【西武戦】Miss a Thing

2013 ペナントレース
06 /30 2013
6月30日(日)
日本ハム 4-8 西武
(札幌ドーム)


「やあ、義姉さん」

「あら、ハム二郎さん。・・・ハム一郎さんなら、まだ帰ってないわよ」

「あ~そうだったか・・・」

「・・・ハム二郎さん、またお金なの?」

「なに言ってるんだい、義姉さん!借金なら昨日ぜんぶ返したんだよ!」

「そうらしいわね、ハム一郎さんから聞いたわ。一時はどうなるかと思ったけど、見直したわよ」

「へへ、そりゃまあ、俺だって本気出せばね。・・・で、義姉さん、悪いんだけど・・・・
今日の飲み代だけ、ちょっと貸してくれないかなあ」


「・・・・・・・。」



「わたしのハムおじさん」 

私には、「はむおじさん」と呼んでいる、叔父さんがいます。お父さんの弟です。
私のお父さんは、過去10年間で、リーグ優勝4回、日本一1回に輝いた、りっぱな人です。
はむおじさんは、それ以外です。

はむおじさんは、いつも借金を抱えています。そして「暗黒だ、暗黒だ」とふい聴して回ります。
今年も、「近来まれに見る暗黒だ」と春先にさわでいましたが、最近になって借金を全部返しました。
私のお父さんも、「あいつはやればできる男なんだ、なんたっておれの弟だからな」と喜んでいました。

「オレは貯金する、がんばるぞ。オールスター前にはAクラスだ」とはむおじさんは、今朝まで気勢を上げていました。
でも、今日の夕方、お母さんのところに、お金を貸して欲しいとしょんぼりして現れました。

なんでも、きょうはやる気満々で、賭場に乗り込んだそうです。
でも、今日は投げるほうの調子が良くなく、最初に2円失ってしまいました。
ですが、今日のおじさんは一味違いました。
その直後に、岱鋼お兄さんの働きで1円取り返し、その後アブレイユおじさんが力づくで1円取り返して、とんとんになったそうです。

でも、矢貫のおじさんが、また2円取られてしまいました。「あいつには帽子のゴムを買ってやらなけりゃならない」と、はむおじさんは言いました。でも2円取られたこととの「いんがかんけい」はないそうです。

今日はもう負けかな、とおじさんは思ったそうです。
でも、その時でした。
翔兄ちゃんが、一気に2円取り返してくれました。また振り出しです!

はむおじさんは「あいつは頼りになる!最近は風格が出てきた!さすが4番だ!」と大喜びしました。

これで勝負はわからなくなったと、はむおじさんは、また座りなおしました。
賭けも終盤で、あと1円取れば、今日は黒字だったそうです。

でもおじさんがここにしょんぼりして現れるということは、黒字にならなかったと言うことです。
はむおじさんは「話すのもつらい」「言っても仕方がないから」と言ってる割には、
「あいつが金の入った袋を落とさなければ・・・」とか「あそこで刺せてればなあ・・・」とか「代えなかったらどうだっただろう・・・」とかずーっとぶつぶつ言っていました。


はむおじさんは、明日、東京に行き、そのあと福岡に行くそうです。
「おじさん、必ず貯金して帰ってくるからな」と言いました。
わたしは、ちょっとお調子者で、ちょっと間抜けで、時々カッコいい、そんなはむおじさんが結構好きなので、
帰ってくるのを楽しみにしています。


それで、今日の話を聞いたお父さんは、
「そうだったのか。まあ今回、2勝1敗なら上出来だな」と言いました。
それから、しばらく考えて、私は「おじさんに電報を打っておいで」とおつかいを頼まれました。


「ガイヤシュ アゲロ」



庭の巣箱に鳥の親子が住んでいて、こっそり覗いては雛の成長を楽しみにしていました。
どのくらいで大人になるのかな~とか思ってたら、知らないうちに巣立ってました・・・。うう・・・さびしい・・・。
敷金・礼金0円のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【西武戦】烈☆闘☆勝☆利☆

2013 ペナントレース
06 /29 2013
6月29日(土)
日本ハム 9-1 西武
(札幌ドーム)


今日は29日です!
背番号29、全然肉っぽくない木佐貫さんが、本日の先発投手で!
やっぱり肉っぽくない、大引さんの、29歳のお誕生日!

・・・だから?
今日のテーマは「肉」です!29だから。


昨日、なんとか苦手の菊池投手から勝ち星を奪ったわたしたち。
一息つく間もなく、立ちふさがるのはさらに苦手の十亀投手。
初回の表裏は互いに動きが無く・・・さくっと抑えられてしまったのですが、2回裏、ここで!


4番・DH・中田!
十亀投手は僕たち苦手。苦手なの苦手なの、飛んで行け~!初球を号砲一発!

バックスクリーンへの20号ソロホームラーン!

木佐貫さん!これ、サーロインステーキです!あっつあつのほっかほか!
召し上がって、体力つけてください!


3回!陽さん、今日はバットで魅せます!で1点追加!特上カルビです!
さらに4回、夏男稲葉さんがポテンと打ち上げ、どっかーんと落ちてくるタイムリーでさらに1点追加!
上サガリとかどうすか!
さらにノーアウト満塁から、栄ちゃんが併殺打だったものの、その間に一人還りました!
野菜盛り合わせです!4-0!


信じられん・・・・!今日は台所事情が苦しいかと思ったのに・・・・4点も取った・・・!
木佐貫さん!この肉を糧に、のびのび思い切りどうぞ!
・・・・と思った途端、次のイニングでホームラン打たれちゃうぬっきーったら。お茶目さん。
すいませーん、こぼしたんでなんか拭くもの下さい。


でも、それだけじゃないんです、今日の肉。
5回、網の上に一枚だけ四球なロースがぽつんと残っているのを見ました。2アウトだったんですが、
「すいません、追加お願いします!」と頼んだらかわいい「大谷君」という店員さんが、
はい、今お持ちします!と2塁へ滑り込んだんですよ!んまあ、プロ初盗塁ですって!んまあ・・・
そして、鶴ちゃんが!「ホルモンとかどうですかー!」と技ありヒットで、1点!


そしてここから、謎の大盤振る舞いです。


「若いぴちぴちのラムです!」と中島くんが!
「ご飯ものとかどうですか!魯肉飯です!」と陽さんが、出塁すると!
網の上は肉で一杯、満塁ですよ!
そして、肉の日29歳!大引さんが!


「走者一掃シャトーブリアンのステーキでーす!」


と、がっつり豪華な3塁打を・・・・!


9得点・・・!
この肉厚!肉汁!あふれるスタミナ!匂いだけで白飯1杯いけるような!
今日は予想以上に素敵な焼肉宴会に!


こんなにたくさんお肉に囲まれた木佐貫さんは、体力気力十分!
元気一杯に!
9回最後まで投げぬいたのです・・・・!


お愛想お願いしまーす!あ、ポイント使って・・・・あら、プラマイ0!
そう・・・・これで・・・・
5割復帰。


お腹一杯ですね、お腹一杯です。
こんな幸せなお腹一杯はいつ以来。
ファイターズ!「おおきにでーす!」
(大引さんってああいうキャラの人だったか、染まったのか・・・)



ところで、一人ラーメンも一人牛丼も平気ですが、一人焼肉はまだちょっと・・・。そこを超えたら、私の人生何かが変わる!でも別にそこまで変わらなくてもいいようなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【西武戦】野球鬼ごっこ・2 THE DASH

2013 ペナントレース
06 /29 2013
6月28日(金)
日本ハム 2-1 西武
(札幌ドーム)


そう、またまた合コンならぬ混パのお相手は雄星くんなのです。
リーグ1の防御率を誇るピッチャーですでに8勝をマーク・・・。

ということで、ここはアジアンフェスタ。素敵な殿方を探しに、コンパ会場にお嬢様たちがやってきます。
彼女たちはヒーローを見つけることが出来るでしょうか。


「お姉様・・・・!陽さまが、四球を選んでノーアウト1塁に!なんて堅実な殿方!」
「そしてビッキーさまが送りバント!渋いわ・・・!」
「アブレイユさまがタイムリーで1点先制!なんて頼もしい殿方でしょう!」
「どうしましょう、誰を選んでいいのかわかりませんわ!」
「それよりも・・・・・・・・いつの間にこんなに野球上手くなったの、あの方たち!もう、夢を見ているみたいですわ!


と、感動する間もなく、2回裏。


「まあ、お姉様!鵜久森さまがヒットで出塁ですわ!さっきはいい守備もありましたし・・・なんて素敵」
「ああ、2アウトから奨太さまが粘りに粘って10球目でタイムリー2ベースですわ!なんていっしょうけんめいな方でしょう・・・」
「鵜久森さまが、奨太様の2ベースで、一気に本塁に・・・・!素晴らしい勇気ですわ!
それにこれで・・・2点目!ですわよ!」
「んまああ!2点・・・序盤に菊池さまから2点取った・・・・信じられませんわ!
「どうしましょう、こんな素敵な方ばかり・・・目が泳いでしまいますわ!」
「まあ、はしたなくてよ」


そういいながら「お姉様」は内心で考えていたのです。
・・・・そう。勝ち目があるとしたら、雄星投手が乱れ気味の序盤に畳み掛けて逃げ切る、これだろう・・・!


「光夫さまは序盤から快調ですわね」
「ええ、また足がつったらどうしようって、心配になりますわ」
「まあ、心配性な子猫ちゃん、今日は光夫さまのおみ足の調子は良くってよ」
「それにしても・・・・野手のお兄様たちの頼もしいことと言ったら!ほら!陽さまがまたあのような素晴らしい美技を!」
「まあ、翔さまだって負けてはいませんことよ!」


そういいながら「お姉様」は内心で考えていたのです・・・・。
光夫は6回までノーノーピッチ・・・。
しかし、ふと気がつくとそう言えば、4,5,6とこちらもヒットが出てませんわね・・・。
いいえ・・・・今日の光夫なら2点でいける。
だけど・・・・。
この日、初めてのヒットを許した6回表・・・・長打コースになり始めてる・・・かも?


「ああ!お姉様大変ですわ!光夫さまが!先頭打者にヒットを許して、次打者に2ベースを・・・!失点・・・失点してしまわれるなんて!」
「お気を確かになさい!たったの1点ですわ」
「まあ!あれを!ついに1アウト満塁の大ピンチに・・・・!」


「お姉様」は内心で考えていたのです・・・・。
やはり7回から替えるべきだったのでは・・・・!今までが良すぎた分、反動で流れを渡しそう・・・・!
誰!このピンチを救うのは、誰!?


「あれは・・・!」
「宮西さまですわ。きっと彼がこのピンチを脱出・・・・って、あのボールあぶねええええっ!・・・あっ、いえ、あぶのうございましたわ、大野さまが身体を張ってお止めにならなかったら、後ろにそれて大変なことに・・・」
「お姉様、わたくし・・・宮西さまのクールな外見と、この心意気になんだかドキドキしますわ。・・・・あ!ボールが金子さまのところに!」
ゲッツー来----い!あっ、いえ、お願い併殺を取って下さいませ!」
「ああ、あれは・・・何が!」
「・・・・素晴らしいわ。今のをご覧になりまして?金子さまは捕球した後、1塁ランナーをタッチアウト、そして1塁へ送球しバッターランナーをアウトに・・・!」
「わたくし、何が起きたかわかりませんでしたわ!・・・・金子さま・・・・ベテランの男性の頼りがいに膝が砕けそうですわ・・・」


そうこういっているうちに、終盤へ。1点差のまま、逃げ切り体勢へと・・・。


「増井さまはランナーを出してちょっとハラハラしましたわ」
「そうね、得点圏まで進まれると1点差ではドキドキするけど・・・でも、ここのところは安心ですものね」
「それにしても、結局追加点が取れないままでしたわ・・・」
「ええ、でも1点差とはいえ、リードしているんですから、あとは守るだけですわ」


そういいながら「お姉様」は内心で考えていたのです・・・・。
増井さまがランナー出したから、今日は久さまは3凡かも・・・と。
セオリーで行けばそうだろう。そうあってほしい。そうそうセーブ失敗なんてことはないはず、神だもの・・・。


「うがああああー!先頭だしたあ・・・・・あ、あの、打たれてしまいましたわ、久さま」
「ほほほ、落ち着きなさいな。久さまに取って、あれはルーティンワークのようなものよ。ここからギアを上げていかれるの。ほら!フライで打ち取ったでしょう?」
「でも、同点のランナーが塁上にいるのは落ち着きませんわね」
「大丈夫、1塁ですし、ここでゲッツーを取りに来、ぐはあああああーーー!
 デッドボールゥゥゥゥがああっ!」

これは痛てええええー!ああ、うっ、・・・・その、これは双方、痛うございますわね」
「平常心!なぜいつもこうなるとか、思っちゃダメ!盛り上げてくださってるのですから!」
「いらねえええーーー!いえ、この盛り上げは必要ありませんことよ、でも、もう見守るしかありませんわね!」
「最悪、同点なら・・・・うおおおおー!ショートに飛んだっ!ライナーだっ!」
「ビッキー取った!よし!そして!」
「飛び出した2塁ランナーを刺したっ!
ゲッツー、3アウトっ!」

「よっしゃあああああああ」
「勝ったあああああああ」
「・・・・・(はっ、つい素が)・・・・・・・」
「・・・・・・・ようございましたわね!」
「勝利ですことよ!大引さま・・・・素晴らしかったですわね」


「ほほほ、お若いお嬢様方、素敵な方は見つかりました?」
「ハムおばさま。ええ、それは、若くてハンサムな方から渋い方まで。今日は勝利の余韻にひたりとうございますわ。何だか勝ったのがいろんな意味で夢みたいで・・・・ほほほ」
「ごきげんよう、また明日まで良い夢をご覧なさいな」


ほほほほ・・・・。
勝って良かった・・・・。帰りの車の中、安堵のため息で背中のホックが吹き飛ぶお姉様だったのでした。



陽さんのお面・・・。前の席の人が頭の後ろにまわしてつけているので、ずーっと複数人の陽さんに見つめられている、そして目が合う、そんな照れくさいような、怖いような・・・。
仮面舞踏会なワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


札幌巨蛋☆亞洲嘉年華

未分類
06 /28 2013
アジアンフェスタです!


今年の2月に台湾に行きました。
札幌ならばラーメン横丁の味噌ラーメンのごとく、台北なら鼎泰豐で小籠包、夜市で胡椒餅、猫空で飲茶、と絵に描いたようなバッチバチの観光客飯を食べました。もちろん、おいしかったのです。
・・・ですが、こうして半年経って振り返って、ああ、あれおいしかったな~と思い出すのは、
夜市で食べた、エリンギの丸焼き(レモン塩味)という「なにもそこでなくても」というあの料理。いや、料理というほどでは・・・でっかいエリンギ真っ二つにして網の上で焼いて、豪快にレモン塩を振っただけのなんですが・・・うまかった・・・・。
でも、たぶん、家で同じことをしても、さほどの感動はないと思うのですよ。あれは異国の地、日本とは違う匂いと、喧騒に包まれながら頬張るから、きっとウマいんだな。


それはともかく、西武三連戦。
西武さんとは、あの暗黒のゴールデンウィーク三連戦以来、約一ヵ月半ぶりの対戦。

ふふふ。
あの時、私たちは、確かにダークサイドに転落中だった・・・。
だが!
今の私達を、あの時と同じと思ってもらっては困るな!
まさに今!不死鳥のごとく!よみがえっ・・・・


・・・・また雄星君なのおおおお?


何の因果なのか・・・・もしかしてワザとか・・・・。


しかし、この間とは違うところ!それは!

札幌ドームに鳩はいない。

いや、そこじゃなく!
あの頃は下がり目だったが、今は上がり目!
チームはここのところ12戦で10勝2敗と、あの頃により勝ち力アップ中!
打撃も好調!それになんか「もってる」し!


西武戦のキーマンは、お祭り男:陽岱鋼!
アジアンフェスタは陽さんのためのお祭りといっても過言ではありません!
そのお祭り気分で、乗ってけYOH!塁に出て走れば何かが起きる!
(初球で凡退と、これには手が出ませんでした!の三振はナシで頼みます)


あと、翔とアブさんがホームラン打って、稲葉さんがタイムリーを打って、鶴ちゃんがバントを決め、
光夫の足がつらなければ、必ずや・・・!


加油!北海道日本火腿鬥士!



ところで、オールスターのチケット買ったんですが、私にとって引き取り方法が難易度の高いロー×ンチケット。いつも入力しなきゃならない何かの番号がわからない。あれ、もうちょっと簡単にならないのかなあ・・・
というかロッピーに対応しきれない私の頭が残念だ、というワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

【SB戦】Good-By Game

2013 ペナントレース
06 /27 2013
6月26日(水)
日本ハム 6x-5 ソフトバンク(延長10回サヨナラ)
(東京ドーム)



そう・・・思い出話にはまだ早いが、聞きたいならその話をしよう。
あれは、翔平がパ・リーグ初の先発登板だったときのこと。
翔平坊やが、「1イニング1HR」よろしく、序盤に敵に2発くらって沈みそうになった。


だがそこで黙っている「日ハム飛行隊」ではない。
出撃準備は完了している。


中田翔、リーグトップ19号ソロ


で、カウンターをお見舞いすると、


陽岱鋼「アジアンフェスタ」11号ソロ


アブレイユ「翔、アタシを置いていかないで」19号2ラン


で、軽く逆転だ。まあざっと実力はこんなものさ。
照準を合わせたら、逃がさない。それが我が飛行隊のモットーだ。


しかし・・・・。
若いってのは、こういうときに出るもんだな。翔平は敵に囲まれ、なんとか他の連中が
二人撃ち落したものの、どうやっても最後の一人を仕留め切れなかった。
6回で同点に追いつかれてしまう・・・・。
悔しかったと思うよ。仕留めてしまえば、機体に白星をマーキングする権利が手に入ったんだからな。
だが、これも勉強だ。こうして誰しもが、一人前になっていく。


俺たち飛行隊と、鷹軍飛行隊は、どちらも決め手が無いまま、戦いは終盤に向かった・・・。
翔平は途中で帰投した。やむを得ない、もう弾も少なくなってきたし、燃料切れも近かったからな。
そのかわりに、スクランブル・矢貫が発進した。はっきりいって働きすぎだが、奴はいつものようにクールに決めるだけさ。


そして、いよいよ運命の8回・・・・。
昨日だってそうだった。
この回には何かが起こる、そんな気がしていた・・・けど、あっさり2アウト。
しかし陽岱鋼が、ふらりと塁に出る・・・。
ここで、いつもなら大引がいつもどおり発進するだけだ。
だが、栗山司令官の考えは違った。滑走路にはホフパワーの乗った機体が・・・・


え、ホフパワー。


別に・・・奴を信じてないって訳じゃないんだ・・・・そう、なんというか、奴はちょっとばかりここのところ、調子が上がってなかったし、大体こういうときは奴は、ぶんぶん飛び回ってあっさり・・・・
・・・・・・・。


ああ、そうだよ!正直に言うよ!
撃つと思ってなかったよ!
やつの放ったミサイルが、すかっと爽やかにスタンドにぶち込まれた時、俺たちは・・・・感謝の言葉より先に・・・


ごめんなさああいいいい!



と、叫んだよ!


で、だ。
ここでこのまま終われば、話はあっさり大団円さ。
ていうか、勝ったと思うだろ、8回の裏だぞ。要するに次の敵の攻撃イニングを抑えれば我々の勝利だ。
しかも2点差。
これは、最後に我が飛行隊の守護神・武田久が、せいぜい、多くても4人仕留めてお仕舞だと思うだろ。ましてや相手は下位打線。


が。


まあ・・・な。
確かにいきなり一発でかい弾を食らったのは余計だったよ。
あの瞬間、俺たち飛行隊は凍りついた。お祭りムードだった基地の雰囲気は一変さ。
でも、よくあることなんだ、いや、よくある事では困るんだが、まあ、稀にあるんだ、やっこさんには。


奴はいつも言っていた、最後にリードした状態で、帰投できればそれでいいと。
まあ、この時点でまだ1点リードを保っている。気分を切り替えて、3人仕留めればそれで終わり・・・。
そう、で、なんとか2アウトだ。2アウトまできたんだ。
そして最後の敵を、ショート方面で射程距離におさめた!
よし、あとはきっちりファーストで迎撃してこれで勝利だ!
勝っ・・・・・・・・・・


が。



こ、こぼれてる!稲葉隊長のグラブから・・・・た、弾が・・・・!
え?その間に本塁を陥れられた?
つまり、ど、同点ーーーーー。


なあ、何が精神的にきついって、勝ったと思った瞬間に、
うそぴょーん
とやられることほどきっついものはない。
そうだな、真夏の暑い日に「家に帰ったらガリガリ君食べよー!」と帰ってきて、勢い込んで冷凍庫を空けたら、誰かにすでに食われていた、そんなインパクトだ。


延長戦だ。
こうなったら何とかして勝ちたい、そう思うだろう。
1点でいい。ここはドームランことホームランが出やすい東京ドームだ。
そして今日は、両軍共にアホみたいにホームランが飛び交う、文字通り空中戦だ。
誰しも一発に期待するだろう?


そう・・・・10回の表を宮西がさらりと迎撃だ。
そして、俺たちの番だ。
幸先良く、
栄一があと1メートルくらいでスタンド炸裂の2ベース
を放った!
惜しい、もう少しだった!入ってたら終わりだったんだが!
だが、ノーアウト2塁・・・・ここはもうきっちり行くしかない。
鶴岡会長が送りバントだ、これで1アウト3塁にすれば、犠飛でもサヨナラだ。
よし、いいバントになった!その時だ。


俺は見た・・・・。
多分あれは・・・・翔平王子の・・・・「モッテル・フォース」が発動
したのだと・・・・!


そうとしか思えない・・・・。
まさか、敵のバント処理の送球が悪送球になり、はるか彼方に吹っ飛んでいくその間に・・・・
栄一が帰還してサヨナラ勝利とは・・・・!


勝ったのか俺たちは・・・・。
勝ったのだろう、俺たちが・・・。


び、びみょう・・・・・。



いいや。
勝ちは勝ちだ、どんな形もでも一勝は一勝だ。
今の俺たちに、勝ちの形にこだわっている余裕は無い。
ましてや今日は猛牛軍が負けている。勝てばとりあえずは最下位脱出、借金も2まで減る。


これでいいのだ。


あ、翔平?
まあ、そうだな、前より良かった。うん。まだ簡単にホームラン打たれてるところはあれだけど、東京ドームだからな・・・・。そういうことにしておこう、今日は疲れたからそれでいい。肉体より精神が。小魚スナックでも食べて、カルシウム補給したほうがいいかもしれない。


では、良い夢を、勝利と共に。
アデュー。




明日は試合がありませんね。試合のない間に、命の洗濯をしましょう、リフレッシュ、クリーン、デトックス!
柔軟材の良い香りがするワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【SB戦】大逆転

2013 ペナントレース
06 /26 2013
6月25日(火)
日本ハム 4-2 ソフトバンク
(東京ドーム)


◎にちはむ小国民文庫◎
「あゝ、日はむ部隊はかく戦えり」


今日はぜったいに勝つぞ、と日はむ部隊は気合をいれていました。
それは永遠の天敵:福岡軟体銀行鷹軍の山田君を攻略せしめるためです。
日はむ部隊は、この山田君に、何度も煮え湯を飲まされていたのです。


その決意どおり、斬り込み隊長:陽岱鋼選手は初回、出塁すると、盗塁!さらに盗塁!
すばらしい働きを見せたのです!
皆さんも、陽選手のような、明るく元気で清々しい男児になりませう。
そして三番打者の阿武礼勇選手が、適時打を放ち、一点先制に成功しました。
まったくもって日はむ部隊はうまくやったのです!


しかし、戦いはいいことばかりではありません。
三回に、これまで立派な投球をしていた、狼投手でした。
しかし豊富力選手の一瞬の判断の狂いで、一死一塁となります。
狼投手は、見かけによらず、心が繊細です。そこから歯車が狂ったのか、三連打を浴びて、
1対2と逆転を許してしまいます。


皆は励ましあいました。
狼、しっかりしろ、傷は浅いぞ!
さあ、敵の攻撃は何とか最小限に食い止めた!
味方の援護を待とう!それまで敵のさらなる攻撃を防ぐんだ!


でもなかなか援護はありませんでした。
見ているだけの人でも、だんだんふさぎ込んできました。
なにせ、せっかく走者が出ても併殺だったりするので、なかなか反撃の機会に恵まれません。
あっという間に、七回目の攻撃も終わってしまいました。


ここまでか・・・・。ここで力尽きるのか・・・・。
たった一点差なのに。
しかし、狼投手の後を継いだ谷元投手がしっかりと八表を抑えました。
その姿は、一点差は決して諦める点差ではない、と皆を勇気付けました。
身体は小さくても、こうして立派にお国の為に働くことが出来るのですよ。


みなはあと都合残り二回の攻撃に備えます。
敵は大男の放剣防具投手です。日はむ部隊にとっては大変な強敵でした。


しかし、先頭打者の大野選手はひるみませんでした。
勇気を持って打棒を振ると、打球は安打となりました。
そして代走に出たのは村田選手です。


村田選手は、隙を見て敵中に歩を進めました!
なんという勇気でしょう。身体が小さくても、こうして立派な兵隊さんになれるのですよ。


続く陽選手は倒れてしまいましたが、大引選手が打席に立ちます。
大引選手は粘りに粘って、ついに四球を勝ち取ります。
自分で決めようと執着せずに、こうして四球を選ぶと言う選択も、大変に立派な働きです。


阿武礼勇選手は見事にその男気に答えました。
確かに打った打球はぼってぼて、二塁への凡打で、一塁走者は封殺になりました。
しかし、その間に、村田選手が本塁を陥れたのです!
これは村田選手の勇気ある盗塁が、役に立ったのです!


同点に追いつきました!ついに、ついに試合は振り出しに戻ったのです!
そして、阿武礼勇選手の気迫が、敵の失策を呼んだのです。阿武礼勇選手を刺そうと試みた打球は、
焦りからか照準を大きく外れました。阿武礼勇選手は、二塁まで歩を進める事が出来たのです!


さあ、打席は、我が国が誇る若き四番打者:中田翔です!
誰しもがここで逆転を期待する場面です!


しかし敵はその打棒に恐れをなしました。
ここで勝負されては敵わない、と中田選手は敬遠されました。
皆さんもしっかりと身体を鍛錬し、中田選手のような逞しい男児になれば、たちまち敵は恐れをなすでせう。


そして、代打:鶴岡選手です。
なぜここで、鶴岡選手が代打なのか、といぶかしがる向きもあるかもしれません。
ですがこれは知将:栗山監督の深謀深慮なのです。恐らく。


鶴岡選手は二球目を見事に安打性の当たりにしました!
しかし!三遊間を抜けるかと思われた当たりは、敵の好守によって阻まれました。
あっ、危うし!鶴岡選手!
その時です!


鶴岡選手は、
敵へめがけて一直線に、頭から突撃したのです!
ずざざざーーー!
ものすごい砂ぼこりを立てて、鶴岡選手は一塁へ滑り込みました!
塁審の判定は!
「よし」です!
鶴岡選手は歯を犠牲にすることすら厭わないその献身と勇気で、部隊を救ったのです!
なんと言う立派な行動でしょう!
もちろん、鶴岡選手の歯は無事でした。


そして、ついにこの人がやってきました。
稲葉篤紀選手です。
部隊の皆から尊敬され、慕われ、素晴らしい実力と実績がありながら、決して驕らないその振る舞いは、
ぜひ小国民の皆さんが見習うべき人物です。
二死満塁、ここで逆転できれば、あとは最後の回を守るだけ。
すべての期待が稲葉選手にかかります。


決めて欲しい・・・!
ここで勝って欲しい・・・!


稲葉選手の打棒が一閃しました。
すると!打球は軽々と内野の頭を越えていくではありませんか!
その打球はフェアゾー・・・いいえ、安全地帯にぽとりと落ちました!


皆が本塁へ返ってきます!
阿武礼勇選手が、中田選手が、
韋駄天のごとく本塁を駆け抜けました!

ぎゃぎゃぎゃ逆転です!
かかかかか勝ち越しです!

信じられません!さっきまでしんみりしてたのが嘘のようです!


やっぱり稲葉です!
神様仏様稲葉様です!
ついに日はむ部隊が、土壇場で勝利を引き寄せたのです!


九回は守護神・武田久投手が抑えるだけです。
先頭打者に二塁打を打たれると言う、見せ所もありましたが、小国民の皆さんは心が鍛えられていますから、こんな事では驚いたりしませんね?
もちろん、久投手は、後続を三人で断ち、決して反撃を許しませんでした。
身体が小さくても、鍛錬さえあれば、守護神として立派な働きができるのですよ。


日はむ部隊は素晴らしい勝利を収めました。
勝利の高位置接触で、皆の笑顔が輝いています!


どんな苦境が襲っても、決して最後まで諦めたりしてはいけません。
野球は最後まで機会をうかがうことが出来るのです。
決してふて腐れてお風呂に入ったり、不貞寝したりしてはいけませんよ。
結局、山田君は打ってないな、などと言ってはいけません。
勝利に比べたら、そんなことは些細なことです。


日はむ部隊の選手たちを見習って、皆さんも立派な男児になりませう。
さあ、一致団結して、最後まで立派に戦い抜きませう!

(あゝ 日はむ部隊かく戦えり・了)


次号予告:「あゝ暁に、二刀流の若武者輝く」




カタカナと横文字を使わずに野球を表現するのって難しいですね。読みにくいし・・・。
フィールソーグッドなワンクリックをどうぞプリーズ☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

【ロッテ戦】FIGHTERSどうでしょう!

2013 ペナントレース
06 /24 2013
6月24日(月)
日本ハム 5-3 ロッテ
(QVCマリン)


よし!


・・・の一言で終わらせてもいいんじゃないかってくらい、よしでございます。
よっしゃー!です。ベリグーなのです。


まず景気良く、翔さんがリーグ単独トップの18号2ランで先制したことがよし。


そして、それにとどまらず、次の回に満塁から1点とは言え、追加点を取ったのもよし。


そしてなおも、次の回に、
アブさんの「待って!翔くん!ねえねえ、一緒に学校行ってもいい?」18号ソロ
1点追加で、よし!
そして神様仏様稲葉様のハリーに並ぶ天晴れ2ベースでさらに1点追加、5点リードで、


よっしゃああああああー!


と・・・・拳をぐっと握ったところで、好事魔多しというやつですよ・・・・。


3回裏・・・。
2回まで危なげなかった勝さん。・・・・この回、荻野さんに2ラン被弾。
でもね、この時はさ、「あーーーー5点あってよかったわー!」と思ってたんだけど、
さらに根元さんに2ベース。
それでも2アウトまでこぎつけて、井口さんの打球、サードゴロでよし、チェンジと思ったら!
栄ちゃんがまさかのエラーでアウト取れず!
しかも次の打者が、勝さんの天敵認定:今江さん。


この流れは・・・・魔物発動準備完了・・・・っぽいいいいいー!と思ったら、今江さんの打球が、打球が、
レフト方面へ高々と、素晴らしい勢いでバビューーーーンとおおおお!


一巻の終わり。


・・・・5点取ってもダメかそうかそうきたか、いやでもまだこれでも同点だし、仕切り直しと切り替えていくにはいささかダメージ大きい、ああああこのすべてを水に流してゆくようなこの空しさと来たら色即是空空即是色・・・


と、走馬灯のように脳裏を走った時!
打球は際どいところで、フェンスに当たって跳ね返り・・・・
早く!急いで!命拾って!早く早く!命!


そう、ここで3塁ランナーを返したものの、なんとか最高に最悪の事態はギリギリ回避で命拾い!
どひー!もうあれです、映画だったら「00:02」とかで爆弾が止まるあれですよ。


で、映画的にはそこでクライマックスが来てしまい、残りの6イニングスは、「この回こそ追加点を」と心に秘めながらじっと我慢の展開が続くのでした。そして9回にはまたもや1アウト満塁という、最高の場面を迎えながら、満塁の魔物を祓うことができず。


でもね、よしです、よしですよ。
勝ったんだからもういいんですよ、まあ、明日からも連戦なのにリリーフ大盤振る舞いでしたけど、
そのリリーフが大車輪。
最近サイボーグ的な安定感の矢貫冴えまくってきたみゃーにし
そして、オールスター選出の勢いに乗ったマッスーがキレッキレでほれっぼれするようなセットアッパーぶりを見せつけ、
ハムのリリーフ「シーソー理論」を覆すような、久の神々しい大明神ぶりを発揮し、いつもの4凡・・・・


2点差を守りきってよし!
首位ロッテに2勝1敗、カード勝ち越しでよし!
勝さんも5勝目でよし!


終わりよければすべて良し。


そしてそこからまた始まるのです。



そういえば昨日はスーパームーンということで、ウキウキしながら月を見上げました。
でも普段の大きさを知らないので、どのくらいスーパーなのか良くわからなかった・・・。
スーパー気分をを味わえるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【ロッテ戦】あいつもお目覚め。

2013 ペナントレース
06 /23 2013
6月23日(日)
日本ハム 1-2 ロッテ
(QVCマリン)



どうやら・・・・・。
ハムがよみがえったと共に・・・・・



満塁の魔物もよみがえったらしい・・・・。


満塁の魔物。それはときおり取り憑く恐ろしい魔物。
姿かたちは目に見えねど、すべての塁が埋まると、そっとバッターの背後から近づいて、
首筋にフ~~~~ッと息を吹きかけるという・・・・・。
すると、たちまちバッターは三振したり、打ち損じしてしまい、

あと1本出れば追加点!

ここで1本出れば、勝ち越し!


という、ファンの熱い希望と、荒い鼻息をたちまちに奪い、がっかりのズンドコに落としいれるのである!


なお、満塁の魔物は稀にピッチャーにも取り憑くことがあり、その場合は押し出しフォアボールという形で現われるという・・・・。


さらに、今日は新しい魔物が発現した。それは「バント失敗の魔物」であり、この魔物は
「バントを失敗させる」のである!


さらに、新しい魔物は!「連勝ストップの魔物」でありこの魔物は「連勝をストップ」させるのである!


これらは総じて「貧乏神」の使いと言われている。
なお、借金を抱えるから取り憑くのか、取り憑かれるから借金を抱えるのかは、今後の研究が待たれるところである。


さて。貧乏神は貧乏が居心地がいいのだ。だから貧乏っぽいことを言うと、貧乏神は喜んで居座るのである。
逆に言えば、追い出すためには、貧乏発言を慎むことである。
心の中で「そりゃ押し出しの1点だけなんてないわ」とか思っても!全力で高飛車に出る!


「まあ、1点差で負けただけだし?スコア的にはアリだよねー?それにぶっちゃけ、内容的には互角だった気ぃするけどー?えー?首位と最下位っていうゲーム差ほどの差は感じなかったけどねー?このくらいなら、この後全然いけるんじゃないー?えー?別にー?落ち込んでないけどー?てか連勝はいつか止まるしーたまたま今日だったってだけだしー。えー?明日?なに、なんで?・・・・・・・・・・ん~~~~~友達と約束あるからーーーゴメンネーあー充電切れそうだわーほんじゃねー」(ブチッ)


さあ!他の女子から「勘違い女」とか言われてもこの際は構いません!
貧乏神からのお誘いは断りましたよ!
それじゃまた明日ー!シーユーアゲ~ン!



この歯磨き粉、アセロラ味だよ、と言ったならば、「え?足の裏味?」と聞き返された。
そ、そんな味がこの世に存在し・・・・てたとしたらどんな味なのか。
味見絶対お断りの断固としたワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【ロッテ戦】FIGHTERS AGAIN

2013 ペナントレース
06 /22 2013
6月22日(土)
日本ハム 4-2 ロッテ
(QVCマリン)


ヨミガエルさま、ヨミガエルさま、ハムは今日ヨミガエル?
「・・・・・・。」
ヨミガエルさまはまだ、お休み中のようです。試合が始まっちゃうよー。

ということで、水入り後、初めてのリーグ初戦。気持ちは二つ目の開幕戦!
最下位で再開だけど、気持ちも新たに、いってみYOH!と岱鋼さまがいきなり2ベースで出塁。おお、これが二つ目の開幕戦のファンファーレなるか。

ビッキーが送る、アブさんが四球で出塁すると、ここで翔が放った打球は普通の3ゴロだったのですが、

「ファンブル。」
で、陽さんが生還で幸先良く先制。


そして今日の先発投手、光夫。ランナーを出すも、ピッチピチのピッチングで、2回を0に抑える。
ヨミガエル様、追加点が欲しいのですが。


「いでよ、陽。アブレイユと中田翔。」

陽さんが四球の後、2アウトから、アブ!翔!連続タイムリーで2点追加!


も、もしかして・・・・!
もしかしてホントのホントに、よみがえりつつある・・・?
交流戦後半の上り調子は、勘違いじゃなかった・・・・!?
さあ、あとは!光夫に託すだけ!


が!


みつををををををーーーー!


光夫、光夫の足に異変が!足が!つってしまった!
ヨミガエル様!光夫はよみがえるんじゃなかったんですか!

「左足だけお経書き忘れたのかな」
んな、耳なし芳一みたいなことを!

いや、ほんとに大丈夫なのか光夫よ・・・この間と同じところかな。
もちろん光夫の身も心配ですが、試合!せっかく3点リードしたのに、みつおわずか3イニングスで降板。
誰だ、誰が投げる。矢貫は投げすぎだし、こんな時、他に誰か・・・・


「いでよ、道産子鍵谷!」
そうだ、お前がいたじゃないか!鍵谷!


そして、鍵谷は・・・まず3裏:2アウト満塁のピンチを切り抜けると!

5回の表、鍵谷にご褒美、岱鋼さまのバックスクリーン弾だYOH!
で4点目!

鍵谷頑張る!4回ランナー抱えるも、踏ん張り!
鍵谷粘る!5回ランナー抱えるも、片付け!(みのさん、しびれたわよ~)
鍵谷まだ投げる!6回、さすがに疲れてきたか、ヒットと四球でピンチを招くも、三振で3アウトを取る!


光が・・・見えてきたかも・・・!
7回、矢貫は得点圏にランナー抱えるも、栄ちゃんのすっばらすぃフィールディングもあってピンチを切り抜ける!


もしかしたら・・・・いけるかもしれない・・・・。
いやいや、でも油断は禁物。だけどあと8回と9回。守りきれば・・・4点差だし・・・。


8回、増井。
増井さん、サクサクと2アウト!オッケーイ!ないぴ・・・・・・


・・・なぜ、2アウトから四球・四球なのだ、まっすー・・・。


いやでもあとアウト1つだし。増井頑張れ、アウト一個取ったら、この回は終わりだから!
すると増井さんはね!最後のアウトを、ゴロで取ったんですよ!
その間に、2点取られたけどね!
こ、こんなときのために4点取ってあるんだし!このぐらいでちびってたらハムファンなんか務まりませんよ!
ねーヨミガエル様!


「これで久にセーブつく。」
だまらっしゃい。
あ、いいえ、そうですね、すいません。


そう、9裏を迎え、心の中はハーフ&ハーフ。
表目「マッスーが悪い時の久は、あっさり三人で抑える」
裏目「限度額一杯までランナーを貯める」

さあ・・・・今日の守護神は!(ダダダダダダ・・・・)


おめでとうございます!三 者 凡 退です!
(何気にひどい事を言っているような気がします)


ヨミガエル様!やりましたね!よみがえりました!


「斎藤佑樹、フューチャーズ戦でよみがえる」

本当でございますか!本当なのですね!?


ああ・・・・盆と正月が一変にきたようなこの喜びよ・・・!
これで明日の試合開始まで、五連勝の喜びに首まで浸かっていられます!
ありがとう、ヨミガエル様、ありがとうファイターズナイン!


「いい夢見ろよ。」




このカエル様、もういつ買ったか覚えていないくらい昔に買って、この間まで「ガラクタ箱」の中に入ってたんです。みごと「ヨミガエル様」としてよみがえる。うーむ、運命ってわからない。
祝・復活のワンクリックをどうぞお願いします☆勝ったどー
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


THE PACIFIC TYPHOON

未分類
06 /20 2013
いよいよリーグ戦再開でございます。
交流戦明け、2度目の開幕戦と言った趣ですね。

交流戦の時は自分のチームをおっかけるのにいっぱいいっぱいで、パの他チームの調子はどうなんだか、
さっぱりわかりません。わかりませんが、、交流戦では軒並みパ・リーグが優勢だったということは、たぶんそういうことなんでしょう。
でも!うちのチームだって、交流戦だけで言えば3位タイ!


ということは、皆と同じくらいの力はあったと言うことです!

ということは、その力をもってすれば十分戦えるということです!

ということは、やれば勝てる!

ある、戦える、勝てる!
これをポジティブ三段論法として、活用したいと思います。


さて、いきなり首位ロッテとの対戦です。4連戦。
お天気大丈夫ですかねー。タイフーンがきそうじゃないですかね?


ふふふ・・・・そのタイフーンの名前は我がファイターズ!
恐らく!
たぶん!
きっと!
願わくば!


今のファイターズは交流戦前のファイターズとは違いますよ!
このパシフィックに!
嵐を呼ぶ男たちが今!




よみがえる!





ロッテ4連戦・・・結果次第では混戦パ・リーグを、さらなるカオスに叩き込むことができるのです!
かつて抱え込んでいた暗黒の力を今こそ、放出する時が来たのです。
私らは十分味わわせていただいた。もうそろそろ、隣近所におすそ分けしてもいい頃だと思うのです。
いらないと言っても、「いいから!奥さん!遠慮しないで!」と暗黒饅頭の入ったお重を、玄関先に押し付けて、ダッシュです。
さあ、ババを引くのはどのチームだ?ばっちこーい!


----景気付け終了----


(こんなこと書きながらふと、まったく夜更けに何書いてんだか、と我に返ったりします)


あまり遠くの山を見ず、足元を見つめてまた一歩一歩と進んでいくのです。
前半は3歩進んで1歩下がっていました。ひどい時には1歩進んで4歩くらい下がっていたのです。
お兄ちゃんたちには、1歩後ろは地雷原だと思って、しゃにむに進んでいってもらいましょう。
前進あるのみ!僕の前には道がある、ですよ!



あー緊張してきた・・・・。




薬の効果か、アリの数は減ったような気がします。そういえば、思い出しました。昔、サイダーを飲んだコップをそのまま一晩、置き忘れてしましました。すると翌朝(以下略)
そんなに働かなくていいよ、働きアリ。たまには有給休暇のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【広島戦】めでたさも 中くらいなり 二刀流

2013 交流戦
06 /18 2013
6月18日(火)
日本ハム 7-4 広島
(マツダスタジアム)


他のチームは交流戦すべての日程を終了し、今日の試合は雨天振り替えのうちの試合のみ。
そして、大谷翔平が満を!持して!二刀流デビュー!
今日のスポニューはいただいた・・・・!


・・・・た・・・・!と、「うーん、マンダム」のポーズでつぶやいたところで、心の中でこう付け足すのも忘れない。
(できたら勝ってください)
「うーん、マンダム」がわからないナウなヤングは、その辺のアラフォーの人に聞いてください。ポーズまで再現してくれるはずです。


さて、その試合。
ハムは大谷翔平、広島カープは野村祐輔という両チーム、期待のヤングマン対決!
名づけてTHE YMCA対決!


このヤングドリーム対決。
結論から言うと二人とも、4回・被安打4・失点3(自責3)という、なんとなく冴えない結果に・・・・。
今日のYMCAベストダンサー賞は・・・該当者なし!


そう、翔平を例えるなら・・・
めでたさも 中くらいなり 二刀流
うーん、時折輝きは見えたものの、よく4回3失点でまとめたな~と別の意味で感心。
Mr.エルドレッドへの死球からちょーっと試合が荒れ模様になるか!?とドキドキしましたが何とか乗り切りましたね。いやもうどうなることかと、おかんはドキドキですよ。
ただし、チーム初ヒット、相変わらず2ベースマニアッぷりを見せてくれたのは、結構なお点前でございました。


で、試合自体は、3回までに3失点で、正直この時、「うーん、プロの厳しさ頂きマンダムかな~」
と微妙に諦めモードだったのですが、なんと!


一気に3点取り返し同点に追いつくという、「もしかして・・・うちら、強くなってる!?」とドリーム突入しそうな離れ業を見せてくれます。
押し出しフォアとかあったんで、プロセスの積み重ねとしては、ラッキーもありましたが・・・ともかく、何より、
翔平の負けが消えた。
もうそろそろ正式に・・・・モッテル王国の継承者としていいのではないかと。


そして今日は野手のお兄ちゃんたちも、モッテルーノ。
5回表、いきなり「四球四球死球」であっという間にノーアウト満塁、バッターは大谷というよだれが出るような場面。


道民の上に降り注ぐ、二刀流妄想水・純度100%。妄想したよね、しましたよね?
ここでホームランとか打っちゃったら・・・いやいやまたまた2ベースでも・・・・むふふ。
「大谷魅せた!真骨頂!!!」「ベールを脱いだ二刀流!」
もう、スポーツ新聞の見出しまで脳内にフルカラーで再現されました、が。


やはり現実はそううまくはいかず、ここはショートゴロ。でも、満塁だったこともあり、ここは打点を1つあげて、
自援護とあいなったのです。
その後、栄ちゃんが犠牲フライで1点追加。5-3と逆転に成功です!


翔平は4回で降板しちゃったので、5回から誰に投げるんだろう、また矢貫?と思ったら、最初に出てきたのは宮西。
おお、宮西・・・・西部劇の時は出番がなく、遅れてきたガンマンの登場です。そして鮮やかに仕留めました。
6回・7回は案の定(?)矢貫。彼もまた2イニングを鮮やかに仕留めます。
そして8回増井が鮮やかに・・・・先頭を四球で出すと、2アウトから長打を許し、1失点。むむう、まあ1点ですんだからいいか。


それでね、8回表にも、陽さんの3ベースで1点を追加したらしいのです!
なぜ「らしい」のかと言えば!この場面で!私の身に背筋も凍る出来事が・・・・
ぎゃーとか言ってるうちに、このイニングはいつの間にか点数が入ってたと言う・・・・


そして9回表。
「翔のホームランが見たいかー!」「おー!」ということで、17号ソロ炸裂!
アブちゃんに並んだー!さすがー!最後は1本差で勝つ予定の男!やるうー!


もちろん9回は、異次元クローザーにて守護神、武田久登場!
ようし・・・3点差!2点までならOKだぜ、旦那!存分にやってくんな!心臓の毛はお手入れ済みだぜ!
と、明鏡止水の心境で待っていたならば、なんと、


3人で締めた。
(この間のことで思うものでもあったのだろうか・・・)


ということで!
交流戦の全日程は終了!我がファイターズは、13勝10敗1分の3位タイ。


へえ~~!というのが正直な感想です。去年は14勝8敗2分ですから、実績としてはそれほど大差はないのですね!なんだかすごく負けてるような気がするのは・・・・気のせいということにしましょう。


あと2日でペナント再開。そしていきなり、首位ロッテと敵地で4連戦かあ。
ここが今シーズンを占うカードになりそうですが、そんな先のことを気に病んでいては心臓の毛が抜けます。
あと2日間は「4連勝で締めくくった・・・・むふ」とニヤニヤ笑っていようと思います。うーん、マンダム。



で、8回表に私に起こった出来事ですが、それが・・・・胃薬のもうと思って戸棚空けたら、
(この先は虫系が平気な人だけどうぞ)平気じゃない人はここで村へワープ!
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




続きを読む

【広島戦】ハムタウンの決闘~男たちの番だな。

2013 交流戦
06 /16 2013
6月16日(日)
日本ハム 3-2 広島
(札幌ドーム)


(前回までのあらすじ)
赤をまとった謎の軍団に攻め込まれたハムタウン。一日目は稲葉長老の獅子奮迅の働きと、
牧場主ウルフィーと街のガンマンたちの活躍でで退ける事が出来た。だが、彼らは再びやってきた・・・。


<急募:腕に覚えのある方 即日就業可 社保完備 給与:経験を考慮 左腕優遇>

「募集をかけたらすぐに決まった。こんな適当な張り紙に募集が100人超だ、不景気だな」
「で、その男は・・・・あのタコ星人の被り物をしている男か?」
「そうだ。人呼んで、武田勝」
「そのままじゃん」


そうして戦いは始まるのだった。

案の定(?)、初回のしょっぱなから大ピンチを背負う武田勝。
だが、今日の勝は一味も二味も違う!なぜならヒットとパスボールで1アウト3塁という、失点フラグがばたばたとはためいた状態から、0点で抑えたのである!

「どひー!いきなりピンチだったな、だけどそれ以降はまずまずじゃないか」
「こっちがチャンスを逃がしたのが気になる・・・まず先制点!それが条件だ」
「うーん、相手のバリントンとやら・・・昨日のマエケンよりはつけ入る隙がありそうなんだが・・・」
「そうこうしているうちに、3回裏の攻撃だ。ううむ・・・大野は期待しないと打つ!みんな期待するな!」

奨太、フォアボール。

「見たか、大野のパワーを!」
「いや、安全装置すら外してなかったのだがな」
「大野の体から・・・・弾がよけるオーラが出ているのだ!だが、岱鋼はフライ・・・」
「ビッキーもゴロで2アウトか。だがこれで大野が2塁へ・・・」
「ここで稲葉長老の出番・・・・みんな・・・さあ行くぞー!声による援護射撃!いっせーのーでー!
神様仏様稲葉様!


バキューン!

神様仏様稲葉様ぁぁぁ!


「どうしたんだ長老!当たりまくりじゃないか!」
「どうしたもこうしたもあるものか。これが稲葉だ!この街では昔から、稲葉が打てば、夏が来る!
夏が来るから稲葉が打つ!街では稲葉が先か夏が先かと」
「くだらないことを言っているうちに、中田のボンが出塁だ!アブレイユ、よく狙っていけ!」



黒い銃身:アブレイユの放った弾丸は、見事にライト前を貫いた・・・。これで2点リード。
良かったね、勝さん、援護だよ。勝さん、先制点だよ。
しかし、勝さんはその直後、撃たれてしまったのだった・・・。


「く・・・・直後に失点は痛いが、かすり傷で済んだのが幸いだったな・・・」
「ああ。防弾チョッキを身につけたらしいな。1点で済んだ」
「そんなこじゃれたものがある時代設定じゃないぞ」
「そうか・・・じゃああれだ!胸ポケットの銀のシガレットケースにたまたま弾が・・・(洒落じゃない)」


戦いは攻防の激しさを増した・・・・というか、どちらも決め手に欠き、チャンスはあるものの、なかなか相手にダメージを与える事が出来なかった。
ハムタウンとしては、1点差は怖い、せめてあと1点・・・その1点のバリケードの厚みが、街を救う鍵になるだろう。
そしてその思いが、いかにも予言めいていると、後で知ることになるのだが・・・。


「勝は7回でお役ゴメンか。よく頑張ってくれた、銀のシガレットケースのおかげで1失点で済んだ」
「ああ、自分の仕事は十分に果たしてくれた・・・矢貫は大したものだ、得点圏に進まれても大丈夫だろうという安心感がある・・・よし、ここは抑えてラッキーセブンだ」
「おお!いきなり岱鋼がヒットで出塁・・・しかも盗塁・暴投のダブルコンボで、ノーアウト3塁!」


外野フライでも一点・・・・だが、ここでビッキーと稲葉長老は相手の固い防御を打ち崩すことができない。
しかし。
満を持して現れたガンマンは、今日ここまで3打数2安打の中田翔。


「さっき自分の足を撃ってたな・・・・」
「痛そうだったな。あれは痛い。痛いの痛いの飛んでいけーーーーといっていたら!」

「レフト前タイムリー!!!!3点目!」
「さすが DE 翔ーーー!」
「いい DE 翔ーーーー!」
「すごい DE 翔ーーー!」
「(こんなこと言ってる本人以外に面白いのかどうか、ふと不安になったで翔・・・・)」



そうして8表は、増井が昨日に引き続き、見事かつ華麗なピッチングであっさりと敵を仕留める。
2点差。


「9回表。ここを抑えれば、街の平和は守られる。やつらは当分、この街には来ないだろう・・・」
「誰が行った?ああ、久の旦那か。そりゃあそうだな、旦那が仕事する場面だ」
「昨日の様子じゃ心配ないだろう。おい、カードを配ってくれ、それと祝杯だ」
「気が早・・・・・ん?」
「ん・・・・・・・?」



「なんか燃えてるぞ」


火事だー!
火事だーー!


「旦那方!ヤバいぞ、最後の砦が燃えてる!・・・・赤い軍団が、火をつけてたんだ!」
「ゴホゴホッ!・・・うわ、なんで1点差になってるんだ!」
「どうやらデカイやつを被弾したらしい」
「旦那ー!久の旦那ー!無事かー!?」
「無事って言うか、1点差。2アウトまで来ていながら、ヒット!ヒット!フォアボール!で敵に包囲されてしまっている!」
「オーマイガッーーー!」

一人でも砦の扉をくぐれば・・・・勝の勝ちガンマンの権利がなくなってしまう・・・
それもそうだが街の平和が・・・・。
街の人々の、勝利の金色の風船が、煙の向こうに見え隠れしています。


1点差で満塁。

カウントは3-2。

フルカウント。

フルカウント!

も、もう、ストライク取りに行くほかはない!
空振りしてくれれば・・・・だけど・・・・撃ち返されたら!?
ここは球威で押して、撃ち損じを期待するほかはナッシング!
バ、バクチ・・・・
ああもし・・・・その球が・・・ストライクゾーンから外れたら・・・・
それを相手が・・・振らなかったら・・・・


街中が祈りに包まれたその時・・・・久の旦那は最後の一球を・・・・・


「怖いよー!」


「プリーーーーズ!」


・・・・・・


「いらっしゃい。胃薬なら売り切れだよ、すまんが他を当たってくれ」
「そう言われたのはここで10件目だ・・・後は町を出て、サ×ドラにでも行くしかないな」
「あんたたちにいちばんいい薬はテキーラさ」
「もらおう」


「勝利と街の平和、偉大なる7凡に乾杯」



いても立ってもいられない時に、状況がそれを許さないことほど、しんどいことはありませぬ。
久が抑えた時、思わず「エアー吠え」。エアーガッツポーズのワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【広島戦】ハムタウンの決闘~INABAがプロデュース。

2013 交流戦
06 /16 2013
6月15日(土)
日本ハム 5-1 広島
(札幌ドーム)



俺たちの街で、

好きにはさせない。



・・・・そう大見得を切ったからには、やらねばならない・・・・・。


迫り来る「赤をまとった謎の軍団」から・・・・。


「街を救うガンマンを探しに行かせたらしいが、結局ウルフィーの旦那がまずは立ち向かうそうだ」
「ところで、赤をまとった軍団より謎なのは、あの毛むくじゃらの青い生き物なのだが・・・・」
「緑色のつるっとした出っ歯の生き物もいたな。人工芝の上で保護色になってたが・・・・」



【敵は名うてのガンマン、名はマエケン】
つけ入る隙があるとすれば、彼は病み上がりである、というその1点のみであった。
むしろその1点のみに期待していたと言っていいだろう。
だが・・・・病み上がりだろうがなんだろうが、マエケンはマエケンである。
一巡目は手も足もでず、振っても見送っても三振。どーすりゃいいの。

「まずいな、撃てる気がしない」
「ウルフィーの旦那が踏ん張っているうちに援護を!・・・じゃないと、キレたらヤバいぞ」
「うーん、3裏はチャンスだったのだが、期待のルーキーは軽くもてあそばれちゃった感じだな・・・」


【うちのウルフィーの旦那】
旦那は調子が良かった。今日の旦那はゴロゴロウルフィー、これはいい球を投げている証拠。
しかし3裏、点数が入りそうで入らなかった後、急に連打を許してノーアウト1,3塁のピンチに・・・。
しかし、ウルフィーの旦那の集中力がキレることはなかった。三振で一人仕留めると、その後は期待通りにゴロを打たせて、併殺に仕留めたのだった・・・。

「今日の旦那は・・・いける!」
「ああ、落ち着いている!・・・先制点が欲しいな、主導権を握らねば・・・先に点数をやったらさらにずばずばとこられちまうぞ」

その時だった。


【うちの4番】
俺たちの街で、好きには、させない!16号先制アーーーチ!


これだ。
これを待っていた

しかもマエケンからの一発、これは点数以上に大きな一発!
この花火に街が沸いている。
が、幸せは長くは・・・というか、それから2イニング後までしか続かなかった。


【6表のウルフィーの旦那】
先頭を歩かせ、これがすべての始まりだった・・・。
ここまで持ちこたえて来た旦那が、ついに捉まったのだ!


「ウルフィーの旦那ー!しっかしてくれ!」
「大丈夫だ!急所は外れている!1発返されただけで済むなら、まだマシだ!」
「ここを最小限で抑えれば・・・きっとまだ機会はあるはず!」


機会・・・。
そんなものがあるだろうか。マエケンはまだまだ投げそうだし、今のところ危なげもない。
本当に、この街を守りきる事が出来るのか?
このままこらえきれずに、勝ち越し点を与えてしまうのでは?
街の中がその恐怖の静寂に包まれた時。


【矢貫・ザ・オーバーワーク、現われる】
「俺が働きすぎ?だから、さっさと3人で片をつけるのさ、面倒ごとにならないうちにな」


【増井・ザ・セットアッパー、現われる】
「誰だ、俺のことを“劇場型”というやつは。今日は6発で3人。文句があるか?」
(ないです)


「頼りになる男たちだ・・・・さあ、8裏・・・・くーーーー。マエケンまだ頑張るのか!」
「同点で8回・・・・だが、唯一の勝機が見えてきたかもしれない!」
「それは?」
「さすがにやつも疲れてくるんじゃないかと・・・いうことだ・・・・」



【運命の子と1000回の運命の輪】
もう「相手が疲れてくる」と、希望はそういうほうにシフトするしかないのか・・・。
勝ち越すなら1番から始まる打順的にもここしかあるまい。だが岱鋼が見逃三振・・・。
しかし、ビッキーが粘った末に四球を選ぶと、バッター大谷。


「はっきり言おう、第一打席と第二打席の大谷は話にならん。が・・・・三打席目の当たりは良かった、スタンドに入ったかと思ったくらいだった・・・」
「アジャストしてきてると?」
「それとプラス、マエケンの疲労を考慮で・・・・いや、もうゲッツー以外なら何でもいい、とにかく中田に回してくれ」



誰だ、そんなことをいったのは!
忘れたのか!大谷は!
ツーベース・プリンスだということを・・・・!



ここで、1アウト2,3塁になったのが、大いに意味があった・・・
1塁は空いているし、次は4番の中田。


「が、敬遠か!」
「ま、だろうな。中田と稲葉と今日の勝負、どちらを選ぶかと言われたら、稲葉だろう」
「く・・・・口惜しいっ!だが、満塁の稲葉の兄貴には何かがあるぞ!
「稲葉の旦那!意地を見せてくれ!」
「うお・・・・街が、街が稲葉ジャンプで揺れている!」
「これはもう!」
「撃つしかあるまい!」
「I・NA・BA!」



ズギューーーーン!


ああ・・・。
稲葉の旦那の誇りと意地の一発は、レフト線を抜けて行き、ビッキーが、大谷が帰ってくる・・・!
街を守り抜いた男たちが、帰ってきた・・・!大きな大きな追加点を手土産に・・・・。


それ以上何か付け足すことがあるだろうか・・・・
あるとすれば・・・・ピッチャーが変わった途端、元気がよくなるアブレイユのタイムリー・・・。
そして・・・武田久、貫禄の4凡。



最後の球が、大谷の手に収まった時、我々は知った・・・・。
街の平和は保たれたと。


俺たちの街で、好きにはさせない。


いや~本当に勝ってよかったわ、こんなこと言って完璧にマエケンにやられたらどうしようと、
小心者の街の人はドキがムネムネでしたよ!


「今日の勝利に乾杯だ・・・・選手プロデュースのドリンクを頼む」
「並んでて買えなかった」
「なんだ・・・では、選手飯はあるか?」
「売り切れで買えなかった」
「グッズは?」
「すごい行列にくじけた」
「スタンプラリーは?」
「方向音痴なのでな、罰ゲームかと思うくらい歩いたが、ポストカードもらった」
「まあとりあえずは乾杯だ。では音頭を取る。

神様・仏様・稲葉様!





不要な本とCDを整理しようと幾星霜。箱詰めし、寝かせて熟成させること2年。
やっと今日、玄関まで運びました。ここまでの道のりが長かった・・・。
ものすごく重いダンボールを車に乗せるという大一番が待っています。腰痛防止のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【阪神戦】You Can Fly!

2013 交流戦
06 /13 2013
6月13日(木)
日本ハム 3-0 阪神
(札幌ドーム)


あの・・・・あのさ。
昨日は・・・・ゴメン!




これ、シュークリーム!


(あんた・・・これ、セイコマのやつ・・・・しかも・・・・20%OFF・・・はちじゅうえん・・・)

「やったー!ありがと、うれしいー!一緒に食べようねっ!」



食べようね!洋!
完投完封!おめでとう&めっちゃありがとう!



もしも誰かがリズムを刻むとしたら、それは木佐貫さん。
さくさくさく、たんたんたん、さくさくさく、たんたんたん・・・・たっ!たっ・・・・た!たたんたん!(ピンチを迎えた5回表)、たんたんたん、さくさくさく、たん、たっ!(四球)たんたん、たんたんたーん!


オ・レー!


そしてそのリズムに乗って、待ってましたの翔くんが、2回裏に先制の14号ソロ!
ダダン!


1点リードのままヌッキーはリズムの投球。5回にヤバいところがあったものの、なんとか乗り切り、
コンボ!コンボ!コンボ!連発で援護を待つ・・・。
今日のヌッキーなら1点でいけるのでは・・・?と一瞬思いかけましたが、なにせ、「突発性四球連続ウイルス」が、ごく稀にドームに漂うことがあり・・・。
これに対する抗体はなんと言っても「追加点」です。「追加点」は野手の皆さんの協力が必要です。


満塁のチャンスを逃がしたり、1アウト3塁のチャンスを逃がしたり。
「追加点が不足しています。皆様のご協力をお願いします」とティッシュ配りながら呼びかけたいくらいです。


そう・・・世の中には、応えてくれる人がいるのです。
7回裏、2アウトランナーなしから、鶴ちゃん、陽さんの連続ヒットで、1,3塁。
ここで点取れないと、ホームラン頼みのハム打線になってしまう・・・・頼む、ビッキー・・・!と祈ると!
ビッキーは、みごとにタイムリーを放ってくれたのです!「追加点」追加です!ブラボー!


(その後の代打・ホフさんの三球三振は、取りあえず見なかったことにして・・・・)


8裏、先頭打者、4番中田はなにかやってくれるのでは、と思いましたが、ここで、
ダメ押しの15号ソロを!



素晴らしい!昨日の鬱憤が晴れたのが、気象衛星・ひまわりからでもしっかりと捉えられたでしょう!
晴れ!もう晴れ!
幸せはめっちゃでっかいシュークリームー!ハレルヤー!



と、興奮しましょう、今この時くらい!人間、浮かれられる時に浮かれておかないと!
現実は厳しいのですから、こういうときに、踊らにゃ損損、オ・レー!ダダン!


あーヒロインの時の、バンダナね。
ちょっと「歯医者さん」を連想してしまいました・・・。



で、昨日車につけられた鳥のうんこですが、まだついたままです。洗えよ、と言う感じですが、もしかしたら、今日ご利益あるかもと思って・・・(嘘)でも、結果オーライですね!うーん。
なんだか洗うのが惜しい気がしないでもないワンクリックをどうぞお願いします☆・・・でも洗おう・・・。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【阪神戦】飛ぶけど飛ばない

2013 交流戦
06 /12 2013
6月12日(水)
日本ハム 1-6 阪神
(札幌ドーム)


今年からボールが統一球・改「ヨクトーブ」(仮称)になっていると、ついに協会が認めました。
低反発なのは枕だけでいいやってことですが(違う)、問題はどして黙ってたの?ってことです。

「ねえねえ、絶対誰にも言わないでね」というのは、全世界中に知れ渡る魔法の言葉だと知らないのですか!
女子ならば小学校3年生の時にはそれを学びます。
男子ってどうしてすぐバレる嘘をつくんですか。去年と同じだよ、変えてない。打者が対応したんでしょう。

会社の奴と飲んでたんだよ。

あいつとは去年から会ってないって。

俺と他の奴と見間違えたんじゃないの?

ばればれなんだよ、バーカ!
(文章はイメージで実在の人物・団体とは一切関係ありません)


・・・・という訳で、球は変わっても日は昇る。日が暮れたら試合がはじまります。
2日待って!待ちに待った!野球タイムですよー!


だけどもあれですね、「あー、こんないい加減でだらしない男と付き合ってたらダメ!」とか思うと、絶妙のタイミングで「これ!前に君が食べたいって言ってた限定の!今日休みだったから朝イチで買いにいったんだ~いやー並んでるの女の人ばっかりでまいったまいった」とか照れ笑いしながらシュークリームとか出してきて、

うーん・・・でもやっぱりこういうところは優しいし・・・いい加減って言うけど、大らかなのかもしれないし・・・神経質で口うるさいよりいいのかも・・・・だらしないって言っても案外働き者だし・・・マメだし・・・まあ・・・・今すぐ・・・・別れるとかそういうほどでもないかも・・・・ね・・・・

と・・・・思わせる男のような、そんな男のような、そういう感じですよ、
お前のことだ、ハム。



そう、ハム。はむおちゃん。
はむおちゃんは、彼女の愛が離れそうになるたびに、「ね、君の為に勝ってきたんだよ」とか言って、
連勝とかするのです。
それで彼女が、「うーん、やっぱりはむおっていい男だなあ~」とうっとり食いついたところで、

「ゴメン、ちょっと今日無理」


とか言うのです。
それで「無理」の内容が毎回似たり寄ったりなのです。もうエスパーになれるくらい、展開が読めます。
たまに読みが外れないかと期待はするのですが、外れません。セオリーどおり。


この間優しかったのはやっぱ幻だったんだ・・・・・。
な、なによ!ちょっとウキウキしたらこのざまよ!ご機嫌取られてただけじゃないっ!
バカにしてー!きー!(今ここ)


パターンで行くと、この後に、「この間ゴメン」と限定シュークリームとかが出てきます。
早ければ明日!
手堅いところで16日くらいでは、とふんでいます。


なによ!またシュークリームでごまかそうとしてっ!


でもシュークリームに罪はないので、なんだかんだ言って食う、それが女子力。


(あー・・・男子のあなたは、どうしましょう)



今日ね!帰るとき車のボンネット見たらね!鳥のうんこがついてたんですよ!
それでね!「よしこれは運がついた!今日はいける!」と思ったんですけどね!
やっぱただの鳥のうんこだったよ!むきー!洗車マシーンに500円玉のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


残りは虎と鯉

未分類
06 /11 2013
夏です。
◎スカウト会議始めました。

◎日本ハム 今秋ドラ1候補は松井、森ら5、6人(スポニチ)
昨年の大谷1位指名をはじめ、ここ数年のドラフトで話題の中心にいる日本ハムは都内でスカウト会議を行った。

おととしの例の人、去年の大谷君と、フロンティアと言うか、チャレンジャーと言うか、トリッキーなドラフト魂炸裂で、話題の中心とやらにいる日本ハム。
ドラ1候補は「松井、森ら」とか言われても、普通すぎやしないか?と思ってしまいます。
ハムのドラフトは蓋を開けてみるまでわかりませんが、もしも当たり前すぎる指名だったら黄金の右腕に賭ける、そうでなければ、「誰それ」くらいの隠し玉を指名して欲しい。
今年も見せ場を期待しますぜ、旦那方。(主旨が違う)


◎故障後初ブルペン マエケン15日復帰へ好感触(スポニチ)

勘弁してくれよ。

あーあ、今のハムって安パイ扱いなんだろうな~。これが他のチームだったら回避だったんだろうーなー・・・とかついつい卑屈になってしまう。貧乏(?)って嫌ね。
というか、15日は選手プロデュースデーじゃないですか。「俺たちの街を好きにはさせない」と大上段に構えてるんですから、どうか有言実行で・・・。
あと、杉谷。間に合うのか。お前いなけりゃ盛り上がらんじゃないかー。
(追記:と言っていたら、ハルキがーーー!ケガが思ったより重傷で、全治2ヶ月・・・!ショックー!盗塁王狙ってたのになあ・・・ああ・・・とにかく一日も早く回復しておくれー!ホネナオールとかないのかなー)


しかしその前に、黒と黄色の縦じま軍が攻めてくるんですよ!
甲子園ではいやーな負け方をしてるので・・・・もういやーな負け方が一杯あって、具体的にはどんな負け方だったか思い出せませんが、とにかくいやーな感じだったことは良く覚えています。
このいやーな感じを払拭するには、相手にとっていやーな感じで勝つしかない!


とりあえず、意識付けとして去年の栄光でも振り返るのはどうでしょう。
栄光1栄光2

(去年は・・・賢介がいて・・・・マックも元気だった・・・チームも・・・・強かった・・・交流戦14勝で2位・・・)


はっ!全然景気付けになってないよ、これ!


ほーら!去年はこんなに素晴らしい試合で、札幌ドームを盛り上げてくれたんですよ!イエーーーーイ!
ヤクルトに2連勝して波に乗ってる(はず)の打線よ!ホームでいいところ見せてくれよ!
翔はそろそろホームラン打っていいぞ!



コレステロール値が高い、と悩んでいる友人に、「元気出して。とりあえずラーメンでも食べに行って気分転換しよ!」と提案してみたが、よく考えると配慮に欠けているような気がしないでもない・・・・。
とりあえず配慮に欠けていることに気がついただけマシ、なワンクリックをどうぞお願いします☆ラーメン食べてきます。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【ヤクルト戦】The Another Mountain Stone's

2013 交流戦
06 /09 2013
6月9日(日)
日本ハム 10-4 ヤクルト
(神宮球場)


粘っていこうー!おー!
・・・ということで、お昼ご飯はこれ。ローソン。
ローソンのファイターズ企画弁当、食べてみたいんだけどさ、あまりにもあまりなボリュームなのよ~。ガテンの兄ちゃん向けの量だよね~。


試合ですよ。15時から、そして例の「大人の事情」の神宮球場でございます。
頼りはSTVラジオだったですが、序盤あたりは、
ファイターズが打つ!→お馬さんが走る!→ファイターズが守る!→お馬さんが走る!
と言う流れ。(あんな感じなの?)
勝さんがバレ様にホームラン打たれた直後に「お馬さんが走る!」になったのには、笑った・・・。


ラジオだと、アナウンサーの調子で「いけたのか」「いけてないのか」の判断になります。すなわち、
「打ったー!」ならいい当たり、「う、ち、ま、し、た、」ならファウルか凡打、とか。
それで、例えばですが、

「うったー!だきゅうはさーどしょうめんだがはじいたかはじいたなかたはにるいをままわっているぼーるひろいなおしていちるいそうきゅうなかたさんるいをまわってあーさーどからのそうきゅうがそれていちるいはせーふそのかんににるいらんなーもかえってきたふぁいたーずにてんついかのーあうといちるいさんるい!」

・・・などと一気呵成に言われると、何が起き、今どういう状態なのか、とっさに思い浮かばないのです。

それで4回表の攻撃が、なんだかずーーーっとその調子で、とにかくわかったことは、


てんやわんや


らしいな・・・と。


いや、ねえ。
エラー祭りというのは、ハムもやらかしたことは幾度もありますし、こういうのを見ているファンの気分と言うのはそりゃあもう煮えたぎった油に水をかけたような気分であろうことは想像がつきます。
敵ですら思わず相手の投手に同情する惨状。


他人とは思えない・・・。



ですが・・・・
ですが・・・・
ここで敵に塩を送ることはできないのです!
だってうちなんて、何点取ってたって「セーフティ」な感じがしないんです!
少なくとも、満塁ホームラン打たれたら同点になる点差は、セーフティリードじゃないんです!
だから、5点差だろうが6点差だろうが、バントだって盗塁だってなんだってして、ガツガツいかないと!


案の定、勝さんバレ様に2発も献上してるし・・・。
去年の悪夢を思い出す・・・・)


それを考えたらもう!
取れるだけ取るんだ、むりしとるんだー!
鬼になるんだー!



それで、うちのかわいい子鬼、大谷翔平。
2ベースプリンスの称号を捧げたい。2塁打王子。
いや、ホントに。打つときの姿がね、ふわーっとしてんだよね、ガッキーン!じゃなくて。(あとで映像見た)
あのさらっと加減がねえ。ああ悩ましい二刀流ー!投手か野手かメインはどっちだ!
大谷君が二人いればこんなに悩まなくて済むのに!


でも、光夫に続く今日からあなたも二刀流、にはみごと打点を稼いだ勝さんへ捧げる。クララが立った!とハイジが叫ぶように、勝が打った!と思わず叫ぶ。
勝さん。バッターボックスの立ち姿が愛らしい。
投球のほうはうーん、ちょっととこの調子ではペナントが怖いような気もしないでもないけど、ともかく、3勝目おめでとう~!
タニモッティもね、調整登板風味だったけど、もう3イニングが長い長い。急に途中から投げろってのも調子が狂うのだろう、そういうことにしておきたい。


どうも点差の割には、妙に疲れる試合でしたが、2連勝。
よっしゃー!と札幌に帰ってきて・・・・次は絶好調のタイガース戦か・・・・うわあ・・・・。

いやいや。ここで!頑張って!交流戦勝ち越しを!決めようではありませんか!
粘っていこー!おー!
ねばーぎぶあっぷ!


車を車庫に入れるとき、ちらっとこすった気がする。ああ・・・後で見ておかなきゃ、明日車出した時に・・・→忘れる→帰ってきて車入れるときに、ああ、見ておかなきゃ・・・→忘れる→ああ、見てお・・・
まだ見れていない。記憶力を高めるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【ヤクルト戦】な、なんでぇ、やぶからぼうに!

2013 交流戦
06 /08 2013
6月8日(土)
日本ハム 8-4 ヤクルト
(神宮球場)


お客様の中に、“ライアン小川”をハーフの選手だと思ってた人はいらしゃいませんか?
(はい)


そのライアン君から初回、1アウト3塁というチャンスを作った時!
私の心は五分と五分。すなわち、

①よし、初回に先制できる!
②こういうところであと1本が出ないのが、今のハム・・・・

ああ、ごぶこぶラクダなせめぎあい。そして結果は、
今日こそは 思う心が 今日もまた


そしてこういう時は決まって、相手のチームにお手本みたいな鮮やかな攻撃を見せられて、意気消沈するのがお決まりのパターン。
今日もまた ああ今日もまた 今日もまた


いきなり2点ビハインド。しかし最近は2点取られたくらいでいちいち感情を高ぶらせていては、心臓から毛が抜けます。ここは2点で済んだ、ということに安堵します。これから3点取れるかどうかは別の問題です。


2回表もサクサク終わってしまいましたが、ウルフ様は立ち直りを見せてくれます。先発投手陣に蔓延する、
「それ以降は立ち直りいつもの投球を見せました」症候群です。
さあ、ここで、
「初回の2点が最後まで響いた」となるか「初回を2点で抑えた事が功を奏した」となるか。ひとえに野手陣にかかっています。


まあね・・・。3回の表は奨太からだと言うことで、「まあ、最悪でも4回は2番から始まるか・・・」とか一瞬思ったことをお詫びします。


お客様の中に、ここから打者一巡の猛攻撃が始まると思っていた方はいらっしゃいますか?
(しーん)


そう・・・奨太のヒットを皮切りに!(ついでにウルフの犠打もあり)
岱鋼ヒット!
びっきーヒット!1点返す!
ついでに挟殺崩れ(とでもいうのか?)で1アウト2,3塁。
ここでアブ様が倒れたので、2アウト。しかしここから、
翔くん2点タイムリー!3-2逆転!
翔平ヒット!(やったね)
栄ちゃん、タイムリー!4点目!
今浪さん、素晴らしい当たりの2ベース!2点追加!6点目!


・・・・どしたの?


つながらない、打てない、後1本が出ないと文句たらたらだったこの間を考えたら・・・
嬉しいけど・・・・嬉しいけど・・・・急すぎて・・・なんだか・・・・。彼氏フツーの人だったのに、
突如タキシード着て薔薇を敷き詰めたリムジンで迎えに来た、みたいな
「ど、どうし・・・え?な、なに?何なの?急に?」みたいな、そんな。
(いや、そんな経験ないけどな)


その後のイニングで、執拗に粘って成功させたスクイズで1点、今日2度目の栄ちゃんのタイムリーでさらに1点と計8点。
ウルフ様はしっかり抑え、鍵谷くんが1失点、モルケンくんよりによって9回でバレ様にすごいホームランをプレゼントするという気前の良さで泡を吹かせてくれるものの、リードを保ち、あと1アウトというところで矢貫さんが登板。
やぬっきーはとっとと2球で最後のアウトを取って試合終了です。ああ、得点に無駄点なし。
(うちのセーフティリードって何点だろ・・・)


あの3回のビッグイニングは、久しぶりにいい思いさせていただきましたわ~夢なら醒めないで。
いや、夢じゃなくても醒めないで下さい。
お願いしますよ!明日もほっかほかのままで頼みますよー!保温ジャーで冷めないようにねー!
(そして勝さん、初回の失点は2点までに・・・)



暑くなってきましたね。ところで私が今日やけに暑かったのは、朝適当に着たTシャツ、もしかしてこれ・・・
ヒートテック・・・?ヒートでホットなクールビズのワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【読売戦】ザルではすくえん。

2013 交流戦
06 /06 2013
6月6日(木)
日本ハム 2-4 読売
(東京ドーム)


今日は~佑ちゃんのお誕生日なんですよ!

♪はっぴばーすでーつーゆー
はっぴばーすでーつーゆー
はっぴばーすでーでぃあゆうちゃーん
はっぴばーすでー梅ー雨ー!

ああっ!
そう、去年の今頃は!札幌ドームでみんなで佑ちゃんのお誕生日祝いをしたんだよ!
うはあーーーーもうあれから一世紀は経ったんじゃないかと思うわ~


Dear.Yu-chan

佑ちゃん、お元気ですか。
こちらはみんな元気じゃありません。
それはともかく25歳のお誕生日おめでとう!


すでにご存知のように、今こちらは火の車です。カリフォルニアの山火事くらい盛大に燃えています。まだ燃える材料あるのか、と感心するくらい、ボーボーです。


交流戦へ出稼ぎに来て、借金を返す予定だったことは知っているでしょう。
ところが、働いても働いても借金が減りません。少し返したと思ったら、また新たな借金ができるのです。
もう借金を返すことは諦めて、夜逃げの準備でもしたいところですが、どこにも逃げられないのが辛いところです。


今日ももう少しでお給金を手にするところでした。ところが、またもや同じパターンで借金を増やしてしまいました。アブ様がホームランを2本も打ったのはいいのですが、案の定、その後、再三再四の得点チャンスに凡退です。なんでその3塁ランナー返せないねん、と、







こういう形になります。


その時はまだ勝っていたんですよ?1点リードしてたんです。
でも、どうも臭いのです。臭うのです。それは背後から忍び寄る、貧乏神臭・・・がしたのです。


だって・・・普通・・・・

敬遠でわざわざランナーためて4番勝負
しますか・・・。


しかも相手はただの4番じゃあないですよ・・・・。
しかも石井さん、日シリでやられてる相手ですよ・・・・。


1点を惜しんで、3点取られる・・・・これが貧乏性と言わずしてなんと言うのか・・・。


今度こそ完璧な







まあね。
あの直前、1,2塁からダブルスチールしかけてきたのを見て、うなりましたよ。
ああいうことは、うちのベンチは逆立ちしても思いつかないんだろーなー・・・とね。


あ、これ、佑ちゃんへの手紙だったわー!
いやねー、おほほほほ。


ということで、
いろんな意味で去年が懐かしいです。幸せと佑ちゃんのありがたさは、失ってからわかるのですね。


佑ちゃんに会える日を楽しみにしています。ある意味、それくらいしか先の楽しみがありません。


じゃあまたね。チャオ。



やるせないと言えば野球もそうですが、夜中にトイレに起きて、ネコゲロを踏んだ時ほどやるせない時はありません。なぜか通り道にピンポイントに照準を合わせる、ネコスナイパーに賞賛のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【読売戦】そうか、そうきたか。(爆)

2013 交流戦
06 /05 2013
6月5日(水)
日本ハム 1-4x 読売(延長11回サヨナラ)
(東京ドーム)



・・・・看板直撃のホームランは2点入るとか、そういうボーナスルールはどうでしょうね?


とか、のんべんだらーりと見てましたよ、それもこれも!


光夫がかのヤクルト戦を思わせるナイスナイスピッチーーーング!だったもんでー。
これは・・・もしや2度目の正直(?)で・・・


ノーノー?


と言うと!ほら!言ったらダメなんですよ!NGワード、それは、「ここまでノーヒットピッチング!」。
小声で言っても野球のイヂワルな妖精はめちゃくちゃ可聴範囲が広いんですよ!

「           !」

モスキートーンで言っても聞こえたみたいです。地獄耳妖精パワー発動。それは7回1アウト。
あー・・・・くしくもかのヤクルト戦と同じー。おしーーい。


・・・それで、冒頭の発言「看板直撃の~うんぬん」の真意はもちろん、なかなか追加点が取れなかったために出た発言です。ええ、まあ、結末を考えたら、たとえ2点取れてても足りなかったんですが(白目)


正直、10表のチャンスがゲッツーで終わった瞬間に、負けだなーと思ってましたよ。勝てるときにはあそこで決められるもんです。その後は打順から言って・・・。代打も使い果たしちゃってたしー。


ああ・・・光夫があんなに良かったのになあ、7回までは間違いなく勝ちムードだったのになあ、光夫かわいそうだなあ、あと1点あればなあ・・・あの満塁のチャンスを生かせてたらなあ・・・・ここまできたら、せめて引き分けなら上等かなあ・・・とか見てたら、


あれほどまでに豪快な負け方とは!


ノーアウト2,3塁になったとき、「もしも我がチームに奇跡が起きるとしても今日ではないだろう」と確信したので、さあ、犠牲フライか。それともゲッツー崩れか、シングルヒットか・・・と想像しましたが、現実はそんなしょぼい想像をはるかに超えるのでした。それは・・・


「                   !」


ああ・・・可聴範囲を超えています。これはコウモリでないと聞こえません。


「                    !」


うーん、聞こえない。
ま・・・・・別に聞かなくてもいいよねっ!
聞こえても多分嬉しくないし。


♪さよーなーらーさようならー 好きになーーーった人ー

(爆)



バリウムを飲むのはまだいいんですよ。しかしあの検査台の上で、ごーろごろごーろごろ必死に指示通り転がっていると、「この検査受けられるうちはある意味健康だよな・・・」と笑いがこみ上げてきます。
あと、息とめなくていいのにずっと息とめてて苦しいワンクリックをどうぞお願いします☆はい左から一回転~
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


未だ終わらず、前進あるのみ

未分類
06 /05 2013
交流戦も残り9試合・・・。

負けが込んでいるせいか、ながーーーーく感じるこの交流戦。去年はあっという間に終わった、気がついたらオールスターだったーという感じですが、今は「まだ交流戦残ってんのか・・・」という感じです、とほほ。

他のパチームはパ・リーグの合言葉(?)「倒セ!」を有言実行中。うちは「倒セたり倒セなかったり」という曖昧な状態で、パリーグの借金を一人背負い込んでおります。ああ、パはゴルゴダの丘か・・・。
もっと恐ろしいのは、交流戦が終わるとすごーく強いパ・リーググループでまた戦わなきゃならないということですね。「おい、ハム~お前パン買って来いよ~お前挟んで食うからよ~」とか言われそう。いじめないでね。


今日は満を持して!というか、ローテどおりに吉川光夫が登板!
ふふふ、今の光夫は、日本シリーズのときの光夫じゃないぞ!MVP復活の光夫だから!見るがいい!
さあ、かかってこ・・・・なくていいです、別に。むしろ「吉川なんてちょろいだろ」とちょいと気を抜いていただけるといいのですが。


そしたら
「だ、誰だあれは・・・・!吉川・・・まるで・・・あの時とは別人・・・!」
「光夫・・・・恐ろしい子!」
と、なる予定です。


打線のお兄ちゃんたちは光夫を援護してくれますように。
翔、アブに2本差をつけられたから、ここでグッと差を詰めてみませんか!?
思い出せ、骨折した手で打った3ランを・・・!
治った今となっては・・・きっと6ランくらい打てるはず!GOGO!


頑張れ!とか、負けるな!とか、翔平君(≧▽≦)とか、
予はまだ復讐の血を飲み足りてはおらぬとか、色々思うところはありますが、ここはシンプルに、


倒セ!


(るといいな)


ふー。昨日、年に一度の健康診断だったんですよ。朝早くってさーいつもより1時間以上早起きしてさー1時間かけてクリニック行ってさー2時間かけて健診受けて、1時間かけて帰ってきたらさー、もうへっとへとよ!家帰ってばったりなへっとへとよ!だけど健診はオールAなワンクリックをどうぞお願いします☆疲れた・・・
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【DeNA戦】チビタニ、旭川降臨。

2013 交流戦
06 /03 2013
6月3日(月)
日本ハム 7-1 DeNA
(旭川スタルヒン球場)


何が起こるかわからない地方球場・・・・。


そう!何が起こるかわからなかった!例えば!


チビタニが脱皮したらデカタニになってたとか!
(なんじゃそりゃ)


今日は初回からアブ様のソロホーマーで1点先制。
2回もサトケン、陽さんのタイムリーでさらに2点追加。
そして、昨日の分まで今日は大サービス!4回裏、打席はアブレイユ!


ドドーンと一発たまやー



アブ様の場外2ラン!
紺碧の空に吸い込まれて消えていく白いボール、ああこれぞ、野外球場の醍醐味!


そんなこんなで5点リード。心の空席は「○余裕あり」でしょう。
そんな心に空席に忍び寄る魔の影。それは魔の6回。


そう・・・・。
この間も、谷元は5回までいい感じで来ていたのです。ですが、6回、ここが谷元の折り返し地点なのです。
ここから帰り道の燃料があるかどうかが問題なのです。この間は出力が低下した途端、ブランコに同点3ランを打たれて、撃墜されたのです。


6回表。
連続ヒットでノーアウト1,2塁。がああああー!
頑張れ谷元!ここを乗り越えれば、大きくなれるんだぞ!
幸い5点差。「○余裕あり」だからね!
すると、次はショートゴロに打ち取った!
よっしゃ、ゲッツー・・・・ハルキィィィィーーーッッ!!


このハルキィィィィーーーッッ!!は(喜)でも(驚)でもなく、(怒)のほうです。
そう、大引さんが取って、ハルキにほいっとトスしたその球を!ハルキはボトッと落としてノーアウト満塁


ここでヒットを打たれて1点返され4点差。そしてまだノーアウト満塁


打者:ブランコ
(参考・ホームラン21本・打率.354)


ううう、満塁では敬遠も出来ない・・・
よし。こうなったらポジティブシンキングだ。
ここで「また前みたいに同点ホームラン打たれたらどうしよう」とか思わずに!
「リベンジの機会が来た」と思うべき!
思おう!思えば!
谷元はみごと浅いライトフライに打ち取ったんですよ!
そして!なぜかこの場面で飛び出していた素っとん狂な2塁ランナーのおかげで、ところてん方式で押し出された3塁ランナーを本塁タッチアウト。一気に2アウトに!


勝負あり。


そう、この大ピンチを乗り切り大きくなった谷元にもう怖いものはなかった。様な気がする。
谷元はなんと自己最長・8回まで投げたのだった。7回など三者三振、もうバッチバチだった。
みんな、見たよね。カッコいいよ谷元。背が低いのが悩み、なんていってるそこのボク!
男は背丈じゃない、肝っ玉だ。


陽さんがサンキューでーすと、ホームランを放ち、翔くんのタイムリーで2点ダメ押し。
しかしハルキが本塁突入の際、足を痛めた・・・?だ、大丈夫かハルキ!
なんだかんだ言うけど、お前がいないとそれはそれで困るのだよ!


そんな訳で、寒い旭川を熱くしてくれた試合。
お立ち台はもちろん谷元とアブレイユでしたが、影のヒーローは、
2度の好プレーで谷元を救った、栄ちゃんでしょう!
心のお立ち台で栄ちゃんが照れ笑いをしている、そこまで妄想してところで〆。



文中で「醍醐味」という言葉を使いましたが、これを「だいごあじ」と読んでいたこともありました。
以前は「黒糖」も「くろとう」と読んでおり、「くろとうポン・デ・リング一つ」と堂々とミスドのレジで言いました。
くろとうのだいごあじ、ポン・デ・リングなワンクリックをどうぞお願いします☆食べたくなるなる。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【DeNA戦】1/4500のスタルヒン球場

2013 交流戦
06 /02 2013
6月2日(日)
日本ハム 3-11 DeNA
(旭川スタルヒン球場)


1回の表に勝さんが3失点と聞いたとき、勝さんを偏愛する私とてさすがに、

「またかよ」

と、愛のない言葉をつぶやきましたが、逆にこうも思ったのです。

地方球場って何が起こるかわからないしな。

試合が荒れやすいんですよね。
去年もあれだったし・・・3点くらいなら何とかなるかも?

その予想通り!

すぐに昨日は音なしのサトケンの2ランで1点差に迫る!


と思ったら、直後に勝さん4失点。3イニングで7失点。


地方球場って何が起こるかわからないんだよな・・・


(・・・・昨日の翔平のほうがよっぽどマシだったという・・・)


ま、まああれだよ。5点差ついたけど、去年も函館で8点差を追い上げたことあったしなあ~。


そんなこと考えてたら、ハルキとタクヤが仲良くエラー。


地方球場って何が起こるか・・・いや、わかってた・・・かも・・・


あとなんだか知らない間に(風呂に入ってた)1点取られてて、1-9。
なんでやねん、とつぶやいてみて、「ナンデヤネンってフィンランド人の苗字にありそう」とか、どーでもいいことを思いつき、そういえばミカ・ハッキネンって誰だったっけ・・・とか取り留めのないことを考えているうちに、
こちらの攻撃がとりとめもなく終わってゐる。


すると、次のイニングでネモッティが、2者連続ホームランを被弾してゐる。


地方球場って何が起こ・・・・らなくていいよ、もう!


わかったわかった、わ・か・り・ま・し・た!っつーの!
と、何がわかったのかわからないまま吠えてみる。


しかし次の回、満塁のチャンスを迎える!ほーら!地方球場って!

栄ちゃんのタイムリーで1点返す。

何が起こるかわからないよ!


でもそれ以上何も起こらなかった


最高にカッコいい勝ち方をした後、最高にダサい負け方をする、それがハム。
初の旭川ナイター開催!と力込めた試合でボロ負けで、球団通算4500敗目を喫するハム。
今のハムはバナナの皮でも滑って転ぶに違いない!

これぞ様式美・・・・
(とか言ってる場合か)



さあ、ミカ・ハッキネンって誰だっけ?嗚呼あの人ね!インターネットは便利だね!
別にF1好きでもないのに何で知ってるのか疑問なワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【中日戦】輝ける未来へ、3発の祝砲

2013 交流戦
06 /01 2013
6月1日(土)
日本ハム 7-3 中日
(札幌ドーム)


翔平!

この暗い世相(?)の中にあって、希望の灯火、そのはにかみ笑顔がファンの心を魅了する。
そんな翔平が今日は2度目のマウンドへ。
暗いさだめを吹きとばせ、と昨日書きましたが、飛ばしてくれるか?早く人間幸せになりたーい。


結論から言うと!
翔平、5回投げて被安打4、3失点。四死球3、奪三振4。
先制を許し、逆転し直後に追いつかれ、追加点を取った直後に、失点し・・・・とお母さん贔屓目で見ても、
ちょーーーーーっとテンポが一拍ずれてるというか、当選確実というにはやや危なっかしい感じもするし、
正直途中は「ああ~やっぱりがっつり投手方向で調整してから見たい鴨・・・」などと思いましたけど、ど!

・・・ということですわ。
勝利は素晴らしい。勝利はすべてを水に流す。勝利は何もかもを飲み下してゆく・・・。


翔平、プロ初勝利おめでとう!


ということにしておきましょーう!


そして、恐るべき翔平の援護運。
初登板では危うく負け投手になるところを、翔兄ィのホームランで帳消しになったのも記憶に新しいところ。
何てったって、今日度肝を抜かれたのは、

ホームランアーティスト・鶴岡


の登場でしょう!
それは2回の裏1点ビハインドの場面。先頭バッター・ホフさんがおひさな2ベースヒットを放ち、犠打で3塁へ。
そして2アウトで回ってきた鶴ちゃんの打席。
いい形が出来ました・・・なんとか早いうちに追いつきたいこの場面。
誰もがヒットは期待したものの、誰しもホームランは期待してなかった(よね?)あの時、鶴ちゃんのいい当たりが!
まっすぐに!レフト方向へ向かって飛んで行き!

え?え?え?
ははははは入ったー!?


つ、鶴ちゃん!?まさかの2ラン!


で、逆転したんですよー!打った本人を始めとする誰もが驚きのこの2ラン。前に打ったホームランは2年前のマリンで薮田さんから打ったあれ以来。


鶴ムラン 忘れた頃に やってくる
(失敬な)


さて、「鶴ちゃんが打てる・・・ということは俺だって・・・?」と思ったかどうかは知りませんが、

そろそろ出る周期に入ったアブレイユの13号3ラン!

そして、

そろそろ打ちたくなった陽さんの7号2ラン!


この翔平のホームラン援護運よ・・・・。


なんとかかんとか5回投げた翔平の後を継ぐのは、6回鍵谷、7回宮西、8回矢貫。3人とも
「大谷よ、プロの抑え方というのはこういう風にやるものだ」
というお手本ピッチ。

そして9回増井、
「大谷よ!ノーアウト1,3塁から失点しないのが真の劇場なのだ!」
・・・というある意味お手本ピッチング。そ、そうですね、増井さん!最後はすばらしいゲッツーでした!


そんな訳で翔平は鶴ちゃんと一緒に初お立ち台。(身長差・・・)
さすがです、さわやかに、はにかみつつ、初々しくそれでいてしっかりとしている、全道のおかんハートをがっちりキャッチですよ!もう見てるだけで、ダントツ最下位とか、んなこと忘れ去りますわ。孫子の代まで自慢するでよー。



電池入れ替えたばっかりのラジオ、どうも最後に使った時ちゃんと電源OFFにしてなかったらしくて、さあ!と思ったら電池切れてた・・・。バッグの中で誰も聞いてないのに、何十時間だかぶつぶつ言ってたと思うと怖い・・・。節電のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【中日戦】初めてではない2,3の事柄

2013 交流戦
06 /01 2013
5月31日(金)
日本ハム 4-5 中日
(札幌ドーム)


幸先良く先制→逆転される→直後に逆転返しで勝ち越し→同点にされる

→チャンスはあるもあと1本が出ない→ぐずぐずしてるうちにリリーフの誰かが持ちこたえられずに失点→

どーしてもあと1本が出ない→試合終了

・・・という流れの試合は、別に初めてじゃないですね!

ハルキちゃんが猛2塁打賞とか、稲葉さんもマルチとか、翔の強肩発動などなど、まあそれなりに見どころはありましたね!


試合は負けたけどささいなことですよ!


パ・リーグで負けたのうちだけだけど、ささいなことですよ!


おかげで首位とは10.5ゲーム差とか、ささいなことですよ!


も、どーんと来いってんですよ!こちとら太っ腹ですよ!それがどうしたってんですよ!


今さら借金が増えたとか、どーってことないっすよ!
8も9も10も大して変わりはないっすよ!
最近なんか順位ってものがあることすら忘れてたっすよ!
人間は適応する生き物なんですよ!
暗黒に向かって着々と適応中ですよ!そのうち試合見なくても結果がわかるようになりますよ!


♪や・み・に・か・く・れて 生きるー


暗いさだめを吹きとばせ



今日は昼間、半年振りくらいに洗車しました。汚れが目立たない色の車ですが、久しぶりに洗ったら驚きのこの白さ。汚れは目立たなくとも汚れているんですね!(当たり前)
軽乗用一台洗っただけで疲れ果てました。体力回復のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。