そうだ、日本シリーズを見よう。(気分はもうパ・リーグ)

未分類
10 /30 2014
071109_2057~02
いや~~~堪能しましたね、日本シリーズ。

ホークスは初戦に敗れただけで、その後はあれよあれよの4連勝。

28日、おーとなりんのすごいこと。来年また当たるのか・・・と思うとため息が出ます。

そして29日の試合の劇的な中村選手のサヨナラ3ラン。


30日の試合も0-0のまま進行していくと言う息詰まる展開。
タイガース、大和選手の守備の凄いこと凄いことと言ったら、「うわ~~~陽さんみたいだよ!」などと、思わず口から飛び出してしまいます。


そう、日本シリーズを見ている間中、「む、これはうちのチームで言えば、誰それだよね」なんて言っておりました。
誰それポジション、そうやって無理矢理かこつけてみれば、「もしも日本シリーズに出てたら」という妄想も膨らみます。


いや~でも、30日の試合。息詰まる展開、手に汗握る状況、やった!と思ったら好守に阻まれる。
これが自分の贔屓チームだったら、「ぐあああああ」と頭かきむしりたくなります。
最後の最後までチャンスがあれどホームが遠い展開。
8回にメッセンジャーが出てきたとき、「う!お前まだ投げるのか!?」と言ったら、一緒に見ていた家族が、
「ダメだな、この人はこの回、打たれる。替えた方がいい。」
と、予言し、やっぱり打たれると「ほら、替えた方がいいっていったでしょう!」と自慢げにしておりました。



しかし、これがファイターズの試合だったら、もう動機・息切・目まいのフルコースです。
明日福岡では胃薬が良く売れたりするのではないでしょうか。
ある意味「他人事でよかった・・・」などと安堵してしまいます。
特に9回表など、別の意味では他人事ではないような展開で、他人事なのにドキドキしてしまいました。
最後、何がどうなったんだかちょっとよくわからなかったけど、ホークス日本一おめでとう!



そして、図々しい私と私の家族は
「日本一になったホークスとCS6戦やって3勝した日ハムは、強かった。」
・・・という、我田引水な結論を導き出し、満足したのでした。




野球の季節が本当に終わっちゃいましたね・・・。
そしてもう残すところ今年もあと2か月。お正月がついこの間のようなのに・・・(1年ぶり20回目)
もう正月用の餅は予約済みです。ふっくらパリッとしたワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

さあ気楽に見ようぜ、日本シリーズを。

未分類
10 /26 2014
kotori.jpg
見てましたとも、ごく穏やかに、日本シリーズ。

いや~~~。甲子園。あの応援!応援を越えた何か!
「ああ、この中で大谷を、うわっちを、あるいは浦野さんを、投げさせたくないわ」としみじみ思いました。

ホークスのアウトコールが、健気に聞こえると言う稀有な体験がここに。



さて、甲子園での勝負は1勝1敗でしたね。
25日の試合を見ていたら、「ゴメスみたいなの、うちも取れよ~~~」とかさあ、思う~~~。(ねえ)
まあ、どっちが勝っても~なんて思ってましたが、途中から「どうしたホークス!お前たちはそんなもんじゃないだろう!」と言う気持ちになってきました。日本シリーズマジックと言うやつでしょうか、



26日は2-1のヒリヒリするような展開でした。
とは言え、ファイターズ戦じゃないのでまったりと、どうでもいい話をする余裕がここに。
これが負けたチームの醍醐味です。
武田翔太、お前を応援する日が来るとはな!けっぱりなされ!とか
あの後ろに座ってるコーチみたいな人、めっちゃ顔デカくない!?とか
武田翔太の鮮烈なる“バットかわし”を見て、ふと、アオダモを植えてバットになるまでに何年かかるんだろうか、それでバットになったら1球で打ち損じで折れちゃったりするんだよ、生まれ変わったらアオダモだけにはなりたくないよね、とか、
ほんっとどうでもいいことをしゃべりながら見る日本シリーズ。
ある意味・・・最高です・・・。
いやあ、最後なんてこれ、投げてるのが増井とかだったら見てるこっちは七転び八起き(使い方が違う)だよ・・・と思いました。
武田君は強心臓ですね。6回2死まで完璧。2死、あっさり取ったのであの1失点は惜しかったなあ。
栗山さんだったら、7回四球で交代かなあ、なんて思いました。
むしろ「もう替えたら!?1点差だし!100球だし!明日試合ないんだし!」」とか思ったのは、私もだいぶ栗さんのマシンガン継投に慣れてきているからなのか・・・。
タイガースのリリーフは見た目癒し系の安藤投手がキレッキレだったなあ。



やっぱりホークスもタイガースも基本的に守備は堅いですね。
うわ~これがヒットにならんのか~~~という場面がいくつもありました。
あとやっぱり、パのチームはDH無しは不利な気がする・・・。投手に打席が回ると、いつもの攻撃のパターンが崩れるし。
(バントもうまくできないし…)



今度は福岡ですね。どんな展開になるか、楽しみですし、まったり観戦するのもまたおつですし。
こってりとしたワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

日ハムの歴史がまた1ページ(ドラフト編)

未分類
10 /23 2014
やってきました、今日という日が。


今日は何の日かというと、それはもちろん!



1年に一度きり!
北海道日本ハムファイターズ、渾身のドラフト芸発表会!

(違うよ)



去年は3連続ハズレくじという誰にも真似のできない、真似をしたくない芸を披露。
しかし結果的には、浦野、渡邊という実質当たりクジを引いたと思えば、これはやはり深慮遠謀だったのではと勘繰るも、今年は栗さんを<戦力外>にしたところを見れば、やっぱり単にくじを外しただけだった。



今年、ファイターズの運命を握るのは、黄金の右腕(実績あり)津田敏一球団社長!
ファイターズ指名は、事前の報道通り、早稲田大の有原航平投手!
4球団競合!
結果は!






tudasan.jpg




日本一の福男・津田敏一。




「神の右手」津田社長。どんだけくじ運いいんだ。
もう津田社長は縁起物として、正月にイベントでも開いて「津田さんと握手をして福をもらおう!」とでもやったらどうか。



・・・で。私はアマチュア野球はまったく明るくないので、この記事のメインは「津田さんがくじ当てた」になっちゃいますが、ドラフト会議って、くじ運の強さを決める会議じゃないんですけどね。目的を通り越してしまってます。



今年は9人もの選手を指名。多いな!背番号空いてるか~?(でも退団も多かったか…)
dorahuto.jpg
以上です。
・・・ってやっつけ仕事すぎるだろ!という声が私自身の中からですら聞こえてきますが、選手のことなんもしらんので、
詳しくはWebで!(クリックゥ!)




山田GM的には「100点」のドラフトだったということで、これで楽しみが増えたと、枕を高くしててよろしいのでしょうか。
よろしいのですね?
まずはめでたし!あとは、皆揃って入団してくれるといいな。



北海道よいとこ、ご飯もおいしいよ~~~!のワンクリックをどうぞお願いします☆
おすすめは・・・じゃがいもかな~(それは食材)あとね、わかさいも(それはおやつ)
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

戦い終わって日が暮れて

未分類
10 /22 2014
090729_1002~02
※画像に特に意味はありません※

戦い終わって日が暮れて。
文字通り戦士の頭上にも日が翳りました。


尾崎・ピノ・そして将吾さんが!退団・・・。


ぐは―――。容赦ない・・・。
ミランダとカーターも退団、という噂です。ミランダはCSファイナルはほとんど空気でしたが(なぜこうなった)、カーターは入団当初はすごく良かったのになあ。



さて。


熱い熱いCSが終り、「シーズン終わったべや」と言わんばかりに、一気に寒くなった北海道。
寒いので熱いクライマックスでも振り返ろうかな・・・。
レギュラーシーズンとCSでなんだか別のチームのように見違えたファイターズ。(と私には思えた)
なんてったって、先制されたのに食らいついて逆転勝ちが多かった。今までどこにそんなしぶとさを隠してたのさ・・・。
しかもファーステージとファイナルステージで1試合ずつ延長戦があり、先攻という延長には不利な状況から2つとも勝利。
先攻の何が嫌だって、目の前でサヨナラ負けを見るのはすごーく嫌。
両方とも、負けたらそこでシリーズ終了という場面での延長だったので、そりゃあもう、
「サヨナラだけは嫌だ、サヨナラだけは嫌だ、サヨナラだけは嫌だ
と念仏のように念じておりました。



9試合、どれも印象的な試合ばかりでしたが、あえてベストゲームをチョイスするなら、
「10月19日のCSファイナル第5戦・延長11回の死闘」でしょう!


なんだかこの試合が、2014年シーズンの集大成のような気がするのですよ。
 チームの勝ち頭・すでにエースの大谷翔平が先発。4失点するも後半は持ち味が出て好投。
 絶望的になりかけた7回、コンスケが出塁して稲葉さんが繋いで、チームは一気に活性化、
 1年かけて調子を上げた(?)奨太がタイムリー。
 ハルキちゃんがついに天敵・森福を打つ。
 打点王の4番・中田翔が同点アーチを叩き込み、
 クロッタ・宮西・そして鍵谷が本来のパワーを見せつけて相手を抑えこみ、
 きゅんの全力疾走の内野安打できっかけをつかむと、打撃開眼の卓也がついに勝ち越しタイムリー。
 増井さんが4凡で締めてゲームセット・・・。




どうです!この濃縮100%ファイターズ!
大河ドラマ「前進せよ、トゥミコロクル・総集編」のようです!




敗れたとはいえ、来シーズンにつながるだろう、と勝手に確信(というか願望)なのはこの辺からです。
しかも、レギュラーシーズンにはめっぽう苦手だったホークス相手に、こういう試合ができた、ということが大きい!
というか、このCSで自信をつけて、何となく今まで感じていたホークスへの苦手感というか、イヤ感が少し薄まったような気がするんですよ。
俺たちは、あそこまで行ったんだぜという一種の成功体験+今度は負けないぞ、というリベンジ精神で、
来年もきっとトゥミコロクルしてくれるのではないだろうか。


そう考えると、3位と言う順位は非常に意味があったような気がします。
若手主体のチームでチャレンジャーとしてCSに臨めたことは(そして2番目にいい結果が出たという事が)いい財産になるぞ!と思うので。
そしてのその先に、夢の日本シリーズ出場が、輝いているじゃありませんか。うーん美しい~~~。



ファイナル敗退の口惜しさ。
ファンへのご褒美は「日本シリーズをのんきな気持ちで観戦できる」シートです。うはは。




何だか急に寒くなりましたね~~~!寒くなると、なんだかアイスクリームとかジェラートが食べたくなりませんか?
こう、暑い時にラーメン食べる、みたいな意味で・・・。ラムレーズンは大人の味のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ここから、この場所から、輝ける未来へ

2014クライマックスシリーズ
10 /20 2014
10月20日(月)
パ・リーグCSファイナルステージ
日本ハム 1-4 ソフトバンク
(ヤフオクドーム)



よくやった・・・!
よく頑張ったよ・・・!




いや~~~~。
今朝からなんだかずーっとそわそわしてたし、夕方頃にはもうドキドキしてたし、「勝つか?負けるか?どっちだあ!」と何だか落ち着かないし、しまいにゃ「ああ、ちょっとだけ未来の見える箱があったら覗きたい!いや、そんなの覗く勇気があるか?」とかしょーもないことを仕事中ずっと考えていましたとも(ヲイ)。



ついに終わったなー。全部終わっちゃったなー。
もしも・・・負けたら・・・もう悔しいだろうな―――っって想像してたんですが、あれ?
何だか試合が終わった後、妙にすっきりしてます。
ファイターズはやれるとこまで、いけるとこまで行ってくれた!
夢にあと1歩手が(足が?)届かなかったけど、全力でここまで来た。最高です!あんたたち!



最後にホークスの選手たちが、稲葉さんとマックを胴上げしてくれて、栗山さんが秋山監督に花束渡してるの見たら、
悔しいな~っていうのがすーっと吹っ飛んでいきました。両チームの選手もファンもお疲れ様。(鷹さんはあとひとふんばり)


今は悔しいと言うより、強かったホークスとここまで試合ができたことが喜ばしいし、誇りに思おうよ!とすら思えてきたりしてます。
今後の日米野球の「ハム鷹連合軍」とやらも、妙に楽しみになってきたような・・・。



今シーズン、良くここまで来たと思うんだよ、本当に!
3位だったんだもん。ファーストステージで勝ち上がって、ファイナルへ、そしてファイナルだって6戦、目いっぱい戦って。
正直、ここまで予想してなかった。
ヘタレな私は「う~~~ファイナル、1勝もできずにストレート負けしたらどうしよっ」と思ってはドキドキしてた。



ファーストステージからこのファイナルステージまで、なんだかファイターズが別のチームに見えた。
強い対戦相手にいい意味でつられて、不思議な強さを発揮したような気がする。
レギュラーシーズンじゃ「ああ、ここでそのまんま試合終了のパターンだよね」ってところで、勝負強さを見せたり。
それで崖っぷちから3勝3敗のタイに持ち込んでさ。
今日も・・・負けたとはいえ、最後、面白かったなあ。完封負けだけはなんとか阻止したの。(CSは0点負けはなかった)
本当に、CS中ずっと、「あれ、うちってこんなにいいチームだったっけ!?」と目をぱちくりするような場面がいくつもありましたよ。



日本シリーズには出られなかったけど、得たものはたくさんあった!
だって試合を見てたら、「こりゃあ、来年楽しみだぞ!ハルキに卓也!翔平にコンスケ!ハックも鍵谷もいけそうじゃないか!まさるってぃもうわっちも、来年はローテで活躍するんじゃないか!?」とウキウキできたもんな~。




来年、また来年ね。
前進したトゥミコロクル達が、またワクワクドキドキさせてくれるはず・・・
トライプレインの「ファイターズと共に」の歌詞のように「輝ける未来へ」。



「レギュラーシーズン3位」という順位以上に、終盤は濃密だった。
去年の今頃の記事なんか「CSなんか隣村の祭り状態」なんて書いてるもんね。
そんなところから、良くここまで熱く盛り上げてくれたよ、トゥミコロクル達!
私は勝っても負けても、最後はこう言えると確信してたね!



あ~~~楽しかったあぁ!



ありがとう、ファイターズ!
今はもう、ただただ、感謝だけだ!





えー、こちらにいらして下さった皆様方にも、感謝あるのみでございます!CSについてはまだ書きたいようなことがあるような気がしないでもないので、また何らかの更新をするかも・・・?日本シリーズは野球好きの性分として見ずにはいられませんが、さすがに試合ごとに記事を書く体力気力はもうない(笑)
あ~~今年一年楽しかったね!のワンクリックをどうぞお願いします☆ん!運命のドラフト会議はもうすぐなのか!
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

まだだ、まだ終わらない!

2014クライマックスシリーズ
10 /19 2014
10月19日(日)
パ・リーグCSファイナルステージ
日本ハム 6-4 ソフトバンク
(ヤフオクドーム)



先発:大谷翔平。
初回の翔平君はなかなか良かったものの、魔の2回。
ヒットヒット死球であっという間に満塁にしてしまうと、タンターン!とタイムリーを打たれてしまい、2失点。
この2失点で踏ん張ってくれ…!と祈るものの、再び打たれ、最後に併殺の間に1点取られ、4失点。



よ・・・四失点・・・これは・・・これは・・・リポビタンDのCMで!
崖っぷちから、足元がぐらっ!落下する!その時!すかさず相棒が手を差出し!
「ファイトー!」



一時停止「 | | 」 



まあ・・・思えば、翔平には背負わせすぎた・・・。誰がこの4失点を責められようか。
援護がなくて負けた試合、勝ち投手の権利を失わせた試合・・・いろいろあってここまで来たんだ・・・。
翔平・・・すまんね・・・



こちらはチャンスらしいチャンスを作れず、せっかくのいい当たりも好捕にあったりして、ヒットにならない状態。
やっとこ四球で出塁するも、三振ゲッツーなど最悪の状況。



ところでですよ。
翔平君、2回は一気に4失点と崩れたものの、それ以降はくっきり立ち直るのですよ。
三振!卍!三振!卍!と時折、敷田球審の卍をはさみつつ、6回を抑えます。



ラッキーセブン。



ラッキーセブン!と言いながら、この頃にはすっかり、心の片隅で「敗戦の弁」を考え始めていた私。
でも心の片隅で、「翔平の援護運がどこかで発動しやせんか」とほのかな期待を寄せていたのです。



その期待も、一気に2アウトで、シャボン玉のようにはかなく消えていきかけた、その時。
コンスケがヒットで出塁。
そして・・・ネクストには稲葉さんが!
稲葉さん・・・!まさか、この打席が見納めに・・・?
そんなこちらの気持ちをさらっと吹き飛ばす、
稲葉さんの美しいクリーンヒットが―――!
ああああああ稲葉さん!やめるのやめようよ――――!(何日かぶり何回か目)



2アウトとはいえ1,3塁。
打席は今日、あたりまくっている奨太。
奨太・・・せめて、1点は返そう!意地見せようよ、ここでヒットを打ってくれた稲葉さんのためにも・・・!
奨太はいきなり追い込まれるも、フルカウントまで来て、



開眼:大野奨太、悟りの2点タイムリー2ベース!!



これは・・・「恐怖の9番打者」の魂が乗り移ったのか―――!?



さて、2アウト2塁でハルキちゃん。
むむ!ここでハルキ苦手の森福さんにスイッチ。むむうう~~!
しかし、稲葉さんのヒットに刺激され活性化された打者細胞!



ハルキちゃん、ファイト!
いっぱ―――――――――っ!





ぱ?・・・同点ホームラン・・・だよ・・・ね・・・???
はいったよね・・・え。
は、はいってな・・・
はいってないの――――!?



そう、ハルキちゃんの放った打球はフェンス上部に当たって跳ね返ったと判定。
3塁打扱いに。
くっ・・・!しかし、2塁ランナーは帰ってきた!3点目だ!
1点差まで追い上げたっ!

ヤフオクドームは・・・ぬか喜びを防ぐために、フェンスに当たった時にはネオンサインが光りブザーでも鳴るようにしといたらいいと思う!(多いよね~)



私らより先に翔平は気を取り直していたのか、その裏はしっかり3人で抑える!
しかし…4失点も、7回までに12奪三振とは・・・調子がいいのか悪いのか・・・。



8回。
なんとかしないと、3-4で終わってしまう。
ううう。なまじ1点差に追い上げた分、4点差で負けるより悔しいような。
先頭の陽さんは、三振、またおねむか・・・今日は翔君も当たっていない・・・。
しかし、ここはもはや主砲の!
ファイト!




「再生 ▶ 」




ファイト一発・中田翔!
CS5発目、同点ホームラン!
今度は文句なしじゃあああ!





翔平の負け、消える。(恐るべし)



ここから、リリーフたちは鬼神のような働きをみせてくれたのです。
クロッタは8回9回と男気のイニングマタギを見せて、しっかり抑えきる。この間まで、「苦労った」とか言ってて正直すまんかった。
白眉は10回の裏・・・
この直前、2アウト1,3塁の好機をつぶして、これまでか、という感じになったにもかかわらず・・・・
宮西が宮西が!
足が痛いだろうに、渾身の力投で2者連続三振!

そして、なぜかこの間から、突如覚醒し、別のゾーンへ突入している鍵谷が、10回裏を三振で締める!



運命の11回表。
ファイターズに残されたチャンスは、2回だけ。引き分けでも敗退なので、点を取らなきゃならない・・・。
ミランダが四球を選び、ノーアウト1塁・・・ここでコンスケが痛恨のバントミス。うぎゃあああ・・・



もうだめだ、もうだめか、と思うたびに・・・食らいつく!ピラニアのように!
かわいいピラニア・谷口きゅんが、一生懸命走って内野安打!
恐怖の9番打者大野奨太がサード強襲のヒットで出塁・・・1アウト満塁!



ある意味このピンチをどうやって切り抜けるのか!
いやもう、打って打って打ちまくるほかはない!
打席はハルキ!さっきのホームラン未遂の口惜しさをここで晴らせ!・・・が、三振!



ぐあああー。



なんだか異様なムード・・・。
そんななか、打席には卓ちゃん。今日はヒットが出てない卓ちゃん。
・・・11回の裏、抑えきって12回の表の中田に回るのを期待するかと・・・・なぜそんなことを思ったのか・・・



嗚呼、誰が呼んだかエースキラー中島卓也!
崖っぷちを救う2点タイムリーヒットオオォォォ!




勝ち越した・・・!
信じられん、勝ち越した・・・!

ミラk
ごほっ、いや、よくやった、よくやったよ!



11回裏、増井さん・・・。
ちょっとヤバかった・・・ハルキちゃんのファインプレー(いつの間にあんなに上手く!?)、そして陽さんの捕球したフライもフェンスギリギリ、2アウトからランナー出して、脂汗にじみ出て脳がオイル漬けになりそうな展開も、三振で抑える!


となると!
いよいよ!明日が天王山!



ふふふ。
良くここまで来たなあ。こんなに最後盛り上がるシーズンだなんて、思いもよらなかったなあ。
ファイナル最終戦にたどり着くなんてね~。面白いやつらだなあ、あんたたち!



そこがどこであれ、
「行けるところまで行こう!」
全力疾走なら、後悔しないさ!





てなわけで・・・わかりました!明日もカツゲンを飲みます!そりゃあグイグイと!
お昼ご飯はカツサンド、晩御飯はカツカレー!のワンクリックをどうぞお願いします☆太ってもいいの!
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

崖の上だが、落ちちゃいないぜ!

2014クライマックスシリーズ
10 /18 2014
10月18日(土)
パ・リーグCSファイナルステージ
日本ハム 2-5 ソフトバンク
(ヤフオクドーム)





さあさあ~みんな集合!
崖っぷちに集合だ~~~!
落ちるなよ~みんな~!?




………?



………………??



静かだぞ?



どーしたーみんな~~~~元気ないぞ~~~?
あっはっは!笑うには福来ると言うじゃないか~~~!いいか~~~!
さあ!福を呼ぶぞ!人一倍必要なんだからな!明日のために、たくさん福を呼ぶんだ!
あ――――ッはッはッは!
はっはあああ~ひゃっは~~~!
いーっひっひっひー!おほほほほほほ!




いや、へんなハーブとかやってないから。大丈夫。




最近よく見る、いきなりホームランでビハインドを乗り越え。
すぐに同点においついたところで、まだまだいけると蘇生!
まあ、満塁でここで一気に勝ち越せるとよかったのですが…が…ああやっぱり!
もれなくタイムリーが当たるポイントカードの残高は昨日使いきっちゃいました~~~。



木佐貫さんは今日は各駅停車…。すぐに快速特急に追い越されてしまいます。
これじゃあ終点に着くまでにいくつも追い越されてしまうと、栗山駅長たまらず、臨時快速「メンドーサ号」にスイッチ。
このメンドーサ号、2駅まではサクサク進んだのですが、そこから燃料漏れで火が出てしまいました…。
うーむ、なりふりかまわず中3日はさすがにきつかったか・・・。



昨日のタイムリーポイントカード、ポイント残高が残ってたら、5点くらい取れたのかもしれない場面がいくつもあったのですが…ああ、やっぱりちょっと景気よく使っちゃったかな~~~。




でも今日節約したから、ちょっと貯まったかもしれない!




無理矢理ポジティブ。
そう、崖っぷちに追い込まれてからポジティブに転換する私は、給料日前日に財布を景気よく空にするタイプです!
(あなたは?)



もう誰が抑えられなかっただの、誰の1本が出てればなどと言うまい言うまい。
泣いても笑っても明日が勝負なら、笑った方が楽しいぜ!
福も来るしね!




「ね」

「そうだね~~~!だって、この時期まで野球をしてるんだもんね」

「去年なんか最下位でさ~それを考えたら、よくここまで来たよね~」

「ねえ~~。3位でファーストステージ突破しただけで大したもんだよ、よくやったよ」

「そうだそうだ。若い子ばかりでねえ。今年はよくやったよ、うんうん」

「これで来年も楽しみだね…うん」



ま、まだ終わってない、終わってないから!!!
(まだまとめないで~)




(ほえ~タイガースすごいわ~)




福を呼ぶため笑い、そして後は神頼み。明日はやっぱりハムカツサンドですか!いや、ハムカツサンドは神じゃないけど。カツゲンも追加のワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


太陽のごとく道を照らせ

2014クライマックスシリーズ
10 /17 2014
10月17日(金)
パ・リーグCSファイナルステージ
日本ハム 12-4 ソフトバンク

(ヤフオクドーム)


6時ちょっと過ぎにラジオをつけると、翔くんがヒットで出塁したところだった。
<…1点先制したファイターズ…>
お!先制したのか!
<1番西川レフトフライ、2番中島空振三振…>
え!それで1点という事は・・・もしや!
<陽岱鋼がライトスタンドへCS1号ホームラン…>



祝・陽岱鋼復活ののろし上がる



先制したのもめでたいし、陽さんが復調したのもまずめでたし!
とかなんとか思ってると、翔平が続き、あと1点くらい取れるといいな~~~とワクワクしてると
栄ちゃんが3ランホームランッ!



これでいきなり4点リードとなったわけですが、私はまったく油断しておりません。
なぜならまだ光夫が1球も投げてないからです!!
光夫・・・援護は十分だ・・・この試合は、お前次第だ、どーん!



→光夫、初回に軽く1失点←



ふふふ、ははは、大丈夫大丈夫~~~~まだ3点あるから~~~(ドキドキ)



3点リードなど、まったくリードしている気分になれない、私はニワトリ。
ああ・・・あと1,2点。だってさっきだって光夫は満塁にしてしまったし、これからも満塁にするかもしれないし・・・



すると、2回表。さっくり2アウトになるものの、ハルキヒット→盗塁、卓也ヒット+悪送球→盗塁で2,3塁。
おお、いいですぞ!こういう「足も使える!」と言うところをアピールアピール!
打席は岱鋼さま・・・このちょっと成長したドングリたちの、盗塁を生かしたい!取られた1点だけでも取り返したい!




岱鋼の打った打球は向こう正面へ―――!
行った―――っ!




ん!?
はいったよね?
んん?3塁ストップ扱い?




物言いがつきました。只今より、協議を行います。




(協議中)まあ、3塁打判定でも2点は取れたし・・・そう思えば、2点はデカい!デカいぞ!



協議が終りました!
ただいまの軍配は行司差し違えで、ホームランといたします。



陽さん、2打席連続~~~復活弾炸裂~~~!
昨日から今日の24時間にいったいあなたに何が起きたのか・・・!



この時点で7-1だったのですが、ええ!
ニワトリはニワトリですから!6点取られそうな気がしてならない、このニワトリ魂。



光夫はやや危なっかしいながらも、そこそこテンポよく投げ続けてゆきます。



そして5回にはまたも2アウトから今度はコンスケのタイムリーが飛び出し、8点目。
ニワトリ魂がすこし安らいだその瞬間!
光夫は内川さんにすげえ技あり2ランを打たれる!
ぎゃあああああー!ほらーーー!心のニワトリが震えます。



まだ5点あるし・・・(でも7点取って7点取られた試合があるし・・)
そんな不安を解消してほしい!




そんな時には、やはりこの男!
目覚めた陽岱鋼、1アウト1,3塁からきっちりタイムリー!
(目覚めすごすぎ)



この辺で、なんだか夢みたい・・・とうれし涙がこみ上げると言うのに、さらになおかつ!
この間から目覚めっぱなしのこの人は!



日本の4番中田翔!ニワトリも思わず鳥肌ものの、
4試合連続HRは3ランだーん!





コケコッコー!
12-3…。9点リード…
この時初めてチキンハートは安らかに……なるなら、偽チキンですよ!
ニワトリはね!こうなったらこうなったで「明日、打てなかったらどうしよう…」と思ってしまってこそ、真のニワトリ魂!
(悲しい習性)



光夫は6回投げて3失点。まずまず。そして、7回:カーター、8回:矢貫、時折微妙なピンチを迎えつつも、しのぐ。
12点取ったら満足したのか、あとは打つ人たちはお兄ちゃん達サクサク祭り。
ああ・・・それ・・・得点に満足して早く試合を終わらせようとしたから・・・からだよね!?
明日も打ってくれるかな!?(いいともって言ってくれ!)



いよいよ勝利が近づいてきた9回。
さすがに、「高校野球じゃないから1イニングに9点は取られないだろう…」と安心しかけたところで、
登板した勝さんが2アウトから4連打で1点取られて満塁にするとかいう、思わず、コ、コケッコッコオオオオ!と悲鳴を上げてくなるような展開。
なんとか1点でしのぎ切り、8点差で勝ったものの、ニワトリ魂にはやはり安住の地はない、と噛みしめてゲームセット。



いやしかし!
勝った!信じられないが勝ったぞ!2連勝だ!
これで明日の朝まではウキウキでいられるんだ!




そしてまたすぐに明日が来るも、我々はチャレンジャーだ。
敵地で今日みたいな試合ができただけで、私のチキンハートも大満足さ!
あとの試合、気負わず迷わず恐れずに行こう!
(と言った瞬間に意識するチキン…)




ニワトリとチキン連呼してたら食べたくなるなるケン○ッキー。
よし!明日はチキンを食べて、気弱な心を克服だ!コールスローにポテトとビスケットも追加だ!
この際はザンギでも可のワンクリックをどうぞお願いします☆ご一緒にレモンはいかがですか。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

トゥミコロクルの一矢

2014クライマックスシリーズ
10 /16 2014
10月16日(木)
パ・リーグCSファイナルステージ
日本ハム 5-1 ソフトバンク

(ヤフオクドーム)


信じましょう、まさるってぃの援護力を。



昨日負けて、崖な私たち。
今日は誰が呼んだかホークスキラー、中村勝にすべてを託そうではないですか!



→1回裏、いきなり先制ホームランを打たれるまさるってぃ←



「すべて」はさすがに重すぎたか…。



とまあ、いきなりビハインドから始まるこのゲーム。
しかし、私は3分42秒後には切り替えましたよ!
どのみち、1点くらいは取られると言うもの。それが今、取られただけだと!
1点で踏ん張っていれば!
きっと何かが起こる!





…と思っていたのだが、3回表にノーアウト1塁からバント失敗ゲッツー+三振で絶賛ガッカリ中。
その裏!
まさるってぃは満塁の大ピンチを迎えてしまいます!が、ここはまさるってぃ、なんとか踏ん張った!



ピンチの後にはチャンスが・・・
ハルキがギリッギリの内野安打で出塁。卓ちゃんが四球でノーアウト1、2塁の絶好のチャンス!
ここで1点返しておこう!せめて同点に―――



→岱鋼、空振三振←



な、ならば4番が…!



→翔さん、空振三振plusゲッツーで一気に3アウトチェンジ←



だ、だれか私に…希望という名の灯りを下さい…



そんなポエム見たいなことを言ってる場合じゃなくなりました、その直後!
まさるってぃは四球+ヒット+四球で、1アウト満塁の大ピンチを!!!
おお、なぜ我々にばかりこんな試練があるのか知れん!



まさるってぃはここで降板。マウンドに上がったのは、チビタニ。
この流れでは、もう1点や2点は覚悟したその時。
男・谷元 無失点で抑えきる。
オリ戦の口惜しさをここで晴らす好投!



さて。
そうはいっても負けている状態には変わりはないわけです。
でも1点でしのいでいる。後半、相手が疲れた頃にハイエナのように襲い掛かる唯一のパターンを期待…。
6回表。



まずビッキーが一生懸命走って、内野安打で出塁。
市川が「ビッキー、陽さん、送りバントは、こうやってやるの!」とお手本を見せ、
ハルキが四球を選び、
卓ちゃんが結果的には進塁打の内野ゴロで、2アウト2,3塁。



岱鋼さま…。
よりによってCSに入って、おそらく今シーズンきっての、大型で非常に強い不調に襲われているダイさん…。
だが!ここで決めてほしい!
なんとか!最低でも同点に追いつきたい!

援護雲はまだか!援護雲~~~!



と、祈るも陽さんの放った打球は、真正面のショートゴロ・・
ぐあああああああ―――!この回もダメか―――!






ダメかあ――――あっ!





そう、なんでもないショートゴロ、タイミングもばっちりアウトだったのですが、ショート今宮君の送球が、明後日の方向に逸れてしまい、陽さんはセーフ。
なおかつ、なまじ2アウトだったもんで2,3塁のランナーが一気にホームに帰ってきて、なんと逆転。
これは…ラッキーだったけど、ちょっといたたまれない…




む。
いや。
勝負の世界は非情なんだ。うちは崖なんだ。
鬼にならなきゃならないんだ!




そこで出る鬼、中田翔の
トドメの一撃・レフトスタンドへドカンと2ラン。





よくやった、鬼4番…!
これで、一応自分たちでも点を取ったという実績が…!




なお、翔さんはこの後8回もしっかりとダメ押しのタイムリーを放ち、打点王の貫録を見せたのでした。




そんでもチキンハート、怖いものは怖い。リードしててもなんかすぐ追いつかれそうだ。
しかし、そんな弱気なチキンを力づける、リリーバーは、鍵谷と白村&クロッタの白黒コンビがナイスリリーフ。



そして増井さん。昨日は出てきた場面が悪かっただけだ、と思うものの連投だから、ちょっと心配しましたが、杉谷のナイス捕球もあって、9回をきっちり締め。



締め…。
勝ったのか!?
勝ったのか!



おお・・・!よくぞ1勝した!一矢とは言え、報いた。
こうなると二矢も…と欲が出てくるものだが、ともかく、いけるとこまで。
放てるところまで矢を放とうトゥミコロクル!



最後に一言。恐るべし、中村勝の援護運。




ヤバい、夜なのに、あとは寝るだけなのにお腹空いた…。ここで我慢できるかが運命の分かれ目ですが、あっさりと楽な道を選ぶワンクリックをどうぞお願いします☆冷蔵庫へGO!
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ゴテゴテゴタゴタ

2014クライマックスシリーズ
10 /15 2014
10月15日(水)
パ・リーグCSファイナルステージ
日本ハム 2-3x ソフトバンク(9回サヨナラ)

(ヤフオクドーム)



1点先制されるも!
1点でふんばりぬくと、ついにきた!




中田翔が同点ホ―――ムラ―――ン!!
ひょおおおお!




そして!
めんこちゃんがついにヒットを放ち!
隙を見て2塁へ、ナイスラン!




栄ちゃんが犠打で3塁へ送って(タイミング的にはびっみょ~~~だったが…)、



将吾さんの技ありヒットで、ついに勝ち越し!




なおも1アウト1塁で!



代走に出た杉谷が牽制死、DEATH。
すぎゃー!おめさこれで何回目だ!




これがのちのち響いて来るかどうかは後からわかる。




むむ。
でもうらのんはそれでも2-1のまま好投を続けたのですよ。
そのまま9回までこぎつける……。




テレビ「今日は浦野は、四球が出ていないんですよね」




あんた、フラグ立てるな。




そう、いや~な予感がしたんですよね。いや、終わってからなら何とでも言えるけど、
「まだ四球が出ていない」→「四球が分かれ目」という、むくむくと灰色の気持ちが…。




案の定、9回先頭に四球を出すうらのん。



よし、交代だ!



…と思って立ち上がったのだが、私が立ち上がったってね~~~。
うらのんは続投。
そしてすったもんだがあってノーアウト1,3塁になってから増井にスイッチ。
そしてその場面でセカンドゴロを1塁に送球。これで1アウトは取ったものの、ランナー2,3塁・・・。





「これ、サヨナラちゃいまっかー」



そう囁くのよ、ネガティブのゴーストが…



ぱかーん。



ぐは―――。
勝利まであと1歩…いや、2/3歩くらいだったのに―――。




みなさん、サヨーナラ~~~~





…影薄いぞ、元気出せ、相棒よ。(誰だよ)
元々横綱に挑む平幕力士みたいなもんじゃないか。
明日頑張って座布団の舞だ。MY座布団用意だ。




景気づけにチータの歌を歌おう!
♪しあわせは~歩いてこない~だーから歩いてゆくんだよー!
♪いちにちいっぽ♪みっかで三歩♪さーんぽ歩いて二歩下がる~~~。




いや、いちいち2歩下がってたらファイナルおわってしまうがな。




って訳で、下がらずくさらず歩いてゆくんだよ~





温泉ホテルのランチビュッフェに行ったら、団体さんと一緒の時間になった。よーいどん!でビュッフェタイムがスタートするので、一斉に料理に殺到。「ランチビュッフェ♪」と言うより「慈善団体の炊き出し給食」状態。目の前で残りの肉をざざー―――っとすくうおばさまに一切れくらい残してよ!のしみったれたワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

突破せよ!夢はまだ我が手中にあり!

2014クライマックスシリーズ
10 /15 2014
10月14日(火)
パ・リーグCSファーストステージ
日本ハム 2-1 オリックス(延長10回)

(京セラドーム)



~試合前日~
(台風順延の)この1日の休みが「恵み」となるか「呪い」となるかは…
14日午後10時ごろの私たちが知っています!



と、書いたものの、
…午後10時に試合は終わらんかった。



……もう途中から永遠に終わらないんじゃないかと思った……



が、全ての事柄にはいつかは決着がつくのだった。




祝・CSファーストステージ突破!



シンジテマシター!…と、胸を張って言いたいところだが、えーと、ネガティ部部長の私としては、
「こりゃダメだ」「もうダメだ」「今度こそダメだ」「もうおしまいだ――――!」・・・のネガティブ4段活用を活用しまくりの4時間弱。



メンディはいきなり初回先頭打者に、いきなり初球をいきなりホームランにされるという、いきなり団子状態。
1球しか投げてないのに、もう1点ビハインドか!あ、あんた…。なんだか陽気に自信ありげだった割には、あなた千鳥足じゃないの。
大宮親分が「このシリーズ、先制点を取った方が負けているから大丈夫」と言っていますが、おやびん、信じてもいいですか。



しかしさすがに5回裏、1アウト3塁になった時は「もうダメだ」と思いましたよ。
西君の出来を考えたら、あと1点取られたらもう終わり…という状態で、この状況。
が、メンディは踏ん張った。
ついに1アウト満塁の大ピンチうわああああ~~助けてええええ~~~ドラえもーん!
という大ピンチを、3-2-3のダブルプレーで何とか切り抜けます!



こちらは何度かチャンスを作るものの、肝心の場面で打線が腰砕け。
1点ビハインドのまま6回まで来てしまった…。
どうしてもどうしてもどうしても、1点が遠い。



なんとか。
とにかく同点に追いつこう、追いつきたい。この辺で追いついておかないときびちい…。
しかしながら、今日も陽さんはガチガチに冷凍中。
翔君もめんこも当たっていない。
そんなところで一人気を吐く、栄ちゃん。
6回裏、その栄ちゃんが2塁打で出塁。コンスケが技ありヒットで、1アウト1,3塁。
ネクストには…
ネクストには…代打神:稲葉篤紀降臨!
たのむ!稲葉神!
もう、あなた様におすがりするしか他はありません!





代打の神、稲葉の神、
1,2塁間を破る同点タイムリーどああああああ!




よっしゃああああ!
さすがじゃあああ!
さすがレジェンドじゃああ!





メンディは6回で降板。
そして、我がリリーフ陣が!
八面六臂の活躍を!いや、もうサービスして十六面十二臂!



鍵谷が6回、7回と2イニングをパーフェクトに抑え!
8回は白村…む、ここでハック!強心臓にかけたのか。
しかし、いきなり2塁打を打たれ、犠打で1アウト3塁の大ピンチ!
しかもここから、糸井、T-岡田という、口から泡を吹くそうなるこの並び。
うわああああ、もうダメだ~~~いや!
なんとか!稲葉さんのタイムリーを無駄にしないでくれ~~~!
頼む!宮西神!もうあなた様におすがりするほかありません!



みゃー様は…
みゃー様は、たぶん足が痛い…。
痛いのに…
凄い気迫でこの恐ろしい二人を、空振三振に打ち取ったのですよ!
な、涙が…みゃーにし、ありがとうー!



9回は2アウト3塁というチャンスを作るが、ここで陽さん。
CSに入ってからさっぱりの陽さん。ここで男を上げるところだ陽さん!
テレビがしきりに「ファイターズは引き分けではいけません」としきりに言っている。
途中から「わかってるちゅーの!」と逆切れしそうになるくらい、言っている!
ほらそろそろ陽さん打つ頃でしょ!?



陽さん!は、からさん!
(ぐはー)



9回裏、たまに名前を忘れられる男クロッタ。
クロッタ、2アウトから2塁打を打たれて、ファンにサヨナラの恐怖を味わわせるものの、見逃三振で打ち取り、シロッタに昇華。




延長戦です。



思えば今シーズンの開幕戦。
相手はバファローズで、あの日も延長だったなあ。
あの日は、延長12回、栄ちゃんのサヨナラでうちが勝ったっけ…。
バファローズとは延長戦に始まり延長戦に終わるのだな…。



なんだろう、今度はバファローズが開幕戦の口惜しさをここで晴らしました!とかいうパターンですか?
ううううう。稲葉さんのタイムリーが…。




延長10回表、先頭打者は中田翔。
翔!あんたが!
稲葉さんに名指しで指名されたあんたが!

もうちょっと稲葉さんと野球がしたかったら、何でもいいから打てえい!










打った…
センター方向へ…すぱーんと白球が…





私には聞こえましたよ。
テレビラジオの前の全道の、全国のファイターズファンの皆さんの…





入れ――――――!と言う絶叫が!!!





嗚呼、中田翔
まさに4番の一振り
バックスクリーン本塁打!!






勝ち越した…信じられんがこの期に及んで勝ち越した!




♪みんなが笑ってる~お日様(は出てないが)も笑ってる~~~
♪るるるるるー今日は…いや、明日はいい天気~~~
・・・このまま勝てれば!



ツキはまだある。
あとは10回裏、増井に頼むだけ!




こういう試合は最後まで何が起こるかわからない、とテレビの人が言っています。
「わかってるちゅーの!」と私は中学生のように言い返します。




いきなり先頭をヒット出すまっすー。
ふっふっふ…。
ある意味、まっすーは平常運転!こう来なきゃ!



胃が痛いどころか心臓が痛い。
しかも打順から言うとまた嘉男に回る。
しかし、まっすーは続く打者をゴロに打ち取る!



あと1アウト。
打席は嘉男…。
こういう運命なのね私たち、なんてセンチメンタルになる暇なんかありゃしません。
稲葉さんが打って、中田が打った。
今日は勝ちたい…というのは、相手も一緒。
ああああ頼むよまっすー!
ここで勝てたら!チビタニが救われる!



よくぞ嘉男と勝負した。
そう考えると、前の試合の逆転3ラン被弾には、こちらにも意味があったのか…?
フルカウントから真っ向勝負、嘉男の打った打球はショートへ。
打ち取ったあああああ!




勝った…。




俺たちに明日はあった…。
(文字通り明日だよ…)




いい試合というか、すごい試合だったと思う。
チキンハートな私は、「負けたとしてもいい試合だった」「少なくとも、みっともない試合はしなかった」などなど、途中脳内をぐるぐると回り、「どんな形でもブログは明るく締めよう」とか覚悟を決めていたのですが、その覚悟は先送りになりました。



ファイターズ、よくやったね!
いつまでも稲葉さん頼みじゃいけないけど、あと少し兄貴の力を借りよう!




さあ福岡です!
あとは1戦1戦、やれるところまでやるだけだ、
北海道日本ハムトゥミコロクルズ!





試合終了後どっと肩の力が抜けて、寝落ちでございました…。
また今日の夜に向けて体力回復のワンクリックをどうぞお願いします☆
朝からラジオ聞いてるのですが、何かにつけてファイターズ一色。心は一つ!
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


横やりVONGFONG

未分類
10 /13 2014
せみまる
VONGFONG(ヴォンフォン)というやけにカッコいい名前の台風19号のために水入りとなったCS。
この1日の休みが「恵み」となるか「呪い」となるかは…
14日午後10時ごろの私たちが知っています!

ああ怖い。
知りたいような知りたくないような。
いや、知りたいけれど!
いい結果しか知りたくないような!
知るも知らぬも 逢坂(大阪)の関、と言うところですか。蝉丸。

先発はそのままスライドでメンドーサですね。
日刊スポーツによると、

「何にも変わりはないよ。プレッシャーがかかっているのが、すごい好き」と笑顔を振りまいていた。

…らしいので、ここはひとつ、メンディを信じようではありませんか。

本当だな、メンディ!信じていいな!?

と、思わず詰め寄りたくなるくらい、こちらは思い詰めています。
プレッシャーがかかっているのが、すごい好き、か。
日本とメキシコでは<プレッシャー>の解釈というかニュアンスが違うのでは、と勘繰りたくなるこのメンディのストロングハート。
すごい好き、と、好投する、は、まったく別のあり様ですが、まあ、メンディを信じる。



栗山監督も、
「すべてをプラスに捉えてね。自分で決められないことはあれこれ、考えない。すべてプラスに働くんだと思ってやるよ」
と、ポジティブ思考の教科書のようなことを言っています。
私がこんな心境に到達するまでには来世を待たねばならないでしょう。少しは栗さんを見習おうと思います。



そして今日のめんこ。天才翔平。

フリー打撃では痛烈な弾道で何本もの柵越えを披露し、周囲を驚がくさせたが、圧巻だったのは終了間際に右中間スタンド5階席に放り込んだ推定150メートル弾だ。

台風が来ても平常運転です。

ケージの後ろから見守っていた中田が目を丸くしながら「翔平、バット貸して!」と驚がく弾を放ったばかりの黒バットを拝借すると、隣で打っていた稲葉が「バット(のせい)じゃない!」と横やり。周囲の笑いを誘う和やかなムードが広がった。(東スポweb)


まあ、なんてほのぼの~わたくしもそろそろ、昨日のことを引きずるのを止めなければなりません。ってまだ思ってたのか。
さあ、さっぱりきっかりと最終決戦に臨もうではありませんか。


**********


野球もないし本でも読むか~と、のこのこ本屋に出かけて行って、文庫本を数冊買ってきましたが、なんと。
(というほどではないが)買ってきた中公文庫を開くと、挟まっていたのは「読売巨人軍主催公式戦日程表&チケットインフォメーション」という2010年のチラシでございます。おお、4年間、買われるのを待っていたのか…。


ま、せっかくなんで(?)開いてみると、中にはメイン選手たちのお写真。
うわ、阿部慎之助が…細い!顎の線がシャープ!この人痩せてたら男前よ!(失礼)
そして背番号2小笠原道大(髭なし)が。ラミレスがいるし、越智大祐の姿も。セス・グライシンガー、160km男・クルーンなどなど、野球界の4年前というのはもはや一昔前であるな、としみじみしてしまったのでした。


ああ、ファイターズも今から4年後、2018年になったらどういう面子になってるのかなあ。
2018年に2014年を振り返ったら、「あ~~稲葉さんもマックも現役だったんだよなあ~中田翔がやんちゃだったなあ~翔平で大騒ぎしてたなあ~」としみじみするんだろうか。するんだろうなあ。その頃みんな、どうしてるのかなあ~~~



…ってそんなことはシーズンが終わった後に書けよ、って話ですね…



さ、がんばるぞ、2014年CSファーストステージ最終戦!(唐突に)
うぃーあーちゃれんじゃ――――ず!
トゥミコロクルズ!





本を買うとカバーをかけてくれますが、あれはぺらっぺらで本の表紙が透けて見えるようなのは意味がないと思います。
かと言って、紙が厚いとごわごわして具合が悪い。経費の問題も絡むと結構、本屋さんのセンスが問われます!
…と力説する割には、カバー必要としてないんですけど、集めるのが好き♪なワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

福岡への道は1日にしてならず

2014クライマックスシリーズ
10 /12 2014
10月12日(日)
パ・リーグCSファーストステージ
日本ハム 4-6 オリックス

(京セラドーム)


けっぱれ、うわっち!ときのう書いたが、うわっちはけっぱったべ!


正直期待以上にけっぱった!


CSの重圧をものともしない堂々のピッチング!
たいすたもんだ!
おらたまげただ!
さえきんの若えものはえれえ立派なもんだべさ!
おめさのおかげで福岡に行けるっぺ!



おら、福岡さ行くだ~!
おら、福岡さ行くだ~!
おら、福岡さ




<なお福岡便は欠航となりましたことをお知らせします>




なしただ!
なしてだ!



なしてって、おめさ・・・・




まずは苦手のでくそんから、いきなり2点取ったのは良かったっぺ。
そっから追加点がとれなかったのは良くなかったっぺ。
んだども、うわっちはないすぴっちんぐだったもんだもん、
5回までヒット1本も打たれなかったべさ。
こりはこりは、このまんま逃げきれっぺか、と思ったべ。
6回に1点取られたけんどもよ。



そく、みらんだがホームラン打って突き放したっぺ!
いんやあ~たいすたもんだ。
おめさ打たねば来年はわがんねぞ、言ってたけんども、聞こえてたべか。
まあ、そこから満塁でダメ押しできねばたすかにだめだべさ。
んでも、7回だべ。
あとは7・8.・9と一人1イニング殺でいけっぺとおもうっぺ。



ところが問屋がそうはおろさねっぺ。
まあうわっちは7回途中で降板はしょうがねえっぺ、ランナー出したからなあ・・・
だけでども黒太のデコすけめが、おめさ、いきなりタイムリー打たれて同点とは、あれだからあやつは信用ならねえのよ。
ま、あいつも途中から出てたから、まだ同情するけんどもよ。



それでだ。
これでおわりじゃねえだよ。
同点でがっくりきてるところに、おめさついに神が現れたべ。
だれって、決まってるじゃねえか!
稲葉さんだっぺ!
その稲葉さんが、代打で出てきてよ!

目の覚めるような勝ち越しタイムリー打ったっぺ―――!
コンスケ走るべや!セーフだべ!
8回の表で1点リードだべ!




これで勝ったと思ったおらが悪いって言うべか!
それはねえべ!



なにがねえって、チビタニよ。
回の頭から投げてるのに、なしてああなるんだべか・・・。
四球なんかよけいだべ。
そんで嘉男を敬遠するべや。
敬遠してホームラン打たれてりゃせわねえべさ!
なんでそうなるの?欽ちゃんの口調で再生されたべあー!




せっかくの稲葉さんの値千金の勝ち越しタイムリーが…。
稲葉さんの…。




…。



はっ、もしかして!




1試合でも多く稲葉さんと試合をしたかったからなんだべか…。





そうなんだべか…。





そうか……。





明日も野球が見れるべ!
楽しいべー!
ぽじてぃぶ!ぽじてぃぶしんきんぐー!





(明日、台風だいじょうぶなんだべか)




※10/13朝追記:やっぱり13日の試合は中止になってしまいました~~べ。14日に順延だべさ~。




良くいくセルフのガソリンスタンドで、「3円引き」の券とか出てくるんだけど、それを使うにはわざわざ店員さんを呼んで「使います」って言わなきゃならない。それが面倒で、結局使わぬまま・・・。そういう作戦なのか、ガソリンスタンド。
あっさりと世間に負けるワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

前進しかあるまい、トゥミコロクル!

2014クライマックスシリーズ
10 /11 2014
10月11日(土)
パ・リーグCSファーストステージ
日本ハム 6-3 オリックス

(京セラドーム)


いよいよです!
やってきました、この時が!



今日の先発は翔平君。2年目ですでにエースの扱い、翔平君。




その翔平君。初回は無難に立ち上がり、2イニング目も2アウトまでは良かった。
そこからヘルマンに2ベースを打たれたのはともかく、ここからあれよ!あれよ!あれよ!という間に、アレよ。
野球界ではエボラ並みに恐ろしい病「ノーコン病」が・・・。




そう、翔平君。ここ(2アウト2塁)から、四球死球四球死球という墓穴を掘りまくり、2失点。ぐはあああ。
(伊藤さん、グッチー、ごめんね…)
というか、この回の翔平は本当に酷くて、「これがCSの魔物だろうか…」と身震いするに充分だったのです。



先制点が大事というこの試合、2点先制されるとは…。
相手はリーグ屈指のピッチャー、金子千尋。
なぜか、ファイターズはちーちゃんに勝ててるのだが、そりゃレギュラーシーズンの話で、こういう特別な場面はどうか・・・。



案の定、4回まではまったく点の取れる気配がなし。チャンスがあったのは初回だけ、ああ、あの初回に点を取れなかったのが…というパターンにはまるのか…。
なお、翔平君は2回は酷かったものの、それ以降は何とか立ち直りを見せてます。



5回。
むむう・・・。中盤まで来てしまったではないですか・・・。
横須賀ストーリーならぬ、京セラストーリーが頭に響き渡ります。
♪崖っぷち、崖っぷちもう~~崖っぷちですか~~~



そう、崖ですよ!
まさにCSは背水の陣。そんなところに陣を張らんくても、と言ってもそこしか場所がないのです。
一歩進め!崖から一歩でも遠くに!



すると、コンスケがヒットで出塁。
そこから、ミランダ→大引、と一個ずつ進塁打を打ち(トホホ)、3塁にランナーを進めるも!
バッターはよりによって奨太。
奨太…奨太…が…
よりによってとか言ってスイマセンでしたのタイムリー始めました!



1点返す!
そして6回。



中島フライ、陽さんなんか三球三振で、さらっとファンを絶望させた後、そこから誰が・・・
こんな展開になるかと・・・



始まりは翔くんへの四球。その後栄ちゃんがヒットでつないで、2アウト1,2塁。
そこで、躍動するコンスケのタイムリーで同点!
あなたも崖っぷちのミランダ様がタイムリーで勝ち越し!

(ひっそりコンスケ本塁憤死)



かかかかか、勝ち越した!
ががががが、ガンバレ翔平!




その直後、また同点に追いつかれる翔平君…。



いかんでしょ!
さっきガッツポーズしたのに、それはいかんでしょ!
…と言っても、先頭もビッキーがボールを握りそこなって投げられず。
そして、陽さんがボールの目測を見誤って、バウンドに合わせられず後逸しちゃったからな~~
あれ、たぶん取ってたら3塁どまりだったかなあ~~~



いや、まあなんとか同点で踏みとどまれ!
2アウト1,2塁。その時打球が、ライト前にスッパ―――んと飛んでいき、逆転を覚悟したその時!
なんと!
ハルキちゃんが!本塁へすんばらしい送球!
奨太が、すんばらしいブロックで本塁を守り抜いたのです!




翔平君、よっしゃー!と咆哮!
おお、カッコいいが、それはハルキ&奨太の手柄だな…可愛いから許す。



さて同点。
この回はビッキーからだったのですが、ビッキーが2塁打で出塁。
そして奨太が送りバントで、1アウト3塁。
ハルキがなぜか(?)ストレートのフォアボールで出塁。
1アウト1、3塁で卓ちゃん。
となると、あれだよな、ええあれですよ、あれしかないな・・・大好きなスクイズ!



いいえ、得意なスクイズばっちり決まって、見事に勝ち越し。
地味だが、それがいい・・・!




翔平は6回で降板。
1点リードじゃやっぱり怖い、特に今日は何が起きるかわからない感じ・・・。
案の定、みゃーにしが2アウトをサクサクとってから、四球のダブルコンボで1,2塁にして降板と言う、嫌な展開。
む。クロッタではないですか。
でも最近は、クロッタはなんでだかわからないけど復活してる!
3球でピンチを切り抜け、祝・復活クロッタ!と私は必殺技:「あざやかな手のひら返し」を決めました!
ああ、もうクロッタに関しては、手の甲側も手の平になりそうな勢いですとも。



8回、勢いに乗って、翔くんと栄ちゃんが連打を決め、コンスケが犠牲フライを放ち、
見るからに戦車のように重たそうな中田翔がタッチアップを決め、1点追加。
そしてどさくさに紛れて押し出し四球を選んでさらに1点追加。



3点リード・・・。
ここで初めて・・・もしかしたら勝てるかもしれないと、ほのかな光明が・・・・。
どんだけ気が小さいんだ自分・・・・。



そう、9回増井さんが!
1アウトから四球を出そうとも!
糸井が打席に立とうとも!
「ここで糸井にホームラン打たれてもまだ1点あるよ!」という気持ちの余裕が、
小心者に安堵を・・・あたえるはずもなく、ともかくひたすら、このまま無事に終わってくれ、と祈り続けておりました。
いや~まっすー、信じてたよ!
(手の表も裏も手の平に)




初戦を…
取った…。
うむ……。



前進せよ、トゥミコロクル!




一歩前進した、トゥミコロクル!



さらに前進せよ、トゥミコロクル!
(がんばれうわっち)





人としゃべってるときにくしゃみが出そうに。身をよじってカワイコぶってくしゃみをしたら、首の筋がピッキーン。寝違いみたいになって、後ろを振り返られない人になりました。
いいんだ、前だけを向いて生きていくんだ…!と前向きなワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


WE ARE CHALLENGERS

未分類
10 /10 2014
さて、いよいよ決戦の火蓋が切って落とされるわけですが。
良く考えると火蓋ってなんですかね。


【火蓋】ひぶた:火縄銃の火皿をおおう真鍮(しんちゆう)製のふた。(コトバンク)


そんな見たことのないものを切って落とそうと言っても、ぴんと来ないですから、マグロの切り落としでもどうどす?
そんなことはともかく。



いよいよ、明日です!(10/10現在)



先発投手は、ファイターズはもちろん大谷翔平!
高卒2年目が「もちろん」なんて言われちゃうこの事実の前にファンはひれ伏すと同時に、今シーズンの開幕投手が吉川光夫であったことを忘れかけてたことに気が付き、微妙な気分になる。
みつおーホントはお前じゃなきゃだめなんだぞー。
(気が早いが来年の開幕投手は…翔平君に3000点)



そして、対するオリックスは金子千尋。最多勝投手を誇るパのエース。
とくりゃ、相手に不足なし!
(ちょっとくらいは不足してくれてもいいんですがね…)



どこを切っても金太郎飴のごとく「西川&中島の1,2番コンビが足で引っ掻き回せるかがカギ」などとあちこち言われております。
そうですとも!
いつの間にか定着したこの1,2番コンビ。
「これはCSなんだ!」と変に意識せずに、若者らしく図々しくふてぶてしく逞しくおだってくれると、良い結果が出るような気がしますよ?
そう、このチームのポイントは「若さ」。同時にウィークポイントも経験が浅いという「若さ」である気がします。
先発の翔平、そして恐らく投げるであろううわっちも、こういう大一番は初めてです。
そこをカバーしてくれるのは、であり!栄ちゃんであり!そして稲葉篤紀御大であるわけです!


こうしてみるとだんだん、バランスの取れた良いチームである気がしてきました!
そういうと、その気になってきませんか。その気になっていきましょう!
(その方が楽しいし)



3位の我々はチャレンジャーでございます。捨てるものは何もありません。
ここまで来たら大事なのは開き直りです。
けっぱれ、ファイターズゥ~~~!



・・とまあ、景気付でございました。






今日、初めてシルバークリーナーを買ったのです。浸けるだけでシルバーアクセサリーが綺麗になると言う、どんなもんかね、と半信半疑で。ところが!これが!5秒ほどつけるだけで真っ黒だった(そこまで放置するな)シルバーがあっという間にピカピカに!まさに驚きのこの白さ。魔法のようではないですか!これは今年1番のナイス買いもの決定!
でももう磨くものはないワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

HOP,STEP, FINAL JUMP~稲葉篤紀、最終戦

2014シーズン
10 /05 2014
10月5日(日)
日本ハム 1-0 楽天

(札幌ドーム)


先発:大谷翔平


銀次の首位打者の夢を、バットと共に木端微塵にする162kmストレート
今シーズン最終戦は幕開け…
(ついでにフォーク151kmって…)



今日はあらかじめ2イニングと言われてたのであろう、ブッ飛ばすにブッ飛ばし160km台連投の翔平くん。
気合が入っている。それこれも、稲葉さんのため!
(と、思う)



そう、ついに今日のこの日が来てしまった…。稲葉篤紀引退試合。
そしてレギュラーシーズン最終戦。もう勝とうが負けようが大勢には全く関係ないとはいえ、勝って終わりたいのが人情というもの。やっぱり、稲葉さんのシーズン最後の花道をすっきりとさわやかに整えたい。



そして試合はさわやかな投手戦となり、こちらは(案の定)松井の裕ちゃんがあんまりと言うより、ほとんど打ててないこの事実。ううううむ。



ファイターズはCSをにらんでの(たぶん)、調整登板’sがこまめな継投。
うわっち→白村→クロッタ→チビタニ→まっすー。
…時折ヒヤッとする場面はあったものの、なんと投手、誰一人として失点しないという、稀に見る良い結果に。
それもこれも、やっぱり稲葉さんのため!
まっすーが、どんな時も増井はやっぱり増井だった、という、ある意味ナイスピッチング。一瞬「同点になったら、また稲葉さんに打席が回ってくる・・・」と思ったが、すみません。ハックのプロ初勝利がかかっていたのです。




そう、勝利の1点は、6回裏、ハルキの3塁打、そして陽さんのたった一つの冴えたタイムリーでなんとかもぎ取った1点。
この1点で逃げ切ろう、稲葉さんのため!
増井さんは2アウト3塁から、これぞ増井!という素晴らしいストレートでみのさんで試合を〆。




わずか2時間26分の1戦。この1戦をもって、北海道日本ハムファイターズ、レギュラーシーズンの全日程終了です。
73勝68敗3分の3位。
うん、色々考え併せると、大健闘だとおもいます。



今日の稲葉さんに、残念ながらヒットは出なかった。
もしや!?と思う当たりはあったものの、惜しくもヒットにはならず。でもずっと楽しそうにプレイしていた。



CSが残っているからこれで終わりではない。
でも一区切りつくことになる。札幌ドームでの試合は、これが最後になるかもしれない。
試合終了後には、稲葉さんの引退セレモニーが行われました。



***********


思うに、稲葉さんはファイターズの、北海道の"顔"だった。

野球に興味のない知人ですら、稲葉さんのことだけは知ってたりする。

北海道移転後のファイターズは稲葉さんの存在感を抜きにしては語れない。

大げさだけど、ファンにはほとんど信仰の域じゃないか?これって。



稲葉篤紀は心・技・体すべての面で、ファイターズの親石であったと思う。

ファイターズでの10年間、若い選手たちを引っ張って、北海道のためにも尽力してくれた。

自分の結果も出しつつ、そういった面までこなすのは、大変な精神力のいるだろうことを、最後までやり続けてくれた。

それが、稲葉篤紀と言う野球選手の矜持なのだと思う。



その稲葉さんが来シーズンからベンチにはいない。そのことがとても寂しい。

でも、稲葉さんから沢山のものを与えてもらった私たちは、お疲れ様とありがとうをいくら言っても言い

尽くせないほどだ。



稲葉さんと、稲葉さんが背骨で支えてきた北海道日本ハムファイターズを応援できることは幸せなことだった。

私たちはグラウンドを縦横無尽に駆け回る稲葉さんを見たし、2000本安打のその瞬間も見た。

一振りでライトスタンドへ一直線に飛んでゆくホームランをいくつも見た。

何よりも、全力で走っていく「41」の背中をずっと見ていた。それだけでファンは報われた気がする。

来年からは、稲葉さんの薫陶を受けた若手が(名指しの中田翔!)きっと稲葉イズムを継承してくれると思う。

いつも誠実であること、一生懸命であること、全力疾走すること…。




札幌ドームの美しい光景。


ネクストに背番号41が見えて、スタンドがざわめいてくる。

稲葉さんの名前がコールされると、歓声と共に期待が充満していく。

畳みかけるように、クイーンの「I Was Born To Love You」のイントロが流れ、外野席のファンも内野席のファンも、乗り遅れまいと急いで立ち上がる。

背番号41がバッターボックスに入る。曲が終り、ざわめきの少しの間があって、レフトスタンドのトランペットとファンのハミングがドーム中に響き渡り、札幌ドームが一つの巨大な生き物のように、スタンドが揺れ始める。


勝っている時も負けている時も、この時は皆同じ気持ちだ。

同じ気持ちで、バッターボックスを見つめて、跳ねて跳ねて、最後に叫ぶ。ファンの期待はこの一言で十分すぎるほどだ。


「I・NA・BA!」




ありがとう、稲葉さん!
そしてCS、あとひとふんばりだけ、ファンと一緒にいてください!




後ほど日を改めてお礼を申し上げますが、取り急ぎ。今シーズン当ブログにおつきあいくださいました方々、ほんとうにありがとうございました!もちろんCSも更新します!行けるところまでチームと共に頑張りましょう~!
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

俺たちに明日とセーフティリードはない

2014シーズン
10 /02 2014
10月2日(水)
日本ハム 8-9 西武

(西武ドーム)


一つの伝説が終わり、また新たなる伝説が誕生する…



7点取った直後に7点取られる男、新垣勇人




いや、そんな伝説いらんて…。




石川亮君がプロ初ヒット!プロ初打点!しかも3ベースに3打点!とうっきうきで始まったこの試合。
ハルキがタイムリーヒットで続き、
陽さんが2ランホームランで締めくくる・・・
2回表で一挙7点!




あ――はっはっはっ、野球ってたのし―――!





このイニングだけだったけどね~~~(爆)





と、まあそういう事ですよ。
7点もありゃ大丈夫だろ、と思ってたものの、心の片隅に「でもなあ…新垣じゃあ7点取られても8点取られそうだからな…」とちらりと思ったが運のつき。
まあ、予想は外れたましたよ。8点じゃなく7点だったけど。
新垣よ・・・あんた顔は悪くないんだから、あとはコントロールとメンタルに磨きをかけてくれ・・・(鎌ヶ谷で…)




一部報道で、CS出場をかける試合に、2軍の推薦はこの新垣だったのを、栗山監督が独断で佑ちゃんにした、という話を読んだ。うーん、栗さん・・・なにか鋭い。



しかし、シーズン終盤の試合ってバカ試合になりがちね・・・。
(2012年だったか、ロッテとこんな試合をやった気がする)




さて、今日はどうしたって、鷹オリ戦も気になる。
てなことで私は途中から、「テレビ→NHK-BS パソコン→パ・TV」で同時に視聴してたのだけど(さすがにテレビは消音で)
いや~~どっちも1点差の攻防なんだけど、緊張感が違う。
うちだって勝つに越したことはないのだけど、今日は牧田投手から7点取ったのは大きいし、負けたところで、
「残念すぎる先発・新垣」で済むけど、鷹オリはどっちも負けたら今日負けたら終わり。
神経衰弱みたい試合に「いや~~~これどっちかがハムだったら、もう手汗べちゃべちゃだよね~」とのんきに言いながら見てられるのは、幸せなのか不幸なのか、判断つきにくい。



しかし、ここ数日の連勝に気をよくして「CS下剋上だ!」なんて気炎を上げてましたが、鎮火。
この2チームに勝つなんて、やっぱり容易なことじゃありませんよ。(しかもビジターで…)




あ。
今日の試合ですか。



祝!プロ初ヒット!
石川亮・岸里亮佑・渡邉諒



・・・の、3RYOトリオ、おめでとう~~~!君たちの未来に栄えあれ!




なお試合は。




しかし、ヤフオクドームでの試合終了後、泣き崩れたオリの伊藤捕手を見たら、うちがこのバカ試合に負けたことなんかどうってことない気がする。あと比嘉投手は可哀想だなあ。



オリは残念。鷹はおめでとさん。
(てなわけで、CS初戦はオリさんですね)




ある買い物のおまけに入っていた、ミニカレンダーの10月。ハロウィンの一場面、と言ったイラストなのだが、そのイラストの意味が分からない。壁に張ったそれを見つめては解釈に困って悩んでいるのですが、10月いっぱい悩んでもこれだという解釈が浮かびそうにない、続く苦悩に癒しのワンクリックをどうぞお願いします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ファイターズを愛した男、そしてファイターズに愛された男

2014シーズン
10 /02 2014
10月1日(水)
日本ハム 8-1 楽天

(札幌ドーム)




いい試合だった。




…いきなり〆る。






いや、でもいい試合だったよ。
「すべてはお客様のうまいのために」というCMがあったけれど、「すべては金子誠へありがとうのために」だ。
昨日の稲葉さんのホームランと言い、今日の試合といい、見えない野球の手がすっかり筋書きを書いたようだった。
(相手のチームはやりにくかっただろうけども…)




今日はマックが「9番・ショート」でスタメン出場。
なんと9回までフル出場だった。
それだけじゃあなく、いきなり第1打席で、とっても綺麗なヒットを放った。これがチーム初安打。
感動するのもつかの間、ハルキがヒット、そして卓也のタイムリーで、マックがホームイン!これが先制点。
4回には、ハルキの3塁打で、1塁から激走、3塁を回って一気に本塁まで!
ベンチに帰ってきたときはヨレヨレだったのがほほえましいと言うか。



守備でも魅せます!
強烈な当たりを華麗にキャッチ、1塁へ正確に矢のような送球。
キャッチしてから送球までが早い早い!




そして最終打席は、1アウト1,3塁の場面。
最後の打席は、きっちり犠牲フライでしっかり打点。
渋いなあ。マックらしい有終の美とでもいうのかな。
ホームランでもなく三振でもなく、犠牲フライ。
(さらりとした三振でもらしいと言えば、らしいけど)




9回は稲葉さんが1塁についたから、「金子から稲葉へ!」という守備があればいいな、と思ったのだけど、こういう時に限って見逃三振と言う、すごいいい球を投げるカーター(だった)に、うっかり「空気を読めよ」と理不尽なクレームをつけるものの、ハイタッチで試合を終えられて大団円。
(余談だけど、この試合を見て初めて、小久保さんの引退試合でノーノーをやられた精神的苦痛の一端が理解できた…)




試合自体は、何といっても光夫が試合を作ったのが大きい。
なぜ春先からそれができなかったのかと、問い詰めたくなるいいピッチングだった。
打線も14安打8点と、良く打ち良く取った。(拳士はよくやった)




試合の後はマックの引退セレモニー…。




外野のファンが勝手に決めることではないかもしれないけど、こうして引退の日を迎えることができるのは、幸せなのではないだろうか。
本人にはいろんな思いがあると思うけど、野球選手でこうして、引退試合とセレモニーを行い、ファンの歓声と涙に見送られるのは、野球人として理想の完成の形だと思う。
今日もあちこちの球団から戦力外が発表されている。(多田野も退団が決まった…)
かなりの数の選手が、セレモニーもなく、どこか不本意なまま、身を引かなくてはならない。
それを思うと、スタンドを埋め尽くすファンからの感謝の言葉と声援、応援歌に包まれてグラウンドを去るマックは、野球人として、もっとも美しい姿を最後にファンに与えてくれたと思う。



ファンも泣いてたけど、選手も泣いてた。
最後のハイタッチの中に、昨日一軍に上がったばかりの渡邊君の姿もあった。
自分の野球人生が始まったばかりの日、現役生活を終えるマックを見て、どんなことを感じただろう。
長年、ファイターズのショートを守って去っていく男と、これからそのポジションで人生を切り開こうとする若い選手の交錯は、とても美しい野球の一瞬だったように思う。



最後に!


ありがとう金子誠!


でもきっと、また違う形で会えると信じてるよ。
ファンはマックとの約束は守るからね。


「家に帰るまでが野球です!」





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

夢と感動の男、その名は稲葉篤紀

2014シーズン
10 /01 2014
9月30日(火)
日本ハム 4-3 西武

(札幌ドーム)


個人的には今季最終戦となる札幌ドーム・・・。(さみちい)
しかし今日は消化試合。勝敗に関係なくのんびりみられるぞー!おー!



入り口で「稲葉タオル」をもらって・・・。



スタメン発表見たら、結構まだ勝負モードでした。しかし!
8番・ショート・渡邊諒!
プロ初出場だね!頑張れよ!今日はお客さんもたくさん入ってるし、1軍のムードを存分に味わってくれい!



試合前には稲葉さんの引退メモリアルイベントが。
稲葉さんが胴上げした歴代監督(ノムさん、若松さん、ヒルマン元監督、梨田前監督、栗さん)からのメッセージが大型ビジョンで放映されました。
そして、梨田さんが花束贈呈。それからレジェンドつながりで、スキージャンプの葛西選手が花束を。
ええ、もちろん写真はありません。皆様の脳内に浮かんだその映像が、私の見たものです・・・。



さて今日のメンドーサ。
2イニングスまではすいすい投げていたのですが、どうしたことか3回表に、死球を出してから調子がダダ下がり。
それでも奨太が盗塁を刺し、2アウト。
なーのーにー四球・ヒット・四球で満塁にしてしまう。んっも~~~~。
そして、2ストライクと追い込んでからメヒアに2点タイムリーをあびちゃいます。んっも~~~。



しかし!
「ま、消化試合だし・・・」と試合の行方より、「キリンのジュースお姉さん(お兄さんでも可)がこっちに来ないか」ということが気になる私。あっ、1列向こうにいるのに、こっち見てくれな~~い。んっも~~~。
真面目な話をすると、相手の藤原投手も少々荒れ気味で、チャンスはありそうだな、と思ってたのです。
(でも、荒れ過ぎてて打ちにくいという事もあるけど・・・)



キリン・・・キリン様・・・と目が泳いでいるうちにこちらの攻撃が始まりましたよ。
先頭はハルキ!鮮やかなヒットで出塁です!
続いて卓ちゃん!三遊間を抜けるヒットです!

さあ、1回表もこの場面で併殺でしたが、今度はどうか、陽さん!?
もちろんタイムリーです!
1点返しました!

やっぱり、ハルキと卓ちゃんが塁に出ると点につながりやすい!春からこのことに気づけばよかったのに!



翔さんはデッドボールで、ガンつけしながらウォーキングです。こわいわー。
ノーアウト満塁、続くコンスケに期待がかかるところでしたが、自打球に悶絶しならも打ったのは、惜しくもセンターフライ。
タッチアップにはちょっと足りない・・・。
後ろのオジサンが「なんだよー走れるだろー」って言ってたけど、いやあ、あれは無理じゃ・・・。



さて、ミランダ!
大きい当たりを頼みます!
…と思ったら、デロデロのファーストゴロで、ぐわーっっかりしかけたところで、昨日に続き「えんご雲」発動。
1塁手のグラブをはじいてしまい、コロコロ。その間に卓ちゃんホームイン、同点へ!
ってか、ミランダに足は期待してないものの、遅・・・。あれ、ハルキちゃんだったらセーフだったわ~。



さて、同点に追いつきました。
メンドーサ!しっかり頼むよー!と声援すると4回はしっかり頼まれてくれたのですが、5回にいきなり3塁打を打たれ、
なおかつその後2アウトまでこぎつけながら、まーたーもーやー満塁にしてしまい、そこから勝ち越しを許してしまいます。
んも~~~~。



このあたりで、「キリンさん」を捕まえることのできたわたし、お目当てのジュースが手に入ったので、
「ま、消化試合だし~」(呪文)と思いながらのんびり。
試合に対する喜怒哀楽なんて気の持ちようだということを、改めて学びました。来シーズンまでには忘れるけど。



6回7回とお久しぶりの矢貫が投げて、2イニングをぴしゃり。
おおおおCSに向けて調整してきたの、もしかして?なんてウキウキしていしまいす。



運命の7回裏。



陽さんはゴロに倒れて、1アウトから翔!


ホームラン・ホームラン・中田!SHOW!
ホームラン・ホームラン・中田!SHOW!
ホームラン・・・・!





…と思った当たりは、ぐはああああー!惜しいっ!フェンス!あと1メートルくらい!
翔、フェンス直撃シングルヒット。




そして5番、守備交代で飯山さんが入っていたので、ここは1アウトからでも送りバント。
2アウト2塁。
6番はさっき代打にはいった赤田さんでしたが・・・



が。



ネクストには・・・背番号41!
それに気が付いたスタンドは、もう場内アナウンスが入る前にキタ━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━!!状態。





来るぞ来るぞ
来るぞ―――!






「バッター INABA ATSUNORI!」






この光景は一生忘れないぞ!今日もらった稲葉タオルでスタンド(ライトスタンドの一角以外)埋め尽くされるのを!
もうこの光景で涙もの。そして稲葉ジャンプ。ああもしかして、個人的にはこれが最後の稲葉ジャンプ!?
うう・・・いつもより余分に飛んでおります!




1球見送った稲葉さん。
ジャンプが終り、座席についたファンはすぐに立ち上がることになります。





だって






2球目、稲葉さんの打った打球が







ライトポール際に向かって








一直線に…







スタンドへ…!







号泣!レジェンド弾!
稲葉篤紀、
逆転2ランホームラン!!






ほんとにやめるの―――?
代打でホームラン2回目・・・代打の神様になる気はありませんか―――?




うっうぅ・・・・ぐすっ。
今日絶対、写真買って帰るんだ・・・・。




稲葉さんが、逆転2ラン打った・・・・。
今日はもう消化試合で、勝敗は関係ないやって思ってたけど・・・・。




ここまで来たら勝て!あと2回絶対抑えるんだ、リリーバー達よ!
(人間って身勝手だなあ)




8回登場はアンソニー・カーター。髭、久しぶりだな。
稲葉さんのホームランを空砲にするな!頼んだぞ!
ここでもしものことがあったら、髭をむしられるかもしれない、とおもったのかカーターは頼まれてくれました。




ところで8回裏。え、なんで岸君が!
ざわめくスタンド。この時期、もう調整登板でもないだろうし・・・。なんかタイトル関係かな。
この岸さんから、1,2塁のチャンスに陽さんがすげえいい当たりを放つのですが、若干2塁ランナー奨太の足が間に合わず本塁タッチアウト。ああ、惜しい。



そして9回。てっきりまっすーだと思ったら・・・白村君!?
白村君だ!
ほえ!
この場面でハック!(で愛称はいいのでしょうか)



どんなもんかな、これでちょっと失敗しちゃったらトラウマになるんじゃないか、と老婆心がむくむくこみ上げてきましたが、あとで映像を見たら、あの面構えじゃそんな心配、無用ですわ。
そして、2塁にはマック・・・。
ショートは渡邊くん、2塁にはマック、3塁は飯山さん。
うーん、このシーズン終了間際での新旧感。



そして白村君ですが、これがこれがすんばらしい球をズバズバ投げこんでいて、
もう最後の三振を取ったストレートを見たら、「この子、藤川球児みたいになれるんじゃ!?」などと、夢は膨らむのでした。
プロ初セーブおめでとう!



さて、もう一人のルーキー渡邊君。
今回打席の方は、まだ1軍じゃあちょっと歯が立たない感じかな、とは思いましたが、守備は良かったです。
特に、ショートゴロをジャンピングスローなんかしてて、「俺はやるぜ!」みたいな意気込みを感じました。
スタンドも「いいぞ!」みたいに拍手していて、参観日を見守る親御みたいだった。




ヒーローインタビューはもちろん稲葉さん・・・
インタビュアーがほんとにやめちゃうんですか、なんて聞いてて、やめます!ととどめを刺されていました。
でも稲葉さん「涙はまだとっておいてください」だって。
うん。最後まで全力疾走してからだもんね。




あ~札幌ドームも今日で最後・・・次はファンフェスかな・・・。
何言ってるの!日本シリーズでしょ!と気合だ!気合だ!気合だ!のワンクリックをどうぞお願いします☆
どうにもチキンハート。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。