かったのも事実です」

「1点リードで、1アウトランナー1塁からの登板・・・確かにここ数試合の結果を鑑みるなら所謂“フラグが立った状態”というわけだ」

「左様であります。が、しかし!この増井が、1塁ランナーの岡田を牽制殺!そしてバッターボックスの根元を三振に斬って取ったのです!ここで、やはりオーディエンスから大技が出ました!」

「あれかね?」

「そうです。“必殺:手のひら返し”です。さっき、増井がコールされた時、「えー」とかいったのがウソのように、“まっすー!サイコー!”“まっすー!神ー!”でありました」

「君もかね?」

「率直に言えば、そうであります。慙愧の念に耐えません。自分が浅はかでありました」

「まあいい。それで、8回の裏だが」

「はい。敵はナルセーーーを降板させマスダーーーを登板させました。あとは9回を抑えれば良いだけとは言え、1点で良いから追加点が欲しい場面です。まず先頭の代打:西川が四球で出塁。そしてやっとこさっとこ!糸井がヒットを放ちノーアウト1,2塁。が、続く中田がゲッツーで一気に2アウト3塁です」

「・・・・記録を見るとこの回で3点取ってるな。その状態からどうやって3得点したのだ」

「まさに、野球は2アウトからです。続く稲葉がカウントが悪くなってから敬遠気味の四球で、2アウト1,3塁でバッターは陽岱鋼」

「・・・つまり、“サンキュ~でぇーす!”な状況だったのだな」

「さようであります。誰がここであんなものすごいことになると思うでしょうか。ここで陽がなんとなんとライト線いっぱいに3塁打を放ったのであります。フェアアアアアアアアーーーーーと叫び倒したのであります。西川と稲葉が帰って来て、陽が3塁に滑り込んだとき、相手の返球が見事に逸れたのです!そこで本塁を陥れて一気に3得点です。あんな、あんな美しい攻撃を見たのはいつ振りでしょうか、もう良い意味で阿鼻叫喚でありました!」

「つばを飛ばすでない、さぞ札幌ドームは沸騰してただろうな」

「まさに底から対流、炊飯器もびっくりというくらい、炊き上がっておりました。つやつやふっくらです」

「4点差なら安心してみていられるな」

「・・・でありますが、これが恐怖の4点差です。武田久のファーストストライクを見れば調子は上々でありましたが、とにかく最後の3アウトを取り、オーロラビジョンに「VICTORY」と表示されるまでは、応援スティックを握る手は汗でびっしょり、金色風船を膨らませる手が震えておりました。
あれほど切望した勝さんの白星が、いまここに!しかも今日は誕生日!

オーディエンスもそれがわかっているので、1球ストライクを取るごとに、日本シリーズ出場がかかってるのか、というくらい力が入るのであります」

「・・・・勝って良かったな」

「本当にその一言に尽きます。カード初戦を取りましたし、勝ち方も素晴らしかった。個人的に文句をつけるなら勝さんのバブルヘッドが当たらなかったことくらいであります」

「とにもかくにも水際作戦、第一波は無事に撃退した訳だ。だが明日も敵の攻撃があるだろう。どのように考える」

「明日考えてよろしいでしょうか。もう今日はあまりの嬉しさに頭が煮えております。それにもう午前2時であります。よいこも草木も眠る丑三つ時です。しかし今日は良い夢が見られそうであります・・・・」



・・・・という訳で、という訳でした。バブルヘッド当たらんかった・・・なのに、目の前の通路はバブルヘッドの箱を大事そうに抱えた人たちが幾人も通り過ぎる!前の席の人も当たってる!くーーーー(涙)
くじ運は20年ほど前、スーパーの福引で「1等:定山渓温泉ペア宿泊券」を当てたところで一生分を使い果たしたような気がします。
せめて気分だけでも「当たり」のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



浮上せよ!しかるのちに迎撃態勢を整えよ!

未分類
07 /09 2012
「やっほ~!はむこちゃ~ん!ねえ、待ち合わせ何時にする?」

「あ、むむこちゃん!待ち合わせ・・・って」

「え?札幌ドーム行くでしょ?・・・ねえ、この間の北海道祭りの時の帽子って、普段もかぶっていいもんなの?」

「むむこちゃん・・・ドーム行くの?この間、もうファンやめるみたいなこと言ってたのに」

「この前はどうかしてたわ」

「イージーなのね(野球のおばさんが言ったとおりだ・・・)」

「これが惚れた弱みって奴かしら。雨に濡れた子犬をハムと呼んだら切なくなったわ」

「なんだかフォークソングね」

「そんなことよりこのロッテ3連戦を皮切りにオールスター前最後の8連戦が始まるのよ。この8連戦をどういう風に後半戦への架け橋にするかがポイントよ」

「すごいわね、むむこちゃん。解説者みたい。それでむむこちゃんの一番良い架け橋設計図はどんなの?」

「ずばり8連勝よ」

「途端に嘘臭いわ」

「・・・と言いたいところだけど、深海魚にいきなり飛び魚になれというのもね。ここは手堅く最低でも
6勝2敗
で!」


「でも交流戦明け、これまで15試合で3勝10敗2分よ・・・」

「改めて聞くとしょぼいわね・・・交流戦2位ってなんだったのかしら」

「貯金も3つに減っちゃった」

「そこよ!いい?まずは一回目の正念場よ。ロッテ3連戦の次は楽天3連戦。今のハムを挟んでいるのがこの2チームよ」

「直接対決になるのね」

「そういうことよ。ここで両チームに負け越したらハムたちに明日はないわ。全勝しろとは言わないけど、せめて勝ち越し。そして今時点で3位から2.5ゲーム差で4位につけてる西武。最後の西武2連戦は2連勝する気で行かないと、オールスター明けのモチベーションにかかわるのよ!」

「むむこちゃんが試合をするわけじゃないのよ・・・」

「最低でも6勝2敗!これがあたしの考える架け橋よ!」

「・・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・。まあ高望みよね。今のチーム状況なら4勝3敗1分・・・3勝3敗2分くらいなら上々かしら・・・・」

「いきなりトーンダウンするのね」

「まあたった一日の中休みで劇的に状況が変化するとも思えないしね・・・実際のところは1勝7敗とかにならないことを祈るばかりよ・・・」

「でも対ロッテ戦は比較的ハムは得意としてるし・・・」

「それは交流戦前までの話よ。あたしはそのジンクスはあてにならないと思う。だからこそ!このロッテ戦の初戦が重要なのよ!ここを取るか落とすかでストーリーがぐっと変るわ!もっと言ってしまえば、
勝さんがバースデー登板でお立ち台
という流れが一番の架け橋よ!」


「結局結論はそこに行き着くのね・・・」

「ま、一回なんとなく言うだけににしておくわ。さあ、カツゲン買ってドームへGOよ」

ビール半額よ」

「この前からそればっかりね、はむこちゃん。札幌ドームの物販からの回し者?」

「野球のおばさんが“ビール売ってる若い子が健気でいいね”って。あれ1ヶ月やったら痩せるだろうなあって言ってた」

「その前にぎっくり腰になるわよ、あのおばさん・・・・」



キキ様あてのファックスが届いた。キキさん・・・・って誰?と聞いたら、FAXをじっと眺めて「・・・・・林さんじゃない?」と指摘され、笑われる。だって「木 木さま」って書いてんだよー。キキだよねえ?
キキ・・・「樹林」とかキキ「ララ」とかを思い浮かべつつ、嬉々としてワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【SB戦】あれさえなけりゃ・・・が多すぎる。

2012 ペナントレース
07 /08 2012
●日本ハム 5-8 ソフトバンク○
(札幌ドーム)

「はむこちゃん、誰を待ってるの?」
「いつもこの時間になったら野球のおばさんが来るんだけど、まだこないの」
「ふうん、今日の試合で寝込んでるんじゃないの?」
「・・・ところでむむこちゃん。その格好、どうしたの?なんでジャイアンツのTシャツ着てるの?」
「じゃじゃ~ん!私は今日から巨人ファンになりましたー!」
「ええっ!どうして!?」
「どうして?はむこちゃん、ここ最近のファイターズの試合を見てなんとも思わないわけ?」
「そりゃ、負けてるけど・・・」
「けど?けど何よ?あたし、もう弱い男にはうんざりなの。やっぱり男は強くなきゃね~」
「だってだって・・・でも今日は5点も取ったんだよ!ホフィだってホームラン打ったし」
「それで8点取られてりゃ世話ないわよ。2回表で一気に4点取られた時も呆れちゃったけどさあ、5回表ってなんなのよ。どう考えたって2アウトランナーなしから失点するほうが難しいのに、笑っちゃうわよ」
「だ、だって・・・」
「ホフィがホームラン打って、よーし2点差!行けるかも!と思わせておいて直後に3失点ってもうストーリーの意図がわからないわ。勝ちたいのか負けたいのか」
「勝ちたいに決まってるじゃない!9回裏に追い上げたのよ!2点取ったんだから!」
「あーはいはい、明日に繋がる攻撃って奴よね。繋がったの見たことないけど」
「むむこちゃん、どうして今日はそんなにイジワルなの?」
「報われない愛に嫌気がさしたのよ。ジャイアンツはいいわよ、強いんだから」
「明後日一緒にドームに行こうねって言ってたのに」
「さあどうかしら」
ビール半額なんだから」
「あたし子供だし」
「勝さんのお誕生日なんだよ。ローテでいくとお誕生日登板だよ。おめでとうしないの?」
「・・・・・・・」
「ねえ一緒に行こうよ。弱い時こそ応援するのが本当のファンだってライトスタンドのバファローズの人が前にボードあげてたよ・・・・」
「・・・・・・・」
「それにダルさんだって、選手のみんなは本当にあたしたちのことが好きだって・・・」
「・・・・わたし・・・・わたし・・・・もう、これ以上勝さんが傷つくところは見たくないんだもん!
うわ~~~~ん!
「あっ!待ってむむこちゃん!」
「うわ~~~ん!・・・ばかばかー!今日は勝つって信じてたのに・・・・
「むむこちゃ~~~~ん!」
「どうしたの?」
「あ、野球のおばさん。むむこちゃんが、ハムは弱いから、今日から巨人ファンになるって行っちゃったの・・・明後日、ドームに行こうねって言ってたのに」
「ははは。明日一日過ぎたら気分が変わって、何食わぬ顔で10日何時に待ち合わせするー?とか言ってくるよ」
「そうかなぁ。だって今日すごく怒ってたんだよ」
「怒るって事は愛があるってことだね。愛がなくなったら怒らない。愛の反対は無関心」
「そうなんだ・・・」
「♪捨ててしまえない、たかが愛~と中島みゆきも歌っているぞ」
「・・・う、うん・・・」
「ちょっと古いか・・・・」
「ねえ、野球のおばさん、あさって、勝てるといいね」
「そうだね・・・」



発散したいことを全部むむこちゃんに言わせてシラっとしている、野球のおばさんは憎い人ですね。
まあ、昨日よりずっとマシです。不条理映画みたいな昨日の試合よりは、活劇的面白さにはあふれてました。
ただ、不調時の悪いクセ、攻撃たんぱく質が時折分泌されてます。
ホークスの野球・・・とにかくファウルで粘る、ああいうのを何でしないの?と思うんです。
同じアウトでも10球粘るのと、初球でアウトじゃ多少ダメージが違うと思うのですが・・・。相手のファンが見て、「しつこかーーーー!」とイラつくぐらいの攻撃がちょうどいい!

投手陣は悪いツボにハマってますね・・・。とにかく、失点するときに大量失点になるのが痛すぎる。終盤は特に痛い。
今は先発で完投が計算できる人が誰もいないのがつらい。せめてケッペルさんがいればなあ・・・・。
投手陣はオースルターの間に休養と調整ができるんじゃないかな、というのがかすかな救い。
本音言うと全員でないで、調整してくれよ、と思っちゃうけど。

杉谷、西川のヤングメンが気を吐いているのが救いです。頑張れ、砂埃立てて頑張れ。



スニーカーソックスを買った。履いて3時間でつま先に穴があいた。
私の足指はそんなに凶悪なのだろうか・・・。
さらに尖らせればいざという時の武器になるかもしれないつま先に、クッションプリーズなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【SB戦】さて、あのニヤケ面に因縁かますのを誰にする。

2012 ペナントレース
07 /07 2012
●日本ハム 0-5 ソフトバンク○
(札幌ドーム)

この試合、パ・リーグTV(GAORA)を視聴した方なら聞かれたはず。
そう、解説の西山秀二氏。

私も武田翔太投手がたいしたピッチャーである事は早々にわかりましたが、あのマウンドでヘラヘラ笑っているのを不快に思ったクチです。
なんだありゃ?一球投げてはにやっ、アウトを取ってはにやっ、見逃し三振を取ってはうひゃひゃひゃ。
まあこちらが不利な状況だし、余計に鼻につくだけかねえ・・・と思っていたら、西山さんが3回裏で、

「こんだけね~投げて、照れ隠しかなんかわからんけど、にやけてるわけですから・・」

・・・とボソッといったのを聞いて、ああやっぱりあれはちょっとな、だったのね、と思ったのです。
その西山氏が、ついに5回裏でぶちキレたんですよ。そこでこんな風に言ったのです。

「まあ・・ただ日本ハムの選手も大人しいって言えば大人しいんですよね。あれだけ三振・・・まあ力あるピッチャーである事は認めますけどー、あれだけ三振取った後にね、マウンドで笑われてですね、僕らも現役の時経験ありましたけど、清原なんか向かって行きましたよピッチャーに!失礼だと!やっぱりねそれくらい誰かが脅しかけてもいいんですよ!ほんとに。あんだけヘラヘラ笑われて、バッターに失礼なんですよ!ほんとにあの三振取った後に笑うって言うのはね。そういうものに対してね、誰がぐっとやっていいんですよ、ほんとにね。清原なんか自分が三振した後にね、ピッチャーに笑われたら何だその態度って向かってましたよ!」


よーしお墨付きー!


・・・・まあ後でアナが「まあそのくらいの気持ちでってことですね」「まあそうですね」みたいにフォローしてましたが、いやいや時々声を裏返しながら語った西山氏の言葉は本物ですよ!


と、思って考えましたが、ファイターズの選手で「てめえこら、なんじゃそのツラなめとんのあー!」とバットぶん投げて突進して行きそうな人って・・・・いない・・・・。むー。


まあ清原が向かってきたら文句なしに怖い。そこで後継者との名高い中田翔はどうか、と思うけどまだ貫禄不足という気もする。
稲葉さんは絶対にそんな事はしなさそうだ。でも普段怒らない人がキレたときが怖いとはよく言う。そういう意味では、迫力がありそうだ。(同じ理由でマックも)
ホフさんもでかいから怒ったら迫力ありそうだけど、怒らないか。デトボ、怒らなかったもんな。
色々考えて、これはどうか、と思ったのは・・・・「嘉男が無表情でてくてくと近づいていき、無言で手招き」
ターミネーター的で怖い、と思う。(効き目があるかどうかは、わからない)


ま、高卒ルーキーの19歳だしそのくらい大目に見てやれよ、というのも意見だと思います。
相手チームからしたら気分のいいものではありませんが、味方なら「大物が来たぜ~見たか~?」とウキウキするものなのかもしれませんが。


で、試合ですけど、お話になりません。
「高卒ルーキー圧巻のマウンド」を献上してどうするよ。情けない・・・・。
正直、武田翔太投手のニヤニヤより苛立ったのは、いいようにあしらわれてる我が打線。6イニングでたったの1安打。(それどころか今日は全部で3安打しか出ていない)
確かに良いピッチャーでしょうよ。だけど、あんたたちだって何年も野球で飯を食ってるんだからさ~。


吉川は十分ゲームメイクしてると思います。今日も結果だけ見れば継投失敗ですが、どうせ1点も取れる気配すらなかったですから、0-2が0-5になったところで何がどうだというのか。みつおも森内も乾も気にすんな。


とにかくこんなダサイ負け方をするチームだったかと、ほとほとがっかりしております。
あんなにかっこよくて素敵なあの人をうっとりと見つめたら、鼻毛が束で飛び出してたのを見つけた、というくらいのがっかり度です。
(・・・・いや、元から鼻毛は飛び出していたのだ・・・愛に目がくらんで気がつかなかっただけなのよ・・・)



しかし、笑うな、とか怒ってるのは私だけなのか・・・。もしやみんな冷静?
自分の了見の狭さにおののきつつも、広い心でワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




【SB戦】どっちもどっちのどろどろドロー。

2012 ペナントレース
07 /07 2012
日本ハム 5-5 ソフトバンク(9回規定により引き分け)
(札幌ドーム)


最高の試合だった・・・・・。



4回の裏までは・・・・・・・



今日は緊急参戦決定ー!
試合前にエスカロップと栗山コロッケと室蘭やきとりを平らげて、北海道祭り満喫ー!
久しぶりの札幌ドーム!いや~いいねえ!やっぱりドームはいいねえ!
・・・と、盛り上がりのムードそのままに!


なんと!
何とナントNanto!
我がファイターズは!
天敵:山田投手を打ったのである!


しかも!
鹿もシカモカモシカも!
初回にいきなり3点先制だったのである!
山田くーんから!!


そして!3回裏はお得意のスクイズで1点追加!


4-0・・・・!


まさか山田投手相手に4点リードできるなんて!
佑ちゃんも今日は落ち着いたピッチング!見逃し三振取るなんて、もうこのエース様~!
今日は結構覚悟していただけに、ああ、ほんとにこの展開!
まるで夢のよう~~~!




・・・・と思ってたら、やっぱり夢だった・・・・・・



振り返るに分岐点は5回表。
先頭にヒットを許すものの、その後を併殺に打ち取り一気に2アウト。
佑ちゃん、ここから四死球+連打で3失点は、だめです。いただけない。今日はプリンをあげられません。
失点は仕方ないですが、あそこはせめて2失点で踏ん張って欲しかった、と思います。


打線は二岡さんのタイムリーで1点追加、5-3でしたが、この2点差を守りきれる時もあればない時もある、というのが今のファイターズ。
ああ、1年前なら「見せびらかし継投」なんぞ言われて「ハムが継投に出たら点を取れる気がしない」などといわれましたが、いつだって思い出は輝いているものです。



今は今!同点に追いつかれたのが切ない現実ですよ。



我々に出来る事は、「昔は痩せてて可愛かった」とか自慢することではなく、「中年太りさ、人間だもの」と自らを肯定し、そんな自分も結構好きだと開き直ることでしょう!さあ、北海道祭りだもっと食え!


で、ホークスのリリーフからは追加点を奪えず、引き分け。
まあ・・・・勝負に勝ったか負けたかどちらかに丸をつけなさい、と言われたら、「負」のほうにつけざるを得ないでしょう。追いつかれて引き分けだもんね。
序盤の盛り上がりすらなつかしい、終盤は尻すぼみで試合は終わってしまいました。


それにしてもファイターズは11安打5得点、ホークスは17安打5得点。
お互い良く、5-5の引き分けになったものです。10-10とかでもおかしくない。
北海道残塁祭り。「カムバックサーモン」などという懐かしいフレーズを思い出しました。カモンカモン純~♪
ファイターズ戦士よ・・・・!

鮭を見習うんだ・・・・・!
(結論が壊れてる)




ホークスの攻撃、ランナー1塁で送りバントの構えを見せた小久保選手。軽くピンチの場面に、近くのおぢちゃん、「小久保ー!2000本がセコイことするなー!稲葉さんなんか立ってるだけでフォアボールだぞー!」
と叫んだ。理屈は通ってないんだけど、面白い賑やかしで、ムードが少し和んだ。
エスプリの香りただようワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【Bs戦】かかかか河童ー!いや、勝ったー!

2012 ペナントレース
07 /05 2012
○日本ハム 4-3 オリックス●
(京セラドーム)

河童!
頭の皿が干上がる前に・・・・・
勝った!



・・・です。

いや、勝ってよかった。
勝った、故に、ファンと首脳陣並びに選手一同、とりわけ八木っちと森内あっぷるんが救われた。
勝利はすべてを救います。勝ったら正義!


ここんとこずーっと先制点を取られ続けてたハムっち。お腹が空いて空いて目が回ってしまいそうだったので、ここは奮発して「勝利定食」を注文しました。


「勝利定食、ひとつ」


すると、サービスのいいことに「突き出しでーす」と嘉男と翔が「2点先制」の小鉢をとん、とおきました。

おいし~~~い!
こんなにおいしい得点は久しぶりに食べた~~~。ああ、この味!口の中でとろけます。
今日は、今日はおいしいご飯が食べられるかなあ・・・。今日の板前:八木さんのピッチングも期待が持てる様子・・・。

わくわく。
どきどき・・・・しているうちに、2点先制小鉢を食べたっきり次の皿が出てきません。


・・・・すいませーん!追加点も頼んだんですけどー!


と待ちきれずに叫ぶと「今作ってまーす!」と言う声がしてややあって、「お待ち!」と翔くんが犠牲フライをカラリと揚げて持ってきました。
おいし~い!さくさくーーー!
よろこんでいると、「待たせたのでサービスでーす!」と岱鋼が特大のホームラン点心を持ってきました。


4-0。
今日は・・・・今日は・・・・おいしいご飯・・・・。


しかし。
ここんとこ食べつけてなかったのでなんだか胃もたれすると言うか、なんだか胃の辺りがもやもやします。
それは、何となく、何がという訳でもなく、嫌な予感というか・・・・。


八木さんがすぐ裏の回で犠牲フライで1点を失ったのは、4点差ということを考えれば、しゃあないかの範囲内です。そもそも3塁打になったのがやや不運でしたし。
しかし・・・・2アウトから、ランナー2塁で森内にスイッチ。
バッターはイ・デホおおおおおおおおおおきなホームラーーーーーン!

なぜ勝負したかぁぁぁぁぁぁぁー(泣)

4-3で1点差。


普通だったら「まだリードしてる」と思うところですが、何せ今のハムっちにとって3点差くらいはリードのうちには入りません。ましてや1点差なんて・・・・詰め寄られるなんて・・・気分はもう負けです。
この時すでに、「負けても怒らない」「負けても平常心」「負けても落ち込まない」と心の中で唱えはじめた私をお許しください。
おまけに8回、1アウト2,3塁という追加点の大チャンス。


すいませーーーん!追加点、追加したいんですけどーーーー!


・・・と叫んでも、「今日シャリなくなったんで、すいませーん」と返事が返ってくるのみ・・・・。
ああああああ・・・・・。うううううう・・・。
あとは!あとは宮西と増井と久にすべてを託すのみ!
頼んだ!頼む!
お願いします、抑えてください。最後の1点は岱鋼さまのホームラン点心です。小籠包は、スープが命です。
決して決して破いてスープをこぼさないように、レンゲでそおっとそおっとここまで運んで来てください・・・。


ねえねえ、その小籠包、ちょっと食べさせてーと、牛の角でつっつかれながらも宮西はなんとか切り抜け、
増井は、さっさとダッシュで駆け抜け、久はあと1人、というところでやっぱりつっつかれてましたが、なんとかなんとか守り抜いて・・・・


「勝利定食」完食。


もう、腹がいっぱいだとか、久しぶりだとかなんだとかより、「誰も傷つかずに終わった」というただそれだけに安堵します。もうそれだけでいい・・・。


細かいミスはいくつかありましが・・・思い出すと、それでいいのか?とも思いますが、もう今日は・・・。
これ以上しちメンドクサイ事を考えずに、ただ勝利をもぐもぐと反芻していたい、牛のようにいつも・・・何度でも・・・。


次のもぐもぐタイムは7/6 18:00から、札幌ドームです。北海道祭りで文句なしのもぐもぐタイムです。
対戦相手は福岡ソフトバンクホークス!
ファイターズ先発は斎藤佑樹!ホークス先発は・・・・

また山田くんかぁぁぁぁぁ・・・・・・。


もぐもぐされっぱなしじゃなく、そろそろもぐもぐして欲しいものです。
さあIt's もぐもぐ Time!



オリのバルディリスさん。家族が口に出すたびニュアンスが違う。「バルデリス」としか発音できないのはまだしも、「バリデリス」「バリデルス」と間違い探しになっている。「バルデリッヒ」。ドイツ人じゃないから。
改めて感じる実況アナの滑舌のよさ。滑舌の潤滑油となるなめらかなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




【Bs戦】野球と良く似た新しいゲームを盛り上げる

2012 ペナントレース
07 /05 2012
●日本ハム 1-5 オリックス○
(京セラドーム)

~試合経過の実況~
1回「さあ、今日は積極的にせめて行きたいところ」
2回「1点先制されました、ここで何とかしたいですね
3回「さらに1点追加されました。ここで何とかしたいですね
4回「さらに1点追加されました。ここで何とかしたいですね
5回「3-0になりました。ここで何とかしたいですね
6回「2点追加され5-0になりました。ここで何とかしたいですね
7回「さあ試合は終盤です。ここで何とかしたいですね
8回「7回に1点返しました。ここで何とかしたいですね
9回「5-1で最後のイニング。ここで何とか意地をみせたいですね」



試合終了後「ファイターズ、攻め切れませんでした。明日は何とかしたいですね



明日試合前の予想:「このカード最後のゲーム。今日は何とかしたいですね


そうですね・・・・何とか・・・・かんとか・・・したいです・・・安西先生・・・・。


またもや先制を許して、1日1善ならぬ、1イニング1点、しかも同じ方法。
こちらはヒットすらまともに打てずに、相手にどんどん得点されて、ハッと気がつくと、5点差。
ああ、もう6点とって逆転なんて無理・・・・ってたぶんやってるほうもそう思ってんだろーなーと邪推してしまうような淡白攻撃。
それを応援という名目でただただ見ているしかないファン・・・・あああ長-------。
・・・という心の声が聞こえたのか、ですよね!とっとと終わらせましょうね!と言うような勢いでさらに淡白に進んで行くファイターズ。


たぶん私たちが見ているのは野球ではなく、野球と良く似た、忍耐力を試す新しいゲームなのです。
きっとそうです。毎回同じパターンで得点を取られる、とか、あっという間に三者凡退とか、やっと塁に出たと思ったらゲッツーで終了とか、手を変え品を変えファンの忍耐力を試してるんですよ・・・きっと・・・。


4連敗・・・よく考えると、それでもまだ4連敗か、という感じですね。昨シーズンの終盤に9連敗位した時より全然マシ(少なくとも今の時点では)なんだけど、数字以上に負け越している感じがする。負けの内容がよくないからかな。
首位とのゲーム差より、3位楽天とのゲーム差のほうが気になってきました。3位転落。
転落だなんてやな響きだな。
よし。


いやーでも!転落したって3位、まだAクラスだよ!
どうだい、捨てたもんじゃないよ!まあ今は?力加減してるって言うか?
ロッテとは札幌で直接対決があるしねー!3連勝すればどうってことないしー?
それに、稲葉さんも帰ってきたしー!若いのも頑張ってるしさー!
いいね、ベテランと若手の融合!この調和!美しいね!
ま、ここでちょっと下がってもあとは巻き返すだけだしー!
まだシーズン前半だしー!これまでの貯金がきいてるしー!
全然!4連敗!?このくらいじゃあこたえないなあ!まだまだだなあ!
今はちょっと休憩してるだけだからー!ほらーいつも全力じゃあ息切れするからさあ!
たまに休まないとねー!
ま、本気出したらこんなもんじゃないからさー・・・あははははは。
猛牛め!明日びっくりするからな!
ああ、楽しみ~~~!楽しみだねえ~~~~~!!!




・・・・・。



どうですこのポジティブ感!


これでその気になってくれ!



・・・という訳で強引に盛り上げてみました。逆に盛り下がってるような気もする。
とりあえず・・・寝て忘れようぜ、今日のこた。
おやすみの前に、おはようの後に、心地よい目覚めを誘うワンクリックをどうかお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




【Bs戦】もう・どうにも・止まらない~~~!

2012 ペナントレース
07 /03 2012
●日本ハム 3-6 オリックス○
(京セラドーム)

負けてしまったけど・・・・

今日の追い上げは、きっと明日に繋がる!











・・・・・って、何回言わせるんじゃーーーー!!!



3回まではノーヒットの勝さん。
4回で初めてのヒットを許し、その直後、2ランを打たれてしまい、何かがプチッと切れてしまったのか、その後連続安打を許し、4失点。

だけどですよ。
それまで何度得点のチャンスがあったことか。

毎回得点のチャンスがあったのに!

1点も取れず!

おまけに4点リードされて、
5回表2アウト満塁で無得点。


1点くらい返してくれよ!



そのあと?


なにがあったか知りません。


なぜ私は自ら進んでストレスのたまることをしてるのか?とだんだん疑問に思ってきたので、試合見るのをやめて、風呂に入り、その他の用事を済ませたら、家族が「ホフさんがホームラン打ったよ~!6-3だよ」と言ったのです。


はあ・・・・さっき4点しか取られてなかったけど?


え?エラー?それからバラが2ラン打たれた?スケさんに?



ふう~~~~~~ん・・・・
(スケールズ・・・恩知らず・・・・)




で、今、3点返したんだ。今、何回?





8回の表?






おせーよ!


(レディにあるまじき言葉遣い)



オリ先発のミスター・マクレーンは、初回から制球が悪くて、ボール球先行、四球も多くて、これは何とか攻略できそうかも、と思いましたが、強行策を取れば凡退、犠打で手堅く行けば後続が凡退と、とにかくやってることがチグハグ。
なんかベンチも義理で出席した法事の席みたいな顔してるしさ、景気悪いッたらありゃしないよ!


塩まけ、塩!


とりあえず、西川きゅーんをDHかなんかでスタメンで使ったらどうか。西川きゅーんはショートはできないのか?ショートできたら即レギュラーだぞ。
今日の場合、7.8.9の下位打線が自動アウト状態なのがキツイ。何とかならぬものか・・・・。
勝さんも3回までは神だったのに、4回の崩れ方が悪かった・・・2ランの後に、さらに2点取られたのがねえ・・・前はあそこでふんばれたんだけど・・・。
榊原は・・・実際の場面は見てないし、この先も見ない予定なのでコメントは差し控えます。
乾くんは良かったですね。(ここは見てた)



そんなにイライラするならファン止めたら?と人は言う。
そうです、そうすりゃストレスフリーの毎日が待っている!

しかしですよ!「もうファイターズなんか知らんわ」と言った直後に、勝ちまくり始めたらどうします!?
何事もなかったような顔して、「やったね☆強いぞ☆ファイターズ!」なんて言えますか!?否!
弱っている時に見捨てたという後ろめたさが、ずっーーーとつきまとうに決まっている!
こうなったら、地獄の底でも応援してやるからな!覚えてろ、ハムめ!


言っとくけど、あたししつこいのよ・・・・・・・



癒しの動物と言えばアルパカ。ふかふかで穏やかな顔。おとなしい動物はやっぱり穏やかな顔をしてますね。でも今日の試合を見たら、アルパカだって歯を剥いて「しゃー!」と威嚇してくるのでは・・・。
・・・・ないですね、ええ。傷ついた心を癒すアルパカワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


ブログと心の隙間を埋める、今日のど~ん!

未分類
07 /03 2012
オリンピックなんか・・・・
ワールドカップなんか・・・
オールスターなんか・・・


・・・とか、始まる前はななめ45度に構えていて、いざ始まったら「今日男子100メートル決勝だよね!?」だの「今日日本勝ったらベスト8だよね!?」だの「今日佑ちゃん先発なんだよね!?」だのと、熱くなります。
新党結成:「日本にわか党」へようこそ。

オリンピックと、ワールドカップはおいておいて、オールスター。
ファン投票で「球宴ジャック」とか呼ばれてましたが、こうして大体出揃うと、それほど目立たなくない?
そうでもない?みったんも監督推薦で選ばれましたね。

常に長距離の移動とタフなゲームを戦う男たちと、札幌ドームの階段の上り下りだけで息切れ動悸の自分とを比べてはいけませんが、大阪→松山→岩手という移動距離を見るだけで疲れます。
オールスターはお祭りとの認識なので、選手たちにはそこそこ見せ場をつくったら、手を抜くところは抜いて体力温存で後半戦に向かって欲しいなあ・・・などと、いかにも怠け者の考えそうなことを考えています。

というより、まずオールスターまでの2週間半ほどの試合で、なんとかチームを立て直して欲しい・・・。
このグダグダの流れのままオールスター→さらにバランスを崩して(例:去年の勝さん)→後半戦、というのが一番ネガティブな展開です。

今日から上昇気流にのり!
オールスターで気分転換!
さあいくでー!で後半戦!


・・・とうポジティブに行きたいものです。そのためには!

今日、勝さんに勝ちをつける、ただそれだけ!

なぜ、肝心のところで字が小さいのかというと、どうも私がここで熱く熱くイチオシすればするほど逆効果である、というのが何となくムードになって来てる気がするのです。
だから愛は大きく、声は小さく応援します。がんばれー。


今日の道新朝刊の香山リカさんのコラムはちょっと興味深かったです。
子供を持つママのひとつのストレスについての記事で、それが「SNS疲れ」とでも言う内容。今日はどこそこへお出かけ、こんなことがありました!と写真つきで投稿するうちに、「お出かけも、SNSへ投稿することそのものが目的になってしまって、今日は何もない日をつくりにくくなり、それがストレスになる」という。
読んだ時は、「なんじゃそりゃ」と思いましたが、自らを振り返ると待てよ・・・?私だってそうじゃないか?と。
試合見ながら、「ああ、今日どうやって書こうかな~」とか頭の隅で考えてるもんな。
そして昨日のように「野球のない日」は「ブログ書かなくていいや」なんですが、次の投稿まで間が空くと、なんとなく落ち着かないという・・・。


それで、コツコツこうして記事を書いてるわけです。人のこと笑わず自分を笑え。
まあ、本人も楽しんでるのでいい、と自己正当化します。


そんなことで今日の試合終了後にも更新予定。何が私を駆り立てる(笑)
馬の鼻先のニンジン的なワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【西武戦】どうしても勝てまテン!

2012 ペナントレース
07 /01 2012
日本ハム 3-3 西武(10回規定により引き分け)
(西武ドーム)

6/30:5点差から大逆転負け
7/1: 3点差から同点に追いつかれ引き分け





・・・・・・。






ちょっと良くなってる。(爆)




うそ、ごめん。ごめん、言ってみたかっただけだから。
ビン、缶、ペットボトルなどを投げつけるのをおやめ下さい(ポコーン)












・・・とまあ、(何がだ)案の定、多くの方がうっすらと見えるけれど見えないフリしてやり過ごしていたあの恐怖がやはり形となってしまいました。
3点では・・・3点では・・・3点ではぁぁぁぁああああやっぱりぃぃいいいいい!


・・・みたいな。


やはり「悪い予感があたる」というのは決定的なことが起きる前から、あるわけですよ。予感が。
7回の1点はしゃあないとしても、8回。賢介の悪送球でノーアウト1塁になったときに予感がするわけですよ。
で、スイッチした増井が2ランを打たれるという悪循環・・・。
あのランナーさえいなきゃ1点で済んでた・・・というのは、結果論ですけどね。そもそもあの場面で、ホームランを許すというのが、いかにも不調だしね。
しかし、昨日と同じ展開になってもおかしくなかったし、よくまあ同点で踏みとどまりました。


リリーフが疲れています。先発投手が長いイニングを稼げないから、というのがその理由。
だけどこれはなかなか難しい。疲れちゃって制球が乱れ、球が浮き始めた先発を引っ張り続けても、今度は先発が失点しだすだけで、結果は同じになる可能性もある。
かと言って、長いイニングを投げる体力・技術をつけろというのは、今日明日でできることでもない。(と思う)
この問題って長期的なことなんですよね。今「だけ」が辛抱のしどき、というのではなく。

所謂「ダルの抜けた穴」は、勝ち星の数より、ダルがこなしていたイニング数の問題、という事は言われていたけど、だんだんとその辺が大きくなりつつあるなあ・・・
ま、その辺が首脳陣の腕の見せ所、頭の使いどころでしょう。どうしたって今いる人間でやってくしかないんですから、やりくり上手は家庭の幸せですよ。ねー。


●●○ ●●○ ●●△、で景気はゆるやかな右肩下がりという、芳しくない状況ですが、開幕バブルがはじけた今となっては節約を心がけて、できることからコツコツとやっていくしかありません。
今我々に出来る事は、節電、ゴミを分別する、原発について考えるなどの他に、長期的展望に立ち、寛容と慈愛、税・サ込みで応援をすることでしょう。



明日は月曜、試合のない日です。応援しましょう、といいつつ、試合のない、ということにこれほどまでに安らぎを感じるのはどういうことでしょうか。人の心はミステリー。
謎解きの鍵となるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。