【ロッテ戦】あっさり!さっぱり!やっぱり!

2013 ペナントレース
07 /31 2013
7月31日(水)
日本ハム 1-6 ロッテ
(QVCマリン)



はい、消えたー!




何がって?
昨日ついたあかりがですよ。
長持ちしないわねえ、この電球。やっぱりLEDにしなきゃー


昨日大盤振る舞いした打線、今日は案の定、節電モードです。
暑い夏!冷しゃぶとかけてファイターズ打線と解く!その心は!
さっぱりねえ。


(あっ、ざぶとん返して!)


ということで、打線においてはほぼ見るべきものはありません・・・いや、こんな言い方はそうめんのようにあっさりと冷たいでしょうか・・・・って!9回に1点取ってるじゃん!
まったくフライングで書き出すものじゃないですね。
しかし6点差が5点差になったところで・・・そうですね、そうめんの上にさくらんぼ1個追加です。
(あのさくらんぼの意味がわからない・・・)


それはともかく(?)、本邦初公開、ジャスティン・トーマス投手。
ほんと、病み上がり(ケッペル)とルーキー(翔平)、そして急遽契約の外国人についつい、
過剰な期待を寄せてしまうこのチーム事情の悲しさよ。
しかし、人間どんなときも希望を捨ててはいけない。
もしかしたらこのトーマスくんが機関車ではなく、新幹線クラスの鮮烈な投手である可能性も、なきにしもあらず・・・


・・・それは希望ではない!単に虫のいい話というのだ!と世間は教えてくれるのです。
ああ、トーマスさん。やっぱり案の定、5回4失点投手だったか・・・。
いやまあ、限りなくよい虫を探すなら、今日が一軍初登板だったということで。
日本の生活にだって慣れてないしね。


乾くんは日本の生活に慣れてるんだから、もちょっと泰然としてください、お願いー。




そうそう・・・ここでいつも「お願いします☆」って書いてますけど、「おねがいしますほし」で変換してるんですよ。今日、仕事のメールを書いていて「よろしくお願いします」って書いたら無意識に語尾に「☆」つけてるの。
ひええええー習慣って恐ろしいわーーー!でもワンクリックよろしくお願いします。(ほし)
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

【ロッテ戦】勝利の光はひとつでも明るいものなのさ

2013 ペナントレース
07 /31 2013
7月30日(火)
日本ハム 9-5 ロッテ
(QVCマリン)



♪いまーわたしのー ねがーいごとがー かなうなーらばー


連敗ストップ連敗ストップ勝利が欲しいぃぃぃぃーー!


という、熱い雄たけびで迎えた今日の一戦。6連敗中の我がチームと、4連敗中のマリーンズの闇鍋対決。
いろいろな気持ちの準備をするべきです。たとえば、逆転されるとか、逆転されるとか、逆転されるとか・・・。


3回までに2点先制したところはよかった。ですが、
闇鍋の具その①:2点くらいではリードのうちにはならない。
という、箸に絡まりつくような何かが・・・何かが・・・・


ついに翔平を捉えてしましました。
闇鍋の具その②:突如崩れる先発投手。
という、しょっぱい具が・・・。


ですが、3回までそこそこ好投してきて、4イニング目に5失点。
そんなバナナ・・・。誰、鍋にバナナ入れたの。2アウトからだったからなあ・・・。
里崎さんのでかすぎるファールに「ぎょへーーーー!」と目をむき、死球を当ててしまった時点で、
翔平を、はやくおたまで救ってあげて!
と祈るも届かず・・・押し出し!さらに連打!で5失点。
・・・ロッテのチョコレート、今日はビター。(ちなみにGhanaの赤が好き)
ああああ結局里崎さんのがホームランでも同じことだった・・・というより、もしかするとそっちのほうがマシだったのかと・・・
ここで2-5。


ここで7連敗を覚悟した人は手を挙げてください。はい。



しかし、この闇鍋はまだまだ具がたくさん入っているのであった・・・。
この直後!
ビッキー!アブさん!翔くん!の3連打でノーアウト満塁の具が登場。
特に、アブ&翔は初球をヒットにしたためほんとに、あっという間だった。あ、くらい。


ああ、たまには闇鍋からおいしい具が!
稲葉さんの2点タイムリー&栄ちゃんの犠飛で同点!

そして赤田先輩のレッドホットな勝ち越し2ベース!



恐るべし、翔平の持ってるリキ・デラックス



もっとも、5回表終了時で1点リード。勝ち投手の権利がかかってましたが、翔平の続投はないだろう・・・と思っていました。
どきどきしました。
矢貫が出てきたらどうしよう・・・・・


なので河野くんが出てきたときは、「よかった矢貫じゃなかった」という気分と「大丈夫か・・・」という気分が鍋の中でマーブル模様でとぐろを巻いていましたが、先頭を出したものの併殺を取って、石井さんへスイッチ。


石井さん、フル回転。
6回へまたいだのはともかく7回にも出てきたときは、石井さんが煮込まれてしまうのではと気もそぞろ。
あああ、やっぱりピンチに!
このピンチ!救うおたまプリーズ!


まっすー召喚!


ここでまっすーが!てか、1アウト1、2塁からで大丈夫か!大丈夫打ち取った、でも鍋の底かきまぜたら四球がぬーっと出てきたので、救うおたまプリーズ!


宮西召喚!


みゃーはぐっつぐつに沸騰しかけた2アウト満塁の大ピンチに蓋をして火を消し、続く8回もしっかりと蓋を閉じたのでした。あかごないても蓋とるな。


1点差・・・。
途中までは、まあ闇鍋だし、何が出てきて驚かない、驚かない、驚かないぞ・・・と自分に言い聞かせていたのですが、さすがに9回まで来ると、


あああーーーー!
やっぱりどーーーしても勝ちたーーーい!
連敗ストップリーーーズ!



という欲求が、どんぶらこっこどんぶらこ、と欲望の川を流れてくるのであります。
でかい桃です。ものすごくでかい桃です。よいしょと捕まえて、ぱか、と割ると、


大野奨太、第1号ソロホームラン
陽岱鋼、第15号2ランホームラン



が、飛び出してきたのだった・・・。
この土壇場で3点!9-5!これは鍋が一瞬にして蒸発するほどの威力と見た!
いやあ、奨太・・・レフトフライか、とか思ってすまんな。


そして闇鍋大会の〆は久大将じきじきにご挨拶です。もちろん、いつもの安定の4凡です。
大将クラスになると、ちょっと出番がないくらいでは味が変わったりはしないのです。


勝った・・・・。信じられんことに・・・・!


注目の大谷対決、ともに仲良く自責5点で、勝ち負けつかずというなんとなく、煮込まれたネギのようなどろんとした結果に。


翔平勝利投手ならず。
ですが、ここは踏ん張った宮西が勝利投手でいいのです。
終わってみれば、翔平の5失点しかなかったのだから、今日はリリーフ陣の勝利です。


久しぶりに、明日の朝ごはんは味がしますですよ!ごちそうさまでした。




街で買い物したいというので、なに買うの?と聞いたら「歯ブラシ」。歯ブラシなんてその辺でうってるじゃん。
「違うよ!これは歯医者で売ってて、そこいらでは手に入らない!なんといっても、柄のしなりが違う!これをつかったらもう普通の歯ブラシには戻れない!」というまさかの熱い歯ブラシ押し。
歯茎から血が出やすい<かため>なワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


やられたらやり返・・・したい・・・倍返・・・1.3倍・・・

未分類
07 /30 2013
普段ドラマはまず見ないのですが、例の「半沢直樹」。
録画してあったのをこっそり(なぜ)見ましたが、確かに面白い。
あの漫画をそのまま実写にしたようなセリフ回しと表情。そしてハムファンの心にヒットするのはなんと言っても、あの決め台詞、

「やられたらやりかえす。倍返しだ!」


うん・・・・。
最近のファイターズは「やられた」っていうより、「やらかした」というパターンだけど、心意気はね。

しかし、対戦相手から見るとこちらに「やりかえしたった!」というところですかね。うむ、野球はやられたり、やりかえしたり。負けるのもビジネスのうちですわ。

「倍返し」したいけど、最初が0だと倍にしても0だから、まず起点のための1点取らないと!


そんな訳で、今日はいよいよ大谷翔平登板です。
救世主伝説の幕開けとなるか、翔平。
というか、冷静に考えると、病み上がり(ケッペル)とルーキー(翔平)が
頼みの綱のチームってどうなのよという気もしないでもありません。
自転車操業の小工場で、退院したばかりのお父さんと、高校出たての息子が必死に働いている・・・そんな感じ。ああ、お母さんとお姉さんは涙を禁じえません。夜食のおにぎりは特大だからね。


大谷対決を制するかどうかは、打棒にもかかっています。
お兄ちゃんたち、オーバーワークで疲れてるだろうが・・・みてるこっちもある意味疲れてる。
なんとか頑張れ・・・(ああ、勝手なファンですまんな)


負けが込んでくると・・・・特に今年はやられ方というかやらかし方が悪いので・・・・ファンもだんだん殺気だってきたり、あきらめたり、まだあきらめる理由などなかったり、それでも応援したり、応援するのやめたり、大船に乗ったり、泥舟で沈んでみたり、もういろんなタリーがあって、タリーズ開店の勢いでございましょう。


でもできたら!
このロッテ三連戦は!


してやっタリー!でお願いしますよ!


なんですか、もう!親父ギャグなんか言わせちゃってからに!
寒いギャグを吹き飛ばすくらい、熱い試合を頼みますよ!
(反対方向に熱くならなくていいからね)


では試合開始まで、まったり~



扇風機つけてるのに風がこない。涼しくないなあ・・・と思って扇風機見たら、ぜんぜん関係ない方向で首振ってた。これは論外ですが、あの「最大限に風が当たる首の振り幅で設置する」ポイントって結構際どくないですか?外角いっぱいにワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

【SB戦】さらにもっとあきれたぼういず

2013 ペナントレース
07 /28 2013
7月28日(日)
日本ハム 4-5 ソフトバンク
(ヤフオクドーム)


「どしたん」

「あかんで」

「なにがや」


「画面の向こうの空気があかん」


「せやろな~」

「どないしょ。のこのこ出て行って“はむでーす”“ふぁいたでーす”いうような空気ちゃうで!うちの社長は鬼や!この状態で笑わせえいうたって、どないしろいうん!」

「まあなーもうそろそろ温厚(自称)なファンも限界やろなー。だけどまだ6連敗やで?あと3つ残ってるやん!」

「何の3つや!」

「9連敗まであとみっ」

「声が大きいわ!聞こえたらどないするん!」

「どないもこないも、結局出てトークせなあかんやろ。なるたけお客さんを刺激せんようにいくんや。ええか、前フリはこうや。いや~夏といえば怖い映画やね~

「怖い映画といえば、“エクソシスト”やな。悪魔に取り付かれた・・・」

「野球チームがミスから自滅して行くいう」

「いうなやー!なに言うてんねん、刺激しまくりやろ!」

「そうか・・・ほな、・・・・いや~夏といえばお化け屋敷やね~

「おお、スリル満点やあ、女の子がキャーキャー言うてな!」

「ほんま、3点リードしててもいつ逆転されるかと思うとスリル満点」

「やめい!」

「老若男女がキャーキャー言うてな!子供は泣き、大人はヘソで茶が沸くと言う!」

「やめんかい!」

「頭に血が上った後に食べるアイスは最高やで!」

「これが夏の醍醐味や!ってちゃうやろ!」

「なあ思うんやけど」

「なんや、急に素に戻るなや」

「無理やりポジティブにならんでええんちゃう?必死で前向かなくてもええんやないか」

「せやなあ・・・・下向いたら落ちてる小銭拾えるかも知れへんしな」

「そうや、そういうことや」

「どういうことや」

「つまりや。視点を変えるんや。ワイらは目先のことに一喜一憂しすぎやろ。またエラーしただの、大事なところで打たれよっただたの、ダサいチームやの、しょうもない負け方やの、負けた負けたまた連敗や、最下位や暗黒やとな。でもそれはワイらが、今しか見えてんからや」

「そりゃ、エスパーやないから先のことは見えねんけど」

「ええか。ベートーヴェンの第九ってあるやろ。大晦日によくやってる♪チャーラララララララ・ララララ・ラーララー!っていうあれや!」

「字で言われてもな」

「♪チャラララ・ラーラララ・ラーラララーラ・ラララ!って高らかに合唱するあれや!知ってるやろ!」

「まあわかるけど、それがなんや」

「ええか。誰しも第九といえば、あの合唱の部分を思い浮かべる。あれは感動的やで。まさに歓喜の歌や。
が、あの感動的な部分は第4楽章、つまり交響曲のほとんど最後の最後の部分や。
あの歓喜の歌にだどり着くまでに、延々演奏が続くんや。クラシックを知らんともう、まだかーまだかー!と退屈で死にそうになる」

「んじゃ、始まったらまさにキター!やな」

「そうや!つまり、今、この時は!
第2楽章くらいで、あの歌は、まだかーまだかーと思っている、その時なんや!
最後の楽章で、目からウロコが落ち、平和の鳩が飛び、歓びの歌がはじけるため
壮大な交響曲の始まり
の部分なんや!」


「居眠りしそうやわ」


「そう言わな」

「でも・・・・最後に歓喜の歌がきけるんやな?」


「今年とは限らない」


「なんやその、※個人の感想です。効果には個人差があります みたいのは」

「だからまあ、あれや、主人公がピンチに陥ったり、絶望のどん底に落ちたりするやろ、でもおもろい映画は長いやろ、ロード・オブ・ザ・リングとかスターウォーズとか、ハリポタもそうやし・・・せやな、よし今日のネタは・・・ハムポタでどうや」

「うーん、気乗りせえへんけど、いくしかないわな~時間やなあ」

「いくで!せーの!」



そろそろ飽きましたね~ええ飽きました。はむ&ふぁいたシリーズはこれで打ち止めです。
さらばあきれたぼういず、さらば連敗!ってまさかここまでシリーズになると思わなかったんだなあ。
夜明けを告げるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【SB戦】もひとつあきれたぼういず

2013 ペナントレース
07 /27 2013
7月27日(土)
日本ハム 0-3 ソフトバンク
(ヤフオクドーム)


~てれほん人生そうだん~
「人に言えない、誰にも相談できない。そんなあなたの悩み、思い切って打ち明けてみませんか?解決の道を、皆で一緒に考えてみましょう。本日のパーソナリティは」




「どうもー!はむでーす!」
「まいどー!ふぁいたでーす!」

「北海道から来ました、にほんはむふぁいたーずでーす!」


「いやあ、緊張するわ~。人生相談やて~」

「うちの社長、仕事選ばへんなあ~ワイらでいいんか聞いたら、“もう新しいネタ考えるの面倒やから自分らでええわ”やて」

「まあおかげさんで仕事増えてきてん、なんでもやらせてもらいますわ。えー、どんな相談やろ。借金問題に悩むあなたやろか」

「そんなん困るわ~頑張って返してください、しか返答が思いつかへん」


♪ぷるぷるぷる


「わ、きた!来たで!・・・えー、こほん。・・・・はい、てれほん人生そうだんです。ご相談はなんでしょうか」


「付き合ってる彼のことなんですけど」


「うわ、恋愛問題かー!苦手なのきたわー。えーと、彼氏さんのことね、彼氏がおるだけええような気もしますが、何が問題ですか」

「最近、なんか彼がこう・・・ダメンズ?的な」

「ダメ男か~耳が痛いわ~・・・で、なにがダメなんですかね」


「最近、またずーっと連敗なんですよ」


「また、言うことは前にもあったんですか」


「ええと、3ヶ月くらい前にずっと連敗してて、それでも付き合い長いんでしょうがないな、って付き合ってきたんですよ。それで6月くらいに結構また羽振りがよくなってきたんですね。借金も返して、それで安心してたんですけど、この間、1週間くらい休みがあったんですけど、休み明けからまたずーっと連敗で、もう、ほんとに毎日毎日負けるんでいやになってきたんですよ」


「別れればええやん」

「ちょお、待てや。それを言うたらおしまいやろが。いやになってきたけど別れたくないから、相談してるんやろ。ねえ?そうですよね?」

「別れたくないっていうか・・・なんで付き合ってるのかな、とか考え始めちゃってて~」

「あー、あのね愛に意味を求めちゃあかんのよ」

「なに急に哲学者みたいなこと言い出すのこの人」

「なんで付き合ってるって好きだからでしょ、こういうのはシンプル・イズ・ザ・ベスト!」


「でも毎日すっごくストレスたまるんですよ」


「まあ、せやろなー。でもほらやっぱり人生は山あり谷ありやからさ、ええときもあったと思えばねえ?あったですよね~?」


「そうですね、去年はいい思いをさせてもらいましたし・・・ただそれだけに辛いんですよ、今の体たらくが、もう情けないって言うか・・・」


「あー、お嬢さんあのね、こういう言葉がありますよ
勝ちの切れ目が縁の切れ目」




「あかんやろ!」


「なんでや!いやいやお嬢さん、もうすーっぱりとほかの男に乗り換えるって手もあるねん!オレンジ色のウサギさんの男の人なら、悩み無用!あなたの神、生えて来る!たまの負けもスパイスや」

「や、お嬢さん、そうじゃないんですよねー?やっぱりダメ男でもダメなまんまじゃない、って信じたいんでしょ!」


「2安打2エラー完封負けの彼氏のどこにダメじゃないところがあるん!」


「ケッペルさんがけっぱったやろ!」


「そうなんです。そういうことがあるから見捨てられないんですよ!かわいそうだし・・・」


「あーつまり、お嬢さんの悩みは、好きな人がダメな時にどうやって支えていくほうに気持ちを持っていくか、ということなんですよねー?」


「違います。勝てる男にしたいんです!このまま友達にあんな男とまだ付き合ってるのと笑われて終わりなんて、プライドが許しません!」


「・・・・・・・。」


「最後に笑うのは私じゃないと!」


「・・・・・・・な、なんか相手の男がかわいそうになってきたわ・・・・」


「いや、しっかしりたお嬢さんやないか!ダメ男にはこういう嫁さんがええで!・・・ええとね、わいらも勝負事には素人なんやけど。まず、そうやな・・・
ホフパワーのパワースイッチをONにすればええんちゃう?」

「せやなあ・・・毎日、♪内に秘めた闘志~歌とうとるけど、いくらなんでも内に秘めすぎやろ!もうそろそろ外に出してええ頃合いやで」

「我慢強いんやろ!ってどんだけや!いいですね、お嬢さん。スイッチを入れてもうまくいかなかったら、電池を交換してみてください」

「わかりました」

「うそやろ!」

「それとな、矢貫の電池の残量に注意やで。液晶見たらたぶん、“充電してください”になってるはずやで」

「帽子が飛ばなくなるのが残量の目安やで、気をつけたってな」


「はい」


「ほんとかよ」

「えーと、それで、負けが込んでるときはじたばたしても始まりません。かえって相手に、ああ、あわてとんねん、と知らしめるだけです。ええですか、お友達に何か言われたら、まだ本気出してないだけだから、と、今は様子見の段階だとか、どーんと構えていてください」

「単なる強がりやろ!そのままシーズン終わったらどうすんねん!」

「これで来年戦うデータは揃った、といえばええやん!あ、そうやお嬢さん!ワイの人生哲学はな、
 悔しいというたら負け、や!」

「なにと勝負しとんねん!」

「まあ気楽にいったらええねん。試合に負けたって死ぬわけじゃあらへんし」

「ざっくりしすぎやろ!」

「試合に勝った負けたで一喜一憂してられるのは平和な証拠やで!ラブアンドピースや!」

「もー回答になってへんやろ!ええと、お嬢さん、こんなんですけどお役に立てましたでしょうか」

「はい、気が楽になりました。」

「うそやろ」

「ほれみい。それじゃ、頑張ってね。はいどーもでした。・・・・あー、まあうまくいったんちゃう?」

「ワイは怖いわ。負けが込んでてみんなイラついてんやで!ふざけるのもたいがいにしろと叱られるんやないかと、戦々恐々や」

「性分やししょうがないやろ。あーそれにしても、ここ数日働いたわ~。そろそろ休みがほしいねん」

「お嬢さんの彼氏が勝てば休めるで、たぶん・・・ワイらは敗戦処理みたいなもんやからな・・・・」


そろそろ勝つぞ、ファイターずうううう!



昨日、記事を書き上げてややしてから、突如停電に!このパソコンはバッテリーが死んでるので、停電即シャットダウンです。ああ、記事かいてる途中でパソコン落ちたらと思うと・・・・!
ぞっとする・・・というほどでもないけど、そっとワンクリックをどうぞお願いします☆雷雨恐るべし。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




【SB戦】またまたあきれたぼういず

2013 ペナントレース
07 /27 2013
7月26日(金)
日本ハム 3-5 ソフトバンク
(ヤフオクドーム)


「はむでーす!」「ふぁいたでーす!」
「北海道から来ましたにほんはむふぁいたーずでーす!」


「思うたんけど、どう考えてもおかしいやろ」

「まったくや、10安打もして3点しか取れてへん。相手は9安打で5点やのにな」

「いや、それやなくて」

「あー、光夫をひっぱってなあ」

「それやない!ええか、わいらは北海道から来ましたっていうてんで」

「せやけど、それがどうしたん?」

「なんで北海道から来て上方言葉風にしゃべってるんや!道産子なら北海道弁やろが!」

「うーん言われてみればなあ。でも北海道弁いうけど、あんまり東京弁と変わらへんで?」

「ええか、ワイらが売れるかどうかは他の連中との差別化にあるんやで。あまちゃんだって、じぇじぇいわへんかったらあんなに話題にならんかったで!」

「せやろか・・・じゃあまあ、出来る限り北海道弁でしゃべってみよか」

「ほな、いくで。今日のはんかくさい試合の話だべさ!」

「んな、いきなり怒ることねえべさ。おめさはほんとにたんぱらだな」

「最初にホームラン打たれたのは仕方ねえべさ。だけども、逆転して2-1になってから、
3点取られたらだめだべさ!光夫!なしてけっぱれねえんだべか!」

「2アウト取ってから連続四球で満塁にしてから、走者一掃の3ベース・・・そったらことじゃなあ・・・」

「んでも、次のイニング、卓也がヒットで盗塁!」

「まだ諦めてないべ!2点差くらいなんもさ!」

「んだ!したら、赤田さんがタイムリーツーベースで1点返したべや~!」

「いいべさー!きたべさー!ノルベサー!」

「なんか違うのまざってるべさ。ともかく!これでノーアウト2塁!

「逆転のチャンスっしょ!」

「したっけ、ビッキーバントできずに赤田さんが走塁死」

「なしてそったらちゃっかしなんだべか!」

「見てたこっちもテレビの前でてっくりかえったわ」

「いや・・・・でもこっからはっちゃきこいていけば、まだ分らないっしょ!」

「そったらこと言ったって、ヒットが2アウトとかからなんだもんさ!それでも7回!2アウト3塁!ここで代打!」

「ちゃーんちゃららららん!ちゃーんちゃちゃっちゃちゃちゃ!」


「ホフパワー!」


「なして」


「いや今日こそその日が来たべや!ここでガツンと一発きて、おらたちをどってんこかせるという!」

「さすがにもう打たさる頃!さあ!」


「フォアボールだべさー」



「・・・・三振よりはいいんでないかい」

「とりあえず塁に出たべ!でも陽さんが打たさらないしょー」

「はあ・・・・。ゆるくないわ・・・・」

「それで7回もまーだ光夫が投げるのさ!」

「なしてピッチャーばくらないんだべか。リリーフいたましいんだべか!」

「そったらことしてるうちに、光夫がまたホームラン打たれて、もうわや」

「いやいやひどいもんだ」

「その後もエラーして、もうしっちゃかめっちゃか全開だべや・・・・」

「もう全力で負けにいってるとしか思えんべさ」

「それで、最後が鍵谷がでてきたべ。したら最後の最後で満塁にしたっけさ!」

「ゆるくないな!」

「やーやー、見てるこっちが最後までおっかないさ!それでもなんとか抑えて、最後の9回!代打!大谷!」

「使うところがちがうっしょ」

「二岡!」

「こったら場面で出したってかい!1日遅いべさ!」

「赤田さん、意地のヒット!」

「よし、一発出れば同点だべさ!」


「ここで同点にできるチームならげっぱじゃないんだわ」



「なにしても勝たさらないんだべか・・・」

「あのきかない中田が大人しいんだもの。なしたんだべ」

「身体こわいんだろうか。やーや、心配だわ」

「はあ・・・試される北海道、試されるファンなんだべか・・・。北海道弁で頑張ってみたけど、こったら感じでいいべか」

「ゴミは」

「投げる。手袋は」

「はく。お米は」

「うるかす。それじゃあこの辺で」

「したっけー」


北海道弁、逆にあずましくない。




と、いうようなベタな北海道弁を使う人は道産子と言えどもレアですな。と思うと、九州の人とかは日常的に
「ばってん」とか言ってるの?高知の人は「~ぜよ」とか言ってるの?
したっけ、道産子も内地の人も押ささるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【Bs戦】あきれたぼういず2

2013 ペナントレース
07 /25 2013
7月25日(木)
日本ハム 4-6 オリックス
(ほっともっと神戸)



「ハムでーす」「ふぁいたでーす」

「北海道から来ました日本ハムファイターズでーす!どーもー!」


「聞いてえな!稲葉さんのホームランで先制したんやで!」

「おお、幸先ええな!」

「せやろ!そんで、その直後にすぐ2点追加や!」

「勝さんはバッチバチのナイスピッチングやん、こりゃあいけるわな!」

「そう思ったら今度は相手のやらかしで1点追加や!4点リードや!」

「これや頂きやろ!」

「そうや!勝ったと思うやろ!それが、4回の裏に勝さんが崩れて!」

「ああ聞きとうない!」

「3点取られてもうた」

「気前ええわあ、どこのお大尽やろ」

「とはいえ、それでもまだ勝っとるやん!」

「1点リードやな、でもまだ点取れるやろ!」

「そうや!追加点のチャンスはあったんで!大引2塁打!」

「ここでクリーンナップ!」

「でもアブに翔が三振や~」

「もしかし打ってもええの知らないんちゃう?」

「まあ、まだイニングはあるで、今後に期待や。が!勝さんがまーた糸井に打たれて降板や。それでも大野が糸井の盗塁を刺したんで!」

「これで波に乗りたいところやな」

「せやろ!さあ行くで!で、波に乗ったイデホがホームランや~!

「やるなあ!・・・ってなんでやねん!同点になってもうたやないか!4点リードしてたんやないのかい!」

「知らんがな!そんなんいうてもしょうがあらへんわ、まだ同点やし、これから勝ち越せばええで!」

「おお、そやな!それで!」

「で、7回や!1アウトから栄ちゃんがヒット!続く赤田さんも2塁打!1アウト1,3塁や!」

「大チャンス、大チャンスやないか~で、ここでここでくるやろ、あの人が・・・!」

「ちゃーんちゃららららん!ちゃーんちゃちゃっちゃちゃちゃ!」

「来たで~代打の神様やな!」

「いや、奨太がスクイズやったんやけど」

「ちょ、待ち。1アウトやろ!1,3塁やろ!バッター大野やろ!」

「で、スクイズやー!」

「見え見えやんか!ワイでも思いつくで!日本国民1億2千万人おったら2億人は思いつくわ!」

「そう思うやろ!?それで裏をかいたんや!」

「かけたんかい!」

「頭かいてもうた~」

「失敗かい!何しとんねんホンマ~!」

「まったくや。で、その裏宮西がびしゃーっと抑えて!8回表、9番中島のところで代打や!」

「そう来たか~~!ええところで登場するとは、やっぱりゴールデンルーキーやな!」

「いや、ホフパワーやけどな」

「あかんやろ」

「なんでやねん!」

「ワシの台詞や!」

「ほんまや!いや、でもものはかんがようやで。そろそろ打つ頃かもしれんやろ!」

「ゴールデンルーキーの方が確率高いやろ!まあ、打てばなんでもええで、打てば!」

「そろそろ打つ頃や!」

「せや!」

「今日じゃなかったみたいや!」

「知ってたわ!」

「それでもまだ同点やん。8裏に増井が出てきてな」

「また劇場とか言う話やないやろな」

「何で知っとるん!」

「ほんまかいな!絵に描いたような増井やな!」

「先頭から4連打であっさり勝ち越されたんやで」

「・・・・・」

「満塁から犠牲フライでまた1失点、さらにヒットでまた満塁やで」

「・・・・・」

「突っ込んでえな!」

「渾身のボケすぎてどこに突っ込んでええんかわからへんのや!」

「増井もわざとやないんやで・・・」

「わざとでたまるかー!」

「まあもうええわ。増井も疲れとるやろ、牛にかまれたと思って忘れたらええねん」

「代わりにワイが覚えておくわ」

「何でや!まあともかく、これで最下位や」

「最下位に再会やで~ほなまた来週~はむでしたー」

「ふぁいたでしたー」


おもろないで、ひっこめー!(ぶー)



(関西言葉は適当です。そういう言い方ちゃうで、と思っても大目に見てくださいな)



節電の名の下に、冷房の温度を高めに設定する。涼しくない。
皆が涼しくない、と思う冷房は意味がない、結局電力の浪費ではあるまいか・・・・?
だからと言って切られたら困るワンクリックをどうぞお願いします☆あちーの。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【Bs戦】あきれたぼういず

2013 ペナントレース
07 /24 2013
7月24日(水)
日本ハム 1-5 オリックス
(京セラドーム)



今日は、


翔平がタイムリー打った。



そんだけの試合。



そう・・・今日から後半戦だから!と意気込んでみたものの、
よく考えたら、後半戦だから、だから何なのだ。



後半と言うのは前半の続きで、
煩悩だらけの今日の私が、明日になったらいきなり悟りを開いている、ということがありえないように、
後半戦になったからといって、
いきなり見違えるようなチームになっているなんてことは、
ありえないのに、アリエール!な気がしていたのは、



気のせい



である、ということがわかった。



すなわち、
先発はヨーイドンで失点し、
あと1本が出ずに決められないうちに、
ダメ押しされて負け、という試合
をいくつ前半戦で見てきたことか。


ならば、後半戦だって、
先発はヨーイドンで失点し、
あと1本が出ずに決められないうちに、
ダメ押しされて負け、という試合
ではじまったってちっともおかしくないのである。



もちろん、ちっとも面白くないのでありますが、高杉晋作も言ってるじゃないですか、おもしろき こともなき世を おもしろく、と・・・・。



オチがありません。このオチと落とし前は明日の勝さんがつけてくれるだろうと期待して、
ぐっなーい・・・t




で、さー。行ってきたんですよ、免許の更新。そしたら時間ギリギリで、早く早くって急いで例の写真撮られちゃってさー。まあゆっくり撮られても実物より良くはならないよね、あれ。
実物の方がいいと思っているあたりがすでに図々しいワンクリックをどうぞお願いします☆パシャ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


ALL☆STAR☆GAME in FUKUSHIMA

未分類
07 /23 2013
7月22日(月)
オールスターゲーム 第3戦
全パ 3-1 全セ
(いわき)


がんばれ日本。
がんばれ東北。
がんばれ福島。


がんばれパ!一回くらい勝とう。


でも・・・
3戦目は「うちの子」が活躍したんです!


木佐貫さんはうちの子っていうより「うちのひと」って感じですが、このいいかただと旦那さんみたい。
へえ、うちのひとが活躍したんどすえ。先発で登場して2回投げて無失点だったんどすえ。
すべて直球勝負でいどんだんどすえ~男前どすなあ~どすどす。


我が家の「貫組」、もう一人の「貫」、矢貫。
ふるさと凱旋登板です。
外野の老若男女少年少女たちの「矢貫」のボードを見ると、おーるすたーにでれていかったね、としみじみ思います。最初は、前半戦で疲れてるだろうから休ませてあげたい、とか思ったけど、やっぱりいかったね!
あ・・・帽子、飛んでた?飛んでなかった?
あと、今まで矢貫って鼻の下にヒゲあったっけ?あごひげはあったけど。我が家で急に間違い探しみたいになっちゃったです。



そして!
1点ビハインドで迎えた8回。
陽さんがさっそうと2ベースを放つ!
おお、何かが起こる予感!
その後、1アウト3塁で!
魅せ場が追いかけてくる子、大谷翔平!
するとうちの子の、もってる力がねらったようにここで炸裂!


同点タイムリー打ったんですよ!


♪モッテルリキ~と消臭力のメロディに合わせて歌いたい。
いや、感涙。
もうここで腹いっぱい。
でも、ここでわけえのにはまだまだ負けん!と翔くんがさらにヒットを!
直前の回でらしくない落球の分を取り返しました~。(あれはなんだったんだろうね?)
そして、うっちーが見事にタイムリー2ベースを打って勝ち越し。
いや~内川・・・こういう時は打ちそうだわ~と思ったらきっちり打つもんなあ・・・ああ、明日からあなたが敵なんて返す返すも惜しーい。


ということで、パが逆転。
このオールスター3戦、結果としては1勝1敗1分と綺麗に鏡写しになりました。
お祭りだから勝敗なんて基本どうでもいいじゃん、と思ってたけど、ドラフトのウェーバー順とかなにやらが関係あったんですね。お祭りの結果が意外にシビアな場面に直結しているのでした。


スカイアクティブテクノロジー賞。ざっくり言うと3試合を通じて一番目立ってたで賞、みたいなものですね、ざっくりしすぎか。ともかく
みごとうちの翔平君が受賞。パチパチ。
賞品はアテンザか、カッコいいね。まだ翔平には似合わんけどな。
そうか免許まだ持ってないのか・・・おぼこいのお。

これが数年経ったら、ひげなんか生やしてスポーツカーから颯爽と降りてきたりするのか・・・。
見たいような見たくないような・・・


今年のオールスターはホームランが1本も出ないと言う珍事に。
加藤コミッショナー球宴総括 ノーアーチは「投手がいいということ」(スポニチ)
今年から「飛ぶ統一球」に変更されながら、3戦連続でアーチが出なかったことには「投手がいいということ」と分析した。

おめでとうございます。
球宴 OF THE「お前が言うな」賞


これだけ叩かれても叩かれても、なおへこまない加藤コミッショナー。
カトウアクティブテクノロジーとして車づくりにぜひ応用を。



免許と言えば免許の更新(まだ行っていない)。もうタイムリミットがあと1週間に迫ってきています。
明日こそ、明日こそ行きます!ああ、5年に一度、五輪より頻度低いのに何でこんなに億劫なんだろう・・・。
五輪に向けて努力し続けるスポーツ選手に敬意を表するワンクリックをどうぞお願いします☆ほんとにすごい
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ALL☆STAR☆GAME in JINGU

未分類
07 /20 2013
7月20日(土)
オールスターゲーム 第2戦
全パ 1-3 全セ
(神宮球場)



そうそう、昨日ここで「鍵谷色の紫グローブ、北海道リスペクト♪」とか書きましたが、今日見たら、ピッチャーの皆さん、紫色でしたね。
ということは、メーカーさんのオールスター仕様ってことなのでしょうか。
だとしたら・・・なんで紫色・・・?


さて2日目。始まった頃ショッピングモールをうろついてて、たまたまお店においてあったテレビの前を通りかかったとき、翔平が、「ヘーイ♪」と言う感じでベンチに迎え入れられた場面で、テロップに0-1の表示が。
おおっ!もしや?翔平が!?
・・・とウキウキしながら家に帰ってきてテレビつけると、先頭打者の翔平が2ベース打ったんですね。
さすが2ベース王子!
と、深くうなずいたものの、「あ、ホームランじゃなかったんだ」とかチラリと思っちゃいました。
ああ・・・人間の欲と言うのは何と深いことか・・・。ホームラン打ってから、ファンにも色気が出てきたようでございます。


さて、今日のエンタテイメント大賞はやっぱり、「劇団大阪桐蔭」ですね。
座長:西岡剛 主演:藤浪晋太郎 中田翔 友情出演:谷繁元信
「セとパと愉快な仲間たち」

これ面白かったな。ある意味、試合そのものより面白かったかも。
役者がいいですね、強心臓のルーキー藤浪君と、これまたヤンチャ筆頭の翔くんと。
藤浪君がデローンとスローボール2球、翔くんが怒った振りでマウンドに(ご丁寧にバット投げ)、そしてわざとらしく谷繁さんが止めに入って、黒幕・西岡さんと両軍ベンチ、ニヤニヤ。
そのあとガチンコ勝負で、綺麗に三振というのもしっかりと形になっております。

スローボールを狙ったところにきっちり投げるのは案外難しいのですね。初めて知ったよ。
そして昨日今日と遅球勝負された翔くん。
さあ、あさって、翔くんにスローボールを投げる役は誰の手に!?
(ここまできたら様式として完成させて欲しい)


ということで、その後は気がついたら試合が終わっていた


テレビで見ると、インタビューも見られるし(初々しいライアン小川くん、めんこい)、
チラッと映るベンチも興味深い。
何より「ベンチカメラに向かっておどける田中のマー君」に野球の原点ならぬ男子の原点を見た。
まるでスーパーの防犯カメラを見つけた小学生男子。球界のエース、可愛いところがあるじゃないですか。
ギャップ萌えですね。



21日(日)は参議院選挙の投票日です!新聞とかに入ってくる各政党の宣伝ビラ。その臆面もない自画自賛っぷりが素晴らしい。ああ、あのくらい自信満々になってみたいものです。
最後のお願いでございます!皆様の清きワンクリックをどうぞお願いいたします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


ALL☆STAR☆GAME in SAPPORO

未分類
07 /20 2013
7月19日(金)
オールスターゲーム
全パ 1-1 全セ(規定により引き分け)
(札幌ドーム)


さてさてオールスターゲームです。
1塁側は上段に空席がありましたが、3塁側はびっしりでした。でも4万人はいかなかったかー。

正直、去年までテレビで見てるとそんなに面白いとは思えなかったオールスターゲーム、現地で見るとそれなりに楽しめました。


さて、試合に先立ちホームランダービーが開催されました!
ホームランダービーってのは、スタンドにたくさんボールを放り込んだ方が勝ちです。
同数だった場合は、リーグ戦での現時点でHR数が多い方が勝ち、というルールです。
打ち損じは7回まで。さあ、誰が優勝するかな!?答えは!


ブランコ選手です!おめでとう!ホームラン数:1本


ええと・・・翔くんが1回戦で1本で勝ちあがり、決勝は0だったんですね。
なので、ブランコさんに1本出た時点で優勝です。柔道のごとく「いっぽん!」と叫びたい。
ホームランダービーという華やかな名前とは裏腹に、何だか地味なこの結果。でも賞金50万円ですってよ。
ボール1個50万円♪ 芯が純金?


さて。肝心の試合ですが、純粋に野球の試合としてみた場合は、大して面白くはないのですね。
大したかけひきもないしね。なのでさささ~っと箇条書き。


◎田中のマー君はね、本当に味方にしたらこんなに心強い人はおりませんわ。
道民拍手~。マー君、聞こえてた?味方だったら、「うちのまーくん」ですわ。味方だったら。
すいません、ハム戦ちょっと手を抜いていただけませんか、恐れ入ります。


◎パシフィック、攻撃面で一番盛り上がったのは、結局初回の、松田選手の3ベースでした~~。
その後はランナーでますが、何が何でもつないでいくぞ!という試合でもないしね。


嘉男のタイムリー!道民拍手~。嘉男・・・中田・陽・糸井のこの並びの外野はまさに夢の球宴。去年までは当たり前だったのね~。
 

◎しかし何だかそのせいか、パの大半がハムの選手という感じでした。


◎そして、大谷翔平。球宴初登場は、投手として登場。もう、心配で心配で心配で。え、何がって?・・・そりゃあ、プロの厳しさ返しを食らったらどうしよう~~~と思って。この時点では全パが1点リードだったので「ああ、翔平のときに逆転されたらどうしよう!きっとスポーツ新聞もテレビも「ほろ苦」とか言われちゃう・・・と思ってたのですが、余計な心配でしたわ。
球、走ってましたぜ。157km/表示が出た時はどよめきが。
2アウトから2連打食らっちゃいましたが、無失点で切り抜けたときには、もう心底ほっとしましたよ。


◎しかし、矢貫がタイムリーを許してしまいました。初の球宴、緊張してたのかな。
だって、矢貫の帽子が飛んでない。そう、帽子の飛ばない矢貫なんて、クリープを入れないコーヒーのようなものです。
矢貫、やっぱり帽子を飛ばしたほうがいいよ!


◎そうそうハムの投手陣。みんな鍵谷ラベンダーのグラブ使ってましたね。
北海道リスペクト。鍵谷君の借りてきたの?と思ったけど、光夫は左だし、そんなわけないか。


◎8回登板のまっすーはキレッキレでしたね!150km/超えはマッスーも同じなのに、翔平と違って普通にスルーしちゃってごめん。


◎楽しみと言えば「他球団の応援歌」です!そして途中代打でロッテの井口選手が登場した時・・・
やっぱり!やっぱりだよね?あのロッテの応援歌、みんなやりたかったよね~。
井口さんがキャッチャーフライを打ち上げた瞬間、周囲から「ああ~もうちょっと井口の歌歌いたい~!」の声が・・・・(無事にもう少し歌えました)
その後、今江選手も登場、「一度はやってみたいシリーズ」これで完璧です。


◎イニング毎に球団応援歌が流れ、バックスクリーンに歌詞が映し出されたのですが、バファローズの「SKY」。あのサビの部分「Ah~ORIX Buffaloes 光り輝く明日に向かえ」のところ・・・
あれ、「Ah ORIX Buffaloes」って歌ってるんだ!と今日気がつきました。それまで「あ~おいばふぁろー」
だと・・・。よく考えるとなぜ青。(昔ブルーウェーブだったからかなあとか解釈してた)


◎さて1対1の同点で迎えた9回裏。奇しくも最後のバッターは大谷翔平!
うーん、このモッテル感。ここでもちろんサヨナラホームランなんて決めちゃったら、「スター誕生」でしたが、
んな、引き立て役なんか冗談ではない、という西村投手の気迫勝ちでございます。


◎そうそう、翔平はバッターとして、番長:三浦投手とも対戦したのですが。これは番長が一枚も二枚も上手。
さすが、翔平が生まれた時、すでにプロ選手だった貫禄。
両軍共に投手陣は豪華顔ぶれでしたが、投球として一番面白かったのは個人的に三浦投手でした。
スローカーブ、面白かったなあ~


◎そんな訳で、何となくしまらないようなしまったような感じで試合終了。
普段の試合と違って「何が何でも勝たねば!」というムードでもないと、野球ってこんなに気楽に見られるんだなあ、と思う反面、2時間ちょっとという試合時間がすごく長く感じる・・・。


◎やっぱりお祭りだし、次は誰かな!?おお~××だあ!ってだけで楽しい。
でも「これ、普通にファイターズ戦だったらイライラする内容だよね~」と笑った。


堪能しました。ごちそうさまでしたー。
明日は神宮かあ。移動お疲れさんですね~。



現地は楽しいけど、ベンチの中の様子が見られないのが残念。・・・・現地はベンチが見られない。
ラップ調で韻を踏むワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


フレッシュ☆オールスター☆ぴちぴち☆

未分類
07 /18 2013
♪フレッシュ フレッシュ フレーーッシュ!
♪夏の扉を開けーて~~~

ふんふふーーーん☆


鼻歌も出ようってもんでなんてたって、フレッシュ・オールスター!


上沢直之くーん!
石川慎吾くーん!



みごと優秀選手に輝く!


上沢くんは、急遽先発に抜擢されたにもかかわらず、2回をしっかりパーフェクトに抑え!
石川くんは、好プレーもあり!2安打2打点、本塁打も!
近藤くんは、表彰はされなかったけど、DHで出場、チーム初ヒットを打ったんですよ!


ファイターズの夜明けぜよ!


こんなにフレッシュなピチピチヤングが勢ぞろいなのに、
なぜ、鎌ヶ谷ファイターズはイースタンリーグダントツ最下位なのか・・・・。(勝率3割って)


ファームは育成メインだから、と言い訳をしておきます。後半戦のラッキーボーイを育てているのだ!
大きくなれよ~~~


さて。
明日はいよいよ、本家:オールスターゲームが札幌ドームで開催です!
お疲れのファイターズ陣が、張りの残る身体に鞭打って出場するのか・・・・ああ、いじらしい。
ってか、翔くん、ほんとホームランダービーとかやめて欲しいくらいだよ~~~~。手~~~(T△T)
あ、あと翔平君の二刀流デビューですね。まあ、楽しんでおいでな~~~。
(とか言いつつなんか賞でももらえんか、とか思ってしまう)
ところで、オールスターは出場してない選手のユニを着て行っていいものなのでしょうか。(初心者)


もちろん、スター勢ぞろいのオールスター!
ビジュアル豪華なオールスター!
にもかかわらず、テキストonlyのレポを書きます。ハハハ。




傷が治りかけ→かさぶたかゆい→ついはがしちゃう→じくじくする→治りかけ→かさぶたかゆい→つい(中略)
・・・の繰り返しで、エンドレスかさぶたになっています。それにしても・・・かさぶたねえ。人間の身体ってすごいね~。かさぶたの響きが可愛いワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【西武戦】ペナントは借金背負って遠き道を行くが如し・・・

2013 ペナントレース
07 /17 2013
7月17日(水)
日本ハム 3-4 西武
(函館オーシャンスタジアム)


年に一度の函館シリーズ、ごきげんいかが?

今日が前半戦締めくくりの一戦。いいかんじで勝って、
貯金せいかつと洒落こみたいところです!さあ、いけ!チビ谷!


チビ谷君は、初回からナイスピッチングだったんですよ!
おお、これは後半、期待が持てるじゃないですか。さあ、景気付けに先制点と行きましょう!


というところで、一回裏、アブさんのゴロの間に、1点先制。うーん、なおもランナー2塁でせめて行きたかったけど、そうもいかなかったか・・・残念。


2回・・・1アウト2,3塁!ついかてんのチャンス!
さあ、このチャンスをいかさねばなりません!
さあ!さあ!さあっ!
いかしたタイムリーが見たいんだっ!
と心熱くするものの、得点ならず。


チビ谷、好投するものの、5回にホームランを打たれてしまい、同点に追いつかれ・・・。


しかし!
これしきの事で、へこたれるわけにはいかないぞ!
その直後!


奨太が二塁打、卓也が犠打で、1アウト3塁!
バッターボックスはきたいかがやく、
台湾でも人気沸騰中(@道新夕刊)陽だいかん!


陽さん、ここでフェンス直撃2塁打!!1点ついか~~!


なおもビッキー四球!アブさん死球!の四死球コンボで、
1アウト満塁、ここで中田翔!の千載一遇のチャンス!
翔くんの手の状態はいかがなものかと気にかかるところですが・・・ですが、ここで押し出し四球ゲットで、勝ち越し!


確かに・・・
それでもまだ1アウト満塁、いかにも一気に畳掛けたいところではあるまいか
ああ、しかしなんと、うまくいかないことか。
稲葉さんと栄ちゃんは、ともに初球を叩いて、三者残塁。


それでも、2点リード。
このリードを保ってなんとか終盤に繋げていきたいが。


が。


直後の6回、チビ谷、いきなり2塁打プラス2塁打で、1失点。ああ、リードが1点に!
それでも1アウトで降板、石井さんにチェンジして、2アウト。2アウト1塁から、石井さん暴投で、2アウト2塁。
うう・・・思わずくらいかんがえが頭をよぎる。
ここで・・・・浅村さんを敬遠。
そ、それでいいか
でも・・・あとアウト1個。
そして!次の秋山さんの当たりはぼてぼて、打ち取った!卓也が取った!よしスリーアウ・・・・


いかーーん!


な、なんで投げないか
いかなる理由があったのか!
ともかく、卓也はこれを送球できずに、2アウト満塁に。
まんるいからの得点は結構難しいんですよ!と思ったものの、ここであえなく逆転されてしまいました。


それでも点差は1点。まだまだ逆転の可能性がある!


そして9回・・・。
ああ。函館の人たちに、勝利を見せてくれ!
すると先頭の奨太が!
ホームランか!?と思うようなフェンス直撃、2ベースヒット!
そして、卓也が送りバント!1アウト3塁!


きたぞ・・・!間違いないかちこせる!
陽さんが打ってくれれば・・・!


→三球三振←


ううっ・・・・しかし!ここで最後の取っておき!

いか・ホフパワー!
今こそ最後のチャンスをいかそーめん!
その力をいかんなく発揮し!
デカイ当たりを!いかづちのごとく!
叩き込んでいこうじゃないか


三球三振。ゲームセット



現実は厳しい・・・・か。


そんなことで結果的に借金1で折り返すこととなりました。うーん、遺憾の意。
まあ・・・・6月の大進撃がなかったら、借金5,6でうろうろしてても不思議じゃなかったのですから、まずまずだと思おうっと。それにしても今日の試合は、なんとなーく、前半戦の縮図のような内容だった・・・とほほ、総集編ですか。


それより、函館で勝てないのは何故なのか、不思議でしょうがありません。函館のひとが気の毒です。
年に一度なのに・・・。
イカール星人に征服される前に、勝利を収める日が来るのでしょうか。来年にきたいかなー。



こんな文章なのに、久しぶりに広辞苑を引っ張り出しました。おお・・・十何年ぶりじゃないですか、オンライン辞書ばかり利用してるから・・・って・・・こんなに字が小さくて読みにくかったっけ・・・。
いいえ、字が小さいのです。眼の老化じゃありません、と頑張るワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【西武戦】SUMMER JUMBO!

2013 ペナントレース
07 /15 2013
7月15日(月)
日本ハム 14-3 西武
(札幌ドーム)


いやあ・・・なんという緊張感溢れる・・・
地上波中継・・・・!


今日の地上波はHTBでしたが、解説が、ガンちゃんと落合博満氏。
誰だろう、この二人のダブル解説を思いついた人は。パーティピザの横にわさびが添えられているような。
もう放送席、実況の谷口アナとガンちゃんの緊張感が伝わってきて、なんかいたたまれないというか・・・
そしてこんな日に限って、ギャーギャーとただ盛り上がればそれでOK!という展開なのだった・・・。


わたしは今日のHBCラジオが大宮親分だったので、テレビ見ながらラジオ聞いてました。
こういう試合の解説は東海の龍に限るねえ~


さてその試合。
心配その①:勝さん。もっと言ってしまうと、勝さんの調子プラス、
昨日ケッペルの援護運を発動した打線が・・・。


しかし、勝さんは1回表を三者凡退に抑えて無難な立ち上がり!「初回失点症候群」はとりあえずクリア。


心配その②:陽さん・・・元気?昨日のこと、気にしてない?
なんでもいいからヒットを・・・微妙なポテンヒットでもいいから・・・・と思いきや、
陽岱鋼、先頭打者ホームラン!


やっほおおおお!
涙くんさようなら!バイバイキーン!



って事で、やっぱりお祭り男に笑顔が戻ると、なんとなく「今日はいける!かもしれない!」と思うじゃないですか!
そしたら大引さんが四球で塁に出たら、
アブさん、21号2ランホームラン!


ここで、見ているこっちの心配は雲散霧消したのです。
初回え3点取ったら、「無援護」という病とは無縁。洒落じゃなく。
さあ、勝さん!頑張ってー!
・・・と思ったとたん、


暴投で1失点、


(そろそろ・・・暴投失点病という項目を「ハムの医学」に付け加えなければならないのか・・・)


いや。
いいや。これは吉兆ですよ。
なぜならば、武田勝の暴投というのは、三毛猫にオスが生まれるくらい希少!
眼福です。良いものを見ました、そう思おうではありませんか。
それに、勝さんは後続を断って、最小失点で切り抜けたのです!


すると直後の2回。
奨太が2ベース!卓也もヒット!そして陽さん!


バックスクリーンへ14号3ラン!!!


陽岱鋼、復活の日。


岱鋼はきっと、あの悔しさをばねにすると信じた・・・・
恐るべし・・・英樹の代打大作戦・・・・!


(にしても、岱鋼のばね、ちょっと凄すぎ)


さて、その回、大引さん、アブさんの連続ヒットで計5連打4得点。
計7点、大量リードをもらった勝さんは、危なげなく抑え、4回の裏には翔くんが犠牲フライでさらに1点追加。
8-1になったところで、ふかくうなづいたのです。


「これだけあれば・・・・きっと大丈夫・・・・ああ・・・今日、ドームに行けばよかったかなあ」
そう・・・今日暑いから外出はなあ・・・と思ったのですが・・・よく考えたらドームの中のほうが涼しいのだった。


そんなドームを熱くさせる5回裏。


栄ちゃん!
翔平!
奨太!の3連打
プラス相手のエラーで2点追加!10点目!


続いて卓也!
陽さん、デッドボール!
ビッキー!タイムリー
2点追加!12点目!


・・・・12点?


まあ、こういう場合はうちの打線がどうこうというより、相手の投手の問題だったりするのですが、
この容赦ない仕打ち。


アブさん犠牲フライ13点目!


じゅ、じゅうさんてん・・・・。


もういいよー!お腹いっぱいだよー!


でも、「13って縁起悪いから」とでも思ったのか、
翔くん!
稲葉さん!
栄ちゃん!
タイムリーで14点目!


じゅ、じゅうよんてん・・・・。


すいません、
この援護、分割払いで勝さんに払えませんか?




だって・・・それに・・・ジンクスがあるじゃない・・・!
大量点の翌日は・・・。
あ、でも明日は試合ないんだ。


でも、あさって函館。
函館と言えば・・・函館の西武戦と言えば・・・去年、「ハムの丸焼き御前」みたいな・・・あの試合。
函館で思いっきり仕返しされそうな恐ろしい予感・・・。


それが脳裏によぎったか、
7回から登板の鍵谷くんがホームランサービスで1失点
9回に登板のルーキー!屋宜くん!2アウト取ってから連打で1失点というアガリ一丁で、
14-3で試合終了とあいなったのでした。


ヒーローインタビューは何人出てくるのかと思いきや、陽さんお一人。
だけでも、陽さんの、
「サンキューで~~~す!」
だけで百人力よ。


あっつあつのほっかほか、14点。
こういうやけにド派手な試合は年に一度か二度はありますが、それが今日でよかったのかもしれません。
勝さんも6勝目をあげたし・・・陽さんは復活したし・・・全員安打で気分はいいだろうし・・・。
だから函館・・・頼みます!


赤ユニも終わってみれば、勝敗トントンでしたか。呪いは吹き飛びましたね。
ああ、I LOVE 「WE LOVE HOKKAIDO」。




ラジオ時々テレビ、で見てたのですが、落合さん解説、聞いてるほうが緊張した!あのそっけない物言い、
鋭い突っ込み、シニカルな視点、的確な解説と、よそいきのアナとガンちゃん。別の意味で聞き所いっぱい。
肩の力を抜いたワンクリックをどうぞお願いします☆落合さんの本、読んでみようかな~。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【ロッテ戦】そして日はまた昇る。ド派手に。

2013 ペナントレース
07 /14 2013
7月14日(日)
日本ハム 7-2 ロッテ
(札幌ドーム)


目論見としては、「吉川・木佐貫で2連勝、ケッペルは楽に投げさせたい」という意向だったのではないか、と思います。
が、とらぬ狸ならぬ鴎のなんとやら、ケッペルさんは復帰早々、「3タテ阻止」という使命を背負うことに・・・。


いえいえ。野球はナインプラスでやるゲームです。
3タテ阻止には!
何としてでも!
ナインいちまるとなる戦いを・・・・!(まつがい)


そのケッペルさん。
初回は上々の立ち上がり。ここで安堵したのです。
ああ、とにかく初回でよれよれにならなくて良かった・・・と。


となるとですよ、ここは一つ先制点というやつを取って欲しいじゃないですか。
という、みなのご意見ご要望にお答えするのは、稲葉さんですよ!
初回から先制のタイムリーヒット!


けっぺる、けっぱる。
何とケッペルさんは!2回も3回も三者凡退に抑える鉄人ッぷり!
3回などピッチャーライナーを、背面キャッチという大技を決めてくれます。


ケッペルさん、いけてる・・・・!
なんというか、「勝てるピッチャーの投球」を見た、そうそれは、君が見た光、僕が見た希望~なのです。
(このネタ多いなあ)
その冗談はさておいても、安定感。そう・・・・
昨日さんざん打たれまくってるだけに、ケッペルさんの安定感は、我々に大いなる勘違いを呼び起こさせるのです、それはすなわち、


昨日のは何かの間違いだったに違いない。



・・・と・・・!

間違いだろうが本当だろうが、昨日のあれは現実なのですが、人間に大事なのは「できる」と信じてやることです!


できると信じれば!
2アウトランナーなしから、アブさんが2塁打を打ち!翔が敬遠され!稲葉さんがシングルヒットで、
2アウト満塁になり!


栄ちゃん、第1号まさかのグランドスラム


できると信じて・・・いや、ごめん、ほんとは「せめて3塁ランナーだけでも返してくれたらいいなー」程度に思ってて・・・


ともあれ。これで5-0です。
ご、ごてんリード・・・・。ケッペルさんは復帰戦ですから、リードは何点あってもいい、と思ってましたが、
まさか5点も、しかもこんなど派手に取れるなんて・・・!ファイターズじゃないみたい・・・


ケッペルさんはなんと!5回2アウトまでパーフェクトピッチ!
ケッペルさんは一体何の手術を受けたのか、そんな気持ちにさせられた時、初ヒットを許し、そのあとホームラン打たれてしまいました。
でも、栄ちゃんのグラスラの余波がありますので、「ま、まあ・・・・久にセーブつけないといけないしね」程度のかすり傷です。昨日のあれに比べれば、赤チン塗れば治る程度の心の傷です。


さて。
5-2となり、3点差なら継投で逃げ切れるはず・・・。恐らく今日は万が一の為に、
早い段階からリリーフが待機しているでしょうから。


しかし人間の心とは不思議なもので、
味方が3点を追ってる時は追いつけそうもない気がするのですが、
相手が3点を追ってる時は、追いつかれてしまいそうな気がするのです。
だから思うのです、「ダメ押し」が欲しい、と・・・・。


リリーフを信用してないとかじゃないのです。
ほらよく、何億円も稼いでる人が投資で騙されたりするのを聞くと、思うでしょう。
「一生遊べるくらいお金があるのに、まだ金儲けしたいものか」と。
つまり、これと同じ心理ではないかと。


人は誰もがダメ押し点を求める。


だから、儲け話に耳を傾けたり、宝くじを買ったり、個人年金に加入したり、500円玉貯金をしたり、
先頭打者が出塁すると、バントで進塁させたりするのです。


だけど、驚きました・・・。陽さんの代打に・・・翔平が!?
そもそも陽さんに代打というのも、驚きです。最近の調子を考えたら妥当なのですが、だって・・・・
陽岱鋼ですよ?
あのお祭り男が・・・ここ一番で代打を出される・・・どんな気持ちか・・・・てか、センター誰が守るのだ・・・否。
今は翔平の打席に集中です。


1アウト2塁。くしくもピッチャーは大谷投手。大谷対大谷です。
3点差。もちろんダメ押しが欲しい。でも、凡退でも傷は浅くて済む・・・いやいや、陽さんのことを考えたら、なんとか・・・頑張れ!
2ベースの申し子、大谷翔平!ここで2ベース打ったら、ヒーローだぞ!
しかしフルカン、まあ最低でも進塁打なら上々・・・・


ならぬ


じぇじぇーーーー!
大谷翔平、本拠地初・2号2ラーーーン!




もう、もう、これは・・・・この言葉でしか言い表せない・・・・


翔平・・・・恐ろしい子!(白目)



・・・・ということで、石井-矢貫-宮西-増井の変則ビッグ4で、危なげなく(これ大事)試合をしめくくったのでした。


お立ち台はもちろん、ケッペルさん・栄ちゃん・翔平のメークドラマトリオでした。うるるん・・・。


翔平の試合後のコメント:(3ボール1ストライクから外角低めの速球を空振りしたが)「この間の本塁打は内だったし、今の空振りで同じ所(外角低め)に来る」その通りにやってきた球をしっかり振り抜いてバックスクリーン左へ運んだ。(毎日新聞)


あんた・・・・ほんとに高卒ルーキーか・・・。
そんな大人を絶句せしめる19歳は、スポンサーのサッポロビールからビールのかわりに、リボンナポリンをもらってにっこり微笑むのでした。恐るべし。


昨日と一昨日・・・いたら勝てたかも・・・(と思わせる時点でもう常人じゃない・・・)




・・・で、一昨日を「おとつい」と入力したら変換できませんでした。「おととい」ですね。
え、でも「おとつい」って言うよね?まさか方言?なんもさ、とワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【ロッテ戦】夏に咲く花「オワライグサ」。

2013 ペナントレース
07 /13 2013
7月13日(土)
日本ハム 3-7 ロッテ
(札幌ドーム)



今浪さんのいぶし銀(というには若いが)の犠牲フライで1点先制。


直後に2点取られて、ああ~~~と落胆したところ、


我らが若き主砲・中田翔の同点22号ホームラン!


木佐貫さんも立ち直ったみたい!よしこれは!今日はいい勝負になりそうだ!


この6回表も、ヒット1本打たれたものの、2アウト1塁・・・・よし、サードゴロ!スリーアウ・・・・



・・・・ト、チェンジ!
いい感じだね!さすが栄ちゃん、あぶなげないね!
次の攻撃は1番の賢介からだね!出塁できたら、2番の大引さんが送って、
糸井と翔くんで追加点取れるかな!?
稲葉さんに、アブさん、陽さんと続くこの強力打線!う~~ん!
余裕ができたら、代打:大谷もありかな?
これで木佐貫さんを援護できるね!
いやあ、今年はいいチームだよね!去年のチームに、さらに頼もしい仲間が増えて・・・
今年も!
優勝!
間違いナシかな!?




「はっ、寝てた」



そうか・・・・。
夢か・・・・・。


賢介、今朝、MLB中継でヒット打ってたな・・・。
糸井もいないし・・・・。大谷君はおやすみだし・・・。
強力打線でもないし・・・・。


どうってことないゴロを、送球エラーでアウトにできず、
その後わざわざ満塁にして、暴投!拾って慌てて悪送球!
で、走者一掃、ただで3点献上とか・・・・



・・・・・・・。



・・・寝てたほうがマシだった・・・・




(おやすみなさい)




あの限定赤ユニ、我が家総選挙では、似合ってるトップ3は「稲葉」「アブレイユ」「赤田」ということになりました。カッコいいんですけどね、あの赤色は結構人を選びますね。真っ白なワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【ロッテ戦】よろめきの夜

2013 ペナントレース
07 /13 2013
7月11日(金)
日本ハム 1-4 ロッテ
(札幌ドーム)



光夫が目の覚めるようなピッチング!
よみがえった打線!


・・・という、やや幻想に寄りかかった淡い期待・・・いいや、濃ゆーい期待を抱いて、ドームに行くかどうか散々迷った挙句、ファンクラブポイントもたまってるし、使おうか、と思い直して、鼻息も荒くチケットを購入し、
真っ赤に染まったスタンド・・・・というか、グレー時々赤、なスタンドに、いつものホームユニでひっそりと紛れ込む。


さ、準備はよくってよ。
思う存分、暴れて頂戴!


・・・とか高飛車にふんぞり返ったら、光夫の球が暴れてんのよー。
初回でいきなり井口さんにホームラン打たれてんのよー。


それでも、期待はあったのですよ!
正直、2回裏のMr.グライシンガーを見てたら、「これはどうかすれば3,4点取れるぞ!」という感じだったのよー。そしたら、HBCラジオで金石さんがね、「5回か6回までにノックアウトしたいね、1点リードのままだったらいいピッチャーが出てくるからね」と言っててね、おあつらえ向きに1アウト1,2塁じゃないですか!


そのアイデアもらいました!


・・・と、深くうなずいたんですがね、うなずいた頭ががっくりと下がりっぱなしになってしまいました・・・。



いいや、でも!
今日は2回までに3安打!
それにアウトになったとは言え、いい当たりが飛んでいるし!
これはまだまだつけ入る隙がある!二巡目になったらいける!


と、思ったんですが、光夫がもう撃ち落される寸前、
黒煙吐きながら海面すれっすれに飛んでるプロペラ機みたいになってて、
燃料切れ寸前ですよ!
それでも着陸したんですよ!
それを「悪いながらも粘った」と評すべきか、「粘ったけど悪い」と評すべきか・・・。


まあそれでも1点です。
追いつけるはず!
勝てるはず!




・・・と信じていました、5回くらいまで・・・・。


6回、鍵谷が出てきて、先頭をあっさり打ちとって、
「よし、このリズム!テンポいい!・・・このビートが熱くさせるんだ!」
と、ニヤリとしたら、おいおい、相手をホットにさせてどーするのよ。


2連打浴びて、石井さんにバトンタッチ。ここで結局1失点。
6裏、あっという間に三者凡退。
2試合連続完封負けの予想が過ぎり、目標下方修正。


1点取る。


そう、1点取ろうよ!
0点は良くないね、1点取ろう!せめて1点差になれば、何かが起こるかもしれない!


・・・となぜ思えたのだろう、0-1の1点差の時でも何も起こらなかったのに・・・・


しかし!
そんな!シニカルな気分を吹き飛ばす8裏!
卓也がフォアボールで出塁、盗塁で1アウト2塁!


二岡さま、久しぶりに降臨!
復活:代打の神様!きっちりタイムリーで1点取った!





***MISSION CLEAR***




え?そういうつもりで言ったんじゃなかったけど、結果的には「1点取った」。
一点取ろう、と思ったじゃないか、取って何の文句があるんだい、自分・・・・。


まあ、ちらっとね「8回裏に逆転、直後をびしっと抑えて歓喜のゲームセット」とか、夜なのに白昼夢を・・・。


それでも!まだサヨナラのチャンスが残ってる!
もしも先頭今浪が塁に出たら!
恐らく杉谷が送って、卓也のところで、代打:ホフパワー!
ホフさんが、サヨナラ2ランを放って・・・


くれたのは、よりによって井口さんだったのでした。
ちょっとー井口さん、さっき打ったじゃーん!


いや、3点差だし・・・・


もしも先頭今浪が塁に出たら!
杉谷も打って、卓也のところで、代打:ホフパワー!
ホフさんが、同点3ランを放って・・・



は、いくら夢見がちな乙女でも、夢見る夢子さんでも、さすがに無理があった・・・・。



そうか、1点差で負けたら「どうしてあそこで打てなかった」とか「あそこで一本出てたら」とか悔いが残るので、
まっすーが身を呈して汚れ役を買って出てくれたのか・・・そうか・・・・
(違う)


でも、予想は当たりましたよ!9裏「代打:ホフパワー」。
何も起きなかった、ただそれだけのことさ。


ふふふ。試合が終わった時、「なんだよ!これじゃ今日、書くことないよ!」といささかピントのずれた苦痛を覚えましたが、書き出してみると、結構書けるものです。
人間、どんな時にも活路はある・・・そんな思いを胸に秘め、明日はすっかり忘れていることでしょう。




オールスターのチケット、まだ札幌はあるみたいですね(そんな気はしていた)。
どうでもいいですが、チケットの「19:05試合開始」の半端な5分はなんなのか。
そういやQVCマリンの18時15分の謎も謎のままです。迷宮入りのワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【楽天戦】自転車操業

2013 ペナントレース
07 /11 2013
7月11日(木)
日本ハム 0-3 楽天
(Kスタ宮城)


働いても働いてもハムの暮し楽にならず・・・
ぢっと手を見る・・・
(生命線がふたまたになってるの)



~今日よかったこと~



◎谷元は先発としてやれそうな感じなこと。
(7回3失点?7回まで3失点で投げられりゃ、今のハムではじゅーぶん)




~今日は負けだと思った時~


◎スタメン表を見た瞬間


◎4回の拙攻を見た時


◎7裏でホームラン打たれた時


◎昨日メモリアルづくしで勝った時




~今日わかったこと~



うちの久と対戦する相手チームのファンは
こんな気持ちだったんだ、ということ。

(い、一発でたら!逆転か!→しゅー・・・ぽん)



~谷元に捧げる一言~


◎どのみち味方は0点だったから、気にすんな



~野手たちに捧げる一言~


◎打ってください以外に何を言えと・・・・


◎あ、靴の裏に滑り止めとかどうでしょう



あと、なんとか骨折だとかいう翔平は大丈夫なのですか!
大したことはないようだけど・・・顔だなんて!主人公なのに!
やっぱり翔平は、あと3人くらい予備が欲しいね!
ああ~~~細胞分裂して増えないかな~!




今日の中継はNHK。中立で、CMもなく、地に足のついた実況と解説。
・・・・なんだかだんんだん・・・・あなたは眠くなる・・・・。
目を覚ませ!自分とハムの打棒よ!のひとつねりのワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

【楽天戦】翔平 in トリプルメモリアルデー

2013 ペナントレース
07 /10 2013
7月10日(木)
日本ハム 4-1 楽天
(Kスタ宮城)



7月10日は・・・・勝さん、お誕生日おめでとう!
去年、札幌ドームで「お誕生日勝利」をお祝いしてから1年も経ったんだね・・・(遠い昔のよう)


7月10日は7月10日は・・・・納豆の日。
7(なっ)10(とう)で納豆の日って安直だろ、と思いましたが、まあこれも何かのご縁(?)。
せいぜい、今日のハムには、粘って粘ってもらいましょうよ!とグッと決意も新たに、ところは仙台。
ウルフがいきなり、ジョーンズ氏にホームラン打たれて、「おいおい、昨日から何本ホームラン打たれるんだよ」・・・と思ったけど、昨日打ったのはもう一人のほうでした。


さて、「ああ、ここから・・・逆転していけるかな~」と不安をよそに。
3回表、2アウトからビッキーが7球粘って、ついにタイムリー!
すぐに同点に追いつきます。
おお、幸先いいぞ。


そして、4回表、先頭打者:翔の2ベース、アブさんのタイムリー2ベースで、勢いよく2-1と逆転。
よーし、幸先いいぞっ!


そう、この幸先のよさが何のために用意されていたのかと言うと・・・・


おっと、その前に。


皆様、テレビ・ラジオ・インターネットの前で、もしくはスタンドで、こんな風な言葉を洩らしませんでしたか?


「大谷は、まだホームランがないんだよね~」
「そろそろ1本でないかなぁ」



そう・・・・恐らく。
そんな言葉が限度額一杯まで積み重なり・・・期待値が飽和状態になった時・・・・


「まあね、だけど、あれだけ打てるしね、これから身体作れば、ホームランはでるようになるんじゃない?」


などなど、お茶の間解説者かみーゆさんが知ったかぶりを発揮したその瞬間・・・・


ついに!
鮮やかにそして逞しく!完璧に!



大谷翔平、
プロ初ホームラン!





・・・が、バッビューーーーンとファンの待つライトスタンドのしかも中段に、どぎゃーんとつきささったのです!
(しかも2ラン)


おおおおおおーやったああああ!
窓開けてるのに、HOーーー!とか奇声を上げてるのが近所に聞こえてやしないか心配ですが、それはともかく、


いただいた・・・!



そう拳をにぎったのです。
何を頂いたのかというと、それは試合の行方とか、スポニューとか、明日のスポーツ紙一面とか、過去の苦い記憶を上書きする幸せとかを・・・・!
(過去の苦い記憶=昨日、まーに完封負け)


これで・・・4-1・・・・。
3点がセーフティリードかどうかはともかくとして・・・ともかくとして?
いいや!


ここまで来たら、勝ってもらわにゃならんですよ!
翔平が初ホームランですよ!
この試合に勝って、翔平お立ち台、ここまで行かなきゃあ、完璧とはいえないざんす!


ウルフは・・・・ばっちばちのナイピーだった!
ウルフは無表情ですから、何を考えているかわかりにくいのですが、きっと思っているはず・・・・
「万が一逆転されたら戦犯扱い」「翔平の記念日を勝利で祝わねば!」
と!


そして、ウルフィーは8回途中まで無失点で投げてくれた!男だ、男だよウルフ!
2アウトからプチピンチを迎えたため、みゃーにスイッチ。一瞬「げっ!」と思うような打球がライトに飛んだが、
これは危なげなく、翔平君がキャッチで、無事に切り抜け・・・


いよいよ・・・・いよいよですよ。
大将、頼みます!ここは、ここはひとつ!穏便に!
とファンの祈りの中で!
最初ボールが先行したし、打順は3,4,5からだったのでドキドキしたけど、終わってみれば、


武田久、通算150セーブ達成!



を、みごとに三 者 凡 退で飾ったのでした!



そうそう!あと一個!
翔平のホームランに隠れがちだけど、稲葉さんがさらっと、
プロ野球5位タイの通算422本二塁打を達成!
むふー!まだまだいけそうだぞ!いなばさんーん!


ま、その、結局4回からは再三のチャンスで追加点が取れませんでしたね、とかあるんですが、
重箱の隅をつつく小姑のようなことは言わないでおこう・・・!今日は勝てばよかったのですから!


今日は今日の幸せにどっぷりと浸かろうではありませんか・・・!
いい湯だ~なー!あはは~~~




お昼ごはんにパン屋さんのイートインコーナーで買ったパンにかぶりついた瞬間、気がついたのです。
私が・・・本当に食べたかったのはラーメンだったと!
今からラーメン屋に行くべきかどうか、それが問題です。醤油味のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

【楽天戦】予定調和・・・(に遺憾のイ)

2013 ペナントレース
07 /09 2013
7月9日(火)
日本ハム 0-5 楽天
(東京ドーム)



勝ったり負けたりを繰り返しながら、それでも5割前後の毎日を送る日ハムさん。


「札幌でオリ戦の最後を取ったんです。勝って東京に行くのと、負けていくのでは、気分も違いますからね」


日ハムさんはその日、東京ドームで、楽天戦でした。


「今日こそは、と言う気持ちももちろんありました。ずっと負けっぱなしでしたからね」
「相手がいいことはわかっていたんです。だから、心して臨んだつもりでした」


ところが、その時、日ハムさんは違和感を覚えます。


「初回に、あれーって思ったんですよね。球が高いなあ、と。でも、2アウトまできたので、何とかなるだろう、と」
「でも、結局、先制点を取られてしまって」



それでも日ハムさんは、頑張って仕事を続けていました。
しかし、さらなる悲劇が日ハムさんを襲います。


「次の回ですか、2アウトまで取ったんです。そこから・・・いや~実は記憶にないんですよね」


そう、日ハムさんの記憶はそこで途切れている。
奥様はその時のことを、こう言います。


「パカーンとね、ホームランを。もう、ああ、やられた!って思ったんですね、その時」
「もう、目の前が真っ暗になってしまって。相手が相手ですからね、2点も取られたら・・・」
「本当に、ああ、この先どうすればいいんだろう、って」



悪い時には悪い事が重なるもので、その後、日ハムさんは2ランを打たれ、さらには押し出し四球で、
計5点を失ってしまいます。


「本当にね、あっという間なんですよね、悪いほう悪いほう、っていうのは。呆然としてる暇もないんです。
ああ~やられたーああ~打てない~つながらない~とね」



「一時は相手が悪かった、と思おうとしたんですが、それじゃあダメですよね、やっぱり商売ですから」


日ハムさんの心を救ったのは、孝行息子の翔平くんだと言う。


「負けるのはわかっていましたからね、仕方がないな・・・とね。だけどその時に翔平がね・・・こう転がった球をつかんで、ぱっと、2塁へね・・・・」


翔平くんは、その自慢の強肩で捕殺を決め、日ハムさんのピンチを救ったのです。


「一回だけじゃなく、二回もね・・・それを見たときにね、ああ、やっぱりこういうときでも、投げやりにならないでね、頑張るって事が、心にね、きくんだってね」


「翔平が頑張ってるのを見たら・・・やっぱり、明日もあるんだ、って思うんですよね。それで、今日は今日、明日は明日で、頑張ろうとね」


「やっぱり、頑張る為には健康じゃないといけないなあ~と思いましたね」


そんな日ハムさんが毎日欠かさず飲んでいるのは





お稽古にいくのに、寝坊。髪の毛ドライヤーかける暇ない~うーん、でもこうやってワックスで整えたら、
こういう乱れ髪風スタイルに見えなくもないな、よし!と思って出かけましたが、帰ってきて改めて見たら、「髪の毛ドライヤーかける暇ありませんでした」スタイルでした。乱れを整えるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【Bs戦】DAY OF THE SHOHEI

2013 ペナントレース
07 /07 2013
7月7日(日)
日本ハム 6-1 オリックス
(札幌ドーム)


「HELLO!ご機嫌いかがですか?チャンネル・天の川、1年ぶりのスペシャルトーク、
タナバタDEナイト!の時間です!パーソナリティはわたくし、彦星と」

「織姫でお送りします」

「さて、今日は七夕の日なんですが、北海道は8月ですね~」

「なのに、願い事の短冊、リスナーの皆さんからたっくさん届いてますね、気が早いったら図々しい」

「ちょっとちょっと、織姫さん・・・えー、では、まずラジオネーム"ハムカツサンドのハム抜きで"さん。
こんにちは、早速願い事しちゃいます。7月7日、札幌ドームでのファイターズ対オリックス戦ですが、ファイターズを勝たしてください、お願いします」


「ざっくりしすぎだろ」

「いや、これがファンの願い最大公約じゃないですか。こちらはラジオネーム"ドとレとミとファとソとラとシの音が出ないクラリネットなんか捨てちまえ"さん。
こんにちは。わたしの好きなファイターズが2連敗で、貯金0になってしまいました。どうか今日、貯金をお願いします」

「一ヶ月前が借金10だったんだから、5割で上等じゃん。まったく人間の要求は限度を知らんな」

「織姫さん、まあそういわずに。じゃあ、せっかくだから札幌ドームの様子を見てみようかな?
おや?今日は中村勝君が先発ですね。そしてオリックスは西投手です」

「ずばり、天は自ら助けるものを助ける!勝、まずはお前がリズムを作れるかどうかが鍵だぞ」

「何でそんなに上から目線なんですか~」

「上から見てるからな」

「と、言っている間に、マサルッティはみごとに三者凡退で抑えました!これは今日は期待できるでしょうか?」

「気が早い」

「そうこうしている間に2回裏。ああ、先頭打者中田翔がヒット、そして稲葉さんが四球!」

「よし、チャンスをやる!悪送球でノーアウト満塁!さあ、ここで打ってみろ、大谷翔平!

「ああ~、だがここで、ゴロに倒れた!しかしなおも1アウト満塁です、バッターは鶴岡。
ラジオネーム"やさぐれ胡蝶蘭"さん。
お願いです、満塁から1点も取れなかったらダメージが大きいので、何でもいいから1点下さい。・・・さあ、織姫さんどうします?」


「こうするのさ」

「鶴ちゃん、デッドボールで押し出しー!織姫さん、少し乱暴ですよ!」

「何でもいいって言ったじゃん!そんなこというなら返してもらう」

「いえいえ・・・えー、やさぐれ胡蝶蘭さん、お気に召したでしょうか。さあ、マサルッティは3回表も見事に抑えました!ラジオネーム"わたしの彼は左巻き"さん。
久しぶりに大谷君がスタメンですね、活躍するところが見たいです。

あ~っとでも、3回裏は、大引・アブレイユと倒れて2アウト。この回、大谷君まで回るかな?」

「回らぬなら 回してみせよう 中田翔」

「あ、中田翔がヒット!今日これでマルチ!そして稲葉さんはまたもや四球」

「あと一息、栄ちゃんがヒーット!そら来た、2アウト満塁!大谷翔平!行ってみよう!

「織姫さんもなんだかんだいって好きですねえ。さあ、チャンスが追いかけてくる男、大谷翔平!初球を
当たり前のように左中間を破ったー!
走者一掃の2ベースヒッート!
翔平がやったー!」



「なんなんだ、この子」


「しかも、外野から本塁への送球の間に、3塁へ!この辺も只者じゃない!」

「主人公属性、半端ないな。さて・・・マサルッティ、4点リードだぞ。これでのびのびやれるだろう」

「と思ったら・・・四球、ゴロ、ヒット、四球、で1アウト満塁」

「なんでだよ」

「って言ってもねえ。・・・しかしここは空振三振と内野ゴロでなんとかピンチをしのいだ!
ラジオネーム"進撃のポンデライオン"さん。
マサルッティ、なんとか勝ち投手になって欲しいです、どうかお願いします。だそうですよ。愛されてますね」


「確かに今年、期待の右腕はこの中村勝だったからね。5回投げきれば・・・この点差なら、何とかなるだろう」

「その5回表!フライと空振三振で2アウト!勝利投手の権利まで、あと1アウト・・・なのにー!
ヒット!ヒット!ヒット!の三連打で1失点・・・


「だから、なんでだよ」

「わ、わかりません・・・そして、ああああー!なんとここで・・・・降板!勝利投手の権利目前でっ・・・!」

「ということで"進撃のポンデライオン"さんの願いは却下。また応募してね」

「ああ・・・。まあしょうがない、今日は絶対に勝たなきゃならないし、また4時間も5時間も試合するのイヤですしね・・・。代わり登板の石井さんはランナーをひとり出したものの、満塁のピンチをしっかりと抑える」

「ある意味、最近の石井さんは満塁男になってる」

「さて・・・ラジオネーム"豚に真珠は褒め言葉だと思ってた"さん。
そろそろアブさまはおめざじゃないですか?


「おはよーと共にー!ア・ブ・レ・イ・ユ!ということで
アブ様、20号でっかいソロホームラーン!」

「たまやー!ラジオネーム"河童の尻子玉コレクション"さん。
せっかく翔くんが猛打賞の2ベースを打ったのでダメ押しの追加点も欲しいです!


「じゃあさっきは痛かった鶴ちゃんの今度はタイムリーでどうだっ!」

「おお、織姫さん大盤振る舞いですね」

「そろそろ番組終了の時刻だからな」

「あ、そんな時間ですか。じゃあ、あとは矢貫、宮西、増井のリリーフにしっかりと〆てもらって・・・」

「矢貫が微妙にプチ劇場だね・・・疲れてんのかな」

「と、翔平君が、ライトからのレーザー返球で見せ場を作ったー!

大谷翔平dayかい。なんだかこう・・・・昨日のウグがちょっとカワイソウになったな・・・」

「まあまあ、それは。さて、最後は、おや、守護神じゃなく、鍵谷登場!」

「紫色のにくい奴!」

「鍵谷はサクサクと、三人で〆!みごとな三者凡退!」

「なんか物足りない気がするのは、気のせいだろうか・・・」

「き、気のせいですよ!・・・・さて、番組も残り少しになりました。七夕スペシャル、いかがだったでしょうか。
皆様の願い事短冊にできる限りおこたえしましたよ!」

「いい試合だったな、感謝の短冊メールを遠慮なくどうぞ」
「自分からそんなことを・・・さて、最後の短冊です。ラジオネーム"バリカン半島"さん。
今日は好ゲーム、ファイターズが勝って良かったです。ところで来週の楽天戦は、田中のマー君と当たりそうなんですが、なんとか勝たせてもらえないでしょうか、お願いします。

ラジオネーム"激安ツアーの燃油サーチャージに落胆"さん、
ベテランの方の勝もどうかお守り下さい、お願いします」


「お願いばっかだな、ここのファン!」

「いや、それがわたしたちの仕事ですから。では、北海道の皆様とはまた8月にお会いしましょう!お相手はわたくし彦星と」

「何にも織らないし、もうおばさんだけど織姫が」

「お送りしました~」


(あったり前ですが、文中のラジオネームは実在の人物・団体とは一切関係がありませぬ)



パソコンのキーボードの隙間に、なにやらクリップらしきものがはさまっていて、ガチャガチャ言うんです。
それで、キーをはがしたんですが、シフトキーの中の部分が壊れてべろーんと浮いたままです。
両面テープでくっつけましたが、ガチャガチャ言わない代わりに、動かなくなりました・・・・。
キーボードを守る繊細なワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

【Bs戦】000 000 000 ● (線香花火の悲しみ)

2013 ペナントレース
07 /06 2013
7月6日(土)
日本ハム 0-4 オリックス
(札幌ドーム)


校長先生!わたし、気がついたんです・・・!
この2枚の写真を見てください。



1回裏・ファイターズの攻撃の時のことです。
上は2番・大引、下は3番・アブレイユです。
写真の間の時間的な差は1分あるかないかと言ったところですけど、何かに気がつきませんか。


そうですのよ!
マウンド後方の北海道のマーク!
あのマークが・・・・ぐちゃぐちゃにっ!


井川くんのしわざじゃありませんか!?


ええ?何ですって!?
校長先生、わたしが、負けた腹いせに因縁つけてるだけだっていうんですか!

まあ・・・・じゃあ!

校長先生は、打てないうちの子が悪いって言うんですか!

たったの4安打しかできないうちの子が悪いって言うんですか!

打たれたうちの子が悪いって言うんですか!


校長先生!
あの北海道のマークが、ただのマークじゃないんですよ!
ファイターズの力の源なんですよ。
あれを踏みにじられたものだから、完封負けの憂き目に・・・・。
校長先生、あのマーク踏んだら電流が流れるようにしておけないんですか!?


え?何ですって!
・・・・調子が悪いなら鎌ヶ谷校に転入したらどうですか、ですって!
なっっっんてことを!
先生、それでも教育者ですか!


そもそも!
そもそも、福岡であんなに長い時間戦ったんですよ!
それなのに帰ってきてすぐにまた次の試合なんて・・・!うちの子だってそりゃ元気がなくなりますよ!
え?相手も同じ状況?
地元な分だけ、こちらが有利?
・・・・・・。


と も か く


相手の親御さんと、話をさせてもらえませんか。
うちの子をいじめるなとびしっと言ってやらねば気がすみませんわ!
それじゃモンスターペアレンツですって!?失礼ですわね!


あなたが、オリさんちのお父様!?






(な、なによ・・・男前じゃないの・・・)


あの、森脇さん?
うちの子がお宅の子に、嫌がらせをされたり、いじめられたり・・・・






・・・・・・・

・・・・・・・ほほほ、 まあ打てないうちの子も悪いんですけどね!
どうせなら仲良くやっていきたいと思ってますのよ!
明日はお手柔らかに頼みますわね、おほほほほ!



食べましたよ!いなばのカレー缶!うーん、やっぱり「いなば」と言う名前に外れはないですね!
今日はレッドなので、明日はイエローかグリーンにチャレンジします!
名前萌えでも時には当たりなワンクリックをどうぞお願いします☆スパイシ~
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

【Bs戦】ジェットコースター・パ!

2013 ペナントレース
07 /05 2013
7月5日(金)
日本ハム 1-5 オリックス
(札幌ドーム)


試合が始まった時、車の中でHBCラジオを聞いていて、その時に解説の新谷さんが、
「マエストリはあんまりよくない」
「送りバントなんかしなくても打てそうだけどなあ」
「初回に3点くらい取れるんじゃない」と言っていてですね、


嫌な予感
がしたんですよ。
そう、「解説が褒めた途端に凡退」「貶した時に限って好投」とか、「野球版」マーフィーの法則は、よく知れた事ではありませんか。


ということで、パンパカパーン!


一日天下ならぬ、一日三位。


デカイ字でわざわざ言う事ではありませんか。
否!
我々の住んでいる混パ大陸とはそういうところなのですよ。
ふっ・・・・と息をついた瞬間、後ろからバッサリです。崖に向かってどーんですよ。


さて、今日のどーん。吉川光夫。
6回2失点って客観的に見ればそう悪くはないじゃない、と思いますが、光夫に求められるのは、
「そう悪くはない」ではなく「すごくいい」ですから、どうしても点が辛くなります。
とにかく、先制した直後に失点ここを持ちこたえて欲しい!という中盤2アウトから勝ち越し点を与える、などの辛さと来たら、


こんな穏やかな色合いで油断してたら
死ぬほど辛かったグリーンカレー




位のインパクトでしたよ。エースですからね、甘い期待をしてただけに、余計に痺れるのですよ。


それでも1-2の1点ビハインドで、登板したのは鍵谷くん。
7回表はぴしゃっと3人、そして8回へと回またぎ。
そこでヒットを打たれ、1アウト取ってから四球・四球で満塁。
ベンチは何が何でも余計なリリーフは使いたくないモード発動で、鍵谷は踏ん張るしかなかったのですが、
あえなく走者一掃の2塁打を打たれ、4点差に離され試合は事実上ここでジ・エンド・・・。


そうここで、私たちは知ったのだった・・・・・。
毎日毎日なんだかんだ言ってはいるが・・・・


わざわざ満塁にしてから抑える
武田久のメンタルがいかに鬼であるかということを・・・・

やはり只者ではない、さすが神。


鍵谷が悪いのではなく、久が普通じゃないのだった。
武田久は一日してならず。鍵谷君、精進あるのみ。


8回の裏には1アウト満塁のほぼラストチャンスがあり、バッターは翔。
もちろん由緒正しいハムファンとして、
「ここで翔が満塁ホームランを打って、同点!一気に奇跡の大逆転!」
という、妄想が羽ばたき、「いいところで1本出たんで、よかったっす」というヒロインまで脳裏をよぎりましたが、現実はグリーンカレーなのでした。
妄想もほどほどにしないと、我に返ってから、辛さが上がります。


明日は奥行きのあるスパイスの香りが効いた、まろやかな味わいを期待。
なんとなくチキンカレーが似あう木佐貫さん、お願いします!



あー・・・・。何気なく書いてたけど、カレー食べたくなってきた・・・。
ところで、近くのコンビニで売ってる「いなば」のカレー缶が気になって仕方ない。
とりあえず名前だけで心惹かれてるワンクリックをどうぞお願いします☆どうでもいいが森脇監督、男前過ぎ。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村



【SB戦】かわいいあの子はまだ18歳。

2013 ペナントレース
07 /05 2013
7月4日(木)
日本ハム 4-3 ソフトバンク
(ヤフオクドーム)


翔平よ・・・・すまぬ。
正直、今日、始まる前は、
「今日は翔平くんだし・・・カード勝ち越しは決まってるし・・・勝てればもうけもん、かな?」
などと思って、ほんとーにほんとーにすいません。


初回、いきなり四球にヒットで1,2塁、その後2,3塁になった時、内心で
「もうけもんもうけもんもうけもん・・・・」
と、唱えていましたが、そのうち、わたしは本当の気持ちに気がつきました・・・。


そう、「勝て」とか「長いイニングを投げて欲しい」とかそういうことではなく、
「ああ、とにかく滅多打ち食らってKOとか、それだけはそれだけは見たくないー!」
という、「母心」というやつです。きっとアメダスからも「母心」が北海道を覆っているのが確認できます。


その翔平。初回こそよれていたものの、2回はナイスピッチング。
そして、若様を援護せんと、3回の表に、
大引&稲葉の熱いタイムリーコンボで幸先よく2点先制!


翔平は!
1イニング1ヒットの割合でランナー抱えつつも、なんとか5回まで無失点でたどり着き、勝利投手の権利を手に・・・。


そう、だけど・・・「2点リード、このまま終わるとは思えない、終盤までにもう一山あるだろう・・・」と、
何らかの主人公になった気分でつぶやいてみたりするのです。


だから、と言うわけでもないでしょうが、6回。2アウトまでさくっととって、「おや杞憂だったかな?」と思いきや!
ここでヒット、四球、ヒット!と続いてしまいついに1失点。その後はストライクが入らず、四球をだしたところであえなく降板・・・・。
そして2アウト満塁の場面でがっちり抑えたのは、今日がお誕生日の石井さんHAPPYBIRTHDAY満塁斬りでピンチ脱出!


2-1と1点差。
1点差か・・・。残りイニングを考えたら、もうちょっと保険をきかせたい。
でも今日は、なかなかチャンスがありそうでなさそうで・・・。
7回は宮西が「ややピンチのち晴でしょう」的に抑えると、8回表。


1アウトから打席には大引さんだったのですが・・・・ここで、デッドボール。
あらら、と思ったら・・・ビッキーが!ビッキーがキレた!?


そう、見かけは草食系な大引さんが、デトボ食らって、「・・・・ああ!?なんやこら!」みたいな形相で
マウンドへ向かっていくという・・・いや~ん、ギャップ萌え~~~
・・・とか言ってる場合じゃないよ、みんな出てきちゃった。
乱闘は未発で済んだものの、ここで相手は森福投手にスイッチ。
(しかしビッキーはどうしたんだろ?)


怒れる大引さんを1塁において、2アウトから打席は翔。
今日はまだ3打席ノーヒットだったんですが・・・・ピッチャーも変わったからどうかな、と見てたら!
中田翔は今日もまた!


大引さんの痛みを無駄にはしないの
21号2ランどっかーん!



4-1・・・8回で3点リード・・・。
これは・・・今日は・・・もらったああああ!


と、グッとこぶしを握ったところで!
増井さんは8裏もさっくさく2アウト取る!よっしゃ、今日もナイピー・・・・


まっすー、2アウトから4連打。
2失点。










・・・・き、きのう・・・2イニング投げたから・・・・!疲れが・・・・!しかし、ここで大劇場か・・・!なおも1、3塁!
・・・確かに!今日勝てたらもうけもん、と言ったけど!それはこういう意味じゃなかったんだなあ、じゃあどういう意味なんだと聞かれると返事に困るけど、そのー・・・


翔平!プロが1勝すると言うのは大変なことなのだ!


ってね・・・・。


まっすーは・・・・踏ん張った・・・。
なんとか1点のリードを守り、体面とチームと翔平の勝利を救ったのだった。


でもほら、あれですよ。増井がアジャパーな時は久は良いから!
しかし・・・・結局1点差で9裏・・・!いやポジティブに考えよう。
すごい!翔のホームランは考えると!
まさにチームを救う一打だったのですよ!


守護神、今日はさくさく2アウトをとり、2アウトからまたまたランナー出すのはセオリーどおり。
ですが投球自体は、「良い久」でしたからね、信じてましたよ、最後の打者は三振だろうと・・・。
(ドキドキ)


勝った・・・。終わってみれば「もうけもの」などという生易しいものではない、この大金星・・・・!
翔平2勝目、カードスイープ、チームは3位浮上、貯金2つで札幌に戻ってくるという、これ以上ない展開・・・!


3位浮上と言ったところで、混パ大陸は大戦国時代。まだまだ、まだまだですよ。
でも・・・・


ありがたやありがたや!今日の金星、明日への活力!


翔平、あしたお誕生日で19歳かあ。お誕生日が来ても、まだ19歳、まだ10代ですよ!ひょー!




液晶パネルにタッチして入力してください→“2”→でもパネルの反応がずれてて“3”が表示される→
指先でそおおおおっと“2”→“3”。じゃあ、と“1”をタッチしてみると“1”。
やり場のない怒りを晴らす渾身のワンクリックをどうぞお願いします☆どうすりゃいいの。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【SB戦】日ハムの一番長い夜

2013 ペナントレース
07 /04 2013
7月3日(水)
日本ハム 6-3 ソフトバンク
(ヤフオクドーム)



♪死闘~それは~君が見た試合~ 僕が見た~継投~
死闘~それは~振り合いの心~ 幸せの青いー疲労~
死闘~


1回にいきなり満塁のチャンスを逃がし・・・
その裏のイニングで先制され・・・・


しかし!「1点ならなんとかなるかもしれない!」とポジティブに思えるのが、最近のファイターズです。


そのポジティブ願望どおり、2回表、再びの満塁のチャンスで2度目の正直、とり憑かれたように当りまくっている、陽さんの2点タイムリーで逆転、2-1!
1点差じゃなーと思ってたら、
6回表再び陽さん!センターへ12号ソロホームラーン!
3-1!


しかし、先発ウルフィー。今日は千鳥足ピッチング。
もう頭にネクタイ巻いて、右手に「寿司の折詰」持ってないのが不思議なくらい、千鳥ってます。
いつもランナー背負ってる。
しかし、千鳥足なのに、側溝にはまりそうになると、本能(?)でかわして、なんとか6回途中まで投げきります。
後を継いだ石井ちゃんは満塁のピンチを打ち取ります。


2点差、残りイニングは、3イニング。
2点差ですから、この間の豪華客船とまでは行かなくとも、定期便のフェリーに乗った気分でした。
それはすなわち「よほどの事がない限りは安全だろう」と・・・。
でも・・・・。
よく考えると、5点差を追いつかれたのはつい、おとといのこと・・・・。ふっとそんなことを思ったら・・・


「火が出たぞー!」


ああ、またか・・・・!


矢貫が運悪くピッチャー強襲の安打を膝に受け、降板、みゃーに交代。
ノーアウト1塁で、サードゴロに打ち取った当たりを、わずか一瞬!
たった一瞬、今浪がセカンドに目をやったその一瞬で送球のタイミングが遅れて、オールセーフに・・・!
やな予感やな予感がするううーーー!
なんで宝くじに当る予感は外れるのに、失点する予感は当るのか。
ここで、みゃーが打たれて3-3の同点に・・・・。


しかし!「同点ならなんとかなるかもしれない!」とポジティブに思えるのが、最近のファイターズです。


何とかなる・・・
何とかなるさと・・・思い続けて三千里。


8回表!
ストライクがまったく入らないMr.ファルケン相手に、なぜ送りバントに代打なんて送ってしまうのか・・・。
あれ見てたら絶対四球だったのに・・・・。
ということで8回勝ち越しならず。


8回裏!増井がきっちり3凡!ということは、と一瞬の予感がよぎるも、見ない振り!


9回表!この時点で、試合時間が4時間近く経過。息詰る熱戦というか!熱い譲り合いというか!
あと何時間やるつもりなんだろうというか!の気持ちに、頼む決めてくれ!と思うものの、栄ちゃんのワンヒットのみで得点ならず。


9回裏!まっすーの男気イニングまたぎ、飯山さんの熱い男気好守で、3者凡退。


10回表!悪いけどまったくここら辺は打てそうな雰囲気ナッシングー・・・・な、長い・・・・!


10回裏!ここで守護神・久が満を持して登場!
もちろん、うちの守護神は、熱く熱く熱く!魅せてくれます!
どうです!2アウトから結局満塁のこの大技!
相手に「サヨナラのチャンスがきたばい!ここできめるばい!」と期待させておいて、
レフトフライに打ち取るという、この高度なテクニック!
も、もう・・・ファンにも「今日こそ・・・・ダメかもっ!」と思わせておいて、抑えたときは感謝が10倍!
♪10倍10倍ポイント10倍!久は本日ポイントサービスデー!とつい生協の替え歌が・・・。


そして、運命の11回。(最近こればっか)
打順は切りよく陽さんから。イニングを考えたら、もうここで勝ち越せなければかなり厳しい・・・。


その陽さんが、ヒットで出塁!連続4試合猛打賞!
ビッキーが送りバント!1アウト2塁、そして暴投で1アウト3塁。
この暴投の瞬間・・・・何か・・・・


「来た」


と思ったのですよ。何かって何が。それは今日何度目か、両チームともがつかめそうでつかめなかった、
「チャンスの女神の前髪」と言うやつです・・・。


続く稲葉さんが、恐らく1塁が空いていたので敬遠。ノーアウト1,3塁。
そして!ここで登場とは、なんという主人公キャラなんだ、中田翔!


また、今日はここまで音なしというのも、いかにもっぽい展開。いやもう!いかでもたこでもいいから!
チャンスの前髪、引っこ抜いてくれーーー!と、祈ったら!



抜けたーーー!




陽さんホームインで、1点勝ち越し・・・!この土壇場で!よくぞ!
あ、あんた・・・・こんなに立派になっちゃって・・・!こんな絵に描いたような頼れる4番とか、漫画だよ・・・!


と、ぐずぐず感涙に咽んでいる間に、栄ちゃんが続く!
そして今浪。これまた今日は1本も打ててないのだけど、今だナミー!
あの「セカンドちらっ」の一瞬をここで取り戻せーーー!



取り戻したーーー!




ナミーが!今浪が、2点タイムリー!
11回表に3点リード・・・!
でかい!もう状況的にこれは10点くらいの価値がある!
てか、なんだかファイターズ・・・・どうしたの・・・・!


でもこの裏、誰投げるんだろう・・・・思ってたら出てきたのは鍵谷。
そう、それを考えると!この3点は途方もなく大きい!
そうして鍵谷くんは・・・・3点に守られて、先頭のうっちーにはしぶとく粘られたものの、何とかライトフライで打ち取り、ライトフライ、そして空振三振を取った瞬間・・・・


・・・・ほとんど信じられないことに・・・勝った・・・・!


そして、長かった・・・・・。


明日は翔平が先発なのに、リリーフ底をつくくらい使ってしまって大丈夫なのか・・・とか不安もありますが、
今日この長時間ゲームを勝ったことは、心理的にも大きかったはず。心の疲れはないはず・・・!
あとは身体の疲れだけ!


さあ、ぐっすり寝ようぜ、ファイターズ!
(おやすみー)




今日の中継はNHKでしたね。わたしはこういう長時間ゲームになると、実況と解説の人は、お手洗いに行きたくなったらどうするんだろうと、それが気になって仕方がありません。
気にするな、と気楽にワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


【SB戦】Welcome to Jungle

2013 ペナントレース
07 /02 2013
7月1日(月)
日本ハム 7-6 ソフトバンク
(東京ドーム)


そう・・・・この試合を豪華客船の旅に例えるなら・・・。

出航。汽笛が鳴り、港に別れを告げ・・・
船内におもむくとそこは、豪華な船内・・・・。
居心地の良い客室、行き届いたサービス。おいしい料理に、洗練された会話。
お食事が済んだら、バーで一杯?それともデッキを散歩?


ああ・・・なんて心地よい、豪華客船の旅。このまま目的地まで楽勝ね・・・。


ところが。


「火が出たぞー!」

な、何ですって!


我らが天敵:隣の山田くんから1回で3得点し、KO。
続く2番手からもちゃくちゃくっと点を取って、序盤で6-1ですよ!
5点差ですよ!野球における5点差とは、そりゃもう、豪華客船のダイニングで、
「こちら、鷹肉のコンフィ 温野菜添えでございます」とか、さらっと出されたようなものじゃないですか。おいしゅうございました、ってところですよ、それが!


それが・・・・


それが、あっという間に「こちらハムの丸焼きでございますー!」ですよ!
こんがり!ロースト!6失点!


ああ・・・・。好事魔多しとはよく言ったもの・・・。
マックのあのトンネル・・・・トンネルを抜けるとそこは頭の底が白くなる大ピンチ。
あそこでもしも無難に、普通にゲッツー取っていたら・・・・
もしかしたら試合時間は1時間くらい短かったのでは・・・・。


とは言え、そのイニングが終了しても6-3でしたからね。
勝シェフには、次のイニングも踏ん張って欲しかったのですよ。
が、今日の勝シェフは火加減がイマイチ。生焼け、生煮え、中途半端なまま台所を降りる羽目に・・・。


その後を継いだ鍵谷消防士は頑張った。勝さんの出したランナーを返したとは言え、あれは仕方がない。
勢いにはやるホークス打線を同点止まりによく抑えたよ!とりあえず、消火は完了。キッチンは泡だらけ。
でも、実はここで踏ん張ったのが、のちのち効いてくるのであったのです!


その後、試合は膠着。どんどん沈みつつ行く豪華客船からなんとか逃げ出さなければならぬ!
救命ボートはどこだー!と叫んで走り回るうちに、7回表。
運命の7回。


この回、先頭の栄ちゃんが、俺たちはここだー!とのろしを上げます。
しかし続くウグが、バント失敗、のろしが消えかけに・・・。
ところが、ここで、四球・四球と救命ボートが次々と下ろされ・・・2アウト満塁。
バッターは谷口きゅん!

きゅん!
きゅんはフルカンまで粘るのですが・・・あー!その球!振らなきゃ四球だった(様な気がする)
とうことで、きゅんは三振。
しかしなおも2アウト満塁。


バッター、陽岱鋼。今日は4打数3安打。
アジアンフェスタ以来のりに乗ってる、陽岱鋼。
その陽さんも、フルカウントまで粘る!
直前の球を空振したため・・・・こ、これはボートが沈むかと思われたのですが・・・。


運命の1球は・・・・・・ボールだっ!


見送ったー!押し出しー!
陽さん!よく見た!よくぞ振らなかった!
振らなかったことでガッツポーズ。
もうこの際、点が入れば何でもいい!これで勝ち越し!


漕げ漕げ、救命ボート!どんぶらこ!


小刻み継投、3番手宮西。
ところで栗山船長!
あれじゃ宮西がカワイソウだよ!あそこで交代なら最初から矢貫で行こうよ~~~!
そう、宮西はイニングまたいで、ピンチで途中降板、矢貫にスイッチ。仕方がないかもしれないけど、二日連続で、プライドが傷ついたんじゃないかと、ちょっと心配。
変わった矢貫は、今日は帽子を飛ばさず(ような気がする・未確認)しっかり抑えた。
なんとか宮西への義理を果たす・・・。

8回増井ががっしがっしと「これ以上はボートに乗せられん!」と無情の三者凡退。
そして、最後にオールを託されたのは、もちろん航海の守護神:武田久。

ま、増井が三凡の日は・・・そう。
確率的に開幕の時が多いのです。
たったの1点。先頭を三振で打ち取り、ヒットで一人ランナーを出すも、次の打者は初球で打ち取り、
2アウト1塁。

今日の久はそんなに心配してなかったんですよ。
ヒットも打ち取った当たりで、飛んだ場所が不運だったんですよ。そういうことにしておきたい。
結果的に2アウト満塁になって、一打サヨナラの恐怖を味わせてくれるのは、さすがの貫禄ですよ!こ、こうじゃなきゃ!

見てるこっちは滝汗です。1点はもらった1点、ラッキー得点。
失ってもともとと思えば・・・・でも!ここまで!来たら!ど~しても勝ちたい!
勝てば皆が救われる・・・勝さんも、マックも、宮西も・・・・!

ひさしーーーーは・・・・空振三振でガッツポーズ!
いや、ガッツポーズはこっちだから!久!


いや~ギリで抑えると・・・爽快感が違うねえ!
今日はなんだかすっきりしない内容だったからね!
こういうので、久がスカッと「よっしゃ勝ったで!」と思わせてくれるんですよ!
いつもありがとう!久!
たまには3凡でもいいからね!遠慮しないで!


いや、よく勝った、信じられない・・・・。
あのウルトラアウェーの空気の中、追いつかれた時は負けたと思った・・・・。
こうして時間が経ってみると・・・いい試合だったような、と無理やり思えなくもなくもない・・・・。いやどうだろう・・・こんなに心乱れる勝ち試合も珍しい。なまじ最初が豪華客船だった分ねえ。


ああ、陸の明かりが見えるよ・・・おーい、ここだよー!助かったよー!
(そして福岡まで漕いで行くのだ)



夜中になってくるとお腹がすきます。机の上に魅惑のクッキーがありますが、見ないふり。
さあ、クッキーが勝つか、私が勝つか!
でも、負けてもかまわないワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。