スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行けなかった優勝パレード、無理やりレポ。

2012 オフシーズン
11 /25 2012
優勝パレード。
それは人々が歓喜し、幸福と一体となって、紙で出来た吹雪の天気の日。


「お屋形様、それで、どんな感じでした?」

「どんな感じもこんな感じもありはしないぞハムの介。仕事で観にいけなかったのだ!朝会社に言って、「あれ、こんなところで何してるの?今日行かなかったの?」とか言われたが、休みじゃないんだから行けないだろうて!」

「ついてませんね。世間一般は3連休だと言うのに」

「まったくだ。しかし代わりという訳ではないが、家のものが行ってきたのでその話をする」

「うわ~無茶だなあ~行ってもいないパレードのレポートかあ。観てないので書くことありません、で終わらせればいいのに」

「そこがミソだ。行っていない人間のレポートなど読める機会はそうないぞ。名づけて“又聞きレポート”」

「名づけるほどでもないですね」

「やかましい。さっき安全剃刀を使ってたら左手の爪をすっぱり削いでしまって、指がガーゼでぐるぐる巻きなのだ。キーボード使いにくいと言ったらありゃしないのだから、さくさく行くぞ。しかし、何が安全なんだ、あの安全剃刀は」

「なんにせよ、刃が向かってくる方向に手を置いておくのが、明らかに間違いです」

「油断したのだ。まあそれはともかく、レポートだ。まず、札幌駅に到着したのが10時半。“遅かった!駅は身動きが取れないくらいの人でぜんぜん後ろです”と、人の頭しか写ってない写メが送られてきた」

「いや~11時からスタートで10時半到着は遅いでしょう・・・・」

「わしはこの時ワンセグでHTBをチラ見してたのだ。大通ビッセのあたりはまだ比較的余裕があるように見えたので、そうメールしたのだが返事がなかった。11時半過ぎくらいに“どうだった?見えた?”とメールしたら、2時間後に返信が来て、“何も見えないと言ったほうがいいかも。おなかがすいた。でもどこも混んでる(涙)”と返事が来た」

「結局、ご家族はほとんど見れなかったのですか・・・」

「後で話を聞いたら、賢介は見えたらしい。陽さんも見た気がする、と言っていた。案外あっという間に通り過ぎて行ったとか」

「まさに一瞬の夢のパレードですね」

「しかしそんなこともあろうかと、ちゃんと家でパレード中継を録画しておいて、夜になってから見たのだ!四番街の紙吹雪は画面越しでも美しかったな。家のものはしきりに、あ~~~!もっと早く4番街に行けば良かったぁぁぁと悔しがっていた。わしだって悔しい。四番街で紙吹雪を浴びてテンションあげたかった。なんなら紙吹雪を持っていきたかった。家にたくさん、使ってない折り紙があったのだ」

「次の機会まで取っておいたらどうですか」

「うむ。家のものも“来年はもっと早く行って四番街で待ち受ける!”と行っていた」

「優勝する気満々ですね・・・・」

「それにしても10万人の人出だったらしいな。家のものの話によると、寒いと思ってたけれど、人ごみぎゅうぎゅうで暑かったそうだ。それと目的の場所まで行くのにかなり誘導されて歩き疲れて脚が痛いとか、めぼしい食事処は満員だったとか」

「まあ、10万人ですからね」

「道新の夕刊に正午現在の観客動員数は10万160人と書いてあったが、160人って何でそんな半端なんだ」

「どうやって数えたのか、そのほうが気になります」

「ま、10万人も来たのなら160人でも1600人でも大差ない気はするな。そんなところで観てないパレードレポートは終了だ」

「ですよね。観てない人のレポートを読まされるもほうもいい面の皮です」

「だまらっしゃい!次の機会があったらぜひ参加したい。栗山監督も風物詩にしたいと言っていた。
来年も頼むぞファイターズ!」



ということで、無理に書かなくてもいいのに書きました。はがれた爪が痛いので淡白に終わります。
あああああ、あの安全剃刀が!さくっと!
セーフティワンクリックをどうぞおねがいいたします☆
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。